広島市南区の東洋医学専門鍼灸院  菊一堂鍼灸院

広島市南区の東洋医学専門鍼灸院  菊一堂鍼灸院

現代医学とはまったく違う、
別次元の可能性が東洋医学にはある。
病院の治療では納得していないあなたに、
新しい可能性をご提供いたします。


20年以上も
据え置かれていたのは
なぜなんでしょう・・・



国際的にも
指摘されとったのに
なぜなんでしょう・・・







ずっと
違和感あったんじゃけど、


このたびやっと
20年以上ぶりに改訂
されることに。




低体重(BMI18.5未満)12〜15kg、

普通体重(BMI18.5以上25未満)10〜13kg、

肥満度1(BMI25以上30未満)7〜10kg、

肥満度2以上(BMI30以上)では、上限5kgが

目安で個別対応、としている。


日本周産期・新生児医学会配信より



この数字は
妊娠中体重増加の目安です。





以前は
低体重(BMI18.5未満)の方が
9〜12kg


普通体重(BMI18.5以上25未満)の方が
7〜12kg


太り気味(BMI25以上)の方が
5kgでした。





こう比べてみると
普通体重までの人なら3kg増


太り気味と言ぅても
そこそこまでの方なら5kg増


これまでより
体重増加しても
問題ないですよと。





小さく産んで
大きく育てるなんて
言いますけどね。。。



痩せ気味の人でも
お医者さんによっては
体重制限厳しかった・・・



それじゃぁ
お母さんの体力
持たんわいね・・・
と思う方も多かった。。。





そう感じて
調べてみたら


国際的にも
そのことは指摘されとったんよね。。。


ほいじゃのに
なかなか変わらんって・・・







医療
科学的根拠をもとに!
なんて言いますけど、


案外、
いつの時代の話か
分からんデータを根拠に


考えることもなく
漫然とそれらしぅ続けとる例って
たくさんあるんですよ。



どう考えても
実態に合ぅとらんなぁ・・・
と違和感を感じても


科学的根拠という
訳の分からん呪縛に縛られて・・・


こんなもんなんですよ。。。





いや
根拠があるんは
悪いことじゃないんですよ。



ですけど、
何か違和感を感じても


それに縛られとるってのが
悪いって言いたいんです。



おかしいなと思ぅたら
調べたり、考えたり、試してみたり、


いろいろ動いてみて
改めるべきは
改めましょうよ!!






と、
威勢良く
言ぅてはみるものの


ワタシらみたいな
ただの街のはり屋さんごときが


お医者さんが言ぅとることを
真っ向から否定することはできませんので、



患者さんに
それとなく
お伝えするだけで、



お医者さんに
強く訴えることは
なかなかできんのですがね。。。





まぁそれでも
今回、基準値が変わりまして、


変わっても
妊娠高血圧とかに
悪影響はないそうです。



安心して
もう少し体重増えても
安心してください!!







とは言え
いくらでも大丈夫!
って訳じゃないですから、


ある程度、
気を付けることは
お忘れなく♪





そうやって
妊娠中
健やかでおることが


出産
楽ちん♪にしてくれますし、


お子さん
その後の健康にも役立ちます♪





妊娠中のケア
東洋医学お手伝いしますので


何か気になることがあったら
いつでもお気軽にお声がけください♪





病院で良くなる病気は病院で!



現代西洋医学とは異なる見立ての東洋医学には、

これまでとは違う、新しい可能性があります。


 




菊一堂鍼灸院では、

これだけ科学的に発達した現代西洋医学でも

解決の方法のないつらい症状を持つあなたに

 


これまでとは違う

新しい可能性 提供できる場所になりたい。

そうして、健幸な人生を楽しんでもらいたい。

 


そう思って日々精進いたします。


 




病院の治療で困ったときこそ、

頼っていただきたい






伝統を重んじた、

古くさい治療方法かもしれませんが、


現代西洋医学が医学界を席巻する

この時代にも生き残っている


東洋医学には理由があります。



お気軽にご相談下さい!!












予約優先 で鍼療しております。

ご相談・ご質問などがございましたら、

お電話などでご連絡下さい。



TEL:082-262-9522

FAX:082-262-0150







 



池江 璃花子 (20=ルネサンス)が
今大会4冠を達成した。


白血病から復帰後、
出場した種目すべてで優勝という
驚異の復活劇を演じた。

日刊スポーツより





もうみなさんも
ご存じでありましょう。





2019年2月。
自身の白血病を公表。



その夏に
まずは自身の血液細胞を叩くために
抗がん剤を投与してから造血幹細胞を移植。



抗がん剤の
治療だけでも体力は奪われ


髪の毛の抜けた
池江選手の姿を目にした方も
多いんじゃないかな。





さらに
この移植した造血幹細胞が
自身の細胞とケンカしちゃうんで


食欲も落ちるし
筋肉も落ちて身体は細くなっちゃう。





簡単に言ゃぁ
アスリートには
酷過ぎる状況ですよね。



それは
素人目に見ても


あのほっそりした体つきを見れば
分かるんじゃないでしょうか。





それから
わずか2年とちょっと。



治療から言えば
2年も経ってない中で


おそらく
競技に復帰することだけでも
なかなか考えられない。



ましてや
五輪代表を勝ち取るタイムを
叩き出すなんて・・・






持ち前の勝負勘
とかって言われてますし


もちろんそういうんも
泳ぐセンスとかもあるんでしょうけど、



そうは言ぅても
トレーニングを積んでこんと
そんな結果は出せん訳で・・・





いやぁ
並大抵
トレーニングじゃなかったでしょうね。



それを
支えたんは
やっぱり精神力なんですかね?





話は変わりますが・・・

ゴルフの松山 英樹 選手。





ゴルフの
4大タイトルの中でも
特別感の強い


マスターズを
日本人初の制覇!!





いやぁ
これもすごいことなんでしょ?



ゴルフが
サッパリ分からんので
そのすごさの感じ方も弱いんでしょうが、


そんなド素人でも
あの扱われ方を見りゃぁ


すごかったんじゃというのは
分かる気がします。





メディアの受け売りで
ほんとうに申し訳ないんですが、


悪くはないけど
勝てないという時期が長く


彼としては
悔しい日々を送っていたと。





最終日を4打差で
スタートしたものの


途中で池に落としたり
最後のホールでは砂場に入れたり。



優勝できるかも・・・
なんていうプレッシャーの中で
ものすごい緊張感でしょうから


そこから崩れても
おかしぅないと思うんです。





でも
淡々と
大崩れしなかった。


あれも
やっぱり精神力なんでしょうねぇ。







その精神力鍛えてこれたんは
数々の苦しい場面なんでしょう。



そういう意味で
あそこまで追い込まれた経験は


我々、一般人には
なかなかないでしょうから


あれだけの精神力
身に付かないかもしれない。





それでも
精神力大切!ってことは
分からさせてくれた。





おじさんになってきましたが・・・


ワタクシも
今一丁、頑張る元気をもらえました♪


すげぇ若者達ですよね♪


やっぱり
スポーツはえぇな♪





病院で良くなる病気は病院で!



現代西洋医学とは異なる見立ての東洋医学には、

これまでとは違う、新しい可能性があります。


 




菊一堂鍼灸院では、

これだけ科学的に発達した現代西洋医学でも

解決の方法のないつらい症状を持つあなたに

 


これまでとは違う

新しい可能性 提供できる場所になりたい。

そうして、健幸な人生を楽しんでもらいたい。

 


そう思って日々精進いたします。


 




病院の治療で困ったときこそ、

頼っていただきたい






伝統を重んじた、

古くさい治療方法かもしれませんが、


現代西洋医学が医学界を席巻する

この時代にも生き残っている


東洋医学には理由があります。



お気軽にご相談下さい!!












予約優先 で鍼療しております。

ご相談・ご質問などがございましたら、

お電話などでご連絡下さい。



TEL:082-262-9522

FAX:082-262-0150







 


昨日に引き続き
マスクにまつわる話題を。







ちなみに
最初にお断りしておきますが、


ワタクシ個人的には
人との距離が確保できる場合などは
マスクはせん方がえぇんじゃない?


という
どちらかと言ぅと
マスク不必要論者であります。





そんなワタクシが
マスクの話をするんは


やはり
不安がられる方もおる以上は
エチケット的にマスクをしとった方が


世の中の平穏は
保てるんじゃなかろぅかと
思うからなんですが・・・







『European Respiratory Journal』
に掲載された
Elisabetta Salvioni 氏らの研究では


運動負荷時の
酸素摂取量は、


マスク非着用時31.0±23.4mL/kg/分、
手術用マスク着用時27.5±6.9mL/kg/分、
防塵マスク着用時28.2±8.8mL/kg/分であり


マスク着用により
約10%の低下が認められた。



その一方で
血中酸素飽和度は
有意差が認められなかった。


とありました。




この結果が
何を意味するかと言いますと、


マスクをすると
安静時および運動時心肺機能
少なからず 低下するものの


最大強度で運動しても
安全って言えるだろうということ。







もうちょっと
分かりやすぅ言いますと


マスクをして運動しても
大丈夫よ!!ってこと。





多少、
パフォーマンス
低下するかもしれんけど、


たとえば
人が密集しやすい
屋内でのトレーニングなんかでは


マスクを着けても
ぶっ倒れるようなことはない




そんな感じでしょうか。





もちろんね
これが屋外なんかで
人との距離も取れる時は


マスク
要らんと思うんですが、



細心の注意を払って
PCR検査陽性者を出さないためには


マスクあり
トレーニングってのも
考えてもえぇんじゃないかと。





試合に臨むために
一生懸命トレーニングしてる
アスリートのみなさんの
何かしらお役に立てれば幸いです。





病院で良くなる病気は病院で!



現代西洋医学とは異なる見立ての東洋医学には、

これまでとは違う、新しい可能性があります。


 




菊一堂鍼灸院では、

これだけ科学的に発達した現代西洋医学でも

解決の方法のないつらい症状を持つあなたに

 


これまでとは違う

新しい可能性 提供できる場所になりたい。

そうして、健幸な人生を楽しんでもらいたい。

 


そう思って日々精進いたします。


 




病院の治療で困ったときこそ、

頼っていただきたい






伝統を重んじた、

古くさい治療方法かもしれませんが、


現代西洋医学が医学界を席巻する

この時代にも生き残っている


東洋医学には理由があります。



お気軽にご相談下さい!!












予約優先 で鍼療しております。

ご相談・ご質問などがございましたら、

お電話などでご連絡下さい。



TEL:082-262-9522

FAX:082-262-0150