「売れる仕組みづくり」を伝えるコンサルタントのブログ

「売れる仕組みづくり」を伝えるコンサルタントのブログ

「売るだけの経営者」から「売れる仕組みを創り出す経営者」へパワーアップしたい経営者を応援するブログ

NEW !
テーマ:
前回の抵当権に引き続き、今回は、根抵当

権について説明します。


根抵当権は、民法第398条の2などで定

められており、広い意味での抵当権(広義

の抵当権)のひとつで、狭い意味での抵当

権(狭義の抵当権)と共通する部分と、異

なる部分があります。


ちなみに、単に抵当権というと、狭義の抵

当権のことを指しているのか、根抵当権の

ことを指しているのかが分かりにくいの

で、両者を区別するために、狭義の抵当権

を普通抵当権と呼ぶ人もいます。


普通抵当権と根抵当権の共通点は、担保と

する不動産を、融資をする相手に引き渡し

をせずに担保にできるという点です。


一方、両社の異なる点は、普通抵当権の特

徴である随伴性が、根抵当権にはないとい

うことです。


そのため、根抵当権の契約書には、特定の

融資契約は記載されずに、「被担保債権の

範囲は金銭消費貸借取引とする」というよ

うな、一定の範囲を示す方法で記載されま

す。


そして、担保とする債務の範囲と同様に、

担保とする金額の範囲(これを極度額とい

います)も契約書に記載されます。


例えば、銀行に対して極度額を1,000

万円とした根抵当権の契約をした場合、1

件、または、複数の契約の融資に対して、

1,000万円までを担保にするというこ

とになります。


もうひとつ、細かいことですが、普通抵当

権の場合、融資元本だけでなく、融資の返

済期限から2か年前までの利息などの回収

のためにも担保不動産の処分代金をあてる

ことができますが、根抵当権の場合は、担

保不動産の処分代金のうち融資元本と利息

などの回収にあてることができるのは、極

度額までです。


そこで、例えば、根抵当権の契約を条件に

1,000万円の融資を受けるとき、根抵

当権の極度額は1,000万円ではなく、

1,200万円にして欲しいなど、元本よ

り多めに契約を銀行から依頼されることも

あります。


この根抵当権の利点は、1つの契約で複数

の融資契約を担保することができるという

ことです。


そのため、融資契約ごとに担保契約をした

りする労力を省いたり、登記するための費

用(主に、法務局に支払う登録免許税で、

極度額の0.4%)を節約することができ

ます。


一方、短所は、根抵当権をはずすときは、

銀行の承認が必要ということです。


普通抵当権の場合、担保の対象の融資を、

すべて返済すれば、普通抵当権の効力はな

くなりますが、根抵当権の場合、融資を受

けていた銀行の融資をすべて返済しても、

その効力は消えません。


そこで、根抵当権を解除して欲しいとき

は、根抵当権解除証書を銀行に作成しても

らい、登記申請書などとともに法務局へ提

出して、根抵当権の解除の登記をする必要

があります。


もうひとつ、根抵当権について注意すべき

ことは、例えば、根抵当権の契約を条件と

して、銀行から1,000万円の融資を受

けたとき、将来の融資取引拡大に備えて、

根抵当権の極度額を3,000万円にしま

しょうと銀行から提案されることがありま

す。


このとき、融資を受ける側は、将来、銀行

が3,000万円まで融資を約束してくれ

たと認識してしまうことがあります。


融資額より大きい金額の根抵当権の設定を

薦めた以上、その時点で銀行は将来の融資

拡大を念頭にしていることに間違いはあり

ませんが、法的には、それだけでは銀行が

3,000万円の融資をする義務を負うこ

とにはなりませんのでご注意ください。






※この記事はメールマガジンでも配信して

います。ぜひ、ご登録ください。→

http://yuushi-zaimu.net/






にほんブ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村

NEW !
テーマ:
中小企業診断士六角明雄事務所では、コンサル

ティング、セミナーおよびご相談などを随時

うけたまわっています。


融資申請・事業計画作成・幹部育成などに

関するご支援のご要望があれば、専用

フォーム
から、ぜひお寄せいただきたいと

思います。


また、六角の著書をテーマとするセミナーに

ついても随時うけたまわっておりますので、

こちらも同様に専用フォームからお申込み

ください。


これまで出版された六角の著書

図解でわかる経営の基本いちばん最初に読む本 棚卸資産の実務 小さな会社の経営に活かす会計

図解でわかるリースの実務いちばん最初に読む本 小さな会社の経営戦略いちばん最初に読む本 図解でわかる在庫管理いちばん最初に読む本



ご支援等のご依頼はこちらからお寄せください。

【ご支援等受付専用フォーム】
NEW !
テーマ:
中小企業診断士六角明雄事務所の30年10月の

予定をお知らせします。




10月3日(水)

スカイプ相談実施日

詳細とお申し込み→ http://www.yuushi-zaimu.net/



10月5日(金)13時00分~15時00分

融資に強くなる勉強会

詳細とお申込み→ http://ameblo.jp/kigyoushindan/



10月15日(月)13時00分~20時50分

創業者向け融資セミナー&個別相談会

詳細とお申し込み→ http://www.21keiei.org/



10月16日(火)

スカイプ相談実施日

詳細とお申し込み→ http://www.yuushi-zaimu.net/



10月25日(木)19時00分~21時00分

新刊発売記念!中小企業経営者のための

経営入門セミナー

詳細とお申し込み→ http://ameblo.jp/kigyoushindan/


創業補助金

事業計画

ビジネス書作家

セミナー講師


私の著書が好評発売中です!お求めはこちらから→【Amazon】

図解でわかる経営の基本いちばん最初に読む本 棚卸資産の実務 小さな会社の経営に活かす会計

図解でわかるリースの実務いちばん最初に読む本 小さな会社の経営戦略いちばん最初に読む本 図解でわかる在庫管理いちばん最初に読む本


経営者の方に役立つ情報を毎週音声にて配信中!
【数字に強い社長になるポッドキャスト】



「組織で差をつける経営を伝えるコンサルタント」六角明雄の
WebPage【中小企業診断士六角明雄事務所】



スマートフォン用のWebPageを開設しました!
【中小企業診断士六角明雄事務所】スマートフォン版



新WebPageを開設しました!→「二度と失敗したくない
起業家の方へ」



中小企業診断士六角明雄事務所のFaceBookPage
「組織の力で差をつける経営」を伝えるコンサルタントのブログ-中小企業診断士六角明雄事務所



メールマガジンを配信中です!
「融資対策・財務体質改善ネット」会員メールマガジン

ブログをご覧いただきありがとうございます。
ぺた いつもありがとうございます!

ブログの読者登録を歓迎いたします。
読者登録 お待ちしています!


にほんブ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村
NEW !
テーマ:
私の最新刊「図解でわかる経営の基本いちばん

最初に読む本」の第3刷を記念して、経営入門

セミナーを開催します。


図解でわかる経営の基本いちばん最初に読む本



■申し込み方法:こちらの申し込みフォームに

ご記入をお願いいたします。→申し込みフォーム



このセミナーは、「事業を始めてみたものの

これまで徒手空拳でやってきた。でも、これから

会社を成長させていくには、組織としての発展を

考えなければならない。そこで、もっと経営に

ついて基礎知識を深めたい」と考えている経営

者の方向けのセミナーです。


会社は、社長の腕ひとつではなく、役職員全員で

発展させていくものと感じている方に、経営の

基本的な知識を学んでいただきます。


これから、組織の力で会社を成長さえせて行こう

という経営者の方の学びのきっかけとしていただ

ければと思います。




■申し込み方法:こちらの申し込みフォームに

ご記入をお願いいたします。→申し込みフォーム




■開催日時:平成30年10月25日(木)

19時00分~21時00分


■会場:東京都新宿区新宿2丁目12番13号

新宿アントレサロンビル2階

会場までの地図


最寄り駅は、東京メトロ丸ノ内線・副都心線、

都営新宿線の新宿三丁目駅です。



■講師:中小企業診断士 六角明雄


■内容:


1.会社における、企業・事業・経営の3つの役割
とは?

2.組織の有効性・能率とは?

3.事業部制組織・社内カンパニー・持株会社の
違いは?

4.経営理念・経営戦略・事業計画の役割とその
違いは?

5.会社を成長させる戦略と、競争に勝つための
戦略とは?

6.最近のマーケティングと、情報技術の活用法
とは?


7.会計を意思決定に活用するには?

8.事業計画を着実に実践するには?


■受講料:50,000円(消費税込み)

セミナーのテキストとなる拙著「図解でわかる

経営の基本いちばん最初に読む本」の書籍代も

含みます。同書はセミナー当日に会場でお渡し

いたします。


受講料は銀行送金でお申し受けいたします。

送金先の口座はお申込みいただいた方にご連絡

いたします。


■申し込み方法:こちらの申し込みフォームに

ご記入をお願いいたします。→申し込みフォーム




NEW !
テーマ:
私が銀行出身のコンサルタントということもあり、

頻繁に、士業の方、開業予定者の方、保険会社の

方など多くの方から、融資に関するお問い合わせが

よせられています。


そこで、これまで受けたお問い合わせなどを交え

ながら、融資に関する勉強会を開くことにしました。




■お申し込みはこちらからどうぞ

【勉強会お申し込みフォーム】




■開催日時:平成30年10月5日(金)

13時00分~15時00分


■会場:新宿アントレサロンセミナールーム

東京都新宿区新宿2丁目12番13号→地図


■参加費:10,000円(消費税込み)


■対象者:融資に関する知識を身に着けたい

士業、開業予定者、ビジネスマンの方


■定員:5名


■申し込み方法:こちらのフォームにお名前、

メールアドレスなどのご記入をお願いします。

【勉強会お申し込みフォーム】


■内容:最初の30分は、私が基本知識をレクチャー

しますが、参加者を5人以下の少人数とし、時間の

許す限り、参加者の方からの質問に答える形式で

開きたいと思います。


ご参考に、これまで寄せられたご質問の主なものに

ついて記載いたします。当日は、このようなことに

ついても触れたいと思います。


●法人と個人ではどちらが融資に有利か

●株式会社と個人事業主ではどちらが融資に有利か

●資本金は10万円でも融資が受けられるか?

●融資申し込みは会社の設立の後でよいのか?

●役員は多い方がよいのか?

●定款に記載する事業目的によって融資が受け

られなくなることはあるのか?

●事業目的の書き方の順番は融資に関係があるのか?

●代表者を保証人にすることはやむをえないのか?




なお、今回の開催日は10月5日(金)ですが、その

後も随時開催していきますので、10月5日のご都合が

つかない方は、次回の開催をお待ちいただければと

思います。




image