香水の音、アロマの色

香水の音、アロマの色

香水が好き♪アロマも好き♪

こんな私が、日々体感した香りの感想をためこんでいく小部屋です☆

NEW !
テーマ:
さてさて、ぼちぼちウラジオストク旅行記、始めま~す!
 
合間に他記事書いたり休んだりといったペースになるかと思いますが、なかなか周りでもまだ行ったことないって人の方が多いかと思うので、レア?な現地情報、よかったらお楽しみくださいませ~音譜
 
今回も出発は成田から。
この日は木曜日だったせいか、空港めちゃ空いててビックリ!
 
 
そういえば出国手続きが自動になってた。
日本人の方はこちら~って案内されて、駅の改札並みにピッとあっさり出国。
 
でもこれじゃあスタンプないじゃ~んと淋しく思い、その先の係員のいる窓口脇に「スタンプの必要な方はお申し出ください」と貼り紙あったので、「押してくださ~い」ってお願いしちゃいました。
(多分、「必要な方」ってそういう意味じゃないとは思うのですが)
 
で、我らが乗る飛行機がこちら。S7航空。
聞いたこともないんですがw
そして、ボディが何とも言えないバッタ色・・・
 
 
LCCではないっぽいんですが、近距離だからか飛行機は小さめで、モニターなし、機内食も軽食のみが提供されます。
 
けど、思いのほか席周りは普通の飛行機と変わらないサイズ。
 
 
天井にも荷物入れがちゃんとあったし、特に不便は感じませんでした。
ただ、確か手荷物の重量が決まってたかな?
 
手荷物とは別に、預入荷物が23kgまでOKでしたが、これはチケットのクラスなどによるみたい。
中には預入荷物は有料の席もあるようですので、利用時は要確認です。今回私たちはツアーを利用したので無料で預けられました。
 
 
座席は3列×3列で、全体は80席弱あったかな。
 
CAさんの制服が、サンダーバードみたいでポップで可愛かったニコニコ
 
席は選べずで、珍しく窓際になりました。
でも数時間のフライトだから、トイレも問題なかったです。
 
 
飛ぶのかな~?大丈夫かな~?とやや心配でしたが、無事に飛び立ちました~~!(当たり前)
 
 
飛び発って30分後くらいかな?機内食がやって来ました。
サンドイッチとドリンクのみ。
 
サンドイッチは、チキンとチーズがあったんだけど、私たちのとこに来た時にはもうチーズがなくなってたので必然的にチキンに。
でもこのニワトリの絵、可愛くない??
 
ドリンクは、何があるかな~?ってパッケージ見たけどキリルで何が何だか全然分からなかったw
さすがにCAさんには英語が通じましたので、友達が英語でオレンジジュース頼んでくれました。
 
 
パンは何故か左右のサイズが激しく違ってずれる・・・雑ww
 
で、このサンドイッチがパッサパサというクチコミをよく見かけたんだけど、私も同行者もこのパサパサ加減、嫌いじゃなかったですw
普通に美味しくいただきました~
 
 
食べて、ガイドブック見て、窓の外眺めて、ってやってるうちに、あっという間に海を越えて大陸らしきものが見えて来ました。
 
いや、でもここどこ・・・・・・
果てしなく続くならだかな山々。
 
 
・・・延々20分位こんな光景が続いてて、さすがにちょっと怖くなる。
だって日本から海越えて、ウラジオ到着までの間に、そんな大陸部分ないはずなんだけど。
 
それに、万が一今ここに落とされたら・・・
誰にも気づいてもらえなさそうでえぐえぐ。。。
 
 
どうやらウラジオ近くの沿海地方には、世界自然遺産にも登録されている山脈があるらしく、ここはその一部だったみたい。
 
シベリアンタイガーもいるエリア。
ますます落ちたくない~~!
 
暫く行ったら水辺も見えて来た。湖か海かは不明。
 
 
そしてちょっとずつ畑も出て来て・・・
 
 
建物出て来たーー!人の住んでるとこーーー(涙)
 
 
ドキドキのフライト、無事に着陸成功です~!
 
にしても周りの風景がこれまただだっ広くて、何だか空の色といい山の感じといい、スターウォーズ的な世界観ahaha;*
 
 
でも、れっきとした空港でしたよ!
ウラジオストク空港で~す。
 
行きの所要時間、なんと多分2時間切ってました。
あまりの近さに逆に怖くなる・・・
 
 
さて、初上陸ロシア。
空港内、むやみやたらに写真撮ってたら捕まりそう(笑)なので、内部は控えめに。
 
そうそう、入国審査は特に何も問題なく済みました!
ウラジオストクは、昨年からビザが緩和されてネットの事前登録(無料)して、その用紙を印刷したものを空港で出せばあとはすんなり進めるので、ロシアの他のエリアよりは行きやすくなりました。
だから、これから日本人観光客も増えるんじゃないかな?
 
ちなみに、ロシア入国のスタンプはこんな感じでした~音譜
 
 
空港は街中から結構離れてて、車でも1時間近くかかる。
更に日本からの直行便が着く時間、既に電車は終わってて(1日5本しか走ってない)、バスもミニバスが1時間に1本程度で最終20時くらいなので、定員オーバーで乗れなかったらもうアウト。
 
そんなわけで、必然的にタクシー選択になりそうです。
 
私たちも最初からタクシーのつもりで案内所へ行きました。
 
事前に旅行会社へ「そんなに交通の便悪かったら、みんなタクシーに集中しちゃうんじゃない?車足りるの?」とヒアリングしてまして、回答が「車は台数が十分あるので大丈夫です」と。
で、案内所でおばちゃんに言われました、「車がもうない」と。
 
ええええーーーーーーふ~ん・・ふ~ん・・
うそーーーーん
 
で、おばちゃん前にいた女性2人組を指さし、「あんたら一緒に乗ったら?そしたら多少安くしてあげる」風に言うので相乗りすることに。
それがたまたま日本の方で、お互いホテルなど確認しつつ乗らせてもらいました。
 
まぁ安くなったから結果オーライ??
 
タクシー乗る直前に撮った外からの空港の図。
キリル文字に2人して大盛り上がりw
これで「ウラジオストク」と読みます。
 
 
ただ、行ってから知ったんだけど、キリル文字は活字体と筆記体とイタリックとで、文字の形が激しく変わるものがありまして・・・
活字体のTが筆記体になるとmに似た形になったり。なんでやねんw
 
そんなで、結構翻弄されました。
だが、そんなクセの強さがまた、攻略したくもなってみたり。
 
タクシーは死ぬほどスピード上げて、早々に街中へ到着。
 
 
「バーガーキング」もキリル文字表記!
 
 
どうにかこうにか着きました~。
今回のお宿、「プリモーリエ」です。
立地的には、駅の裏手で結構静かなエリアだったかな。
 
 
チェックインも友達にやってもらっちゃった。
英語話せる人との旅行は楽ですね。
でも、その分ほぼ自力活動しなくなるので、覚えてない部分も結構出て来ちゃう。
 
最近一人旅が続いてたから、たまにはこんなまったりもいいか。
 
ホテルでもらった宿泊者カードも、自分の名前がキリル表記になっててまた盛り上がる。
とにかくそんな文字だけで盛り上がれるのが不思議。
もう変なテンション(-∀-)イヒッ
 
ホテルは、フロント周りは結構いい感じだったけど、客室フロアは病院みたいな、ソ連色強めな無機質な感じ・・・
 
 
照明が青くて怖いってww
 
 
キリル文字見るとすぐ撮っちゃう。
これは、ビホードと読んで出口の意味だったかな。
 
 
ここ一体何のエリア~??叫び
 
 
正解は・・・椅子の置かれた謎のフリースペースでしたw
 
 
一通り写真におさめていざお部屋へ。
 
で、最初に食いついて撮っちゃったのがこれ↓
 
 
ティッシュではなく紙ナフキン。
なんて書いてあるんだろ?カルフェツキみたいな発音だとは思う。
 
ベッドはまぁ普通。
けど、腰かけたらびっくりする硬さだったw
腰悪いから、柔らかすぎるよりかは寝られました(笑)
 
 
お部屋の中はいちいちレトロ。
古めかしいと言えばそれまでですが、私は案外嫌いじゃなかった。
 
天井の照明。
 
 
カーテン。フリフリが可愛い。
 
 
バスルームに続く白木のドア。
ノブが金色でレトロ。
 
 
部屋全体を引きで見るとこんな感じ。
 
 
 
バスルームも昭和っぽいと言えば昭和っぽいような。
 
 
バスタブ付きは嬉しかった!
なんか、微妙なサイズで浅いし小さかったけどw
 
 
トイレも丸っこい。ウォシュレットではないけど普通に使えました。
 
 
このホテルは、各フロアのエレベーターホールにウォーターサーバーがあって、そこが飲み水として使えたみたい。
うちらは使いませんでしたが。
 
 
窓から見えた景色。
やっぱり、ちょっと寂しめ??
けど、私はリトアニアで耐性出来たからそこまで怖くはなかったかな。
 
 
夜ご飯はこちらでいただきました~。
ホテルのすぐ横にあった「ホフロマ」。
ホフロマのホもフもXで始まるって、思いつかないよねw
 
 
ドアには曜日ごとの営業時間が書いてあるからってまたわーって盛り上がって入る前から写真w
 
 
中は結構空いてて落ち着いてていい雰囲気!
 
感じのいい若い男性スタッフさんが、窓側の席に案内してくれました。
 
 
中の様子。地元客しかいなさそうでした。
 
 
黒板メニューの中身が知りたい!!
手書きのキリルも可愛い(´v`)
 
 
まずはドリンク。
ロシアはベリー系の「モルス」というジュースが有名だそうなので二人してそれ頼みました。
 
ちなみに、行った時はお店どこもコールドでも氷なしで出て来ました。
常温で飲む習慣?あ、寒すぎるからかな?
(行った日は、今日の東京くらいの気温でしたけど)
 
 
ジュース、酸っぱすぎずほどよく甘くておいしかった~ハート
 
で、で、念願の!ロシアと言えばの!ボルシチ~~(´v`)
 
 
こんな見た目なのに、飲んだらまさかの「大根の味噌汁」味。
えーー!いい意味で期待を裏切られたw
 
そしてパンの上に乗ってた脂身?が、食べていいものなのか、油としてパンに塗るのか、なんなのか分からなかった・・・
噛み切れなかった・・・
 
そして他に頼んだのはこんなお料理。
 
 
 
どっちもギョウザっぽくないですか??
味も、ほとんど水餃子なんですよ!
 
片方はサーモン入りのにしたけど、もう片方は挽肉入り。
 
ちょっと中央アジアっぽい部分も入ってるのかな?
 
大根の味噌汁にギョウザで、すっかり日本ぽい料理を堪能しましたw
味もどれも濃すぎず、だから尚更日本人の口に合いそうと思いました。
 
ギョウザ(注:ペリメニと呼ぶ)は、サワークリームつけて食べるんですけどね、これも酸っぱすぎずでマッチしてて美味しかったですうっとり
 
無事の上陸記念に、ケーキも行っちゃおう~~アップ
 
どれがいいかな~?
迷いすぎて、2人で3個頼むことになりましたw
 
 
おにいさん呼んで、指差し注文しようとしたら、何故か手招き。
ショーケース前に連れて行かれて、どれがいいか選ぶようにと。
 
で、見たらメニューで見た奴が一個もないw
え、この写真が・・・これ?で、こっちが・・・え、これ?
みたいな、謎のクイズ方式での注文、で、結果がこうなりました↓
 
 
いや、写真とは全く違ったけど、味はどれも美味しかった!!
よくある、外国のあま~い味ではなく、程よい甘さ。
ロシア、案外味覚が日本人に近いのかも!?
 
手前の奴なんか、もう黒糖味でちょっと沖縄連想したよねw
 
お兄さんは普通に英語話せる方だったので私はそんな話してないけど、お料理食べてる時に、お皿下げにやって来たから、「フクースナ!(美味しい!)」って言ったら、Ohhhみたいな、胸に手をあてて感動してくださっていましたにひひ
 
色々気を利かせてくれて、フレンドリーですごいいい人でした!
ロシアの印象が早くもがらりと変わりました。
 
たらふく食べて、胃が重くなりながら帰りにコンビニ寄ってお水買ってホテルへ。
 
コンビニでレジの人が「カムサハムニダ」と言って来たので、???と思ったけど、多分単純に韓国人観光客が多いから、私たちのこともコリアンと思ったのでしょうね。
 
お友達、ハングルも出来る子なのでハングルで「韓国人じゃないですよ」と思わず返答、でもそこでハングル喋っちゃったらますます韓国人ぽいよねw
 
まぁ、これから頑張って日本人も沢山行けるようになって、日本語で返してもらえるくらいになったらいいな。
 
ホテルのフロント近くには、本棚も。
 
 
ランボー、かな??
 
 
食べすぎてお腹苦しい・・・寝られなくなりそう・・・
ということで、早々に胃薬投入。
 
テレビをつけてみましたら、通販番組やってた!
そして、こんな香水をすごい熱量で押してた!!
 
 
通販で香水、斬新だったけど、それ以上に「コブラ」香水が斬新すぎて、ロシア人の感性、不思議・・・
 
何言ってるかは分からなかったけど、「このコブラの目玉部分が綺麗ですよね~!」みたいな、「こうして取り外してブレスレットにもなるんですよ~」みたいな案内してましたw
 
で、途中に出て来た香りの構成ピラミッドも思わずパチリ!
 
 
すごい!読める!読めるぞ!!(ナウシカのムスカばりに)
 
トップはアップル、マンダリン、タンジェリン
ミドルはジャスミン、イランイラン、ローズ、イリス
ラストは最初の分からないけど、次がサンダルウッド、ムスク、ベチバー
 
 
ロシア語のアルファベットの読みを事前チェックしてただけで、こうして外来語(英語表記)なんかは読めて街中でも便利だったので、やっぱり基礎だけでもやってった方が数倍楽しくなること請け合いです!
 
なかなかとっつきにくくはありますが(特に英語など、通常のアルファベットを使う言語が出来てしまう人の方が苦労するかも)、ゲーム感覚で楽しめる旅でした笑う
 
お陰でこの夜は寝れたの3:30過ぎ・・・
初日からはしゃぎすぎて、翌日ややぐったりしてました困った
 
2日目に続く・・・

テーマ:
ウラジオ旅行記書き始める前に、おととい行った「ムー展」の話していいですか?
 
金曜の夕方、会社のトイレで手洗いの最中、同じく洗面台にいた同世代の方から唐突に声をかけられました。
 
「ぱやこさんは、ムー好きですか?」
「え?ムー?あの雑誌の??」
「そう、そのムーです」
「あ~、買ったことはないけどそういう不思議話は好きですよ。なんで??」
「今日から池袋でムー展やるんですよ~。それ行こうと思って」
「えー!いいなー面白そう!」
「良かったら今日、一緒にどうですか~?」
 
というわけで、何故私にお声がかかったのか分からないまま(どうもそういうの好きそうなオーラ?が出てたらしいw)、仕事でさえちょっとしか話したことのない女子とムー展に行って来たのです。
 
池袋のパルコでやってます。
 
 
世界の謎と不思議に挑戦する雑誌「ムー」。
来年、創刊40周年を迎えるんですって。
今回のイベントはそのお祝い的なものらしい。
 
パルコの7階でやってたんだけど、エスカレーターで1フロアずつ上がっていったら、6階から7階に続く階段に何やら列が!
 
「え、まさかムー展そんなに混んでるの?!やっぱみんな好きなんじゃん!」と二人で盛り上がっていたら、全然違うカフェの列で、ムー展は普通に空いてましたww
 
中は一部撮影禁止のものもありましたが、ほぼOK。
 
入ってすぐのところには、歴代のムーの表紙が展示されてました。
 
 
生まれ年から見ましょうよ~と探したけど、よくよく考えたら40周年てことは私の生まれた年のはないよね。残念ahaha;*
 
創刊号の表紙の大型パネル。
 

 

早くも「異星人は敵か、味方か」って特集が攻めてますねw

 

こちらは実物の創刊号。

 

 

そして原画の展示もありました。

ちょっとミステリアスな色合いやタッチが、雑誌の内容にもマッチしているような。

 

 
興味深い特集の雑誌探したりと楽しみましたが、更に奥へと進むと・・・
 
出ましたーーー!ビッグフットの足型!
うそ~~ん、ホントに~~??にひひ
 

 

他、撮影禁止のとこに、ニホンオオカミのミイラの展示も!

 

江戸時代の箱?に入れられて大事に保存されていた模様なんだけど、まだ子供の狼なのか、結構小柄、けど牙はしっかりしてて、確かに見たことない動物ってフォルムだった。

 

あれも本物なのかな・・・(いちいち疑ってかかるw)

 

ユリ・ゲラーが曲げたスプーン(サイン入り)もあったよww

 

 
こちら↓は、ムーが取り上げたミステリ系をジャンル別に分けて展示しているエリア。
 
 
ちなみに私は超能力系や宇宙人の話より、古代文明や天体、惑星の話が好き~きゃはっ
アトランティス大陸とかブラックホールとか、盛り上がるよね~アップ
 
その更に奥には「ムー図書館」なるエリアも。
ここでは、過去に発売されたムーや、学研が出版している関連図書を自由に閲覧できました。
 
 
ムー編集長のデスクを再現したコーナー。
 

 

ここ↓は記念撮影スポット。

正面から撮ると、立体に見えてなかなか面白かった。

 

私は中入らなかったけど、一緒に行った子は撮ってほしいというので恐竜と一緒に記念撮影してあげました(笑)

 

 
ムー展やってる間、パルコ6階にあるカフェでオリジナルコラボメニューが楽しめるそうです。
 

 

ショップでもひと盛り上がりした後、出口にあったムー雑誌の表紙が描かれたキーホルダーのガチャガチャにも食いつき、2人してそれぞれ2回やっちゃったにひひ

 

 
そんなに広くもないスペースでの展示だったけど、案外じっくりあれこれ見ちゃって、楽しめました!
 
10/29までやってますので、興味のある方は是非~w
 
 
それにしてもこの内容で40年雑誌がもつってすごいことよね。
確かに、この分野においては右に出られる雑誌は皆無だけどね(笑)
 
そしてこの日の戦利品!
 
40周年記念のクリアファイル、ガチャガチャのキーホルダー2つ、あと
未確認動物(UMA)のカードが入ってるラムネ。
 
行った日が初日だったので、先着でもらえるコーララムネの記念パッケージの奴もいただいてきちゃいました!
 
 
それから、創刊号から12冊分のムーの表紙絵が描かれたポストカードセットもGETにひひ
 
 
そしてそして、とっても興味深い特集の別冊が売られてたのでこちらも買って来た!
 
「失われた日本超古代文明の謎」
 
「古代」とか「謎」っていう言葉に弱いのよね~w
 
 
最近、古代ヘブライ語と日本語の妙な類似性とか、シュメール人と日本人の繋がり?とか、惑星ニビルとか、そんな話を調べだしたら止まらなくなって夜中眠れなくなっちゃうことも多々あって。
 
真実がどうかはさておき、考えるだけでロマンがあるのよね~はぁはぁ
 
これ読んでたらまた眠れなくなっちゃうからほどほどにしますが。
 
この日はひょんなことからお誘いを受け、これまでプライベートの話をしたことのなかった方とも興味のあるものが似てるだけで親近感が生まれ、なかなか面白い体験ができました音譜
 
ウラジオに一緒に行った会社の子も1年くらい前に仲良くなったばかりですが、長年いたフロアから異動して、こうしてこれまであまりお話したことのなかった方々ともやり取りが生まれるのは、新たな刺激になって、それはそれでいいこともありますね。
 
それでも、まだまだ新フロアには慣れず(オジサン率の高さにあせる)、猫かぶっておとなしく過ごしていますが、これから少しずつこうして親しくなっていける人が増えるといいな。
 
人見知りなので、話しかけてくれないと対応できないので、今回はありがたかったです!
 
「ムー」が繋いだ不思議なご縁のお話でした~音譜

テーマ:
まだかまだかと待っていたお知らせ。
昨日、ようやく届きました~ラブラブ
 
 
 
 
イセタン サロン ド パルファン!
 
すっかり定着した感のある、新宿伊勢丹で開催される年に1回の香りの祭典です。
 
今年は初出展が6ブランドほどあるようで、前にセミナーに参加した「エラ ケイ」も、再び登場するようです。
あの香り、コンセプト含めて良かったから、もっと皆さんにも知ってもらいたいな~音譜
 
ラルチザンからは、去年あっという間に完売した「ナチュラ ファビュラリス コレクション」が、リニューアルして再登場。
 
ゲランでは以前GINZA SIX店で出てたカラービーボトルが出るようですが、他気になったのは「ゲルリナーデ」と呼ばれるゲラン製品に欠かせないオリジナルの香りを構成する6つの素材(ベルガモット、ジャスミン、ローズ、アイリス、トンカビーン、バニラ)が、それぞれ単品の香りのソープが発売されるという点。
 
これはなかなか面白い試みかも!
 
他、気になるのは久々にラリックが出す新しいラインかな~?
ラリックはさすがクリスタルガラスの世界的ブランドということもあって、ボトルが綺麗そうキラ
 
香りも、ラリックで言うと昔あった「アメジスト」というのが結構好きだったし、どんな中身か気になる~はぁはぁ
 
それからそれから、お馴染みジョーマローンからこれまた素敵そうな予感の香りが新登場!
 
「ホワイトモス&スノードロップ」ですって!
 
見た目もラベルが、ホワイトとゴールドという華やかさと繊細さがある雰囲気だけど、これはクリスマス商品の一環なのかな?
 
森の中で日の光を浴びて白く輝くモス(苔)、そこにアンバーやらカルダモンやらが加わった香りとのことで、これまた好みっぽい!
早く試したいアップ
 
イベントの方は、今回は今までよりちょっと数が少なめ??
だし、自分で調香したりといった実践的なセミナーやワークショップはなさそう。
 
どちらかというと、自分で香りを選ぶ為のセミナーや、カウンセリングが多い印象です。
 
そんな中、日本初上陸となる「パルル モア ドゥ パルファム」は、有名パフューマーのミッシェル・アルメラック氏の子息、ベンジャミンさんという、このブランドの創設者が来日し、香りの誕生秘話について語る会があるみたい。
参加者にはサンプルプレゼントもあるというので、これ予約できるか、来週電話かけチャレンジしてみようかな~?
 
一度はゲランの本格的なコンサルも受けてみたいんだけど、1時間もやって何も買わずに出て来られるか分からないから(笑)、イマイチやる勇気が出ないahaha;*
 
だって、コンサルの結果、あなたに似合う香りはこちら!って、それが特注の250万円の代物だったら・・・ねぇ叫び
 
今年の本イベント、会期は10/31(水)~11/5(月)で、伊勢丹新宿店本館7階催事場にて行われます。
(最終日は18時終了)
 
今日は肌寒くなって、また一歩季節が進んだのかな?という感じですが、これから香りにとってはベストシーズンがやって来ることですし、秋冬に向けて新しい香りをお探しの方にぴったりなイベントだと思いますので、お時間ありましたらぜひ会場へ足を運んでくださいねラブラブ
 
私は・・・初日有休取って、朝から行って来ようかな~~?ww

テーマ:

久しぶりに、ブログ記事のアクセス解析結果をご報告~ひらめき電球

 

今日は2018年9月(1か月間)のトップ10を見てみましょう。

それでは10位からさかのぼって、1位までを発表~!

 

**********************************************************

 

10位 PENHALIGON'S HIDDEN LONDON

 

10位にはペンハリガンの香水がランクイン。

伊勢丹メンズ館のみでの限定販売の製品ということで、注目が集まったのでしょうか?

 

9位 JO MALONE コンバイニング実験 ベスト10発表!(’17年9月~’18年9月)

 

出ました~今期の集大成!

ジョーマローンのコンバイニング実験、1年分の結果発表です。

皆さんに御覧いただけたなら、頑張った甲斐があるってもんですにひひ

また引き続きやっていきますのでお楽しみに~。

 

8位 JO MALONE ミルラ&トンカ 試香感想☆

 

何故か2年前の記事がランクイン!

これは、9位にあがったコンバイニング実験の中で、ぱやこ的1位の組み合わせに名前があった香りだからなんでしょうか?!

これまた好きな香りなのにもう2年も購入迷ってる(笑)

この冬こそは、GET出来るかな~?

 

7位 新宿伊勢丹のJO MALONEイベント、覗いて来ました!

 

こちらは最近の記事ですね。伊勢丹のポップアップイベントの様子を書いたものでした。同時に新作発売もあったので注目されたのかな?

あの時のあのローズ&ムスク、忘れがたい香りでした。。。

 

6位 ルイ・ヴィトン 「レ・パルファン」試香感想☆

 

お、こちらも結構昔の記事ですね。

最近また新しい香りが追加されたそうなので、そういう点でよく見られたのでしょうか?

私もまだ香ってないのですが、今度銀座行ったらクンクンしてみます!

 

5位 「アニック グタール」が「グタール」にリニューアル

 

こちらは、先日久々に書いたアニックネタ。

もう、ブランド名もボトルも変わっちゃったんですよね~~。

なんだか寂しい・・・

そして応募したモニター、結局連絡なかったから外れたのかな?

 

4位 ダウン パフューム ~肌タイプに合わせた香り選び~

 

こちらも毎回、毎月、ランクインする記事。なんでなんだろ??

何か別のことを検索しててヒットしちゃうだけなのかな・・・

そういえば最近ダウンの香水見かけてない。

まだ伊勢丹の地下にあるのかしら?

久しぶりに今度覗いて来ようかな。

 

3位 ハワイのJO MALONE事情

 

同じくこちらも毎回人気な記事。

情報としては古いのであまりあてにならないですが、あの時はまだ日本に入ってなかったボディものがお安くGETできて嬉しかったな~。

何となく、ハワイとジョーマローンって似合いますよねw

 

2位 この秋のJO MALONE新作香水は・・・

 

やはり皆さん注目の新作香水のお話。

特にジョーマローンの記事は人気高いですが、今年の秋新作はフローラル系でしたね。

私ヘーゼルナッツに夢中になって、もう新作の印象が薄れてますが・・

もう少し涼しくなったら、また改めてクンクンして来よう!

 

1位 今年の秋香水はこれで行きます!

 

そして堂々の第1位はこちらベル

私がそのイングリッシュオーク&ヘーゼルナッツを買った時の記事でした!やはり季節の変わり目ということもあって、着目されたのかな?

というか、ジョーマローン記事、やっぱり強いですね。

まだちょっと関東は蒸し暑かったり涼しくなったり気候が不安定ですが、この香りはきっとここから空気が澄んできた頃にも似合うと思うので、この秋はしっかり楽しみたいと思います!

 

**********************************************************

 

なんと!

トップ10全ての記事が、香水関係でした~音譜(そうであってほしいw)

 

季節柄なのか、新しい香りを探されてる方も多かったのでしょうか?

 

このアクセス解析、今のAmebaでは検索キーワードの結果が分からない形になってしまったので、純粋にその記事にアクセスした数しか分からないんですが、1位は結構ダントツでした。

 

みんな気になる「イングリッシュオーク&ヘーゼルナッツ」、ぜひ一度お試しあれ~~きゃはっ

 

そして良かったら、他のランクイン記事たちもまた、御覧いただけると嬉しいです!(上の記事タイトルにリンクあります)

 

また折を見て、別の月のも結果調査してみますね~パー


テーマ:
最近日本橋づいてますが、今日はいよいよ日本初上陸フレグランスグランド「キリアン」と、久々復活の「フレデリック・マル」が日本橋三越にオープンする日ということで、仕事終わりで覗いて来ました!
 
本館1階にありまして、どちらも並んでコーナーがある感じ。
他に、ルラボも置くようになってたかな?
 
マルは嗅いだことあるので、今日はキリアンに集中。
 
ずらり並んだテスター、いくつかのカテゴリーに分かれて置かれてて、ボトルの前にセラミック?の香りを嗅ぐものや紙のムエットが置いてありました。
特にボトル前に名前などの紹介があったりはしなかったので、最初はどれがなんて名前か、見つけるのは大変かな。
 
そのカテゴリーがどんな区分けか分からなかったので、スタッフの方に聞いてみたら、フレッシュ系とか中毒性のある香りとか、そんな区分けだったっぽい。
 
ざっくり製品の紹介をしてもらい(ブランドのコンセプト、デザインなど)、
せっかくなので、ウッディ系やスパイス、オリエンタル系が好きなんですが、どんな香りがお勧めですか?と訊いてみた。
(あれこれありすぎて、ネーミングもよく分からなかったので)
 
そしたら机の方に案内されまして、そちらでついでカルテも作りつつのヒアリングとなりました。
 
ちなみに、製品にはどれも豪華なケースがついていて、それが香りによっていくつかデザインが違ってたり、ボトルの脇の柄などもイメージなどによって分かれるそう。
 
いずれも「香りを視覚化する」ということをコンセプトに作られているそうで、全てにおいてバックグラウンド・・・ある物語やモチーフから生まれた香りになっているとのことでした。
 
見た感じ、こうしたパッケージ含めてもはやジュエリーのような感覚で、一つ一つ作られているのかな?といった印象でした。
だから香料そのものが高いだけではなく、こうしたこだわりも含めて、ラグジュアリー感が出ているのかもしれないですね。
 
さて、それで座って好きな香りや苦手な香り、普段どんな香りを使っているか、などヒアリングされた後、紹介されたのが次の3種類。
 
・ブラック ファントム メメント モリ
・ヴレヴ クシュ アヴェク モワ
・イントキシケイテッド
 
「ブラック ファントム メメント モリ」は名前だけ聞いたことありました。
これ、海賊の幽霊船?イメージの香りなんですって!
 
「メメント モリ」というのが、「死を忘れるな、明日のことは分からないから思い切り今を生きろ」というような意味があるそうで、香水のケースにはダーンと3Dドクロがついてましたw
 
あ~、しょっぱなからこれ勧められる?(-∀-)イヒッ
と思ったけど、まぁ確かに好きな香り!
 
ベチバーが根っこにいて、結構スモーキー。
そこにサトウキビのほの甘さも見え隠れして、全体的に「陰」の印象。
でも思いのほか派手なパンチの効いた風ではなく、静かだったかな。
 
2番目に試した「ヴレヴ クシュ アヴェク モワ」は、打って変わってフローラル系。
ちょっと嗅いだ感じ、もわわ~んと霞がかった優しい印象で、少し現実離れしているというか、ややファンタジックな香り。
 
聞けば、イランイランやローズ、サンダルウッドなどが使われているそうで、こちらはエデンの園からインスパイアされて創られた、夜?夜明け?のイメージの香りとのこと。
 
だから、ちょっと霞がかった幻想的な香りに感じたのかな?
 
好きな系統のフローラルだったけど、気分的に今日はメメントモリの方が好みだった。
 
で、3番目にスパイシー系ということで用意してもらったのが「イントキシケイテッド」
これはムエット嗅いだ瞬間、「あ、面白い!」って思いました。
 
スパイシーだけど相当軽やか、「ちょっとカルダモンぽいですね~」と言ったら、「カルダモン入ってます!」と。
ひねりの効いた不思議な香りで、トップはちょっと玄米茶っぽくもありましたw
 
そんな変わったこちらは、トルココーヒーのイメージとのこと。
ちょっとレザーっぽい渋い苦みみたいなのもあったかな?
 
「メメントモリ」と「イントキシケイテッド」を手元でも試してみました。
 
そしたら、最初はメメントモリの方が肌に馴染んで、落ち着くアーシーな香りで好きだったんだけど、馴染み過ぎて結構消えるのが早い?
そして思いのほか後半が甘ったるくなるような。
 
「イントキシケイテッド」は、出だしがうっすらしすぎてよく分からなかったんだけど、お話しながらしばらくするうちに結構主張してくるようになり、後半には最初の印象と逆転して、こっちの方が好きになりました!
ちょっとパチパチ燃える暖炉の火みたいな香ばしさもあるような。
 
どちらも秋冬には似合いそうだったけど、もちろん香水界のロールスロイスと言われるお高い商品、その場で購入・・・とはいきません。
 
他にどんな香りがあるのかも試したかったんだけど、あんまりあれこれ嗅げる雰囲気ではなかったので、他4種類くらい嗅いで(それでもトータル7種は嗅いだってことw)、担当の方のお名前教えてもらって帰って来ました。
 
ちなみにあとムエットで試したのは・・・
 
・バンブー ハーモニー
(竹取物語イメージですって!白茶ベースとのことで、エラケイパルファムの嵯峨野の詩に近い爽やかなお茶系の香りがしました)
・ウォッカ オン ザ ロックス
(ひんやり系スパイシーフゼアといった感じで、これは香り的には好きだけど思い切りメンズだった)
・ムーン ライト イン ヘブン
(ハネムーンの夜のイメージ。月明かりの感じられる多幸感のあるフルーティ系。ボトルがブルーで綺麗だった)
・フラワー オブ イモータリティ
(中国の桃源郷イメージ。思い切り桃!ジューシーで誘惑的な甘い香りでやや爽やか)
 
マルの方も見たかったんだけど、これ以上いると買う気ある風に見えちゃうから(笑)、今日はおとなしくキリアンだけにとどめました。
 
またそのうち、他の香りもクンクンしに行こう~音譜
 
 
 
 
ちなみに、キリアンは特にパンフレットの用意とかはないらしい。
でも今後出ることがあったらお知らせくれると言ってたので、気長に待ちますかね。
 
今のところフレグランスは全19種/各50mlのオードパルファムで、お値段も統一36,720円(税込)。
もう、台湾行けちゃうレベルの額だなw
 
そしてついでに、その他の日本橋三越フレグランス情報ひらめき電球
 
なんと、ジョーマローンのカウンターも新たに1階に出来てたの!
 
思わず前通りがかった時、スタッフさんに「いつの間に出来たんですか~?!」と訊いたら、「今日からなんです~」と。
 
しかも私が見た中で、こうしたデパート内に入る店舗としては一番広いんじゃないか?というくらい広々空間(吹き抜けがあって上も開放感あり)になってて、トリートメントお試しのスツール以外に、お店の真ん中に対面のソファ席?みたいなのまでありました!
 
日本橋がただでさえマダム中心な街なのに、高島屋と三越、両方にあって余らない?大丈夫?と余計な心配しちゃう困った
 
そうそう、今年のコフレ情報がないか聞いたんですが、今月中にはお知らせが出ると思う、とのこと。
何が出るかはお楽しみに~と言われましたw
 
雰囲気良かったので、今度ゆっくり立ち寄ってみたいと思いますニコニコ
 
そして最後の最後、トムフォードにも立ち寄り。
久しぶりにパチュリをクンクンして、幸せを感じて来ました(´v`)
 
そこでおねーさんとしばしお話してて、「前にあったグリーン系のシリーズ好きだったんですけど、廃番になっちゃったんですよね~」と言ったら、「あ、あれは前に出てないだけでまだありますよ~」と。
 
え、そうだったの!?
どこのカウンターでも見なくなったから、てっきりもうなくなったのかと。
 
ということで、大好物「ヴェール ダンサン」始め、「ヴェール デ ボワ」「ヴェール ボエム」の3種類もムエットいただいて来ました~ラブラブ

ちなみに、去年だかに出た「ヴェール フルール」はなくなったそう。

 

あ~、ヴェールダンサン、やっぱり好きだわ~はぁはぁ

この香りに埋もれていつまでも寝たい・・・

 

キリアン見ちゃった後だから、税込3万円がお得に見えるマジックw

 

これまた発売当初からずっと好きって言って、もうムエットもらうの多分10回目くらいなんだけど(笑)、いい加減買ってもいいかなぁ?

 

なかなか、思い切れないトムフォード。

いつかお迎えすることが出来るのかしら??

(誰か背中を押してくださ~いw)

 

そんなこんなで、短時間ではありましたが、久しぶりに思い切りクンクンツアーを楽しんだ夕べでしたハート

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス