ヤサグレもんの戯言
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>
2019-06-20 01:28:34

木村拓哉娘のKōkiやらかす・・・

テーマ:芸能ニュース
⬛️木村拓哉の娘と言えども、ジャニーズのタブーに触れる

   ジャニーズ事務所は、所属タレントの生活臭が出る事を極端に嫌う。

    また、肖像権についてジャニーズ事務所程うるさい事務所はない。

    それは、家族、木村拓哉の娘Kōki,も例外ではない。

   にも関わらず、事件は突然起きた。

   Kōki,のインスタにキムタク登場である。

⬛️Kōki,インスタにキムタク登場に「ジャニーズ事務所怒らせてまで親利用」と批判殺到

Kōki,(@kokiofficial_0205) • Instagram写真と動画」より


 ジャニーズ事務所に関する話題が連日、ファンを動揺させている。617日に、木村拓哉と工藤静香の次女でモデルのKōki,がインスタグラムに父親らしき人物の写真を投稿。「娘のインスタにキムタク降臨」と注目を集めた矢先の18日、ジャニー喜多川社長の“緊急搬送”が伝えられた。


 ジャニー氏の緊急搬送を報じた「東スポWeb」によると、18日昼過ぎに「ジャニーさんが倒れた」と119番通報があったという。都内の病院に緊急搬送されたジャニー氏はそのまま入院したと見られ、芸能関係者の話として「事務所関係者も入院していることは認めている」と伝えている。


 病状については臆測が飛び交っている状況で、一部には重病説も浮上。「日刊ゲンダイDIGITAL」では、芸能ジャーナリスト・芋澤貞雄氏が「危篤情報が事実だとしたら、芸能界の構図がこれからガラリと変わる事になるでしょう」とコメント。


 インターネット上でも「タレント性を見抜くジャニーさんの眼力は本物。それだけに代わりは簡単に務まらないと思う」「ご高齢だから心配。不測の事態があればジャニーズ事務所の崩壊につながってしまうのでは……」「カリスマであった事は事実。後継者不足は否めないし、もしもの話だが、カリスマ亡き後の組織は権力闘争で混乱するのでは」と不安視する声が多い。


 一方、話題となったKōki,の投稿内容は、愛犬を膝に乗せて手を添えた男性の写真。一定時間で消去される「ストーリーズ」への投稿で、顔は写っていないものの、「Dreaming on dad's lap(お父さんの膝の上で夢を見ている)」とのコメントが添えられていた。「dad」とあることから被写体は木村と思われるが、ネット上には「お父さんを使って話題づくり?」「家族を使うのは安っぽく見えるからやめたほうがいい」「なりふり構わず親の七光りをフル活用してきたな」と批判が相次いだ。


 そもそも、ジャニーズはタレントの肖像権の管理等を徹底しており、タレントに生活感が出る事を極端に嫌うといわれている。その為、家族の話もNGとされている程だ。「FRIDAYデジタル」618付記事で、木村について「SMAP時代には家族の話は完全NGだった」と指摘しており、女性誌記者の話として「少年隊の東山紀之と結婚した木村佳乃も、夫の話はNG」「(Kōki,の投稿は)父の事務所からクレームが入りかねない状況」と伝えた。


 それだけに、Kōki,の投稿は「禁断のタブー破り」「事務所を怒らせてまでパパを利用?」と波紋を呼んでおり、一部では「まさか、社長が危ないのを知っていて“謀反”を起こしたのでは」「ジャニーさんが倒れる直前だけに気になる」と“陰謀論”まで囁かれている。


 Kōki,は昨年11月にも、木村らしき人物との2ショットをインスタグラムに投稿。逆光のなか、ぴたりと寄り添ったシルエット姿で、コメント欄に「お誕生日おめでとう! ファンキーでカッコいいお父さんの娘に生まれて来れて本当に良かった」と綴っている。


 有名芸能人を両親に持つ影響なのか、Kōki,の活動は良くも悪くも注目を集める。例えば、2018年に映画賞の「エル・ガール ライジングスター賞」を受賞したが、映画出演経験がなかった為、選考方法に疑問の声が相次ぐ事に。また、今年4月発売のファッション雑誌「ViVi」(講談社/6月号)では、同号で専属モデルを卒業する河北麻友子を差し置いて表紙を飾った為、“ゴリ押し”と批判を浴びてしまった。


 様々な話題を振りまくジャニーズ界隈。まずは、ジャニー氏の一刻も早い回復を祈りたい。

(文=編集部)

2019-06-19 22:55:08

チケット不正転売禁止法施行で満員コンサートは消える

テーマ:芸能ニュース
⬛️チケット不正転売禁止法施行で満員コンサートは消える

   音楽コンサートは、嘘が多い。例えば、AKB48のコンサートでも空席が多数出た場合、客席を暗幕で隠し、さも満員かの様な演出をする。

   チケット完売と発表しても、あくまで運営側からの発表。

   チケットといっても、お金で購入するチケットもあれば、協賛企業が持つ招待チケットもある。

   会場を満席に出来るアーティスト、会場を満席に出来ないアーティスト。

   その狭間や、グレーゾーンにいるのがチケット転売業者だったりするのだ。

⬛️チケット不正転売禁止法施行で音楽業界に混乱も空席だらけの公演が増えてしまう!?



    コンサートやスポーツ興行などのチケットを不正に転売する事を禁止するチケット不正転売禁止法が614日に施行された。取り締まりの対象となるのは、転売の禁止が明記されている座席指定のあるチケット。このようなチケットを定価を上回る価格で転売する事、そして定価を上回る価格で転売する事を目的として譲り受ける事が禁止となる。違反した場合、1年以下の懲役もしくは100万円以下の罰金またはその両方が科される。


    会場の周辺で行われていたチケット転売は「ダフ屋行為」と呼ばれ、主に都道府県の迷惑防止条例などで規制されていたが、ネット上での売買では規制されていなかった。それが今回のチケット不正転売禁止法によって、ネット上での不正転売行為も規制の対象となるわけだが、実際に施行されても、状況はそれほど変わっていないようだ。


「ネット上には『チケット流通センター』や『チケットストリート』という転売仲介サイトがあるが、転売禁止法が施行された後もサービスは通常運転。いずれのサービスもあくまで個人間での取引の場を提供しているにすぎないという事で、取り締まりの対象とはならないという認識になっている」(音楽ライター)


    転売禁止法で取り締まりの対象となる「不正転売」とは、興行主の同意を得ずに反復継続の意思をもって行われる有償譲渡というもの。つまり、個人が余ったチケットを転売する行為については、何度も繰り返さない限り、基本的にOKという解釈もできる。


「ここが難しいところ。明らかに転売目的で大量にチケットを入手している業者については規制されるべきだと言えるでしょうが、個人レベルの場合はちょっとグレーになってしまうんです。ファンクラブ名義で多めにチケットを確保しておいて、余った分を手数料などと言って定価以上の価格で転売しようという人も中にはいると思いますが、このようなケースをどう扱うかは難しいところ」(同)


    チケットを買い占める転売業者のせいで、本当にコンサートに行きたいファンにチケットが行き届かないという問題を解消する点で、音楽業界にとっては待望とも言える転売禁止法だが、必ずしも良いことばかりではない。ある音楽業界関係者はこう話す。


「チケット転売に対する考え方は、音楽事務所によって結構ギャップが存在。どんなコンサートでも絶対にチケットが完売するような人気アーティストであれば、ファンを大事にするという意味で転売業者は排除すべき。しかし、必ずしも全公演がソールドアウトにならないアーティストの場合、チケットが転売市場で値崩れを起こし、その結果どうにか会場が埋まるという事もありうる。転売業者は、プレミア価格となるような人気公演のチケット転売で儲ける代わりに、そうではない公演ではチケットをさばく手助けをしているという現実もある。そんな現状で、もしも転売業者が完全に排除されれば、空席だらけの公演をしなくてならないアーティストも出てくる。その点に不安を持っている音楽事務所があってもおかしくない」


    転売禁止法の運用次第では、コンサートの規模を縮小せざるを得ないアーティストも出てくる。


「もし転売業者だけでなく、個人間の営利目的転売も本格的に規制されるとなれば、興行主側はチケットを余らせる事が大きなリスクとなる。大きな会場でチケットが売れないという事より、多少小さな会場でもチケットを完売させたほうが良いという判断になる。そして、常にチケット完売という事であれば、供給より需要のほうが高い状況が続くわけで、自然とチケットの価格も高くなっていく。ファンにしてみれば、チケットが取りにくく、しかも高いという事になるかもしれない。もっとも転売業者の法外な価格に比べれば安い」(同)


    転売業者を排除できたとしても、それ以外の影響はまだまだ不透明な部分もありそうなチケット不正転売禁止法。いずれにせよ、本当にコンサートやスポーツを見に行きたいと願っているファンたちこそが満足のいくような改革を期待したい。

2019-06-19 21:49:10

ジャニー喜多川緊急入院 後継者争い勃発

テーマ:芸能ニュース
⬛️ジャニーズ事務所が大変な事になっている!

   ジャニー喜多川は、87才であり、とうの昔に引退しても良い年齢である。

   そのジャニーズ喜多川が、病院へ緊急搬送されたという。

   現在、経営の実権はメリー喜多川副社長の実娘、藤島ジュリー景子副社長が握っているがジャニー喜多川の信頼は無いという。

   果たして、後継者争いの行方はいかに・・・?

⬛️ジャニーズ・喜多川社長が緊急搬送、事務所の後継者争い勃発かジュリー副社長へ不満充満

ジャニーズ事務所社長のジャニー喜多川氏


 ジャニーズ事務所創業者で社長のジャニー喜多川氏が18日に、病院に救急搬送されていた事がわかった。同日に芸能ジャーナリスト・芋澤貞雄氏が自身のTwitter上で「芸能界に衝撃走る! ジャニー喜多川氏倒れる! 容態確認中!」と投稿すると、インターネット上で瞬く間に拡散され、今日になって東京スポーツが事務所関係者も緊急搬送の事実を認めたと報じた。スポーツ紙記者は語る。


「事務所は“ひとまず大丈夫”の一点張りで、具体的な容態については何もわかりません。事務所はテレビ各局やスポーツ各紙に対し、現段階での報道をしないよう求めており、日頃から事務所と付き合いの深い大手マスコミは報じていません。扱っているのは、事務所と付き合いのない東スポや夕刊紙、そこから配信を受けたネットメディアのみです」


 ジャニー氏の一日も早い回復を願うばかりだが、すでに87歳と高齢だけに、後継者問題には一刻も早くメドをつける必要があるのは事実だろう。別のスポーツ紙記者はいう。


「今年1月、昨年いっぱいで芸能活動を引退した滝沢秀明が、ジャニーズJr.300人の育成を担う関連会社、ジャニーズアイランド社長に就任。現在、経営の実権はメリー喜多川副社長の実娘、藤島ジュリー景子副社長が握っていますが、力不足という声も多く、ジャニーさんからの信任があつい滝沢を次期後継者に推す声も多いのは事実です。


 ただ、滝沢はまだ子会社を任せられただけで、ジュリーさんを近くで支える事はあっても、現時点ではジャニーズ全体を率いていくには、まだ力不足でしょう。もしジャニーさんの後継者というポジションに就く人間がいるのだとすれば、滝沢が率いるジャニーズJr.たちを全力でサポートしている東山紀之ですよ。何よりも、メリーさんとジャニーさんから絶大な信頼を得ていますから」


 また、別のテレビ局関係者は語る。


「ジャニーさんの具体的な容態が事務所から発表される事は、当面はないと思います。そんな事をしても、事務所にとってなんのメリットもないですから。ジャニーさん本人が滝沢を事務所の後継者にしたいと望んでいるのは事実でしょうが、まだ子会社の社長になったばかりで、事務所全体の経営を引っ張っていくのは荷が重い。とはいっても、現在実質的な経営トップのジュリーさんへの不満が事務所内で多いだけに、もしジャニーさんが病に伏すことになれば、悠長なことは言っていられなくなる。ジュリーさんと“ジャニタレのトップ”東山の距離が最近、広まっているともいわれるなかで、事務所内の後継者争いが沸き起こる可能性もささやかれています」


 ジャニー社長のいち早い復帰を願いたい。

(文=編集部)

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>