miruiのブログ
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

整体


整体 .
整体
整体とは日本語では主に手技をもちいた民間療法(みんかんりょうほう)、代替医療を指す言葉。
また肉体を整える施術について使われる言葉です。
日本語としては大正時代に用いられるようになった言葉で米国(アメリカ)で体系づけられた手技療法・オステオパシーを整体(せいたい)と翻訳したのが始まりのようである。
今、普通に用いられる意味ではカイロプラクティック(脊椎矯正術)に似ている脊椎矯矯正法(主に背骨)を目的とした手技療法を指して使用されるケースがおおい。
脊椎・骨盤・四肢など、身体全体の骨格や関節の歪みの矯正、骨格筋の調整を、手を使った手技と調整器具で行う治療及びその行為を表してしるという意見もあるが統一された体系は無い。
徒手的療法により色々な症状を治癒させることを目的とする療法は「マニピュレーション」と総称されるが、この代表ともいえるものがカイロプラクティック(脊椎矯正法)オステオパシー (Osteopathy)です。 治癒力(ちゆりょく)を活かすことと手技療法が施術の中心であるという共通の部分があるが、セラピー哲学やアプローチの方法は異なります。
どちらも19世紀後半に米国で体系づけられた治療法(ちりょうほう)である。 カイロプラクティック(背骨矯正法)は椎骨間の「サブラクセーション」(不全脱臼)を手技により調整アジャストすることによって、体を回復させていこうとする施術法。 オステオパシーは体の構造的な異常は体循環に悪影響を及ぼし、神経伝達や内分泌、体液の循環を阻害すると確信し、脊柱だけでなく全ての筋肉繊維や骨格構造、内臓諸器官、頭蓋骨が施術の対象とします。
脳脊髄液(のうせきずいえき)の流れの回復やリンパの流れの回復も目的とされています。 カイロプラクティック(脊椎矯正術)又はオステオパシーの理論・技術は、整体(せいたい)や指圧(しあつ)といった日本の徒手矯正に大きな影響を与えた。



整体には決められた手順はなくやる人によりする事は違います。 大正のころ日本に伝えられたオステオパシーやカイロプラクティック(背骨矯正法)などの西洋より伝来の徒手療法を中心とする整体(せいたい)、古武術の柔術や骨法などの流派に伝わる手技を用いた整体(せいたい)、中国医学の徒手矯正を取り入れた整体(せいたい)、各団体の独特の治療法などを加えた整体などが存在するともいわれる。
民間療法であり、医療制度から見れば補完代替医療の一種ですが、保険の適応外であるので、通常の医療と共に一般医療の現場で治療として用いられることはない。 法律からは医業類似行為の一つとされます。 「整体術」・「整体法(せいたいほう)」「整体療法(せいたいりょうほう)」 とも言われています。 明治頃に現れた民間療法で、指圧、カイロプラクティックオステオパシー (Osteopathy)、光線療法、電気治療などの方法で病気回復の目的で業をなすことを「療術(りょうじゅつ)」と言いますが、整体(せいたい)もこの一つとされています 。
整体は理論・技術が共通でない為、整体を冠する療法家めいめいが、自論を語っている。
カイロプラクティック(脊椎矯正療法)の様な「科学的」・物理的方法と、中医学・漢方医学の経絡理論・通常の医療で時々に使われる内臓体壁反射などの論理の混合形となっている。
身体の骨格を形作る関節(脊柱・骨盤・肩甲骨・四肢・顎関節等)の歪み(ゆがみ)・ズレの補正と骨格筋のバランス調整など主に手による技術(道具を使用することも)でする治療です。

カイロプラクティック


カイロプラクティック .

カイロプラクティック
カイロプラクティック(脊椎矯正術)は1895年米国(アメリカ)D.D.パーマー によって体系づけられた治療です。
カイロプラクティックの呼称は、ギリシャ語で「カイロ」は「手」、「プラクティック」は「技」を意味する造られた言葉です。
世界保健機関WHOでは補完代替医療に位置づけています。
発祥国の米国や、イギリス、カナダ、オーストラリア、ヨーロッパなどの一部の国においては、主に筋骨格系の障害を取り扱う筋肉系、骨格系の専門職として法制化されています。
世界保健機関(WHO)の定義では、「筋肉骨格系の障害とそれがあたえる健康全般への影響を診断・治療・予防する専門職である。
治療方法としては、手によって行われる関節アジャストもしくは背骨マニピュレーションを特徴とし特に脊椎の小さなズレに注目している」。
但し「カイロプラクティック」の定義は、いろいろな団体学校で異なる時も多くみられます。
また、中には痛み症状元が脊椎などの椎骨(運動分節)の構造的、機能的な歪み(サブラクセーション)にあると考え、そしてその歪み(サブラクセーション)を手技・器具で正しい位置に矯正することで痛みやシビレを施術することがカイロプラクティック(脊椎矯正術)と考えている人もいます。
例えば米国カイロプラクティック協会が定めるカイロプラクティック(脊椎矯正法)では筋肉系、骨格系と神経系の疾病に専門化した療法と定められています。
カイロプラクティック治療者薬剤/手術療法はすることなく、カイロプラクティック独特手による矯正方法治療方法の主な手段とし検査/診断と治療をしています。
カイロプラクティック施術者は幅の広い診断知識を持っていて、手技に加え、理学療法・リハビリ、栄養食事指導日常生活の習慣アドバイスも行っています。
「カイロプラクティック」 (Chiropractic) の名前は、ギリシャ語の Chiro「手技」と Prakticos「技」を合わせた造語であります。
これは前述の「サブラクセーション」(脊椎の少しのズレ)の調整の為にアジャストと呼ばれている手技を行うことに由来する。
(WHO)世界保健機関では、カイロプラクティック Chiropractic を代替医療として位置づけしています。
カイロプラクティック(脊椎矯正術)は、脊椎矯正術の一つです。

「カイロプラクティック」 (Chiropractic) 以外にオステオパシースポンディロセラピ-などの脊椎矯正法があります。
アメリカ(米国)の治療師ダニエル・デビッド・パーマー が創られた。
病態は神経機能障害によって起きるという考え方に基づいて、身体、主に背骨の調整で神経機能回復を目指した施術方法なのです。
19 世紀末米国(アメリカ)で生みだされた神経機能に行う施術法です。
脊椎(椎骨)の歪(ひず)みを調整、神経の機能を整えさせ、各組織や器官の異常正常に整える
カイロプラクティック(背骨矯正法)は骨格の障害とそれらが及ぼす健康全般への影響を診断、治療、予防する専門家であり、関節アジャストメントもしくは脊椎のマニピュレーション(調整)を含めた徒手を特徴とし、特に脊椎の歪み(神経系の働きを妨げ生理学的変化を起こす因子)に注目する治療方法です。
分かりやすく言えば・・・、骨格の歪み、特に椎骨の歪みを手や器具によって矯正することで神経の機能の働きを治療する施術方法
人のコントロールするのは脳に繋がる神経組織であり、その神経の伝達が良くなれば自然に人間は痛みの治癒とともに健康的になる訳です。
健康管理の中における骨格健康管理の専門職
神経系や骨格系の機能や能力、健康全般そして生活の質を向上させる機能を有している。
最近の研究および臨床に基づいて、特に背骨(脊椎)と神経系の関りを重視しながら検査、診断、治療に専門的な着手計画をする。
手技矯正運動療法患者の教育など含みながら、主に脊椎アジャストメントをする訓練を受けた専門職。
カイロプラクティック(背骨矯正療法)はまず病歴を訊き、姿勢バランス検査など各種の検査を行います。
そして背骨アンバランスを全体的に判断して施術の手順を統合症状や個人差に応じた手技カイロプラクティック・テクニックを用います。

整体って知ってる?


整体 .
整体
整体(せいたい)は日本では一般に手技(しゅぎ)を用いた民間療法(みんかんりょうほう)民間療法、代替医療を示す言葉です。
また体を整える療法全般に使用される。
日本語として大正時代に用いられるようになった用語で、米国(アメリカ)で誕生した手技療法・オステオパシー(整骨医学)を整体(せいたい)と言い換えたのが始まりだと言われています。
今現在、一般的に使われる意味ではカイロプラクティック(背骨矯正法)に似た骨格矯正法(主に背骨・骨盤)を目的とした治療方法を指して使われる場合が多い。
脊椎・骨盤・上肢・下肢など、身体全体の骨格や関節の歪み・ズレの調整、骨格筋の調整などを、手を使った手技療法と補助器具でおこなう治療およびそれらの行為を指しているという人もいるが統一された体系はない。
徒手的治療によりいろいろな病態を改善することを目的とする治療方法は「マニピュレーション」と総称されるが、この代表的なものが「カイロプラクティック」 Chiropractic と「オステオパシー」である。 自然治癒力(しぜんちゆりょく)を高めることと手技が治療の中心であるという共通の部分があるが、治療の哲学やアプローチの仕方は違います。
どちらも19世紀後半にアメリカ(米国)で生まれた施術方法(せじゅつほうほう)である。 「カイロプラクティック」 Chiropractic は椎骨関節のサブラクセーション(亜脱臼、不全脱臼)を手によって調整アジャストすることによって、肉体を回復しようとする治療法。 オステオパシー (Osteopathy)は身体の構造的なアンバランスは血液やリンパ液の循環に悪い影響をあたえ、神経伝達や内分泌、血液やリンパ液の循環を阻害すると確信し、背骨だけでなくすべての筋肉や骨格構造、内臓諸器官、頭蓋骨が治療方法の対象となります。
脳脊髄液の流れの改善やリンパ液の循環の回復も目的としています。 「カイロプラクティック」 Chiropractic 又はオステオパシー (Osteopathy)の論理・技法は整体(せいたい)や指圧(しあつ)などの日本の徒手矯正に大きな影響を与えた。



整体では決まった方法は無く人によって理解・解釈は異なります。 大正の頃日本に伝わったオステオパシーやカイロプラクティック 「Chiropractic」 など欧米伝来の徒手療法を主とする整体、日本古来の格闘技の柔術や骨法(こっぽう)などの流派に伝承される徒手矯正を使った整体(せいたい)、中医学の手技を取り入れた整体(せいたい)、団体の独自の治療法などを加えた整体(せいたい)などある言われています。
民間療法であり、医療の制度から見て代替医療の一つであるが、保険の適応外であるため、通常医療と一緒に一般の医療現場で補助療法として利用されることはない。 法律からは医業類似行為の一種とされる。 「整体術」・「整体法」・「整体療法」 ともいわれています。 明治に出現した民間療法で、指圧、カイロプラクティック(脊椎矯正療法)、「オステオパシー」、光療法、電気治療などの方法で病気治療の目的で業をなすことを「療術(りょうじゅつ)」と言いますが、整体(せいたい)もこの一つとされています 。
整体(せいたい)は、理論・技術が統一されていないため、整体を冠する治療家めいめいが自論を語っています。
カイロプラクティック(背骨矯正療法)のような科学的・物理的方法と、中医学・漢方医学の経絡理論・通常医療で時々に使われる「内臓体壁反射」などの論理の集合形となっている。
体全体の骨格の関節(脊椎(せきつい)・骨盤・肩甲骨(けんこうこつ)・四肢・顎関節等)の歪み(ゆがみ)・ズレの矯正と筋繊維のバランス調整など中心に手による矯正(道具を使用する場合も)で行う施術です。

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>