きんぎょっぴ ドイツとワタシと家族と

きんぎょっぴ ドイツとワタシと家族と

来てくださってありがとうございます。
ドイツ生活のこと、家族のこと、そしてワタシのこと いっぱい話せたら・・・。


テーマ:
今回の旅で買ってきた物。(備忘録よん)
 
オリーブオイル   右2本はトリュフ入り、しかし お値段が超お安いので期待せず。
左2本はスーパーにて、中2本、左側はレストランで分けてもらったもの、右側(赤いラベル)はワイナリーで買ったもの。あと1本購入し、現在使用中(ラベルの貼っていないもの、画像にはなし)
 
全てマニトバ粉です。 なにか?爆!
この中のいくつかはドイツにあるイタリア食材の店で購入可能です。
そして、とても食パン作りには適しています、しかし!これだけいくつも種類を店頭(数店舗)で見ると買わないわけにいかなくて・・・。はい、もう頭おかしいですよね。わかってます。
しかし、夫はワイン、ワタシは粉ということで・・・・。笑
 
見えますでしょうか? 蛋白質含有量が。  13%です。
こちらなんて15,5%ですよ! こんなのはドイツの小麦粉にはないんですよ~。
バリラのパスタ、リングイーネ。
上のがイタリアで購入、ちゃんとリングイーネって名前が入ってますね。
下のはドイツで買ったもの。番号13って入ってます。
ドイツでも買えるので購入する必要がなかったのですが、たまたま行ったスーパーで今週のセールになっており、なんと1箱59セントですって!
いくらセールと言ってもドイツではせいぜい70セント台なのでびっくりしてついつい買ってしまいました。
しかし、スーパーには意外にもパスタの種類は少なかったです。笑
 
 
そして、必ず買って帰りたかったのがブラータチーズ。
 
今回は毎日のように食べてました。
本当お気に入りです。(娘とワタシの)
これはドイツではなかなか手に入らないのでは?(でもわかりませんけどね。)
 
しかし、日本語サイトで検索してみるとなんとイオンで売ってるみたいなんです!
これにはびっくり! → イオンのサイト
イオンでは1000円ちょっとで販売のようですね。
ワタシは200円ちょっとで購入しました。
でもね、値段はマチマチだったんです。
スーパーの対面式のところで一つお願いしたら、計量してシールを貼ってくれたのですが、お値段6ユーロちょっと。は?っとびっくりしたけど、確かに1キロ18ユーロ弱。300グラムしたので、確かに妥当な値段ですが、なかなかいい値段になってびっくりしました。
 

テーマ:
七日目はほぼ最後の日と言っても過言ではないでしょう。
翌日は朝6時にチェックアウト予定なので。
 
この日は宿の近くのワイナリーへ。
夫が自転車(宿が貸してくれました。)でふらふら~とサイクリングしてて見つけたところです。
 
ここでワインを試飲しましたが、好みではなかったので、購入に至らず。
しかし、オリーブオイルを試食(?)させてもらうとなかなかよかったので、1本購入。
オリーブオイルは2種類あり、一つは1カ所のところから採取し絞ったもの。15ユーロ
もう一つは8カ所のところから集めたクラシックなもの。 12ユーロ
と、だいたい判断。なんせおじいちゃんイタリア語でまくしたてるので想像しながらです。爆!
 
友人は15ユーロの方を購入、ワタシは味見をしたところクラシックの方がマイルドに感じたのでそちらを購入。ワタシがクラシックの方を購入したら友人はびっくり。
いやいや、味の好みはそれぞれやから(と心の叫び。)
 
さて、最初のワイナリーでは残念ながら好みのワインに出会えませんでしたが、次のところでは夫たちは購入。
写真も撮っていいですよ~と言ってもらえたので撮りまくり。笑
 
 
 
ここはワインの試飲、オリーブオイルの試食も自由にできるようになってました。(沢山のお客さんが来られるのでしょうね。)
本当は購入したかったのですが、すでに充分すぎるほど今回の旅で買ってしまったので、ここはぐっと我慢、我慢。
窓からこんな素敵な景色が。
 
さて、ここまでが午前中の話。
お昼は、なんと前回行った10ユーロメニューのレストラン。
夫は豆とベーコンの入ったパスタ。
(メニューにはマカロニって書いてあったんですが、これってリガトーニだと思うのですが・・・。こんな緩いところが好きなんです。)
ワタシはシーフードスパゲッティ。(メニューを訳したら魚って(Pesce)でたんで、白身魚が入ったパスタかな?と思ってたんですが、どうも違いました。)
セコンドは鱈のフライ。 しかし、衣がほとんどで身が少し。笑
 
ワタシはトマトのサラダを注文したのですが、すっかり忘れられてしまって、再度お願いしたら、ミックスサラダが・・・しかし、トマト意外は美味しくなくて残してしまいました。
デザートはティラミスかフルーツ(の何か)とミモザのケーキでした。
どうもミモザのケーキはバタークリームだったので、こちらにしました。
 
食後はSaloという街へ散歩に。
そうそう、ドイツでも時々見かけますが、イタリアでは普通にスーパーに緑のかぼちゃが売ってました。
お味の方は分かりませんが、1個購入しましたよ。美味しかったらいいのですがね。

さて、ようやく旅は終わりました。
翌日朝6時過ぎに出発して、渋滞にも遭わず、休憩も入れて無事自宅に帰ってくることができました。
それからは洗濯、洗濯ですよ。笑
 

テーマ:
前回の続き、対岸の反対側に船で戻ってきました。  前回→旅 ⑦
もう一度地図を見てみます。
最初 Manerbaから北上してLimoneまで行きました。そこから船に乗り、対岸のMalcesineでぶらぶら。
 
 
そして、再びLimoneへ戻ってきました。
 
 
 
 
 
地面に埋め込んであるタイル。可愛いので思わずかがんで撮っておりました。
おばちゃんがかがんでいるのはちょっと・・・のようですな。
 
夕食は毎晩家で食べてました。これはまだ準備中のところですが、帰りにスーパーに寄り、各自食べたい物を買って(まあそれなりに互いに何を買うか聞き合いましたけどね。)
なんと言っても対面式(Theke)で塊のハムを薄~く切ってもらうのが醍醐味。
とにかく薄く切ってくれるんです、どこでも。
ドイツで薄く切ってくださいとお願いしてもここまで薄く切ってくれることはないです。
あとはトマト、ブラータチーズ、オリーブ、その日買った赤ワイン、スプマンテを飲んで毎日が過ぎて行きました。
 

テーマ:
この日は旅の六日目。(10月4日)
 
ガルダ湖沿いを北上し、そこから船に乗って(15分ほど)対岸に渡り、モンテバルド山をロープウェイに乗って、散策しよう!と案が出ました。
お天気はいいのですが、気温はさほど高くなく、標高1700mのところを散策って、あーた、そこまで防寒着は持って来ておりませんがな。
ふーむ。困った。
と、思っていたのですが、全員一致で、対岸であるMalcesineマルチェーズィネ)のみで散策。
 
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

空腹だったので、ちょうどお店がちらほら見え始めた最初のリストランテでランチすることに。

ワタシはうふふ・・・ シーフードスパゲッティに即決定。

 

 

息子はカルボナーラに即決定。

 

 

娘は本日のお勧め、手作りパスタにきのこ、パルメザンチーズ、トリュフ入りのパスタ。

 

 

 

 

 

 

男子、女子に分かれ(互いに行き先が違うため!爆!)やっぱり、女性は店を覗いて冷やかすのが好きですよね。

って、この辺りはレモンの産地なのでレモンで作られたお酒などがたくさんありました。

あ~ リモンチェッロ買ってくればよかったぁー!(今頃後悔)

 

 

こんな軽食も売ってました。

残念ながら今回食べる機会が行きのサービスエリアでしかありませんでしたが、パニーニを注文したのですが、とっても美味しかったです!

 

 

 

 

 

 

そして、再び対岸を船で戻り、少し歩くと、こんな可愛い通りの名が書かれたタイルのなんていうの?がありました。

 

 

写真が15枚までしか掲載できないので、ここで一旦終了。

 

 
 

 


テーマ:
ちょこっとだけイタリア記はお休みして。
 
音譜音譜音譜音譜音譜音譜音譜音譜
 
昔から知り合いではあったけど、子供たちが小学校、はたまた次の学校へ行くようになり、だんだん疎遠になっていたトルコ人ママ。
前回こちらでも書いた通り→トルコ人ママと朝食
次回はトルコ人がよく行くショッピングストリートへ行こうと約束しておりました。
実はワタシへのリップサービスで2回目はないんじゃないかな?と(いけないワタシ)思ったりしてたのですが、「今度いつ行く?」とメッセージが来ました。
有難いです。
 
で、詳しく話を聞いてなかったのですが、ちょこっとだけ大きめの街へ連れて行ってくれました。
って、ワタシもたま~に行く街でした。
でもね、彼女が連れて行ってくれた辺りはまず行かない場所。
タイトルにも書きましたが、彼女が、
「ここはリトルイスタンブールよ!」って言うほど、トルコ人街?なのかな。(誰がトルコ人で誰がそうじゃないのか区別がつかないワタシには???ですが、とにかくトルコ人のお店が多かったです。)
 

 

 

なんかこんな画像、トルコ在住のブロガーさんが載せていらっしゃったような。

このお店を見た時、「あれ~ここでもおんなじだ~。」と嬉しくなりました。

ちょっと冷蔵が効いてるみたいなので、ガラス窓が曇っているのが残念です。

 

 

こんなドレス屋さんがいっぱいあるんですよ。

 

 
中へ入ると(これもトルコ人の友達が一緒だからなんとなく入りやすいし、出やすい。)
頭に被るスカーフが。

 

そして、お洋服が。

 

 

 

 

友達曰く、こちらのメーカーダウンはなかなかいい物らしくて、お値段も結構いいのよと言ってました。

(本当のところはワタシは知りませんよ。)

 

 

そして、雑貨屋さんと言っていいのでしょうか?なんでもありました。

お鍋。

 

 

トルココーヒー用のコーヒーメーカー?

いや、トルコのお茶用かも。

 

 

これは紅茶用だったかな?

 

 

絨毯も売ってます。 洗濯機で洗えるのよ!って言うけど、入るの?って思わず聞いたわ。

 

 

 

そして、トルコレストランって言うんでしょうか、まだ朝食タイムだったみたいで、彼女はビュッフェ。(9.9.ユーロ)

ちなみに左の揚げパンはムチムチしていて何もつけなくてもそのまま食べれるほど美味しかったです。

油で揚げてあるのでカロリーは怖いけど。

って、彼女はビュッフェを注文したからいいけど、

「きんぎょっぴ!これ美味しいから食べてみて!」とこのパンを2個取ってきてくれたのですが、

ワタシ ビュッフェ注文してないのにいいのぉ~?と不安になりながら、ドキドキして急いで味見しました。

あんまりにも美味しいから店の人も来ないことをいいことに、1個いただいちゃいましたよ。

 

 

ワタシは4種類の違った具が入ったピデを注文。

 

当然食べきれないのほとんどお持ち帰りにしたのですが、テイクアウトも出来るお店なのでちゃんとした箱に入れてくださって、このお店とても気に入りました。

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、友達が、

「これをきんぎょっぴに紹介したいのよ! 甘いから私一人で食べられないから、シェアしよう!」

名前を聞いたつもりだったのですが、上に乗っているトルコアイスだけ聞いてました。

Maras Eis(ドイツ語スペルで書いてもらいました。)

で、下のはネットで調べるとKadayifと言うのかしら。

 

 
中には溶ろけるチーズが入っていて
アイスクリームもこんな風に長~く伸びるんですよ、と伝えたかったのですが、
伸びてるのは中のチーズのようです。爆!
これね、美味しいけど、二人でも食べるのが大変。
3人か4人で食べてやっと、美味しかったねと言える代物。
二人だと苦しいわ。
 
えー今回も色々とトルコのことを教えてもらって面白かったです。
 

 

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス