【長野県松本市】とにかく明るい性教育「パンツの教室」 武田希帆 ~親から子へ伝える性の話は命の話~

【長野県松本市】とにかく明るい性教育「パンツの教室」 武田希帆 ~親から子へ伝える性の話は命の話~

3才から10才が適齢期!親子で楽しく性について話し合おう。それが、子どもたちの笑顔を守る事につながります。お母さん!恥ずかしがっている場合ではありませんよ!!

のじま なみ先生 が代表理事を務めるとにかく明るい性教育「パンツの教室」では、



お子様が幼児期のころからご家庭で性のはなしをしていくことをお勧めしています。



性のはなしが本当に必要になる思春期を迎えたとき、なんでも話会える親子関係を作ること。



それが目標です。知識はお守りです。このお守りは、親から子供への最高のプレゼントになる



ことでしょう。




チェック(白地) 1万人以上のお母さんが読んでいます!


のじまなみ先生のメルマガ登録はコチラ!




■□■ 武田希帆の講座のご案内 ■□■



チェック(白地) 「パンツの教室」って何なの?


まずはこちらから!「パンツの教室」体験会




チェック(白地) 性教育の基本。親子で性について話ができるようになろう!


とにかく明るい「パンツの教室」初級講座




チェック(白地) 気になる防犯のはなし、命の話、愛を伝えるアルバム作成!


とにかく明るい「パンツの教室」中級講座