香水の音、アロマの色

香水が好き♪アロマも好き♪

こんな私が、日々体感した香りの感想をためこんでいく小部屋です☆

NEW !
テーマ:

すっかりバレンタインも終わりましたが、今年も自分用の美味しいチョコを見つけにデパートのイベント会場へ行って来ました。

 

ここ最近、日本橋高島屋で物色してたけど、今年は調べてたら日本橋三越でフィンランドのチョコが出るとの情報があり、そちらへ。

 

ですが、行ったら何故かそのフィンランドコーナーには売り子さんがいない?!

周りの別ブランドの方が兼ねてたのかもしれませんが、試食も出てなかったし、そもそも私が欲しかったチョコブランドは出てないことが分かり、そちらは結局買わず・・・

 

でもせっかく来たし、今年は食べたことのないブランドのを試したいな~ということで、

 

 

{CCC170D7-3CF3-46DA-8DEC-B7D68037C384}
 
 
何故か2つお買い上げ~べーっだ!
 
まず選んだのはこちら、ベルギーブランド「クァウテモック」の品↓
 
 
{5A08444E-BED1-4668-9C40-28C1C76E067C}
 
 
会場内では結構あちこち試食が出てたんだけど、どこも大混雑。
でも、ここはそんなに混んでなかったからショーケースの中もわりとよく見れて、ゆっくりお店の人にチョコの詳細聞きながら試したりも出来て買いやすかったというのもあり。
 
試食したシャンパン入りトリュフというのが爽やかで食べやすく、他にもローズ風味のチョコ、シナモン味のチョコと、わりと香り立ちの良さそうな粒チョコが多そうだったので、試してみることにしました。
 
 
{179C041A-5231-44D3-AC9F-1C9C2CE0B449}
 
 
もう全部食べ終わっちゃったんだけど(笑)、右からシャンパントリュフ、シナモン香るヘーゼルナッツガナッシュ、ハートはヘーゼルナッツプラリネ、次がローズ風味のホワイトクリームの入ったビターチョコ、そして一番左の白いのが、バニラムースでお酒の味がするチョコでした。
 
これで1080円、他のメジャーブランドと比べたらお手頃感があるかな?というのもあり、更にこの時は1080円以上購入でおまけにミニチョコ3枚つけてくれたし、コスパがいいチョコだなと感じました!
 
味も、日本人には馴染みやすい甘すぎないチョコでchocolate*
こういう香り立ちの良いチョコは好みが分かれると思いますが、もっとシンプルな味の詰め合わせもありました。
 
イベントの時にしか国内販売しないということでしたので、その点でもいいタイミングで楽しませてもらったかなニコニコ
 
クァウテモックを買った後、「普通にタブレット系のチョコも欲しいな~」とあちこち物色。
 
そこで、ごつめな割チョコが売っているカウンターを発見。
 
ちょこっとお話聞かせてもらったら、こちらは日本にも店舗があるお店だったっぽいんですが、大好物のホワイトチョコ見つけちゃったからどうしても欲しくなってGET~にひひ
 
 
{C5B4B38A-28F5-4FDF-8D8D-1E8997620DBB}
 
 
本場は南フランス(プロヴァンス)で3代続くショコラティエらしく、国内では東京の広尾と名古屋のKITTEの中にあるそう。
「ラ・メゾン・ジュヴォー」というブランドでした。
 
 
{2E29E302-E770-44BE-951A-7231EDCE97FD}
 
 
これこれ~!
 
ホワイトチョコの中にドライフルーツやナッツが入っていて、これで確か100gくらい入ってるんだったかな?
お値段1500円くらい。
 
他にもベースがミルクやダークチョコでベリーが入ったものとか、5種類くらいの味がありました。
 
チョコとドライフルーツの組み合わせ、大好き~アップ
ホワイトチョコってなんとなくやっぱり真冬に合うような優しい甘さ。
そして食感も、食べ応えのあるチョコでこれはすごい好みでした!
 
見た目は割チョコということでアレですが、その分カジュアルに気軽に食べられて(お値段的にはカジュアルではないけどw)、純粋にチョコをザクザク食べる楽しさがありました。
 
どちらもあっという間に食べ終わっちゃったけど、今年は新ブランドを発見できて有意義なバレンタインでした~ドキドキ(なんか趣旨が違うw)
 
でも似たような趣旨の人が結構いるのか、会場内では自分用のチョコを探してるっぽい女性陣が多かったんですよね。
もちろん、その中には男性陣もちらほらいらしたし。
 
チョコも奥が深いですしね~。
私はお酒やコーヒーが飲めない分、チョコの奥深さを追求したい思いもあるんですよね。
ただ、それなりにお金もかかるからなあせる
 
来年こそ「サロン・デュ・ショコラ」のイベントも行ってみたい!
 
そしてリトアニアにも美味しいチョコレートがあるらしいので、それも試すの今から楽しみです音譜
 
ああ、世界の美味しいチョコを探しに行く旅ってのもいいな~(妄想)
 
皆さんのお好きなチョコは何ですか?
チョコ愛の強い方々からのお勧め、お待ちしてま~すニコニコ

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
同じテーマ 「ブログ」 の記事

テーマ:

連日オリンピック観戦で忙しい日々を送っておりますが・・・

 

そんな中見つけた、久々に嬉しい新作香水情報~ラブラブ

 

ここ最近お気に入りな「ディプティック」から、来月上旬に2つの新作フレグランスが登場するそうなんです!

 

詳細はこちらのニュースをご覧ください音譜

↓↓↓

https://www.fashion-press.net/news/37308

(FASHION PRESSより)

 

新作香水の名前は、「テンポ」「フルール ドゥ ポー」

 

ディプティックのオードトワレが誕生してから50年が経った記念での発売だそうです。

 

それぞれのネーミングが香りとどうリンクしているのかは、また改めてショップで伺って来ることにして・・・

 

今はそれぞれの香りを想像するだけでワクワク!

 

特に「テンポ」は、なんとも嬉しい「パチュリ」主役の香り~~ラブラブ!

 

しかもそのパチュリも複数のものをブレンドしているようで、更にジャスミンやピンクペッパー、セージなどと合わさっているとのことなので、どんなニュアンスの香りか、試すのが楽しみです!

 

ネーミングも「テンポ」っていいな~音譜

 

そしてもう一つ「フルール ドゥ ポー」は、ちょっと今までのディプティックにはない系統の香り??

 

ポーは肌、フルールが花で、「肌の花」という意味になるようですが、これは肌上に咲く花を表しているのか、それとも肌そのものを花に見立てた香り立ちになっているのか・・・

 

いずれにしても、ムスクが主体でそこにフローラルの香りやスパイス、柑橘などが合わさることで、夢心地な香りになってそううっとり

 

普段ムスク系の香りは使いませんが、ディプティックが生み出すムスク香水がどんな出来栄えかということも含めて、こちらもまたまた気になる香りです!

 

3月上旬っていつ頃なのかな~?

まだディプティックからのDMやメルマガなどのお知らせは来ていませんが、テスターが並ぶ頃にはまたGINZA SIXのあのパワフルおねーさんに会いに行って来たいなニコニコ

 

ちょうどジョー マローンの限定香水が出るのが3/2だから、その日に寄れたら見て来たいと思いますラブラブ

 

これから春に向けて、新作や限定ものの香水が登場しそうですね。

また何か気になるものを見つけたらお知らせしていきます!

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:
昨日、新宿に行ったので、ついでに伊勢丹のフレグランスコーナーを覗き、例のJO MALONEの春限定香水、もうテスター出てないかしら~?とチェックして来ました。
 
が、「申し訳ありません、16日(金)からなんです~」と言われ、すごすごと帰宅。
 
で、家に着いたらポストにこれが↓
 
 
{0C470164-A2AB-446B-AA16-9C4E76B62D2D}
 
 
最近、
 
香水情報発見→お店行く→先走って試せず→帰宅→DM届いてる
 
ってパターン多すぎるんだけど、なんでいつもこんなにギリ前のめりしちゃうんだろ(笑)
そろそろパターン学習しましょうね~はぁ??
 
そんなわけで、もうDMが届いた方々はご存知でしょうが、ジョー マローンのこの春の限定コレクション「イングリッシュフィールズ」は、明日2/16金曜日に店頭にテスターが出ますよ~音譜
 
という今更なお知らせでした!
 
香りは5種類、全て英国の田園風景からインスパイアされた作品で、オート麦やら小麦やらライ麦やら・・・が取り上げられているんだそう。
 
そのせいか、「イングリッシュフィールズ」ってネーミングがイマイチ頭に入って来なくて、勝手に「穀物シリーズ」と脳内変換されるahaha;*
 
どれもどんな香りか気になりますが、今回はやっぱりボトルのカラーリングがアーシーでかなり好みだな~ラブラブ
 
 
{0258A263-CB10-49CB-9062-36A22CC254FA}
 
 
茶色・ベージュ・アイボリー好きにはたまりませんw
 
発売は3月2日(金)で、30mlボトルが各8,400円+税。
 
・ポピー & バーリー コロン
・プリムローズ & ライ コロン
・オート & コーンフラワー コロン
・ハニー & クロッカス コロン
・グリーン ウィート & メドウスイート コロン
 
ハニー&クロッカスかオート&コーンフラワーをまずは試したいな。
 
私は、明日夜出かけるのでクンクンしに行けないのですが、週明けたら近場のお店に見に行こうかなと思います。
 
早速明日試される方がいらっしゃいましたら、ぜひともどんな印象だったか、コメントいただけると嬉しいです~ハート
お待ちしております!
 
JO MALONE イングリッシュフィールズ関連の過去記事はこちら音譜
↓↓↓

 

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

JO MALONEのコンバイニング実験。

 

昨日・今日で、「チューベローズ アンジェリカ」とのコンバイニングを4種類ほど試したので、そちらをUPしておきます。

 

ちなみにこの実験では、手首に直接スプレーしたものをUPしてます。

1本目の香りをつけてそれが乾いたら、その上にかぶせるようにして2本目の香りをスプレーして、という状態のコンバイニング結果です。

 

香りの印象はあくまで個人意見ですが、ご参考まで音譜

 

▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽

 

♪チューベローズ アンジェリカ×アンバー&ラベンダー  ◎

 

トップではラベンダーの青さとチュベローズのグリーン感がマッチして、よりリアルなチュベローズの甘い香りが引き出された気が。少しスパイシーさもあり、また儚さもあり。霧?朝もや?の中の西洋庭園風。意外にもおじさんくささが消え、切なさが残る香りに。石けんぽい清潔感。どこかクラシカルでヨーロピアンな上品な香り。古き良き時代。ソフト、穏やか。拡散性はあるけど持続はそこまで長くないかも。

 

♪チューベローズ アンジェリカ×ウッドセージ&シーソルト  ◎

 
何故か冬の空気感が感じられる透明感のある香りに。すごく綺麗。白い花びらについた露、雫。華やかさとしとやかさがあり。単品のチュベローズよりむしろフローラルになった気が。グリーンフローラルが、少し90年代の香水に近いような親しみやすさ、明るさも感じられる。冬から春へと変化するイメージで面白い。思いのほか香り立ちがライト?シンプルに綺麗な香り。日常使いもしやすそう。持続もあり。チューベローズのクリーミーな甘さが心地よい。

 

♪チューベローズ アンジェリカ×オレンジブロッサム  ◎

 
入口からすごく明るい香りで心地よい。南の島のビーチでオレンジジュースを飲んでるような開放感。優しく吹く南の風。オレンジブロッサムのいつものシャープなみずみずしい感じがもう少し温かくなるような。日の光。チュベローズもオレンジブロッサムも両方確かに感じられて双方のいいところが引き出せてるような気が。すぐに消えちゃうオレンジブロッサムを持続させるにもこの組み合わせはいいかも。

 

♪チューベローズ アンジェリカ×バジル&ネロリ  ○

 

トップははっとするような生々しい草原のグリーンな香りが強い。シンプル且つ力強さのあるハーバルな香りにチュベローズの底辺にあるウッディな香りが絡んでナチュラルな風合い。オリエンタル感はおさまるような気が。男女問わず使えそう。後半はちょっとシャンプーぽい清潔感。ムスクの影響?香りの変化がトップからベースにかけて大きく、後半はモダンな甘さが目立つように。個人的には前半のナチュラルさが続いてほしい。全体的に若々しい香り。

 

▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽

 
私の肌では、いつも「チューベローズ アンジェリカ」は何故かウッディ的な酸味?が強く出ることが多く、フローラルがあまり出ない上に、ややおじさんぽい?香りに傾くことが多くて、好きなのにうまく香らないということが多かったのですが、今回試した組み合わせはどれもわりと綺麗に香って、ようやくチューベローズ アンジェリカと仲良くなれそうな予感がしましたべーっだ!
 
それともあれかな~?
案外、チューベローズ アンジェリカ自体、冬の乾燥した空気の中の方が綺麗に香るのかな?
 
そして、この香りはよりシンプルな香りとのコンバイニングの方が良さが引き出されるのかな?とも思いました。
 
まだ、他のインテンスシリーズなど重めな香りとのコラボを試したことがないので、そこらへんも冬のうちに試してみたいと思いますパー
 
あと、今回は手首でしか試せてないので、これは全身で纏うとどう感じるのかも試してみたいです。
 
皆さんも、普段使われる香りはつける場所、つける量を変えるだけで印象が変わることがあるので、試せる時にあれこれチャレンジしてみましょうね~ニコニコ
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

ちょっと間が空いてしまいましたあせる

 

「リラックスアロマテラピー」の話。

 
 
{96143EDF-C653-4A88-87A5-2E49970E8043}
 
 
こちらは10月末に届いた分の88号と89号。

 

付属の精油は、

葉っぱレモン(フロクマリンフリー)

葉っぱシダーウッド・バージニア

でした。

 

フロクマリンフリーって、ベルガモットでは昔からありましたが、最近は他の柑橘精油でも手に入りやすくなったのですね。

 

光毒性のことを考えると、柑橘精油は親しみやすい反面、日中使うには注意が必要なので、フロクマリン(ベルガプテン)フリーのものが出て、柑橘精油が使いやすくなるのはありがたいなと思いますひらめき電球

 

シダーウッドは、前にアトラスのものがついてましたが、今回はバージニアの方。

 

同じ「シダーウッド」という名前でありながら、香りはもちろん、そもそも植物の科が全く違うって面白いですよね。

 

個人的には、シダーウッド・アトラスの方が香りは好き音譜

 

シダーウッド・バージニアは、誰もが嗅げば「鉛筆」を連想するようなクリアでドライなやや酸味のある木芯の香り。

メンズ香水にはよく使われることがありますね。

 

そして今回はまた創香の実践・第4弾レシピが掲載されていました。

特集は「秋を楽しむフレグランス」栗

 

今さら「秋を楽しむ」って言われても、って感じですが(笑)、これはひとえに私がサボってたせいなので、すみません~~ahaha;*

 

レシピは秋を思わせる4つのシーン・・・

「読書の秋」「スポーツの秋」「芸術の秋」「夜長の秋」に合わせたものが考えられていまして、手持ちの精油だと作れるのが「読書」と「夜長」だけだったので、今回はその2つを作ってみました!

 

まずは「読書の秋」ブレンド。

使った精油は、ベルガモット・ホーリーフ・レモングラス・フランキンセンス・ローズマリーカンファーの5つ。

 

 

{F07932B7-A813-4B64-B809-A798F176885A}

 

 

これはブレンドした後、手持ちのディフューザーに入れて今香らせているのですが、キリリと気持ちが引き締まるようなドライな香り、且つちょっと何故かスパイシー?な印象の香りです。

 

全体的にレモングラスが強い印象があるので、正直もう少しレモングラスは減らしてもいいんじゃないかとも思いますが、確かに読書の集中力は高まりそうな香りで良い雰囲気本

 

それでいて、どこかゆったりしたのびやかさもあって、香り自体は面白いものでした音譜

 

オリンピック終わったら、またクリスティー読む時間を増やしたいので、そんな時に使うといいかな~?

 

続いては、「夜長の秋」のブレンド。

使った精油は、オレンジスイート・ゼラニウム・イランイラン・パルマローザ・セージの5つ。

 

 

{FAB81E8D-3C00-49B0-A0AF-FC9126599F66}

 

 

こちらは一転、甘く心をほどくようなリラックス感のある香りハート

 

全体的にフローラルさが強いですが、セージがアクセントになって凜とした雰囲気も。

 

オレンジ&ゼラニウム&イランイランという組み合わせは、私もアロマテラピーを始めた当初から好きでよくやってたブレンドなので、個人的にはちょっと懐かしさもありましたうっとり

 

秋は終わってしまったけど・・・

三連休最後の明日の夜は、こちらを部屋に香らせながらゆっくり平昌オリンピックを応援しようかな?

 

せっかくだからこんな時に「スポーツの秋」の香りが作れたらよかったのですが、必要なグレープフルーツ精油を切らしてしまっててあせる

 

グレープフルーツの香りは、アロマで使うにも香水を作る時にも万能なイメージがありますが、あの苦みと甘さ、大人っぽさが男女問わず使いやすくていいのかな?

 

続く号では少しレアな精油を使うようで、これらも手持ちがないので、そちらを買う時に一緒にグレープフルーツも入手して、久しぶりにグレープフルーツの恵みも堪能したいと思いますグレープフルーツ

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。