そのかたは
3/14もお越しくださってました。

そして4/4のLIVEにもお越しくださると仰ってくださってました。

…けれど

その予定も中止になったのです。

あれから五ヶ月が経過して

9/5…再開してみようと企画くださり
練習もしてましたが…今回も中止にさせていただきました。

そして
そのかたは
この半年の間に
そっと逝かれたそうです。

唄がお好きなかただったそうで…

いつも唄が聴けるなら…って
運転手役を担ってくださり
ネイルのお客さまがたをLIVE会場までお連れくださってました。

先だってのひさびさのネイルの時に
彼が逝かれたことをお聴きしました。



恥ずかしがり屋さんの「富山日和+」のいっくんで富山日和+のLIVE動画は今まで公開したことがありませんでした。

富山日和+の二人に彼が逝去なさったことはお話ししてないのだけれど
タイミングなのかな…

「2020.3.14のグリシーヌさんでのLIVE動画を公開しようか?」
そんな言葉

3/14のLIVE模様のYouTubeをQRコードに載せること了承してくださったのです。

そうして

9/5の生演奏にお越しの予定にしておられたかたがたや
グリシーヌさんにお越しくださるお客さまに
チラシをお見せいただくことになりました。

右下のQRコードより2020.3.14のYouTube動画を見聴きして
夜のグリシーヌさんのLIVEの雰囲気を少しでも感じていただけたら…と思ってます。

そして
またコロナ禍が落ち着いた頃に
グリシーヌさんで生演奏させていただけたら…と

富山日和+の三人で願っております。


わたしにできることは
唄うこと

それくらいです。。。

ご冥福をお祈りいたします。


ありがとうございます。













わたしの無知さ加減…もう周知の事実でしょう。😅

知ろうとしないところがあります。

興味のないことはもちろんそう。
知らんでもいい。
そう思う。笑


知ろうとしてなくても経験すれば知ってしまうし

例えばもう一回経験したい?となると
無理にしなくてもいいかも…なんて思うこともある。笑笑笑

けれど経験することは
すべて必然なんだろうなぁ…などと思うのです。



対話が必要なお仕事の経験から
1:1での対応はできるようになれても多人数の前で思いを言葉にするようなこともほぼなかった。

そんな時は隅で聴いてる側でした。
前に出ることは苦手でした。信じられないよね。

それが今じゃ人前でMCもしたり?
そんなことしながら唄も唄うんやから。

身近な家族(夫や子どもや親)がびっくりしてるのもよぉくわかります。😅

数年前までは音楽のことにこんなにものめり込むとは思ってもいませんでした。



楽器をあつかう

自分がボーカルしてる時
唄いながらは今まだできない。😢

けれど…間奏中に奏でるその音に合わせてエッグシェイカーを振るのがとても楽しくて心地よい。☺️

不器用だから不慣れな楽器を扱うこと
演奏の邪魔になる気がしてできなかったけれど

リズム刻んで欲しいって頼まれたことから
エッグシェイカーを振ったりタンバリン叩いたり
そんな風に人の音に入ることも少しずつできるようになっていきました。

で…時にはカホンを叩いてみたい…そんな思いからカホンも作って貰いました。🤍


スチール弦とナイロン弦の音色で
自然に唄いかたが変わってしまうことも感じてきました。

「LIVE」

わたしたちが楽しんで奏でてる姿を見せていけばいいんだなって

そうして

唄に聴き入ってくださる時があり

唄に一緒に参加してくださる時があり

自然と創りあがっていくものなのかな…

だからこそ「LIVE」なんだね。

そして

だから「LIVE」が好きなんだね。

今の思い。



winZの軌跡② 思い出。

「winZ」

ユニットを組んだのが2017年の3月。

5月の中旬〜11月の中旬頃まで
メンバーのすすむんは有峰のお山に上がられてます。
(これは現在も進行形です)

だから「winZ」は12月から5月初旬くらい冬のみ動こうと…そんなゆるゆるで始まりました。

それから2017年の12月に立山町の埜の家さんでOOIS&はせがわ企画のライブに「winZ」として参加

そののち
2017.12.24に呉羽山のマリーマリーさん企画のXmasライブに「winZ」として参加していきます。

マリーマリーさんでは年明けてからも「Winterライブ」それから「Kei with LIVE」企画が始まりました。

冬のみ活動の「winZ」でしたが
2018年の11月に「winZ-」としてつよぽんと二人で「Kei with Live vol.10」に参加したこともありました。

2018.11.4 黄昏から夜ライブ
↓↓↓

2018年頃から学生時代につよぽんと「陽郎姫」というユニットを組んでおられたまっちゃんが田園さん木曜会に来られるようになってて

2019.3.3の「Kei with Live vol.13」の時にはPAのお手伝いからの「winZ」に飛び入り参加してくださり

2019.5.5の「Kei with Live vol.15」では「OOIS+陽郎姫+Kei」の四人で参加

そして
2019.11.10の「Kei with Live vol.18」に「陽郎姫」+「Kei」の三人で参加

それからは「陽郎姫」+「Kei」の三人は「新生winZ」として動いてみました。

2019.11.10の動画
↓↓↓

何処かの段階から
「伊勢正三さん好き」の括りというよりは
いろんな曲を唄うようになっていました。

新しいカラーの曲たち…
それはわたしにとって大きな大きな学びになりました。

そうして

「風」の曲は
わたしが「winZ」ボーカルとして唄うよりも
「陽郎姫」が唄うのを聴いていたい…そう思うようになっていきました。

風括りの「winZ」旧とか新とかではなく

すすむんと
つよぽんと
まっちゃんと
個々に
一緒に唄う

そんなカタチがいい…と。



旧winZのすすむんに
新winZのつよぽん&まっちゃんに
一曲ずつ弾いて貰い唄わせてもらって

「winZ」という名前で活動することは卒業しよう。

そんな思いで
2020.8.9の有峰での田園さん木曜会のメンバーたちとの内輪ライブ「白樺と音楽」の日を迎えました。








この歳になって
しおりを眺めて準備する「大人の遠足」を楽しめました。





田園さんの木曜会での時間
これからどうなっていくのか…

それも
ひとつひとつ全部
楽しんでいきたい

そう思うのです。

大切な思い出とともに。。。

winZ

ありがとう。






































winZの軌跡① 思い出。



夫が伊勢正三さんが好きな人でした。

レコードも映画音楽全集くらいしか持っていなかったわたしでしたが
結婚前頃から伊勢正三さんの曲がわたしのまわりで流れるようになりました。

夫は「お前だけが」のお前のところにわたしの名前を入れてギターで弾き語りをよくしてくれました。

そして結婚…
姑がイルカさんが好きでわたしの車に乗る時よくカセットテープを流してました。



イルカさんの曲の中には
なごり雪や海岸通など…伊勢さんが提供しておられる曲もあります。

なんでこの人は女性の思いをこんなにわかるのかしら…
綴られた言葉たちはけっして口にしない自分の思い
言葉に出せない思い…

そんな風に感じて
伊勢正三さんの曲
よく聴くようになりました。


伊勢正三さん好きな夫はちゃんと感じてくれている…
そうして夫はわたしを選んでくれたと。

唄に込められた思い
その思いを
言葉にすることの大切さ
教えてくれたのも夫でした。



そんな夫がギターを弾かなくなって数十年…

「風」や「かぐや姫」が好きな兄弟ユニット「オーイズ」さんと田園さんで出逢います。


「2017.1.21にやすみ処さんで開催するLIVEで一緒に唄ってみない?」となり

「オーイズプラス」で唄いました。

その時の動画
↓↓↓
https://youtu.be/QVWY6G_JR18




オーイズプラスではなくユニットに名前をつけよう…
木曜に逢った時にそんな話しになっていきます。

「大井さんと福井さんだから「大福」がいい!」

そんな声が聴こえてきましたが(これはのっこちゃんが言った言葉だったと一昨日知りました。笑)

田園ママさんから
「「風」好きな三人だから「Wind」とか「Windy」とかどう?」
そんな提案をいただきます。


「Wind」や「Winds」というユニット名はもう存在してて

「win-winが好きなわたしたちだから
win2をもじって「winZ(ウィンズ)」にしよう」と
最終的にすすむさんとつよしさんとわたしの三人で決めました。


そののち
すすむん、つよぽん、Keiちゃんと呼び合う
そんな風になっていきました。。。


2017.3.4のwinZ初ライブの動画
↓↓↓
伊勢正三さんの「風」が好き…そんな括りで

すすむ&つよしの兄弟ユニット
「OOIS 」+「Kei」で結成した「winZ」でした。


途中から「winZ」のメンバーは
つよし&Matsuの同級生ユニット
「陽郎姫」+「Kei」に代わりました。




「風」の曲は「陽郎姫」にまかせたいと思いました。笑☺️


これからは個別に。🤗

緑や赤、そしてもっといろんな色の唄を
奏でていけたらいいな。🎼🌱

大切な思い出たくさんありがとう。🤍💚 🍀✨


大好きな有峰でうちわとの時間。🎼




新winZ
つよぽん
まっちゃん
Keiの三人。



旧winZメンバーのすすむんと
ベースのくんちゃんは助っ人。



緑。



つよぽんとまっちゃんのギター





みんなで花火。

わーいわーい!✨
子どもに還ったょ。



白樺。





有峰の朝。



ここからは撮っていただいた写真。

ありがとうございます。







有峰の夜空。①



有峰の夜空。②


大人の遠足

花火を楽しむ様子。



有峰湖。

「ピュアにおまかせ ほっ」

ご依頼いただき
対応中もたくさんお話しくださり
そして終えてからも

select shopに向かいケーキセットいただきながらまたお話ししました。

メニュー表もお渡しさせていただきました。










ご縁に感謝です。
ありがとうございます。


自宅に「はじめまして」のかたをお招きすること…なかなかできなくて

でも

「がんばりたい」

コロナ禍自粛を経てその気持ちが勝りました。

「ピュアにおまかせ ほっ」のチラシを貼らせていただいたおかげさまです。

ありがとうございます。


朝から夕食の支度中。

今日は初めてのことがあります。

「ピュアにおまかせ ほっ」を受けてみたい…






お店に貼っていただいたチラシをご覧になり興味を示してくださったそうで…
お店のほうからご連絡いただきました。

その後お客さまと直接お話しさせていただき
本日自宅サロンまでお越しいただいての対応です。



思えば昨日

午前中はリピーターさんからの「おまかせのネイル」のご依頼でした。

そして

午後からは「ユアゲルマリラクゼーションケア90分コース」のご依頼でした。

ふたつのことをおひとりのかたにさせていただくことになります。


今朝支度しながら夫に話しかけました。

「前に話してたこと今日初めてカタチになるの。。。」

夫からの言葉は何もありませんでしたが
黙って聴いてくれてることに応援してくれてること感じます。

ネイルとユアゲルマリラクゼーションケア二つのメニュー表も準備しました。

心を込めて対応させていただきます。














連休最終日の今日、7/26は午前中に唄の練習をする予定にしてました。

諸事情により
二年間活動を休止していた「ルパンⅡ(セカンド)」。

活動を再開することとなり…その練習dayです。


先だって
射水市のちー庵(つあん)さんでの中田朋子さんと本郷葉子さんの展示会にお伺いした際に

ユニコネルモンドさんとちー庵(つあん)さんの新しい空間をみせていただくことになりました。

壱の蔵と名付けられたそこはとてもすてきなイベントホールでした。













「ここで唄ってみない?」
そんなお声かけを中田朋子さんからいただくことに。。。


先生の染めの空間で唄うこと…何故か今までタイミングが合わなかったのです。😞

今回練習する予定にしていた「ルパンⅡ」のパートナーさだむらしんちゃんに確認してみたところ
午前中の練習の延長みたいな感じでいいなら…と。

展示会開催中の26日の午後に生BGMとして唄わせていただくこととなりました。

そうして

今日…まずは長沢のけしきさんの二階で唄いながら選曲

一階ではお客さまが出入りしておられたようですが…集中してるからか…全然わからなかった。😅

釜飯美味しくいただきました。

ありがとうございます。







そして

ユニコネルモンドさん…

営業時間中はお客さまがたくさん居られるとも思い
15:00頃にお伺いすることになりましたが
展示会にお越しになられたお客さまがたが聴いてくださいました。

感謝です。

8曲40分程度唄わせていただきました。

中田先生の作品紅ピンクの麻のショールを纏いました。





ルパンⅡ
体調を鑑みながら
ゆるゆると活動再開

「the water is wide」

一緒に唄うことできました。


ひとつひとつ

一歩ずつ。



今日の朝メッセージが入りました。


「今年もまたフットネイルお願いしたいです💕
とても急なんですが、今日、明日、明後日で空いている日はありますか?🙇‍♂️」

空いてます空いてます。笑


今日の9:30から承ることになりました。♥️


なさりたいネイルの候補画像はお在りだったようですがプレパレーション中のわたしの指先を見て…同じようなのがいいと仰っていただき

おまかせコースとなりました。☺️






他県に嫁がれ、ご実家に来られた合間にネイルのことも思い出してお声かけくださり感謝です。

ありがとうございます。

またいらしてくださいね。💕


見たまんまを残したり
表現する技術などなく

写真撮っても
絵を描いても
いつも
見たまんまではなくて…

なんかちがう。。。



ある時気づきました。

あぁ
見た時の感じたものを
そのまま描けばいいのかもしれない…

意味不明でいいのかもしれない…

しかたない。
意味不明なんだもの。。。

諦めなのか
開き直りなのか
それは
わからないけれど

見た時のキラキラ感や色

そのままではない。

空想の世界かもしれない。

カタチ違えど

理由も説明できんけど

それでいいんかな…

ってなんだか思える。

文章もおなじで

唄の練習
歌詞に泣いてしまう

それは

唄に入り込むからなのか

気を許しているからなのか

それさえわからない。

意味不明のままで

わたしは進もうと思う。

「ゆづきの絵と同等か?」

………。







無理にこころ折ることはなく

日曜の日中に絵を描くのはよしときましょう。

です。◝(⑅•ᴗ•⑅)◜