Dr.盛次診療所ブログ(愛媛県伊予郡松前町)

Dr.盛次診療所ブログ(愛媛県伊予郡松前町)

愛媛県伊予郡松前町筒井にある「Dr.盛次診療所」のブログです♪

【理念】
お知り合いになれた方(受診された患者さん)の人生の行き着く先までお付き合いする。
ご家族のしんどさを分かち合う。
医療・福祉の学習を怠らず、常に技量と心を磨く。
治療も大事だけど癒しの方がもっと大事。
地域医療・地域福祉の充実に力を尽くす。


医療法人 きらり 『Dr.盛次診療所』

http://www.kirari01.com/clinic-top.html




〒 791-3120
愛媛県伊予郡松前町筒井1540

TEL 089-961-6262
FAX 089-961-6260


東レ愛媛工場のすぐ横にある在宅診療ありのクリニックです。

同じ法人のデイサービスも近くにあり、活発に交流しています。

デイのレクレーションを見ていると面白い発想に出会うことがある。

 

 アルツハイマー型認知症の人を対象にしたトランプの神経衰弱。もちろんすぐ忘れてしまう。とっても時間がかかるが、彼らは忍耐強い。そのうちに偶然に一致することが重なり、ゲームは終わる。

 

 手指の振戦が強い人によるドミノ倒し。ドミノを立てて、並べていくが、何度も倒れる。それでも忍耐強く取り組んでいるが、しまいには怒ってしまう。

 

 どちらも僕なら採用しないレクレーションだが、やってみると思いもよらなかった光景に出会う。お試しあれ。

 デルタ型もほぼ終了。今まで一番ピークが高かった分、下がり方も急で、ほぼ出尽くした感じです。ロシアやイギリスでは再燃していますが、しっかりロックアウトしていた地域で初めて感染が広がった分なので、こちらもいずれは下がってくるでしょう。

 

 感染対策を講じた人間の勝利というよりは、ウィルス側の都合のように思えます。きっとwith humanに舵を取ったのでしょう。

 

 デルタの次のタイプがやってくるまでは一休み状態です。インフルエンザも2021年8月ごろで冬のオーストラリアに出なかったので、おそらく日本では流行らないでしょう。誰かが流行ると言ってますが、信じてないです。

 

 最近、車内ではマスクを外して走っている自動車の数が増えてきました。やはりマスクはしたくないんだと思います。マスクなしの実証実験というのは無いのかな。日本では誰一人としてマスクを外してみようって人はいないのが不思議。私は外しているので時々怒られるけど。

 

 待機期間なしで海外に早く行けるようになってほしいと思います。

濃厚接触者となって、一応すべて終了となりました。

 

往診先のコロナ感染者は残念ながら、入院先で亡くなられました。ご冥福をお祈り申し上げます。

 

私を含め、コロナ感染者にかかわったのは、かいがいしくお世話をしていただいていたBさん、当院職員が4名、そして、地方局や役場の職員ですが、各々PCR検査を受けました。何度も患者さん宅に足を運んでいたので念のためということでした。そして、職場はお休み、自宅待機とさせていただきました。

 

本当に皆さんにご迷惑をおかけしましたが、もし感染していたらもっと迷惑をおかけすることになったので、ご理解のほどよろしくお願いいたします。

 

PCRの結果は、Bさんが陽性で、それ以外は陰性でした。Bさんはワクチンを2回接種しており、症状もなかったので、10日間の自宅待機。私たちは14日間自宅待機となりました。役場職員や医療機関職員は念のため、14日間の最後にもう一度PCR検査を受けました。それも全員陰性でした。Bさんは最後に接触してから10日間何の症状もなかったので、検査なしで自宅待機が解けました。

 

Bさんは食事介助も含め、一切のお世話をされていたので、かなり濃密な接触者でしたから感染してしまったのでしょう。我々は長時間の会話、診察、点滴やけんさなどで接触していました。完全防備ではなかったのですが、それでも感染はありませんでした。Bさんの家族も濃厚接触者となりましたが、PCR陰性で、再感染はありませんでした。

 

ここで言えることは、身体のお世話、食事のお世話など長時間にわたって狭い部屋で接していると、ワクチンを接種していても感染するということ、でも発症はしなかったということ。往診や、看護処置、役場職員による説得などでは感染しなかったということ。感染していてもワクチン接種者は発症しないか、発症しても軽度であろうこと、そして、家族への再感染はなかったことでした。

 

残念ながら、ウィルスのタイプは同定されていませんが、じゃあ、どうして週に1回程度しか外出されなかった87歳の高齢者が感染してしまったんだろうかという疑問が残ります。Bさん以外、家族も来ることもない独居生活です。スーパーしか行くことはないです。

 

最初の入院ではコロナ抗原陰性でした。この時は熱中症だったのであれば、入院中に感染したと考えることもできますが、その病院では感染者は報告されていないとのことでした。しかし、人ごみに出たのはこの時が初めてでした。

 

救急病院では搬送された方、全員に抗原検査をしているようです。当然でしょうね。今回の往診を振り返ると、今までにない何らかの症状を示された患者さんすべてに検査をすべきかどうか考えます。コロナ抗原検査では、症状が軽いとウィルス量が少ない場合が多く、そうするとまず陽性に出ません。全例にPCR検査すべきかというと、コロナ感染予防の観点からはそうでしょうし、実際に実施している国もあります。日本はウィズコロナって言ってますから、そこまではしない、なったらなったで考えようってことになるんでしょうな。

 

今回のことを教訓に今後はさらに対策を進めます。知っている人の方が危ない、家族ほど危ない、それは正しいと思います。マスクをしておればいいと信じるのは誤りです。距離を取り、時間を短く、換気に気を付けるってことが大事です。