「売れる仕組みづくり」を伝えるコンサルタントのブログ

「売れる仕組みづくり」を伝えるコンサルタントのブログ

「売るだけの経営者」から「売れる仕組みを創り出す経営者」へパワーアップしたい経営者を応援するブログ

[要旨]

​自分の欠点に向き合うことはつらいことですが、それができるかどうかで、自分を成長させられるかどうかが決まります。


[本文]

心理学博士の榎本博明さんの著書、「薄っぺらいのに自信満々な人」を読みました。(ご参考→ https://amzn.to/2zLEOtA )この本を読もうと思った理由は、それほどの理由ではなく、単に、「過剰に自分をアピールをする人が結構いるけれど、そういう人と接するのは面倒なので、どう、対処すればいいのかが、この本で分かるかもしれない」と思ったからです。これに対する直接的な答えは書かれてはいませんでしたが、結局、「薄っぺらい人」には惑わされないようにすればよいということのようです。

ただ、薄っぺらい人が、薄っぺらいのに、なぜ、自信満々でいられるのか、という理由は分かりました。それは、能力の低い人は、自分の能力が低いことに気づく能力も低いのだそうです。これは、米国の心理学者の、ダニングとクルーガーによって実証され、ダニング・クルーガー効果と言われているそうです。そして、当然のことですが、これを裏返せば、ビジネスで成功している人は楽観的ではないそうです。例えば、榎本先生は、稲盛和夫さんがお話しされた、「楽観的に構想し、悲観的に計画し、楽観的に実行する」という言葉を引用して、能力の高い人ほど多くの事態を想定し、前もってそれに対処できるよう準備していると説明しています。

榎本先生は、もうひとつの例として、元MLB選手の松井秀喜さんの言葉も引用しています。「日本でプレーしていたときもそうでしたが、重要なのは、自分は不器用で野球の素質もないのだと認識すること、つまり己を知り、力の足りない自分自身を受け入れることだと思う」松井選手の業績の偉大さは誰も否定しないと思いますが、そういう人ほど、冷静に自分の欠点に向き合い、それに対処しているということなのでしょう。人間にとって、自分の欠点に向き合うことはつらいことですが、それができるかどうかで、自分をさらに成長させられるかどうかが決まるのだということを、榎本先生の本を読んで、改めて認識しました。





[要旨]

形式的には株式会社であっても、オーナー会社の実態は個人商店なので、出資や配当の概念を必要とする劣後ローンの仕組みを理解する会社は少ないようです。


[本文]

以前、劣後ローンはオーナー会社にはなじまないであろうと思われるということを書きました。(ご参考→ https://bit.ly/2AmONp4 )その私の仮説が正しいかどうか、知人の、ある会社経営者の方に、劣後ローンを利用したいと思うかどうかきいて見ました。結論としては、利用しようとは思わないということです。もちろん、劣後ローンは毎月の定例返済がないこと、業績が悪い時は融資利率が低いことという利点は理解できるものの、業績がよいときは融資利率が6%以上になると見込まれるということが、劣後ローンを利用したくないと感じるようです。ただ、業績がよいときに劣後ローンの融資利率が高くなることは、それなりの理由があります。

劣後ローンは、契約上は融資契約ですが、実態は優先株式なので、業績がよくなったら、株主に対し、利益に応じた配当金が支払われるように、劣後ローンについても、それと同様の借入利息を払うということは当然です。ところが、「劣後ローンは、銀行が、自己資本とみなしてくれる」という意味を、きちんと理解するオーナー会社の経営者の方は、意外と少ないように思います。その理由はひとつだけではないですが、最も大きな理由は、いまは、債務超過の会社でも銀行から融資を受けることにあまり苦労しないので、「自己資本を厚くする」ことの大切さをあまり実感できないのだと思います。

もうひとつは、オーナー会社は、株式会社でありながら、経営者やその家族以外の人から出資をしてもらっている会社はほとんどないので、出資をしてもらうということの真の意味を理解する人は、あまりいないのだと思います。出資をしてもらうということは、ある面では、事業のリスクの一部を負ってもらうことなので、その見返りに、利益に応じた配当を払うことになります。しかし、前述のように、いまは、債務超過の会社にさえ、銀行が低利で融資をするので、オーナーとその家族以外に出資をしてもらう、すなわち、事業のリスクを分担してもらうにはそれなりの見返りが必要になるということを理解しないのでしょう。

また、オーナー会社が利益を出したとき、その一部を配当としてオーナーが受け取っても、配当をせずに会社に蓄えても、会社とオーナーの持つ資産の合計額はどちらも同じです。そこで、オーナー会社は配当をすることはほとんどないので、「利益に応じて、劣後ローンの金利も高くなる」という理屈も、理解されにくいのでしょう。すなわち、日本の多くのオーナー会社は、業績が悪くても低利で融資を受けることができているので、劣後ローンの利点が理解されにくいのだと思います。私は、劣後ローンは有効性の高い資金提供手段だと思うのですが、よいか悪いかは別として、形式的には株式会社であっても、オーナー会社の実態は個人商店なので、出資や配当の概念を必要とする劣後ローンの仕組みはなかなか理解されないと、あらためて感じています。





[要旨]

部下を成長させるために、部下を厳しい環境に置こうとする経営者の方は少なくありませんが、部下の個性に合わせて成長させることが望ましいし、また、一定の価値観を持つ人だけを会社にそろえることも好ましくないと思われます。


[本文]

経営コンサルタントの相馬一進さんのブログを読みました。(ご参考→ https://bit.ly/2AopjHN )その記事の主旨は、相馬さんが、居酒屋和民の創業者の、渡邉美樹さんのサクセスストーリーを追ったノンフィクション、「青年社長」を読み、渡邉さんが、「苦労すれば、いつか報われる」という価値観を持っているというように感じたそうです。(ご参考→ https://amzn.to/2ZMm3AT )でも、相馬さん自身は、必ずしも、苦労が報われるとは限らないと考えている、というものです。この、苦労することと、報われることについては、私は、ある程度は相関関係があると思います。しかし、相馬さんが考えるように、苦労したから、必ず報われるとも思っていませんし、このことは感覚的なことなので、人によって感じ方もまちまちですから、いくら議論をしても、最終的な結論は出ないと思います。

ただ、今回、記事にした理由は、経営者の方の中には、「ビジネスパーソンは苦労しなければ成長しないし、かつ、苦労することは避けて通れない」という、強固な価値観を持っている方が少なくないと、私が感じているからです。そのような経営者の方は、もちろん、ご自身が相当の苦労を重ね、そして、結果として現在の地位を築いた方です。そこで、若いビジネスパーソンに対して、大きく成長して欲しいとの思いから、自分の通った道と同じ道を通った方がよいと考え、それを薦めようという気持ちを持っているということは、理解できます。ただ、その方の心の片隅に、「これまで自分はさんざん苦労してきたのだから、後から事業を始めた人には自分と同じことをしてもらわないと気がすまないし、もし、苦労もしないで成功する人がいたとしたら、そんなことは認められない」という気持ちもあるのではないかということを、感じ取ることができます。

このように書くと、私が、「部下に対して苦労を強要してはいけない」と述べようとしていると受け止められてしまうかもしれませんが、決してそうではありません。むしろ、バブル時代に会社勤務をしていた私は、(決して営業成績はよくありませんでしたが)どちらかというと、渡邉さんの価値観に近い価値観を持っています。ただ、経営者や上司は、部下に成長してもらおうとすることにはこだわるべきとは思いますが、その方法として、苦労させようとすることにこだわるべきではないと、私は考えているということです。

話が少しそれますが、以前、京都市にある国産牛ステーキ丼専門店の「佰食屋」についてご紹介したことがありました。(ご参考→ https://bit.ly/3evPRFS )同店は、1日の売上を100食に限定していることで有名ですが、同店を運営している株式会社minittsの社長の中村朱美さんは、その目的について、従業員の方の長時間労働をなくし、業績至上主義から解放された働き方をしてもらうためとお話しされておられます。私は、中村さんの考え方が100%正しいとは思いませんが、従業員の方に厳しさを求めずに、うまく事業を拡大している経営者の方もいることも事実です。

話を戻すと、経営者の方が最終的に目指すことは部下を成長させることですから、その方法として、部下に苦労させることにこだわり過ぎてしまうと、部下の中には、成長の機会を逃してしまう人も現れると、私は考えています。人によっては、厳しい環境に置くことで成長する場合もありますが、すべての人を同じ方法で育成することは、必ずしも賢明ではないでしょう。また、いわゆるモーレツ社員ばかりを揃えてしまうと、それはそれで多くの売上が得られる会社になるかもしれませんが、偏った会社になってしまうとも思います。私は、経営者の方が強い個性をもち、それを活かそうとすることはよいことだと思いますが、バランスの配慮を欠いて、会社全体として偏ってしまうような状態になってしまうことは避けなければならないと考えています。