ヨロコビもカナシミも

一応、自作小説の掌編なども置いてます。

ルームから辿ってくださいませ。




●アメンバー申請について

 アメンバー記事に、投稿中やその他の理由で一般公開していない作品(小説)を掲載しているため、アメンバーにつきましては小説を書かれる方や親しい友人を中心に承認させていただいています。それぞれ個別の事由によっては承認させていただく場合もありますので、プチメ等にてご相談ください。


 読者登録につきまして承認制をとっておりませんのでお気軽にw

Amebaでブログを始めよう!
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

非実在中年


 どんどんとネットへの露出が減ってきておりまして(笑)、ブログを書くのもどれくらいぶりだろうかという勢い。
 あまり放置しておくと場合によっては”死んじゃってるんじゃないか?”的な状況にも見えてきて、それはそれで別にいいんですが、リアル友人をのぞけば、ネットの世界の知人に生存を示す方法ってのは簡単に作れるかわりに簡単になかったことにも出来るという現実を感じてSF的だなぁと思ったりしています。

 mixiのマイミクの中に一人亡霊がいまして、すでに他界されているんですが、そのアカウントは誰も消さないでそのまま残り続けていたりして。

 通常、twitterで時々つぶやいたりしていますがその頻度もどんどん現象の傾向をたどっています。
 ネットから消えてしまう日も近かったりして。(無いとは思いますが)

 文字を読む事に対してのネット依存はそれほど低下してないんですが、ブログのチェックとかにRSSリーダーとかを使うようになった関係もあって、リプライすることが極端に減ってしまっているのも確かです。


 でも、とりあえず、生きてます。


2010/12/17

ヨロコビもカナシミも-TS3D0485.JPG

チキンをスパイスで炒めてみた

近頃は


夏目漱石の虞美人草を読んでいる。
ずいぶん時間がかかっているけれどいよいよ終盤。これ読み終わったら重力ピエロを読まなくちゃ。

しばし


 ずばり書いてしまうと、アメブロを辞めるつもりは毛頭ないのだけれどちょっとばかり忙しくてこちらを更新したり読んだりしてる暇がなかったりする。
 このブログを楽しみにしてくださっている全国1万8千人の女子高生のみなさんには大変申し訳ない。(いや、女子高生が読みに来ているとも思えないし、そんな人数がアクセスしている頁でもないないという、完全に嘘ですけどね)


 で、誠に勝手ながらしばらく休止させていただこうと思う。
 いや、既に実質的には休止状態なのだけれど。

 時々みなさんの頁は拝見しに伺ったりはしています。ペタは残してなかったりしますが。
 そういう訳で、一応生きてますんでどうぞよろしく。

 ちなみに、一日一回から十数回のつぶやきはtwitter上で行っています。生存確認の方はそちらにてお願いしますw

http://twitter.com/#!/kinnme

近頃のこと

 もう、本当にたまにしかブログを書いてない。すみません。で、こういう時はまずは近況報告をするってのが世の習わしであろうと思うのでそれでいってみよう。


<会社の取締役員になった>

 なんだかこう書くと凄いんだが、実際には零細企業なので仕事が出来るからだとかなんだとかっていう理由でもないのでアレではある。アレではあるが、役職は課長職のまま取締役になると何が起こるかというとそれまで給与として戴いていた俸給が役員報酬という形になる。(金額が変わらないってあたりが泣ける)そんでもって雇用保険はなくなっちゃうので今後失業しちゃうとまったくもって保証がないというなかなか寂しい事になったりする訳である。

<家族が増えた>

 犬ですけれどもね。前回のブログで写真を公開しているのですが、我が家に盲導犬がやってきた。年齢は2歳だという事で遊びたい盛りであろう……と思う。けど、盲導犬として訓練された犬なのでオーナーの連れ添いを絶対の主人として、あまり他の家族になつきまくったりしたらマズイという事がある。だから、ちょっとだけ可愛がらせてもらうのだが、もうめちゃくちゃ可愛がってあげちゃおうって訳にはいかないのだった。
 ただ、どうも私は以前から犬だろうが猫だろうが妙になつかれるタイプらしく、我が家にやってきた犬にもめちゃくちゃになつかれている。近くに寄るとワンコが興奮してそりゃもう大変な状況になるのだが、あんまりワフワフになってしまうと連れ添いに怒られちゃうので(それは盲導犬としてのルールとかいろいろあって仕方がないのである)ちょっとかわいそうで、ちょっと私は寂しい訳だ。でもカワイイw

<マルドゥック・スクランブル読了>

 文庫で出たマルドゥックを読了した。うーん、二十代でこういうの書いちゃうんだよね。凄いなぁ。
 SF好きの私としては面白く読んだのだけれど、三分冊になっている一冊目がとてにかくものすごく面白かったもんだからニ冊目後半から三冊目にあたりのカジノでのやりとりが若干まどろっこしい感じがしないでもなかった。とにかく、無事に風呂本として三冊を読み終えた。はぁ、面白かった。

<時間がたりない>

 まぁ、一番最初にも書いたけれど役員になったのと、九月から課長に昇進している関係もあって仕事がどれだけやっても片付かない。というか、世の中の人たちで課長って言われる人って大変なんだねぇと改めて思う。
 これまで、言ってみれば主任という役職は付いていたけれど、それはまぁ取り敢えずなんかつけときますか的な役職だった訳で、自分に与えられた職務(業務)を淡々とこなしておれば良かったのである。基本介護保険の保険請求事務とソレにまつわる賞品の管理業務が中心だったわけだ。で、課長になって売上と人の管理をするようになったら(するようになったらと言うだけで出来ているという話ではないのがまたなんともなのではあるけど)、それまでの事務処理と相まってまったくもって時間が足りない訳である。
 朝一時間ほど早く出社して、帰りも以前から見ると二時間ほど遅く退社するようになったが全然時間が足りない。みんなどうしてるんだろうって不思議に思うくらいだ。
 そんなこんなで好きな読書の時間も激減。テレビに至っては殆ど見てない。(まぁテレビは以前からあんまり見ちゃいなかったんだけれどね)

<平日禁酒>

 去年の暮れに煙草をやめた。思いのほかきっぱりとやめちゃって今でも喫煙習慣はもどってきていない。
 という訳で(どういう訳だw)、平日について禁酒を敢行してみている。もちろん昨日みたいに会社で飲みに行けば呑むのだけれど、そうじゃない日は平日は飲まないってのを先週末とか今週あたりから実践してみている。これだけ疲労困憊の日々だと、酒がなくても眠れる事は眠れる。まぁ相変わらず夜中に目が覚めたりとかしまくりだがw 深酒すると夜中に目は覚めないのだけれど、下手すると二日酔いで次の日も酒臭いなんて事にもなってしまうしね。で、これも新しい習慣として定着するのかどうかお試し中である。
 もともとは三百六十五日飲み続けの人だったのだ。休肝日なんてものは知りませんという勢いだったから、体調的に激変するかと思えば実はそうでもなかったり(笑)




 そんな日々を送っている。
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>