土木技術者(もどき?)のブレイクタイム

土木技術者(もどき?)のブレイクタイム

土木技術者(的な)人物のブログです。ブレイクタイムを過ごしているような気分で書いています。個人でも仕事ができるように、ただいま準備中(やるかどうかはまだ未定)

残業しまくってバカやりまくったことを織り交ぜつつ、もっともっとラクに仕事が



こなせるようになるためのあんなことやこんなことをつづってます。







ブログをお読みの方へ価値を提供できるよう、努力しております。







私は会社勤めの土木技術者として、日々問題解決などに当たっています。



また、ブログから本を出すことができました!



応援して頂いている皆様、感謝申し上げます。








(中央の白地の本が私の書籍です)







また、図書館にも置いて頂きました!











さらに、日経新聞に取り上げて頂きました!










そして、「AERA 12月18日号」にて、インタビューを掲載して




頂きました!



https://dot.asahi.com/aera/2017121200031.html?pa










これからも、お読み頂いているあなたに面白く楽しめるブログを目指し、



日々書き綴っていきます。







お時間のある時に、お立ち寄りください!





◇◆◇
残業時間を減らせという風潮ができあがってきて、もうそれなりの時間が経つ。長時間残業は悪であり、諸悪の根源みたいな言い方をする人もいる。

そんな風潮に対し、個人的には疑問を持っている。長時間残業が本当に悪いのか?残業が悪なのか?
長時間残業を経験したことがある身としては、疑問符がついている。

◇◆◇
そもそも、残業がもとから悪だったわけではない。24時間働けますか?というフレーズがコマーシャルになっていた時代もあった(いつの話だ?)。
今でも、長時間残業を厭わずに働く人もいる。そんな環境を嬉々としている人もたくさんいる。

実は残業自体は無色なのではないか?
私たちが真っ黒な色をつけているのではないか?
悪用するヤツが悪いのではないか?

そう思うようになってきた。


◇◆◇
今に限らず、過去においても、残業を悪用する輩はたくさん存在した。安い基本給に残業代を含めておき、朝から朝まで働かせる経営者は今も多数いる。長時間残業が、会社に対するロイヤリティーとする上司も数多いる。

令和の時代になっても、昭和時代を彷彿とするような非効率な働かせ方をする会社なんて、履いて捨てるほどあるだろう。

だから、日本の賃金は下がり続け、発展途上国並みになりつつあるのではないか。

それはつまり、社員を使う側の賃金も相対的に下がり、人を安く使ってるつもりが自分も安く客に使われている状況になっているのだ。

残業を悪用した末のことではないだろうか。


◇◆◇
残業そのものに善悪は無い。どう使うのか?が問われている。残業する必要があればすればいいし、必要ないならしなければいい。本当はそれだけのはずだ。

ところが、なんだかんだと意味不明な理由を並べ立てて悪用するバカがたくさんいる。だから、おかしなことになるのだ。

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

◇◆◇
こちら、クリックをしてくれると
飛び上がって喜びます(*≧∀≦*)

 

 

◇◆◇

直接のお問い合わせは、

下記アドレスへお願いします。

tadashiprosta@gmail.com

※ツイッターのフォロー大歓迎です。
Twitter:https://twitter.com/togura33