黒澤公人のドキュメンテーションシステムの100年(1960年-2060年)

一次情報ダイレクトアクセス時代のドキュメンテーションシステム


テーマ:

2007年に慶応大学の江戸末期、明治初期の活字のOCR化に挑戦していたが、

それは、もう解読済みになっている。

なら、Google は、今何を企んでいるのか?


Google Books 慶応大学プロジェクト 明治の図書のOCR解析作業完了

學問すゝめ  自第一篇至第十七篇

「天」「西洋」で、検索 検索成功(2011.1.22確認)

AD
 |  リブログ(0)

テーマ:

IDCでは、2010年通年のメディアタブレット総出荷台数は1700万台近くに達すると予想している。そして、2011年以降は、米Google の「Android」やその他のOSを利用したタブレットが複数登場することに加え、価格と性能での競争、コンシューマと企業の両セグメントからの需要増などの要因から市場が急成長するとみており、2011年は4480万台、2012年は7080万台というフォーキャストを打ち出している。

一方、電子書籍リーダーは地域により温度差があるようだ。2010年第3四半期は、第2四半期比40%増の270万台を出荷したが、そのうちの約4 分の3が米国という。ベンダー別シェアは、Amazonが41.5%、米Pandigitalが16.1%、米Barnes and Nobleが15.4%、ソニーが8.4%、Hanvonが8.2%となっている。

電子書籍リーダーの今後の市場規模に関しては、2010年通年では1080万台近くを出荷し、2011年の出荷台数は1470万台、2012年は1660万台という数値を出している。

AD
 |  リブログ(0)

テーマ:

KDDIが電子書籍市場に向けて侵攻を開始

12月25日から発売される「biblio Leaf SP02」

 KDDIは12月21日、電子書籍端末「biblio Leaf SP02」を12月25日から発売することを発表した。まずは12月25日から関西、沖縄地域で発売し、そのほかの地域では2011年1月上旬以降に順次発売していく予定。

 biblio Leaf SP02についてはすでに「KDDI、電子書籍端末「biblio Leaf SP02」を発表。ストアはXMDF採用?」や「電子ブックリーダー『biblio Leaf SP02』、12月25日から順次発売」でも取り上げたため、そちらも参考にしてほしい。この日都内で開催された説明会では、本体価格や3G契約の詳細、そしてKDDIもいよいよ参戦する電子書籍ストアサービスが紹介された。


 |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

ジャンル人気記事ランキング 教育ジャンル

Amebaトピックス

    PR

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。