今日も訪問して頂きありがとう御座います。🙇
いいね👍フォロー 有り難う御座います。

仏教ランキングに参加してます。ポチ宜しく

お願いしますm(._.)m励みになります。(^_^) 


大法輪 第87巻第7号特集Ⅱ『ブッダの言葉から学ぶ仏教入門』より引用させて頂きました。ニコニコ
宜しくお願い致します。🙇

[人生を磨くブッダの言葉]

⑥『精一杯努力する』(一部引用)
執筆=宮元啓一 國學院大学名誉教授

[怠りなまけて、気力もなく百年生きるよりは、堅固(けんご)につとめ励んで一日生きるほうがすぐれている。](ダンマパダ一一二、中村元訳)

 [子供のころは、一年一年がとても長く感じられたが、歳をとるにしたがって、だんだん短く感ぜられるとは、多くの人が言うところです。

 ただ、わたくしが思うに、やること、やるべきことが多いと、かえって時間がゆっくり経過するということもあるのではないでしょうか。

 わたくしは数年前に定年退職いたしましたが、やり残した研究、やらねばと思う研究、それから、これまで研究してきた成果を世の中に伝える仕事が目白押しで、現役のころよりも自分の仕事で忙しい日々を送っています。

 では時間はあっと言う間に過ぎてしまうのか、と言えば、まったく逆なのです。一週間前のことが数か月前のことのように思われることがしばしばです。

 特に何かしたいこと、なすべきことがあるわけでなし、といった具合でうかうかと日々を過ごす人たちはつまらないでしょうね。

 よく言われることですが、どのようなものであれ、自分で達成したい目標があれば、一日一日がとても意義深いものに感ぜられる、と。これは本当だと思います。

 太平洋戦争が終わってからしばらくの間、うつ症状に悩まされる人、みずから命を絶ってしまう人は、今よりもずっと数が少なかったそうです。

家族を飢えさせないため、店や会社の再興のため、世の中に何か貢献するた.めと、皆が空腹を抱えながら懸命に働きました。

 当時の人々の一か月は、今のわたくしたちの五年分以上に匹敵するのではないかと、わたくしの知り合いの心理学者は異口同音に言います。
考えるに値する話です。]

【この言葉とよく似ておりますが、『人生にとって大事な事は何歳まで生きたかではなく、どう生きてきたか』という教えがあります。
私は法華行者ですので、生きている間に一人でも多く法華経の教えに導かせて頂き、幸せになって頂く事を目標とし精進続けさせて頂きます。 合掌】

世界平和日本国安泰・正法興隆・天変地変の難の成仏・新型コロナウイルス各地で感染者が急増しております。

一人一人がお互いに気を付けあい早期収束を共に祈願させて頂きましょう。南無妙法蓮華経🙏


先祖の血みんな集めて生まれけり」と説かれておりますが、私達の血肉の本は多千億のご先祖様から頂いております。ご先祖さまを敬い尊ばせて頂き子孫自らが亡き両親・亡き我が子・我が家族・ご先祖様のお供養をさせて頂く事が今命を頂いている者の使命役目であり信心の基本です。

ご先祖供養を初めとする釈尊の出世の本懐で有ります法華経による信心をご一緒に行わせて頂きませんか。現在FBを通じてご遠方の方々ともご縁を頂き、一乗会会員になっておられます。 合掌 

最後迄お読み頂き有り難う御座いました。(^_^)v

ランキングに参加してます。クリック宜しくお願い致します🙇
  にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ 
 
一乗会本部教会活動のお知らせ!
宗教法人 一乘会本部教会(以下一乘会)は
昭和32年に発足し八万四千の佛教の経典の中で最尊最上である法華経をもって世界平和と人々の幸せを目的として信行している教団です。
世の中、物質文明が主体となる中、次第に宗教離れが顕著となり、一乘会は小規模な教団故、その影響をより強く受ける様になりました。そこで宗教活動以外於いても世の為、人の為になる事は実施するよう、会員間で話し合い活動の輪を広げ今日に至っております。宗教活動以外の主な活動は次の4点です。
① 写経会(月1回開催)
バザー(写経会の時に同時)
③まちライブラリ(月一回開催)
④ 畑を楽しむ会(月3~4回実施)

写経会・バザー
  2月15日(水)午後1時     
ライブラリー
2月 23日 (木)  午後1時

詳しくは一乗会のホームページをご覧下さい。