【北海道・札幌市】リフレクソロジーとアロマテラピーで 明日の力へとつなげる癒しのサロン

【北海道・札幌市】リフレクソロジーとアロマテラピーで 明日の力へとつなげる癒しのサロン

札幌や小樽の医療施設、病院、星置サロン中心にリフレクソロジー&アロマテラピー施術。全国内出張も可能です。医食同源をテーマに【kilali-yaオリジナルのハーブティー・石けん・オリーブオイル販売・みそ作り教室】などおこなっております。

サロンで不調の調整とリラクゼーションを、医療施設内・病院内で緩和をお届けします。北海道札幌市の癒しの時きらりやのリフレクソロジー&アロマテラピーで心身癒され明日への力となります。
NEW !
テーマ:
● 【母の口と心と足】心肺蘇生法


今日は。札幌のリフレクソロジストKimieです。


外はしとしとと雨が降っており8月9日から続く雨は日に日に涼しさも運んできております札幌です。


そして勤務先のお盆休みが本日であり平日の貴重なお休みを有効にしたく色々予定を詰め込んでいる私ですw



2015年7月31日 5:33撮影 庭の紫陽花(隅田の花火)


その朝を迎え10年ほどの月日が経ちました母の最期を思い出しております。


亡くなったと父から連絡が入り、何を言っているのか理解が出来ず、予定していた食に関する資格を取る事前講習会に向かう途中の駅前でしばらく右往左往していました。


そして向かった父母の家。


立ったままの父。意識の無い母の目の前で救急車を呼ぶ為に電話口にいる身内。その言葉を頼りに私は母へのマウス・トゥ・マスス(mouth-to-mouth resuscitation)心肺蘇生法(CardioPulmonary Resuscitation, CPR)を始めました。


何度か講習を受けてから久しくではありましたが、記憶が蘇り涙で母の顔が見えなくなりながらも救急車が到着するまで救急隊員のお声掛けを頼りに身内が反復して私に告げ休まず続けました。


救急隊員が到着して交代しました。意識は戻りませんでしたが救命処置の成果が叶い「人工呼吸を続けたお陰で心臓は動いています」とその様な言葉をかけて頂いた様に思います。


その後病院で過ごした何時間かは母の生命力と延命のための治療によってです。


意識が戻らない中ふと足を触れた時に少し反応がありました事を思い出します。残念ながら私がリフレクソロジーの資格取得したのはその三年後。


足は第二の心臓と言われております。今でも思います。もう少し早くリフレクソロジーに出会えていたならもっと気持ち良い時間を沢山過してもらえたと。


今も続けて私の施術を受けて下さる方々に感謝の気持ちと、これから出会えるかもしれない方々への施術を大切にしたいと、これからも精進の日々の私です。今後もよろしくお願い申し上げます。


本日も皆様にとりまして素敵な一日となります様に祈っております。


【予約可能日】はこちらからをご覧下さい。





【新・整骨院内】きらりやメニュー





いつでもどこでもクライアント様に静かな空間きらりやで癒されて行って頂く準備をしてお待ちしております。


連絡先・お問い合わせ 
※施術中、または勤務中、公共の乗り物乗車中などの時間が多く、メールでの問い合わせ歓迎です。お電話でのお問い合わせには折り返し致します。留守番電話にメッセージをお願い申し上げます。
癒しの時 己楽里舎 (きらりや)kimie
k.kimie.1102@gmail.com
http://k-kimie.wixsite.com/kilali-ya

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス