ヴェルテアシャフト

テーマ:

今日は阪神でキャロットの2歳出資馬が2頭出走。

まずは5Rのヴェルテアシャフト。去年のキャロット募集馬1番人気だった馬で今日も圧倒的な一番人気。

レースではスタートが良すぎて引っかかりそのまま逃げる形に。正直、どうなることかと思ったけど相手が弱かったこともありそのまま押し切り。とりあえずホッとした。

これで3週連続口取り。現役出資馬15頭のサラリーマン一口馬主としては恵まれすぎて怖い。もう二度と出来ないだろうなー。

口取り後に池江先生からは「東京で会いましょう」とのコメントが。「5月最終週」と言われなかったことは残念だけど、10月のニューマーケットタタソールセールで会ったときに「ヴェルテアシャフトをよろしくお願いします」と言ったらキョトンとしてたのに比べると大進歩かな(笑)

9Rに出走したバイオレントブローは4着。3連単買ってたから惜しかった。まあ、相手も強かったからなー。まだ2才だし、コツコツ頑張って欲しい。

 

 

 

 

2日連続の口取りはならず

テーマ:

日曜に口取りが当たっていたキャロットの出資馬サーブルオールは1番人気に応えられず3着で、2日連続の口取りはならず。

 

まあ、現役出資馬が18頭のサラリーマンが2週連続口取りやれたんだから、良しとしよう。土日連続口取りなんて、身分不相応だよね。今年のこれまでの成績は58戦10勝、去年の11勝まで後一つ。

さて、土曜日はそれこそ身分不相応な出資をしてしまったヴェルテアシャフトがいよいよ出走。口取り当たったら阪神に遠征しよう。でも、日曜日、本家で同じ値段だったプレステイキングがムーア鞍上で1.2倍の圧倒的一番人気でこけたからなー。かなり不安になってきている。

レッドゲルニカOP復帰

テーマ:

今日の府中10Rに出走したレッドゲルニカは1番人気に応えて優勝、無事に馬友と共に口取りが出来た。

レース前は、トップハンデ58キロに加えて馬体重は+8キロ、更に今日のルメールは未勝利と不安が一杯。パドックは落ち着いてたけど勝ち切れるかなーと思ってた。

しかし、蓋を開けてみればスタートをしっかり決め前々を進んで直線では早目に先頭、そのまま快勝だった、さすがルメール。

口取りでは馬の隣をゲット。撮影中に馬が頭を寄せてきたときは踏まれるかと一瞬焦ったけどね(苦笑)
ゲルニカはこれでオープンに復帰、次走は年末のギャラクシーSのようだ。重賞に確実に出るためには賞金積まないといけないからなー。有馬の裏だから応援には行けないけど、頑張れ。しかし、誰が乗るんだろう?

考えたら、口取りはいつも東サラばっかりだな。明日出走するキャロットのサーブルオールの口取り権利は取れたけど、今日みたいに上手くいくと良いんだけど。

天国と地獄

テーマ:

土曜日はレッドアヴァンセの口取りに参加して天国の気分を味わったのに、日曜はレッドレグナント骨折の悲報。阪神JF遠征する気満々だったのに。それどころか桜花賞出走すら厳しい。まさに天国から地獄の気分。好事魔多しとは良く言ったもの。

他の東サラ出資馬は、レッドプリモが捻挫、レッドレオンはゲート試験合格後しがらきリターンとこちらも苦しい。

 

キャロットの方は、日曜に出走したヴァイザーがムーアのマイルチャンピオンシップの試走にされてしまって4着。普通に乗れば2着はあったと思うんだけどな。まあ、そもそも距離が短かったという。机の小倉2才での糞騎乗が悔やまれる。他のキャロット出資馬ではブルーメンクローネ、シンハラージャ、パストゥレイユ、モントルイユとデビューの目途が立たずとこちらも苦しい。

最後の秘密兵器がどこまでやれるか。

 

うーん、やっぱり馬を見る目が無いなー。