G大阪、首位に立つ。チームを救った若き3選手

 

JリーグYBCルヴァンカップは、リーグ戦との平行日程だけに、G大阪も磐田もターンオーバーした顔ぶれをパナソニック スタジアム 吹田のピッチに送り出した。

現在、Dグループで首位を走る磐田は勝てば、プレーオフステージ進出に王手がかかる一戦。名波 浩監督はリーグ前節・名古屋戦の先発からロドリゲスを除く10人を入れ替えた。ロドリゲスと2トップを形成するのはルヴァンカップの前節、2ゴールを決めて勝利に貢献した中山 仁斗だ。

一方、“平成最後のホームゲーム”を戦うG大阪にとって、勝てばグループ首位に立つ可能性もある状況だけに、宮本 恒靖監督はリーグ前節・大分戦で先発した菅沼 駿哉と田中 達也、そして本来はレギュラー格である小野瀬 康介もピッチに送り出した。さらに、昨季の磐田と対戦した公式戦4試合すべてでゴールを叩き出し、ルヴァンカップのプレーオフステージではハットトリック。“磐田キラー”のファン ウィジョも先発の11人に名を連ねた。また、来季の加入が内定している関西大の特別指定選手、黒川 圭介が左SBで今季初先発するなどフレッシュな顔ぶれもピッチに立った。

立ち上がりから互いにサイドを起点に攻め込み、動きのあるゲーム展開だったが、先手をとったのはG大阪だ。磐田陣内で得たFKを小野瀬がクイックリスタート。磐田の守備陣のスキを突いてファン ウィジョが抜け出すとGKの志村 滉もかわして、冷静にゴールネットを揺さぶった。

“磐田キラー”の一撃で勢いがついたG大阪は、わずか2分後に、十八番である流れるようなパスワークを披露。「長いボールで攻撃をけん引したい」と話していた矢島 慎也の絶妙な縦パスに抜け出した田中が左サイドを切り崩して、貴重な追加点をゲットした。

電光石火の2ゴールで完全に主導権を握ったG大阪だったが、首位を走る磐田も黙ってはいなかった。

「消極的にならず、プレーしよう」と名波監督はハーフタイムに指示。59分にはこの日2枚のカードとして小川 航基を投入すると徐々に流れを引き戻していく。61分にはCKの流れから最後は上原 力也が豪快に蹴り込むと、流れは完全に磐田ペースに。セカンドボールを拾えず、防戦一辺倒の戦いを余儀なくされたG大阪だったが、チームを救ったのは今季G大23を主戦場としてきた3人の若手だった。

79分、後半途中からピッチに立った髙江 麗央が自陣ゴール前でボールを奪うと、やはり後半途中からファン ウィジョに代わってピッチに立っていた中村 敬斗にパス。再三、迫力あるドリブルを見せていた中村が独走で切れ込むと、中央で待つ食野 亮太郎にラストパス。J3で現在得点ランクのトップを走る食野 亮太郎はループ気味の技ありシュートで試合を決定づけるとアディショナルタイムにも中村がカットインからダメ押し弾。

磐田の粘りに苦しめられたものの、4-1で勝ち切ったG大阪がDグループの首位に浮上し