天国と地獄

テーマ:

土曜日はレッドアヴァンセの口取りに参加して天国の気分を味わったのに、日曜はレッドレグナント骨折の悲報。阪神JF遠征する気満々だったのに。それどころか桜花賞出走すら厳しい。まさに天国から地獄の気分。好事魔多しとは良く言ったもの。

他の東サラ出資馬は、レッドプリモが捻挫、レッドレオンはゲート試験合格後しがらきリターンとこちらも苦しい。

 

キャロットの方は、日曜に出走したヴァイザーがムーアのマイルチャンピオンシップの試走にされてしまって4着。普通に乗れば2着はあったと思うんだけどな。まあ、そもそも距離が短かったという。机の小倉2才での糞騎乗が悔やまれる。他のキャロット出資馬ではブルーメンクローネ、シンハラージャ、パストゥレイユ、モントルイユとデビューの目途が立たずとこちらも苦しい。

最後の秘密兵器がどこまでやれるか。

 

うーん、やっぱり馬を見る目が無いなー。

 

 

 

AD

レッドアヴァンセ4勝目

テーマ:

ユートピアステークスに出走した出資馬レッドアヴァンセ。ミエノサクシード、フロンテアクイーン、シルクのレーヌドブリエ、更にキャロットの2頭と1600万下としては中々の面子、更にマイナス16キロで腹が巻き上がり気味なのが嫌われたかルメール鞍上なのに3番人気。でも、パドックでは落ち着いてたし、この馬を追っかけてきた人なら分かるようにこの馬は馬体を絞り込んだ方が良い。

 

 

そしてレースではルメールの見事なエスコートで勝利。久々に口取りに参加できた。

集まった人々の感想は皆同じで、佐藤友の糞騎乗で狂った歯車がやっと戻ったというもの(苦笑)

確かに1年遠回りした感はあるし、馬券的にも前走を含めかなりやられたけど、今日で取り返したかな(笑)

今年はこれで休養、来年は重賞路線を歩んでくれそう。残り1年ちょっとの現役生活だけどとにかく無事に頑張って、名牝エリモピクシーの後継として無事に繁殖になってくれますように。

 

 

 

 

AD

4頭目がデビュー

テーマ:

最初で最後の10頭出資をやってしまった今年の2歳馬。

今までデビューした3頭、キャロットのヴァイザー、バイオレントブロー、東サラのレッドレグナントは取りあえず勝ち上がってくれている。

 

そして今日デビューしたのが東サラのレッドプリモ。入厩してから時間が掛かったけど結果的に乗り込み量が豊富になったとのこと。馬体は増えなかったけど(苦笑)

レースでは途中から逃げて3着。まあ何とか目途が立ったかな。一応続戦の予定だけど、小さい馬がかなり乗り込んでから、どれだけ上がり目があるか・・・。いや、何とかしてくれるでしょう。

 

無事デビューしてくれた馬は良いとして、デビュー予定が発表されてたキャロットの出資馬シンハラージャが1本追いきったらヘタって、しがらきに送還されたのはショックだった。この馬、北海道でも15-15一度やったらヘタッた。体力が相当ないらしい。高額馬だから、無理してクラシックを狙わず古馬になってから頑張ってくれれば。ただ、同じ厩舎のこれもキャロットの出資馬ブルーメンクローネも厩舎で脚を怪我してからデビューの目途が立ってない。

石坂厩舎、大丈夫だろうか?

AD

グローブシアターは4着

テーマ:

今日の東京9R精進湖特別に出走したキャロットクラブの出資馬グローブシアターは4着。口取りが当たってたので、土砂降りの中、レインコートを着込んで待機してたんだけど、不良馬場に加え馬体重10キロ減。さらに鞍上のいっくんがいつものように直線で迷う騎乗を・・・。これで又放牧かなー。次はデムーロ兄弟かルメールを乗せて欲しい。

 

 

そして、メインの天皇賞。俺の本命はサトノクラウンでキタサンブラックは逆神古谷の本命ということもあり切り。スタートでキタサンが出遅れた時はラッキーと思ったが、浅はかだった。さすが千両役者の豊。内側からスルスルと上がっていき、直線早目に先頭に立つと外に出してサトノクラウンを追撃を振り切った。

 

 馬券は外れたけど素晴らしいレースだった。下手な騎手だったら出遅れた時点で終わってただろう。そこは衰えたとはいえやっぱり豊だなー。それにやっぱり馬が強い。キタサンブラックに凱旋門賞出て欲しかった。

馬への負荷は大変だろうけど、直線ヨーイドンだけのレースよりこういう力と力の勝負の方が面白いよね。酷い天気だったけどメインレースは素晴らしかった。ありがとう。

帰国が昨日だったので今更ながら凱旋門賞の写真をアップ。

今年は前哨戦で日本馬に期待できないことが分かったので、馬券も精神的にもショック少なくて助かった。

去年同様、ルメールはレース前のパドックではウインクしてくれたり、レース後も2ショット写真撮ってくれたりでサービス精神満点。ペリエも日本語で話しかけると「アリガト」と返してくれる。その点、川田は愛想が無いよなー、成績もついてこないけど。

イネイブルは馬の強さもさることながら、やっぱりフランキーの好騎乗だよな。フランキーはこの勝利で1000ギニー、2000ギニー、オークス、ダービー、ヴェルメイユ賞、ジャックマロワ賞、凱旋門賞で争うEPIQEシリーズ逆転優勝。2位はブドー、3位はデムーロ弟と全員日本で騎乗経験あるのが面白い。

さて、俺の凱旋門戦観戦は来年も続くことになってしまったが、又キャロットから出走しないかな?