よっしーのブログ

よっしーのブログ

浦添市にある「島尻キンザー前クリニック」の院長のブログです。

島尻キンザー前クリニックのHPはこちらからどうぞ☆
http://www.kinsermae-cl.com/

皆さんこんにちは!

 

2月はあっという間に過ぎていきました。今月の出来事です。

見事なチューリップが届けられました。春はもうすぐです!

2月生まれはただ一人、院長の二十歳の誕生日です!(数字弱いからずっと二十歳)

ありがとうございました。

浦添総合病院から出向されてた幡野先生が大浜第一病院に異動になります。ファンのナースからレイのプレゼントがありました。

循環器内科の第一陣として来て頂いて、患者さんにとても親切と評判の先生でした。大浜に行かれても体に気をつけて精進されんこと祈念いたします。短い間でしたが、一緒に仕事が出来て楽しかったです。また機会があれば患者さんのやり取りも含めてご一緒できたらと思っています。

 

外来待合の絵が変わりました。今までは片岡鶴太郎作の「ふく来たれ」でした。

開業のときに、明光エージェンシー様から頂いたものです。10年の間に「ふく」もちょっと色あせましたので、、、、

「とらふぐ」を中心に群がる魚たち、江戸時代の画家 伊藤若冲の「魚群図」です!

旧正月に飾りました。「年々有餘(魚)」の想いを込めて、待合に来られる皆様の幸福を祈念します!

 

2月27日はご先祖の供養の日、旧16日祭です。先祖の苦労や喜びに思いを致し、現在のこのコロナ禍を乗り越えて行きましょう。緊急事態宣言も2月28日で明けます。

 

3月から心機一転!

 

Yoshinori Shimajiri

 

 

 

 

皆さんこんにちは!

 

今年も1年始まりましたが、あっという間に1ヶ月経ちました。クリニックでは行事はほとんどありませんでしたがスナップです。お正月に立派なコチョウランを患者さんから頂きました。乳がんで闘病中ですが、元気で頑張っています。毎年有難うございます。

我が家の玄関のお花です。

毎年恒例の床の間です。先祖代々伝わっている床の間に飾る重箱に盛ったお米と、お塩、盃です。

 

赤いマスクも気持ちを引き立ててくれます。

 

宮古島市でのコロナの広がりが気になります。日本で最初のほぼロックダウンと全国ニュースで流れています。第二のニューヨークです。成人式、市長選挙と人の出入りが続いていました。まだまだ気が抜けない状況ですので頑張って感染しないようにして行きましょう!

 

Yoshinori Shimajiri

 

明けましておめでとうございます。令和3年のお正月を穏やかにお迎えのこととお慶び申し上げます。新年に際しまして、ご挨拶を申し上げます。

 

昨年は未曾有の大感染症が猛威をふるった激動の年でした。年明けから、沖縄県の養豚業者を震撼させる豚コレラの報告があり、この冬は人に感染する可能性のある鳥インフルエンザも確認されております。そして新興感染症はCOVID-19感染症に極まります。大型クルーズ船「ダイアモンドプリンセス号」が2月初旬に那覇港寄港後、横浜へ向かう途中に感染者が報告され、第1波に引き続き、あれよあれよと言う間に第2、第3波と約1年近く猛烈な勢いで世界を覆い尽くしております。不幸にして感染し、命を落とされた方のご遺族には深く哀悼の意を表する次第であります。現在、治療法も未だ手探りのままですが、発端の中国、ロシア、そして欧米などではすでに予防接種も開始され、明るい光も見えてきております。感染症に翻弄されてはいますが、様々な要素を織り込みながら、進化に対応できるよう情報分析に努めて参りたいと思います。当クリニックでも諸対策を講じており、ワクチン保管に備えてスーパーフリーザーを購入して準備を整えております。

 

クリニックの出来事を振り返ってみますと、浦添総合病院の検査技師の応援により、腎血流エコーを開始し、2次性高血圧や糖尿病性腎症患者に対する診療の質を向上させました。院長が毎年行っている琉球大学の内分泌の講義もリモートで行い、新常態に対応しました。また当院はお蔭様で、開業10周年を迎えることができました。これまでの歩みを記念誌「年輪」としてまとめ、ホームページに公開しております。糖尿病患者会「こがねの会」活動の一環として、末吉公園でウオークラリー、サガリバナを見る会を開催しました。途中大雨でしたが、マスク着用の上での散策は思い出に残るものでした。

 

人事については、看護師の小川さん、上江田さんが非常勤で加わり業務の効率化が進みました。開業当時からリハビリ助手として活躍されていた名嘉真さんは、定年退職を迎えましたが契約職員として引き続き頑張って頂いております。データ入力を依頼していた矢野悠希君は沖縄タイムスに入社が決まり、新たに社会人として巣立って行きます。

 

昨年は万物芽吹く年としてお祝いムードで始まりましたが、令和天皇の御即位パレードも、東京オリンピックも延期され、日本糖尿病学会学術集会も延期の上、オンライン開催となる異常事態でした。安倍総理大臣も辞職し、トランプ大統領も変わる異例の年でもありました。今年は、ポストコロナに向けて、日本の復興に全力を尽くして行く年になりそうです。

 

辛丑(かのとうし)の本年は、辛抱の「辛」から、辛い痛みを伴う幕引きを伴いつつも、新たな息吹を宿す年、のようです。牛歩戦術という言葉もあるように時間を稼ぎ、次に種を蒔くための畑を耕す時期と思い、粉骨砕身努力して行くしかありません。微力ではありますが、皆様のお役に立てるよう頑張って参りたいと思います。今後ともご指導ご鞭撻よろしくお願い申し上げます。

 

令和3年正月

医療法人太平会

キンザー前クリニック

島尻佳典