気学・方位学への終わりなき探求
私達が意のままに歩む方位には、過去、現在、未来へと繋がる運命が刻まれています。
移転や旅行などで移動した方位の履歴を考察すれば今後どのような運命を辿っていくのかが予見できます。運勢の良し悪しは歩む方位によって左右されています。
移動した方位を占断し、もし悪い運命が待ち受けている兆しがあれば、良い運勢へと繋がる方位へ向かい良き運命へ連なる方へ変えて行けばいいのです。
干支九星気学とは運勢を予見し改善する占断です。

◎京急川崎駅徒歩1分にある「DICEビル・7階」の「占いサロン・青琴会」にて対面鑑定をしています。メール鑑定も受け付けておりますのでお気軽にメッセージ下さい。

◎出勤日:毎週月曜日/11時~19時30分
◎住所:川崎市川崎区駅前本町8番地 DICE7階
★祐気取り・お水取りなどお気軽にご相談下さい。
「お水取り」のご相談は対面鑑定のみ受け付けております。

◎対面鑑定のご予約を「LINE@」からでも対応できるようにしました。鑑定についてのご相談やご質問にもお答え致しますので、お気軽に友達登録して下さい♪
友達登録はこちらから↓
友だち追加

◎お引越、ご旅行などの方位のご相談の際は、お気軽にお立ち寄りください。予めご予約を入れて頂くと待ち時間なく鑑定を行えますので、当ブログのメッセージより予めご予約を戴けると幸いです。

◎この度、amebaのスキルシェアサービス「REQU」を介して、方位鑑定の受付を開致しました。
方位学にご興味がある方、ぜひご利用下されば幸いです。

  • 26Jun
    • 気になる記事と人物の運勢(6月節)随時更新

      ◎2019年・6月節(6月6日~7月6日)に於ける気になる記事と人物の運勢。※方位鑑定のご相談はココナラというサイトでも承ります。この度、amebaのスキルシェアサービス「REQU」でも、方位鑑定の受付を開始致しました。方位学にご興味がある方、ぜひご利用下されば幸いです。■世界の時勢 記事に関連するブログ:干支九星で読み解く2019年度の時勢について 関連するブログ記事:トランプ大統領来日 関連するブログ記事:2019年1月節の時勢 記事:静岡県で震度4の地震発生 津波の心配はなし 記事:千葉、東京、神奈川で震度4 コメント:本日、6月24日は、関東で地震が頻繁に発生しました。本月の6月節は「7赤金気」中宮の月となります。7赤金気が中宮となるときは「震」を司る「東方」に「五黄殺」が𢌞座するため、震に関する象意が激しく活動的となりますので「地震」が発生しやすい傾向があります。月盤だけの影響ですので、震撼するような地震が発生しやすいですが、実害はさほど大きなものではないはずです。ですが、念のため地震が起きたときは、いつでも避難できるようにしておくことが肝要です。来年の2020年は庚子の「7赤金気」の中宮年となり、その年の3月(卯月)及び12月(子月)の月盤の中宮は「7赤金気」となり、九星の年月盤が東日本大震災と類似するような状態となりますので、世界における来年の3月、12月又は6月(午月の水剋火の地支戦冲月)に発生する地震には注視が必要です。とくに東日本大震災のように方位の境界域内で発生する震源には注意です。ちなみに、本日発生した東京と静岡の地震の震源地は方位の境界域内でした。 記事:米大統領、オマーン通じイランに警告「攻撃近い、協議望む」 コメント:トランプ氏の運勢から判断すると、7月に何か嫌な行動を示すような感じが見受けられます。アメリカからイランは鬼門の「北東方位」となり、本年度の「北東」には2黒土気の「暗剣殺」が巡り、イランからアメリカは「北西方位」となり、本年度の「北西」にはトランプ氏の本命星「9紫火気」が在位し、7月節の「北西」には7赤金気の「暗剣殺」が巡るため、トランプ氏の運勢と両国の方位の関係が互いに悪気に連なります。とくに7月の節入りの前後5日(7月2日~12日)又は、7月の土用入り後の年月日盤の中宮及び八方全ての十二支が「三合」となる「卯」の日(7月17日・29日)の前後が気掛かりです。本年度は「変化・改革・革命」などを示す「8白土気」の年ですので、世界情勢や政治、経済、社会、労働などに激変が起こることがあるかもしれません。 記事:新潟県下越で震度6強 新潟、山形、石川に津波注意報 コメント:新潟県で津波注意報が発令されました。しかし、TVから鳴るあの地震の警報音はいつ聞いても心臓に悪いです。東日本大震災の時に感じたあの恐怖心が蘇り心拍数が上がります…とにかく大きな被害が起こらないことを切に願います。本月6節は7赤金気中宮の月であり、北方に「月破」の付いた「3碧木気」が巡っています。3碧木気の代表的な象意は「震」です。波打つ一切の震える現象は3碧木気の気質です。3碧木気を方位で示すと「東方」となり、関連する十二支は「卯」となります。振動、音、声帯、吃逆、痙攣、陣痛、震撼、身震い、雷鳴、地震、波など、こような「震」を伴う現象は「3碧木気」又は「東方」や十二支の「卯」の影響によるものと見做します。ちなみに吉方凶方問わず東方又は3碧木気が巡る方いへ向かうと「震」に伴う現象を見たり感じたりします。地震や津波などは3碧の天象そのものです。今回の地震の震源地は日本の太極(中心)となる首都東京から見て歳破の3碧木気が巡る「北方」となるため「震」の影響が悪い要因となって発現したものと見做します。尚、東日本大震災の時は、年月盤共に7赤金気中宮となり「北方」には、「3碧木気」が重複して巡り、また2011年は「卯」の年で、3月は「卯」の月で、「震」を司る「東方」には「五黄殺」が重複して「震」を著しく活性させていました。このような「震」の影響が直列したように過多に重なったため、あのような大災害に至ったものと見做しています。今回の地震は月盤だけの影響ですので、さほど大きな「震」の影響はないとおもいますが、自然は予測不能な「気」をいつでも発しますので、今後も十分に注視されて下さい。尚、6月節は東方、西方、北方、南西、北東にはご注意下さい。 記事:大阪・吹田の拳銃強奪 友人らの住所探る 飯森容疑者 事件直前には「体調不良」 コメント:拳銃を強奪して徘徊していたとおもうと、住民の方達はさぞ恐ろしかったとおもいます。とにかく何事もなく逮捕されて良かったですね。この容疑者の年齢は33歳で、本命星は4緑木星となります。4緑木星の人は、2019年度は北に在位し「本厄」となりますので、気が沈みこみ苦難に陥る傾向が強くなります。人は気が病み自滅的な行為や意思が働くと「本命殺」又は「本命敵殺」となる方位へと向かうようになる傾向があります。この容疑者が逮捕されたのは、事件を起こした現場からほぼ「真北」のエリアであり、本年度の「北方」には4緑木星が在位しているので、この容疑者にとって北方は「本命殺」となります。又、この容疑者は6月5日から沖縄へ旅行をしているそうです。この容疑者が居住する「東京」から「沖縄」の方位は「南西」となり、本年度の南西には「五黄殺」が巡っています。五黄殺の象意は「強奪・強盗・傷害・腐敗・狂気・殺意」などで、あらゆるものを「滅する」ことを意味します。また6月5日迄は5月節であり、5月は天地が相剋し気が著しく不安定となる「地支戦冲月」で、節入り日の堺でもあり、今年、最も強い凶方となる時期に旅行をしていることになります。さらに、東京から事件を起こした大阪府吹田市の方位は「西方」となり、また土用(五黄)の影響を受ける方位の境界域内となります。本月の西方には「9紫火気の暗剣殺」が巡り、9紫性の象意には「闘争・火薬・尖鋭な物・刃物・警察署・交番・精神錯乱」などあり、この容疑者が刃物で交番の警察官を刺して、弾丸(火薬)の込められた拳銃を強奪(五黄の象意)した行為そのものが、9紫火気の暗剣殺の象意そのものだと言えます。このようにこの容疑者が辿った方位と行動など鑑みると、この容疑者が抱いた悪なる「気」と、歩んだ方位の凶の「気」が共鳴し合い、負の連鎖に連なる方位へ引き寄せられているのがよく分かります。この容疑者は精神障害があったようですが、薬などで過剰に精神の状態をコントロールしたりすると、吉方の気とは共鳴しにくくなります。それは本来自身が発する自然な「気」ではなく、抑制された偽りの「気」となるため、自然なる方位の「気」と共鳴しにくくなるからです。麻薬や覚せい剤などもそうです。こうなると吉方の効果など効かなくなります。薬などで偽りの「気」を持続していくと、気は定まらず彷徨い凶方の「気」へと流れやすくなるのだとおもいます。 記事:「年金払え」デモに2000人=政府に怒りの声 コメント:財産・蓄財・貯蓄・財形…これらは全て8白土気の象意です。2019年度の時勢でも「預金や財産資産に対して不利益になることが生じる」と述べていますが、老後資金に年金以外の2000万円が必要とした金融庁の報告書によって、多くの人たちが貯蓄に対する憂いが生じています。年金だけでは老後を生き抜いていけないから、もっと投資などして自らの蓄財を補いなさいという金融庁のヨコシマな思惑とも感じ取れる如何わしい発表とも言えますが…それよりも年金だけでは暮らせてゆけない、その大切な我々の年金を、国(安倍政権)はGPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)を介して、我々の多額の年金を「株」につぎ込んで株価を支え、金余りの投資家や上場企業だけに恩恵をもたらしているのです。これで今の政府は好景気になったと自負しているのです。だから実態のない好景気だと感じるのです。年金がこのように使われている実態を知っている国民は多くないでしょう。昨今は、株価も下がり始めているので、多額な不利益が生じているはずです。地政学的リスクも高まり始めている最中に、下落し始めている株価を支える為に、いまだに年金をつぎ込んでいるのです。政府は今のGPIFの株式における投資の実態を発表させることはしないでしょう。年金だけで老後を生活できる保証もなく、そのうえ2000万円の貯蓄が必要だと言われ、これで株価が下がって投資した年金に多額な損失が出たことが国民に知れれば、もう今の政権はアウトです。本年度は8白土気の年であり、このような8白性の象意でもある「財産・蓄財」などに関する問題が発現した以上、この問題は今後も収まることなく、今以上に大きな波紋を呼ぶことになるでしょう。8白土気の象意をなめんなよ!って感じです(笑)8白の時期は、上に立つ者ほど退き際をよく見極め、新たな後継者へ託し、その者を育成し、その者を通じて時代に善なる変革を与えれれば、揺るぎない人望と名誉を得て吉となるのです。いつまでも欲や地位にしがみついていると、山が噴火して崩壊するように、火種が爆発して一気に奈落の底に突き落とされる羽目になるのです。それが8白土金の気質なのです。 記事:ホルムズ海峡 攻撃、3時間で2度 タンカー運航会社「どうして我々の船が」 コメント:安倍氏がイランへ訪問中に、ホルムズ海峡で日本の海運会社が運航するタンカーが砲弾で攻撃を受けるとは…何か意図的な意志を感じますね。ホルムズ海峡は、日本の首都から見て「西」と「北西」の方位の境界上付近(下記地図の赤い線上)で土用(五黄)の影響を受けます。6月節は西方に9紫火気の「暗剣殺」が巡っています。このような時期とエリアで、このような攻撃を受けたことを鑑みると、9紫火気の象意は「火災、火器、火薬、油、先が尖った物体、ナイフ、飛行機、船舶、闘争、決裂、離散、株」などがあり、西方の象意には「金融、貴金属、商業、交渉、口論、不平、不満」、北西の象意には「主導者、大統領、首相、行政機関、車両、軍隊、砲弾、戦争」などあり、西の暗剣殺の「気」と、方位の境界線上付近による土用の「気」によって、これらの象意が悪い要因となって干渉し、大きな負の連鎖が起こる兆しかもしれません。又、9紫火気はトランプ大統領の星です。安倍氏が「北西」のイランへ訪問した最中に、トランプ大統領(9紫火気)を挑発(暗剣殺)するような行為にも受け取れるようなこの事件は、悪意で意図的な意志があるものと捉えるべきです。安倍氏がイランへ訪問しなければこのような謀のような事件は起きなかったかもしれませんが、安倍氏はこの数年間、北西の凶方を著しく用いているため、北西の悪い要因(象意)に連なる「気」に引き寄せられているのかもしれません。又、トランプ氏は、5月節のときに日本へ来日した際に「北西」の強い凶方を用いていますので、トランプ氏と安倍氏の「気」は北西の悪なる象意と共鳴し合っていると見做せますので、このような状況が起きることは定めでもあり因果だったとも言えます。尚、トランプ氏の運勢から判断すると、7月、8月、10月、とくに7月は悪い要因が発現するような運勢であり、戦争へと発展する行動を起こしかねない「気」が漂っています。もし戦争にでもなれば、安倍氏が悪なる象意(北西の象意:戦争)の発現(戦争)の起点を作ってしまったともいえます。又、7月節の時勢においては、経済・金融・株式などの市場に激しく混乱に陥る兆しが見受けられますので、今後のアメリカとイランの動向が非常に気がかりです。

  • 23Jun
    • 凶方の影響は吉方で除去できるのか。

      方位鑑定をしていると、よくお客様から過去に用いた凶方の影響は、吉方を用いれば除去できますか?というようなご質問を頂くことがあります。結論なら申しますと、過去に用いた凶方(剋気)は完全に消え去ることはありません。もちろん吉方(祐気)の影響も消え去ることはありません。過去に用いた祐気(善)も剋気(悪)も未来を歩む方位の吉凶によって、いつでも善悪が発現する可能性を秘めているものと捉えます。それが人生を歩む上で生じる喜怒哀楽の矛盾の無い自然な流れだと言えます。過去に用いてきた方位の「気」の影響は、現在、生じている意思や環境などの状況の現れであり、この連なる因果は消えることも途切れることもありません。そして、人はこのような連なる因果によって生じた状況に干渉されながら意思(気)が発現し、方位の象意(気)に起因する方へ歩みだすのです。そして、過去に用いた祐気(善)剋気(悪)は、その先に歩む方位の吉凶次第によって発現するのです。吉方へと歩めば過去の祐気(善)に接触し、善き要因に連なりやすくなり、凶方へと歩めば過去の剋気(悪)に接触し、悪き要因に連なりやすくなるのです。トラウマになるような過去に受けた苦しみや恐怖、辛い出来事などが、心の底から完全に消え去ることがないように、剋気(凶)も完全に消去されることはないのです。過去の苦しみや悲しい出来事は、その苦難を糧にし、前向きに物事を捉え、踏ん張って生きることで浄化し、その苦難も報われていくものです。過去の苦難を引きずったり、又は、苦しんだ時の状況のような環境に陥れば、再びその時に根付いた嫌な思い出が記憶から蘇り苦しみ嘆くものです。祐気(吉方)も剋気(凶方)の影響も、このように自身の意思と歩む方位によって、いつでも発現するものだと捉えるべきだとおもいます。又、過去の移転した方位の吉凶を知ることも無駄な行為だとおもいます。もし、過去の移転が凶方だと知れば不安に陥ったり、消極的な気持ちになるものです。そのような負の気が生じれば、凶方の剋気と共鳴し合うようになり、無意識に凶方へ歩みだしたり、凶方から悪い要因に連なるような出来事や人物と関わるような傾向が強くなります。それ故に、過去の移転した方位の履歴など知らない方が良いのです。過去はけして戻りません。過去をやり直すこともできません。未来しかないのですから、これから先に歩む方位を重視することのほうが大切なのです。過去に凶方ばかり用いた人は、過去の凶方(トラウマ)を恐れずに切り捨てて、この先歩む吉方(祐気)に対して、不安や疑念、邪念を抱かず前向きに幸福になることを描いて受け入れれば良いのです。そして、その吉方となる方位の象意を自身の意志(気)に結び付けるように人生を歩めば、必ず良い要因となるものが連なり発現してくるものだと、私はそうおもっています。参考記事:◎全ての物には「気」が宿っている◎気と方位は共鳴する◎気が無ければ吉方位の効果など望めない◎吉方位を巧く活用するには

  • 18Jun
    • 九紫火星の人の運勢(2019.5節)・年齢28歳/37歳/46歳/55歳~

      この度、毎月定期的に更新してきた九星による運勢判断につきましては、しばらく休止させていただきます。この運勢判断をご愛読頂きました皆様におかれましては深く感謝申し上げます。2019年5月節(5月6日~6月5日迄)の本命星「九紫火星の人」の運勢について、簡易的ではありますが以下に私なりの見解を踏まえて運勢を判断致します。この運勢判断の内容は月々に定められた期間の終始に急に切替わるものではなく、過去の因果関係と連なって、その月毎の節目前後に発現してくるものです。この運勢判断の内容に当てはまるような事柄などがあれば、この運勢判断を巧く活用して人生の糧にして頂ければ幸いです。■9紫火星の人2019年度で、28歳/37歳/46歳/55歳/64歳/73歳/82歳/91歳、以降9歳足したごとの年齢になる方です。但し、誕生日が2019年1月1日~2月3日迄の方は、前年の九星「1白水星」が本命星となりますので「一白水星の人の運勢」をご参照下さい。※参考記事:9紫火星の人の吉方位■2019年度の運勢2019度の年盤の9紫火星は北西に廻座していますので、今年は全般的に何かと物事が慌ただしく進み忙しくなるといえます。また自信過剰と傲慢さが目立つようにもなりますので、過大な目標や理想を掲げて物事に取り組もうとしますが、強引さが仇となって周囲に見放され孤立の道を辿るような事にもなりますので、本年度は行き過ぎた行動や傲慢さを抑制し、周囲に対して誠意と調和をもって接すれば円滑に物事が進展していくようになるでしょう。又、本年度は物事が明るみになりやすいので、禍となるような隠し事や虚偽などは必ず発覚するものだとおもって、何事も正直に向き合って事を進めるように心掛けてください。尚、対中の南東には歳破を背負った7赤金気が廻座しているため、縁談、結婚、恋愛などについて意識するようなことがあれば、焦らずに相手の気持ちをよく見定めることが肝要です。又、金銭上の問題も生じやすいので注意しましょう。とにかく本年は何かと多忙となる年回りですので、体を酷使していることにも気づかず、急に心身を病むような状況に陥る事もありますので、体調管理を整えるように努めてください。また何かと苛立ちを感じやすくなりますので、人と口論や喧嘩となったりして反感を買ったり孤立することもありますので、自制心を保つように心掛けて下さい。■他動的運勢月は、年月盤共に8白土気中宮重なるため裏の7赤金気を中宮年盤と見做し鑑みると、本月の9紫火星は兌宮の先月同様の1白水気に被同会していますので、自らの意志や行動によらない他動的から来る運勢がよろしくありません。尚、先月同様に以下のような事柄が発現しやくすくなる月となりますので予めこの内容を事前に踏まえながらよく注視して対処するように心掛けて下さい。但し、過去に吉方として、北方位の祐気を用いた場合、これらの禍事は軽減又は抑制されます。 部下や年下の者などの間で金銭上のことで問題が生じたりすることがある。 問題の多い者と関りをもつようになり不満を抱え込むことがある。 取引先と口論が生じるようなことがある。 酒食や買物などで無駄遣いが多くなり浪費しやすくなる。 交際、色情、性に関する事などで問題が起きたりしやい。 悩み事や不満を抱え込み気分が落ち込みやすくなる。 隠し事、隠蔽事をしたり、人を騙すような事をして事件になるようなことがある。 穴、掘りなど、凹んだ場所などに躓いたり落ちたりするようなことがある。 暗い場所、視界が悪い場所に遭遇し、事故や怪我をすることがある。尚、被同会する1白水気の象意には「情愛、色情、交際、取引、隠蔽、偽り、暗闇、穴、堀、落下、降る、水、流れ、部下、従業員、貧相な人物、水産物、飲料水、酒、雨、1と6の数、黒色白色系、1白水星の人」などがあり、このような1白性の象意の事柄において、何かしら見たり触れたり感じたり関与してくるようなことが起こりやすい月ですが、本月は事の成行きがよくないので気になっても関与しないことです。■自発的運勢本月は、年月盤共に8白土気中宮重なるため裏の7赤金気を中宮年盤と見做し鑑みると、本月の9紫火星は乾宮の先月同様の8白土気に同会しますので、自らの意志や行動による運勢は良好です。尚、先月同様に以下のような事柄に関心事が強くなり自発的に着手するようなことが起きやすくなりますが、本月はこれらの事柄に積極的に着手すると良いでしょう。但し、過去に凶方として、北東方位又は8白土気の剋気を用いた場合、これらの事が禍として発現してきます。 物事が明らかになり心境や環境に変化が現れる。 計画の変更や更新を中断をする行為は結果的に吉となる。 物事を変えようとする気が起きるが悪い判断ではない。 引継を率先して行う事は良い結果となる。 身を引いて後継者に全てを託せば、その行為は称えられ名誉を得て吉となる。 仲違いしていた親や兄弟と誠意をもって話し合う意志は良しとする。 相続や家業の承継などに気が向くことあれば、私利私欲なく話し合えば良しとする。尚、同会する8白土気の象意には「家族、親兄弟姉妹、親戚、知人、子供、先祖、財産、相続、継承、引継ぎ、変化、改革、変更、中断、交差点、乗継、四角い物、箱、山、丘、小高い場所、土地家屋、5と10の数、黄色白色系、8白土星の人」などがあり、このような8白性の象意の事柄に関心が強くなったり干渉しやすくなる月ですが、本月は自発的な意志や行動による運がよろしいので、何事も善意をもって関与すると良いでしょう。■月盤の廻座による心理的影響本月の1白水星は、月盤の北西(6白金気)に廻坐し衰運期の始まりとなります。本命星が北西へ廻座すると極旺の運気から衰運へと向かう始まりの段階ですので、未だ運気が盛んな余気を帯びていますので、気は積極的で猛々しく強気ではありますが、物事が慌ただしく進み多忙となる月でもありますので、体に鞭打って無理をすると心身を病むことにもなりますのでご注意下さい。本月は自分が気になることには完璧を求めやすく、また頑なに自分の意志を貫く気持ちが強くなりますので、人からのアドバイスや指摘も受け入れにくくなり、偏った考えで物事を押し進めようとするため、人と衝突や対立を招くようなこともありますので、無理に丸く収めようとせずに柔軟に物事に向き合うように心掛けて下さい。又、自分の実力を過信しすぎて傲慢になり、無謀な勝負を好んだり、過大な計画や目標を掲げて起業したり事業を拡大したり、多額な投資投機に手を出したりして失態や損失を被ることもありますので、しっかりと計画を練って物事を進めることが肝要です。又、後先顧みずに突発的に会社を辞めたり、ふてくされて放棄したり、家を出て行ってしまったりと、このように衝動的に物事を決断してしまうような事も起こりうるので、一時的な感情に流されないように注意して下さい。本月は自身過剰になりやすく、先行きのことを深く考えず無謀なことにチャレンジしたくなるような気持ちにもなりやすいので、自分の力量をしっかり見極めて独りよがりな行動は控え、寛容な心を持つことを心掛けたほうが良いでしょう。又、本月は、縁に関する気に触れやすいため、婚活や恋人に対して結婚の事を考えたりしやすいですが、事を進めるといろいろと壁がたちはだかること多く、前に進まない状況に陥りやすくなるので、焦らずに時が解決するまで待たれたほうが良いでしょう。■運勢に関与してくる象意本月は6白金気の象意が他動的運勢・自発的運勢に関与してきます。6白性の象意には「権限、権威、権力、指導、指揮、組織、団体、投資投機、援助支援、神社仏閣、諸官庁、行政機関、公的機関、金融機関、試験、工具機械類、運動場、競技場、軍事関係、車両関係、円形球体のもの、孕む、包む、懐妊、4と9の数、白色銀色系、6白金星の人」などがあり、これらの事柄が他動的、自発的運勢に強く関わってくるキーワードとなりますので、双方の運勢の吉凶に応じて、これらの事柄の関わり方をよく見極めてください。■方位の効果本月は、過去に旅行や引越などにより「北東方位」又は「8白土気」の祐気(吉)又は剋気(凶)を保有した方は、祐剋の象意が発現しやすい月となります。 祐気を保有している方は、何かと忙しくなりますが活力が湧いてくるので事を成して大きな成果を上げるでしょう。物事が円満に運ぶようになるでしょう。新規に何か始めようという気が起こりやすくなりますので実行するのも良いでしょう。投資投機などに関わるようなことがあれば良いきっかけとなります。 剋気を保有している方は、多忙極まり心身が衰弱し病みやすくなるので無理をせずに心も体もしっかり休めましょう。物事がうまくいかず苛立ちが多くなり人と口論や喧嘩となりやすいので気を抑えましょう。パワハラとなる行為をとりやすくなるので対人関係においては言動や行動には注意しましょう。一攫千金を狙って投資やギャンブルに手を出しやすくなります。賭け事は大きな損失を被るだけですので止めましょう。 方位鑑定のご相談はこちらより承ります。■本命星の九星について本命星となる九星を知るには、以下の早見表から該当する生まれた年の「西暦」欄の下の「九星」の枠内をご参照下さい。尚、出生日が2月3日以前の場合は、前年の西暦が生まれ年となりますので、方位と取る際はご自身の九星を見誤らないようにご注意下さい。

  • 15Jun
    • 八白土星の人の運勢(2019.5月節)・年齢27歳/36歳/45歳/54歳~

      この度、毎月定期的に更新してきた九星による運勢判断につきましては、しばらく休止させていただきます。この運勢判断をご愛読頂きました皆様におかれましては深く感謝申し上げます。2019年5月節(5月6日~6月5日迄)の本命星「八白土星の人」の運勢について、簡易的ではありますが以下に私なりの見解を踏まえて運勢を判断致します。この運勢判断の内容は月々に定められた期間の終始に急に切替わるものではなく、過去の因果関係と連なって、その月毎の節目前後に発現してくるものです。この運勢判断の内容に当てはまるような事柄などがあれば、この運勢判断を巧く活用して人生の糧にして頂ければ幸いです。■8白土星の人2019年度で、27歳/36歳/45歳/54歳/63歳/72歳/81歳/90歳、以降9歳足したごとの年齢になる方です。但し、誕生日が2019年1月1日~2月3日迄の方は、前年の九星「9紫火星」が本命星となりますので「九紫火星の人の運勢」をご参照下さい。※参考記事:8白土星の人の吉方位■2019年度の運勢2019年度の8白土星は、中宮に廻座し良くも悪くも八方を支配し運気頂点に達します。本命星が中宮に入ると、これまでに歩んできた八方位全ての吉凶が発現しやすくなりますので、凶方を多く用いていれば、八方全ての凶作用強く発現し、吉方を多く用いていれば、八方全ての吉作用強く発現します。人は吉凶混在した方位を日々歩んでいますので、それ故に本命星が中宮に入る年又は月は運気の盛衰が激しく揺れ動きますので、本年は運気が盛極と言えども、運勢の良し悪しは人によって格差が生じやすいといえます。本命星が中宮に入ると八方の影響がすぐに発現しますので、方位学を用いらない方は、なるべく旅行や移転などはしないことです。方位学を用いる方は、吉方を率先して用いれば、その吉方の作用すぐに効果が発現しますので積極的に吉方を活用されれば、この上なく運気が向上し思うままに事が運ぶようになるでしょう。本命星が中宮に在位すると、自身過剰になりやすく、何事も過信し、傲慢な行動に出やすくなります。八方位を支配するというこは、方位の歩み方によっては運気が異常に極まるため、その傲慢さも押し通せる強運と悪運の強さを発揮しますので、この強運の恩恵を自分の実力だと勘違いして自意識が過剰になり、人を見下すような横柄な態度をとりやすくなります。それ故に周囲の目が冷ややかになっていることにも気付かず、いつのまにか孤立するような事にもなりますので、身の程をわきまえ言動や態度を慎み、周囲への思いやりを心掛けるようにして下さい。来年はこの運気が衰退していくことになりますので、このような傲慢さが強く出ている方は、来年の北西(6白)に本命星が廻座した時に、さらに傲慢さが増して独裁者のように人の意見など聞き入れない人格に陥り孤立してしまうようなことになりますので、運気が良いからといっても実力や運を過信せずにすることが肝要です。尚、本年は、労働環境、営業、不動産、資産財産、親族兄弟姉妹、妻、母、相続、後継などで何かしら変化や改革が伴う問題が起きたりするような暗示が出ていますので、このような事柄に関わるようなことがあれば本年度はあまり深く干渉しないほうがよいでしょう。■他動的運勢本月は、年月盤共に8白土気中宮重なるため裏の7赤金気を中宮年盤と見做し鑑みると、本月の8白土気は乾宮の先月同様の9紫火気に被同会しながら「破」を背負うので、自らの意志や行動によらない他動的から来る運勢がよろしくありません。尚、以下のような事柄がさらに強く発現しやすくなりますので、このような事柄が現に起きている方は、これ以上、禍を引きずらぬようによく注視して対処するように心掛けて下さい。 苛立ち感じやすく口論や喧嘩を引き越しやすくなる。 衝動的に物別れが生じたり、大切な人と別れるような状況に陥りやすい。 物事が明らかになり制裁や裁きを受けるようなことがある。 離婚や別居、ときには死別などが起こりやすい。 気が荒くなり、煽り運転などを起こし、大きな事故を引き起こす恐れがあるので注意すること。 物事が何かと二度手間が多くなったり振り出しになりやすい。 偶然の再会や出来事などが争いごとが起きたりする。 先読みしすぎて、物事が裏目となったり、名誉や地位を失うことがある。 重要な契約調印事などが無事に解決する。尚、被同会する9紫火気の象意には「離別、決別、離婚、別居、引越、家出、離職、二心、2番目、復縁、復帰、復職、発明、発見、華麗なもの、名誉、地位、争闘、勝負事、裁判訴訟、警察、高所、先端が尖った物、火、薬品、2と7の数、赤色紫色系、9紫火星の人」などがあり、このような9紫性の象意の事柄において、何かしら関わることが起こりやすい月ですが、これらの事柄に触れたり見たり関わるような事が起これば、本月が事の成行きが良好なので良い結果に至るでしょう。■自発的運勢本月は、年月盤共に8白土気中宮重なるため裏の7赤金気を中宮年盤と見做し鑑みると、本月の8白土気は中宮の先月同様の7赤金気に同会しますので、自らの意志や行動による運勢は良好です。尚、先月同様に以下のような事柄に関心事が強くなり自発的に着手するようなことが起きやすくなりますが、本月はこれらの事柄に積極的に着手すると良いでしょう。但し、過去に吉方として、西方位又は7赤金気の祐気を用いた場合、これらの禍事は軽減又は抑制されます。 金銭や物質的な喜びを得られるようなことがある。 多少強引であっても営業や取引上の交渉がまとまりやすくなる。 収入が増えたり報酬を得るようなことがある。 女性からのアドバイスは聞き入れれば良い結果をもたらすことがある。 恋愛を意識するような人と出会うようなことがある。 パーティや宴会、祝い事の席などに招かれたりする。 娯楽、観光などで悦び感動するような出来事に出会うようなことがある。尚、同会する7赤金気の象意には「金銭、貴金属、娯楽、観光、リゾート、レジャー関連、映画・舞台鑑賞、コンサート、祝い事、宴会、会食、パーティ、女性、恋愛事、交渉、不足、未解決、4と9の数、赤色金色系、7赤金星の人」などがあり、このような7赤性の象意の事柄に関心が強くなったり干渉しやすくなる月ですが、本月は自発的に取る行動によって、金銭問題、異性問題、口論、破談などを招きやすいので、これらの象意に気が向いても関わらない事が肝要です。■月盤の廻坐による心理的影響本月の9紫火星は、月盤の盛極の中宮定位に廻坐しますので、八方を支配して運気は極まります。極まるものは陰に向かう気が生じますので、本年は運気は良いといえども、これがいつまでも続くとはおもわずに、これまで取り組んできた事や順調に進めてきた物事などに対して引き際や収め方をよく見極めることも肝要です。本命星が中宮に廻坐すると、自我が強くなり我侭となり強引に物事を押し進めるような気持ちになりますので、人の意見も受け入りにくくなり思い通りに事を進めようとします。その強気な姿勢も強い運気に後押しされて、自分の意を押し通してしまう傾向があるので、相手や周囲から敬遠されたり嫌われてしまうような事もありますので、相手や周囲とは調和を保つように心掛けたほうが良いでしょう。又、八方を支配するということは、人や物を自分のものにしたいという欲求の現れとなりますので支配欲や強奪欲が強くなります。自分のものにしたいという気が起きても許されざる行為によって人や物を手中に収めるような事はしないように心掛けて下さい。中宮に本命星が廻坐すると、強い運気に守護されて自分の意のままに事が運びやすくなることがありますが、事の成行きの結末は、日頃の行いや過去現在の方位の歩み方によって善悪が定まりますので、運の強さを自身の実力だと過信しすぎないように謙虚さと良心的な気持ちを心掛けて下さい。尚、本月は本命星となる8白土星は年月盤共に中宮に在位しますので、ことのほか8白性の象意に干渉されやすくなりますので、変化、改革、新旧交代、相続、後継、引継ぎ、財産、蓄財、土地家屋、親族関係などに関わることがあれば、物事の状況をよく注視して行動して下さい。■運勢に関与してくる象意本月は7赤金気の象意が他動的運勢・自発的運勢に関与してきます。7赤性の象意には「金銭、貴金属、娯楽、観光、リゾート、レジャー関連、映画・舞台鑑賞、コンサート、祝い事、宴会、会食、パーティ、女性、恋愛事、交渉、不足、未解決、4と9の数、赤色金色系、7赤金星の人」などがあり、これらの事柄が他動的、自発的運勢に強く関わってくるキーワードとなりますので、双方の運勢の吉凶に応じて、これらの事柄の関わり方をよく見極めてください。■方位の効果本月は、過去に旅行や引越などにより「北東方位」の祐気(吉)又は剋気(凶)を保有した方は、祐剋の象意が発現しやすい月となります。 祐気を保有している方は、家族、親族兄弟との絆が深まるでしょう。不仲となった親族兄弟、友人などがいれば、寄りを戻すような事が起きるでしょう。相続、継承などで恩恵を受けるようなことがあるでしょう。貯蓄や蓄財の恩恵を受けたりするでしょう。仲介役や引継ごとで良いことがあるでしょう。良い環境の変化が訪れたりするでしょう。 剋気を保有している方は、相続や後継者などの事柄で親族兄弟との間で問題が起きたりしますので、よく話し合って問題を解決しましょう。家庭内が不和になりやすくなるので、家族と共に過ごす時間を大切にしましょう。貯蓄や財産を切りくずような事情が生じるかもしれまんので、心当たりがあるときは、事前に回避策を考えておきましょう。物事を変更したり中断したりすような気持ちに囚われますが、結果的に裏目となるので十分注意しましょう。心境や環境に急な変化を与えるような事柄に遭遇するかもしれまんので、状況をよく注視して対応しましょう。 方位鑑定のご相談はこちらより承ります。■本命星の九星について本命星となる九星を知るには、以下の早見表から該当する生まれた年の「西暦」欄の下の「九星」の枠内をご参照下さい。尚、出生日が2月3日以前の場合は、前年の西暦が生まれ年となりますので、方位と取る際はご自身の九星を見誤らないようにご注意下さい。

  • 14Jun
    • 七赤金星の人の運勢(2019.5月節)・年齢26歳/35歳/44歳/53歳~

      この度、毎月定期的に更新してきた九星による運勢判断につきましては、しばらく休止させていただきます。この運勢判断をご愛読頂きました皆様におかれましては深く感謝申し上げます。2019年5月節(5月6日~6月5日迄)の本命星「七赤金星の人」の運勢について、簡易的ではありますが以下に私なりの見解を踏まえて運勢を判断致します。この運勢判断の内容は月々に定められた期間の終始に急に切替わるものではなく、過去の因果関係と連なって、その月毎の筋目前後に発現してくるものです。この運勢判断の内容に当てはまるような事柄などがあれば、この運勢判断を巧く活用して人生の糧にして頂ければ幸いです。■7赤金星の人2019年度で、26歳/35歳/44歳/53歳/62歳/71歳/80歳/89歳、以降9歳足したごとの年齢になる方です。但し、誕生日が2019年1月1日~2月3日迄の方は、前年の九星「8白土星」が本命星となりますので「八白土星の人の運勢」をご参照下さい。※参考記事:7赤金星の人の吉方位■2019年度の運勢本年度の7赤金星は、南東に廻坐しますので、本年は盛旺運となり運気は向上し、人との縁や信用信頼が深まり、これまでの事が実を結んできて物事が成就し、精神の喜びごとが多い年となるでしょう。又、縁談を進めるにも良い年回りですので結婚や婚活など検討してみるのも良いでしょう。尚、南東方位の祐気(吉)を保有している方は、恋愛を意識する相手と出会ったり、恋人と良縁に恵まれたり、心の喜びを得ることでしょう。但し、本年は「歳破」を背負っているため、今まで良好だった縁が途切れたり、迷いや不安に心が支配され物事が裏目となったり、決断力が欠けてチャンスを逃したり、縁談が破局したり、目的が達成できず未完成、未解決のまま物事が終わるような事にも遭いやすい暗示も出ていますので、そうならない為の対策をよく考えながら行動しましょう。とくに南東方の剋気(凶)を過去に旅行や移転などにより保有している方は、歳破による影響が強く発現しやすくなりますので、日頃の言動や行動には気を付けるように心掛けて下さい。又、本年は異性に対して恋愛を意識したり、恋愛を意識する異性と出会いやすい年ですが、その相手は二股を掛けようとしたり、不倫相手を求めていたり、肉体関係だけを望んでいる場合もありますので、相手の真意や行動をしっかり見極めてから交際するように心掛けてください。南東廻坐による「縁・信頼・成就」などの象意の徳を得たいのならば本年は絶対に南東方位へ頻繁に出向いたり引越しなどされない事です。■他動的運勢本月は、年月盤共に8白土気中宮重なるため裏の7赤金気を中宮年盤と見做し鑑みると、本月の7赤金星は中宮の先月同様の8白土気に被同会していますので、他動的から来る運勢は良好です。尚、先月同様に以下のような良い事象が自らの意志や行動によらずに、他動的に関わることで発現しやすくなる月となります。但し、過去に凶方として、北東方位又は8白土気の剋気を用いた場合、これらの事が禍として発現してきます。 自分にとって良い心境、環境の変化が起きるようなことがある。 これまでのことを改め一新して変えて行くようなことがあれば吉とする。 相続や財産のことで身内と仲違いしていたことがあれば縁が回復していく兆しがある。 土地や家屋の購入を検討することがあれば良い情報や紹介を受けたりするようなことがある。 財産や資産を譲り受けるようなことがある。 急変するような事があるかもしれないが、焦らずに対処すれば吉とする。 引継や承継などのことで良い意味で関与するようなことが起こる。 これまで養ってきた知識や経験が活かされるようなことがある。尚、被同会する8白土気の象意には「親兄弟姉妹、親戚、知人、証券、子供、先祖、相続、継承、引継ぎ、変化、改革、変更、中断、交差点、乗継、四角い物、箱、山、丘、小高い場所、土地家屋、5と10の数、黄色白色系、8白土星の人」などがあり、このような8白性の象意の事柄において、何かしら見たり触れたり感じたり関与してくるようなことが起こりやすい月ですが、本月は事の成行きがよくないので気になっても関与しないことです。■自発的運勢本月は、年月盤共に8白土気中宮重なるため裏の7赤金気を中宮年盤と見做し鑑みると、本月の7赤金星は巽宮の先月同様の6白金気に同会しますので、自らの意志や行動による運勢は良好です。尚、先月同様に以下のような事柄に関心事が強くなり自発的に着手するようなことが起きやすくなりますが、本月はこれらの事柄に積極的に着手すると良いでしょう。但し、過去に凶方として、北西方位又は6白金気の剋気を用いた場合、これらの事が禍として発現してきます。 何事も積極的に取り組むようになる。 柔順な姿勢で積極的に事業に取り組めばがよく整うようになる。 これまで苦労してきた事業などが報われてくるようになる。 資金調達をまとめていくには良い時期である。 見返りを求めず義を重んじて行動すれば信頼や信用を得て出世に繋がるようになる。 物事を進めると、支援者や協力者を得たり引き立てを受ける。 投資や投機などに気が向くようになる。 忙しくなればなるほど、良い評価を得たり、評判が上がる。尚、同会する6白金気の象意には「権威、権限、権力、指導、指揮、組織、団体、会社、投資投機、援助支援、神社仏閣、諸官庁、行政機関、公的機関、試験、工具機械類、車両関係、運動、競技場、球技、円形球体、鉄、金属、鉱物、孕む包む、懐妊、4と9の数、白色銀色系、6白金星の人」などがあり、このような6白性の象意の事柄に関心が強くなったり干渉しやすくなる月ですが、本月は自発的な意志や行動による運がよろしいので、何事も善意をもって関与すると良いでしょう。■月盤の廻坐による心理的影響本月の7赤金星は、月盤の盛旺の南東(4緑木気)に廻坐し、陽運気となり運気に勢いがつきます。本命が南東に廻坐すると、心身共に気に満ちて充実した状態となります。満ちてきた気は、物事や気持ちを整理して成就させたいという気持ちになってきますので、縁を深め友好を築きたいとか、恋人と結婚したい、資格を取りたい、合格したい、取り組んできた計画や企画を完結させたい、安定した会社に就職したいとか、このような精神的な充実や悦びや幸福感を求めるようになります。但し、このような事を考えると迷いや不安も抱きやすくなるのが南東の作用でもあります。迷いが強くなると、その不安を解消するために、何かにすがったり、旅をしたり、意見に左右されて流されたり、意に反する物や人に依存したりして、結果的に縁が遠のいたり、損を被るようなことにもなりますので、自分の意志をしっかり持って、これまでしてきた事を信じて進むことが大切です。尚、過去に吉方として南東方位又は4緑木気の祐気を用いた方は、縁に関する喜び事が発現してきますので、結婚を考えている方は前向きに進めると良いでしょう。■運勢に関与してくる象意本月は8白土気の象意が他動的運勢・自発的運勢に関与してきます。8白性の象意には「家族、親兄弟姉妹、親戚、知人、子供、先祖、財産、相続、継承、引継ぎ、変化、改革、変更、中断、交差点、乗継、四角い物、箱、山、丘、小高い場所、土地家屋、5と10の数、黄色白色系、8白土星の人」などがあり、これらの事柄が他動的、自発的運勢に強く関わってくるキーワードとなりますので、双方の運勢の吉凶に応じて、これらの事柄の関わり方をよく見極めてください。尚、本月は8白土気にも被同会し、年月盤共に8白土気中宮となるため、8白性の象意に支配されやすくなります。そのため、物事や行先が急変したり中断したりするような出来事に転じやすいので、身辺や周囲の状況をよく注視してください。又、土地家屋、財産資産、後継承継、相続関係など、このような事柄に関与する際には、行動や言動にはよく注意されて下さい。■方位の効果本月は、過去に旅行や引越などにより「南東方位」の祐気(吉)又は剋気(凶)を保有した方は、祐剋の象意が発現しやすい月となります。 祐 祐気を保有している方は、人や物の縁に恵まれやすいので、その縁を大切にしましょう。精神的な悦びを得る出来事があるでしょう。縁談を進めるなら積極的に行動に移すときです。善意で行う事は全て評判が良くなるので、信用信頼も厚くなり出世に向かうきっかけに繋がるでしょう。遠方の人との関りがあると良い兆しとなります。旅をしたくなりますので吉方へ向かう旅行をすると良いでしょう。努力が報われ目的が成就するでしょう。 剋気を保有している方は、何をしてもうまく行かず信用信頼を失うこともありますにで、落ち着いて物事に対処しましょう。とにかくよく迷い悩み不安を抱えますすので、ストレスを溜めないように運動したり遊んだりして気分転換を心掛けましょう。人の意見に左右されやすくなり、それがもとで自分を見失ったり情に流されたり損を被ったりしますので、理性や自己意識をしっかり保つようにしましょう。 方位鑑定のご相談はこちらより承ります。■本命星の九星について本命星となる九星を知るには、以下の早見表から該当する生まれた年の「西暦」欄の下の「九星」の枠内をご参照下さい。尚、出生日が2月3日以前の場合は、前年の西暦が生まれ年となりますので、方位と取る際はご自身の九星を見誤らないようにご注意下さい。

  • 13Jun
    • 六白金星の人の運勢(2019.5月節)・年齢25歳/34歳/43歳/52歳~

      この度、毎月定期的に更新してきた九星による運勢判断につきましては、しばらく休止させていただきます。この運勢判断をご愛読頂きました皆様におかれましては深く感謝申し上げます。2019年5月節(5月6日~6月5日迄)の本命星「六白金星の人」の運勢について、簡易的ではありますが以下に私なりの見解を踏まえて運勢を判断致します。この運勢判断の内容は月々に定められた期間の終始に急に切替わるものではなく、過去の因果関係と連なって、その月毎の筋目前後に発現してくるものです。この運勢判断の内容に当てはまるような事柄などがあれば、この運勢判断を巧く活用して人生の糧にして頂ければ幸いです。■6白金星の人2019年度で、25歳/34歳/43歳/52歳/61歳/70歳/79歳/88歳、以降9歳足したごとの年齢になる方です。但し、誕生日が2019年1月1日~2月3日迄の方は、前年の九星「7赤金星」が本命星となりますので「七赤金星の人の運勢」をご参照下さい。※参考記事:6白金星の人の吉方位■2019年度の運勢本年度の6白金星は、東に廻坐しているため、これから運気が上向いていく年となります。本年は何事も積極的、行動的となり発想力、創造力に満ち溢れ才能や能力が覚醒したり人生の目的が明確になってきたりします。東方の祐気(吉)を保有している方は、さらに物事がスムーズに進展していきますので、本年は積極的に行動すると良いでしょう。但し、過去に移転などにより剋気(凶)を保有している方は、口が禍の元となったり、嘘偽りが多くなり、そのことで評判や評価を落としたり嫌な噂が流れたり、性急になりすぎて大きな失敗を招いたりするような事もあるかもしれませんので、日頃の行動や言動にはよく注視して下さい。また本年は、隠された事実が発覚したり、音信不通だった人から連絡があったり、無くしたものが見つかったりと、何かに気付いたりと、何かと驚き多き年となりそうです。又、人に知られてはいけない事や、嘘や罪を犯しているような事があれば、その事が発覚したり、事実が明らかになったりしてトラブルになることもあります。お天道様が見ているという言葉のように、本年は嘘偽りなく正直に生きた方が運勢も良好となるでしょう。尚、本年は異性との交際から恋愛関係に発展するようなことがありますが、二心を抱きやすく二股関係に陥るような禍も見受けられます。本年は本命星が「東方」に廻座していますので、罪や禍となる行為は必ず露見されて失態や別れ争い事に発展し後悔を招くことになりますので、異性と付き合う場合は不埒なことは考えないことです。東方には、成長を促し気に活力を与える作用があります。故に本命星が東方に廻坐し、過去に東方を吉方として用いていれば、本年は気力に満ち溢れ積極的に前進し物事に取組んだり、目的が明確になったり、才能や能力が覚醒されていくようになります。逆に東方を凶として用いた場合は、能力や才能の成長は止み、気力が衰退し消極的となり倦怠感に悩まされるようになります。本命星が東方に廻座すれば運気や気力が上向くものですが、もし凶の作用のような状態に陥るような事があれば過去に東方を凶として用いていることが考えれますので、東方が吉方となる時期にご旅行や移転をされると良いでしょう。■他動的運勢本月は、年月盤共に8白土気中宮重なるため裏の7赤金気を中宮年盤と見做し鑑みると、本月の6白金星は巽宮の先月同様の7赤金気に被同会していますので、他動的から来る運勢は良好です。尚、先月同様に以下のような良い事象が自らの意志や行動によらずに、他動的に関わることで発現しやすくなる月となります。但し、過去に凶方として、西方位又は7赤金気の剋気を用いた場合、これらの事が禍として発現してきます。 金銭や物質的な喜びを得られるようなことがある。 これまでの営業が実り交渉事がまとまるようになる。 信頼信用を得て収入が増えたり報酬を得るようなことがある。 意見や助言などが通じ、物事が整いやすくなる。 女性からの助言で円満に物事がまとまるようになる。 恋愛を意識するような人と出会うようなことがある。 パーティや宴会、祝い事の席などに招かれたりする。 娯楽、観光などで悦び感動するような出来事に出会うようなことがある。尚、被同会する7赤金気の象意には「金銭、金融機関、質屋、貴金属、娯楽、観光、リゾート、レジャー関連、映画・舞台鑑賞、コンサート、祝い事、会食、お酒、辛味、女性、パーティ、恋愛事、交渉、4と9の数、赤色金色系、7赤金星の人」などがあり、このような7赤性の象意の事柄において、何かしら関わることが起こりやすい月ですが、これらの事柄に触れたり見たり関わるような事が起これば、本月が事の成行きが良好なので良い結果に至るでしょう。■自発的運勢本月は、年月盤共に8白土気中宮重なるため裏の7赤金気を中宮年盤と見做し鑑みると、本月の6白金星は震宮の先月同様の「五黄殺」に同会しますので、自らの意志や行動による運勢がよろしくありません。尚、先月同様に以下のような事柄に関心事が強くなり自発的に着手するようなことが起きやすくなりますが、本月はこれらの事柄に於ける自らの意志や行動は控えることが肝要です。 私利私欲を求めれば悪評が広がり前進できなくなることがある。 後ろめたい隠し事や罪を犯せば、それらが発覚して大きなトラブルとなる。 勢いに任せて物事を進めると悪い出来事が連鎖することがある。 嘘をつくような行動を取れば震撼するような問題が起きたりする。 重要な物を失くしたり、落としたり、忘れたりする。 アイデアや企画を押し通すと結果的に裏目になりやすい。 不注意などが禍して、空巣、盗難、窃盗などの被害に遭う。 重要なことに関わると物事が進まず遅滞させ多大な迷惑を掛けることがある。 古い病が悪化したり、胃腸を患ったりすることがあるので健康には十分にご注意下さい。尚、同会する五黄殺の象意には「自暴自棄、破滅、破壊、事故、怪我、悪人、事件、凶器、犯罪、脅迫、スリ、盗難、紛失、大病、腐敗(土化)、脅迫、暴力、詐欺、汚職、破産、倒産、黄色、黒色、ハザード色、5と10の数」などがあり、自発的な意志や行動によって、このような五黄殺性の象意の禍事に遭い易い月ですので、本月は無理な事をせず無事暮らすように心掛けて下さい。■月盤の廻坐による心理的影響本月の6白金星は、月盤の盛進の東方(3碧木気)に廻坐し、陽運気となり運気に勢いがつきます。本命が東に廻坐すると、活力が湧き才能や能力が覚醒され積極的に物事を進めていくようになります。又は、新たに何かを始めたい挑戦したいという気持ちにもなります。東方の吉方を用いている方はさらに運気に勢いがつく月となりますので、何事にも積極的に取り組むと良いでしょう。又、好奇心や探求心が強くなり、発想や閃き、直感なども鋭くなり、斬新なアイデアや改革をおもいついたり、発明をしたりすることもあります。本月は善悪問わずして隠されたものが露呈、発覚したりして真実を知るような出来事に遭遇しやすいため、驚きや震撼するようなことがあり、これまでの善悪の行いに左右されて心身に何かしら影響を与えます。良い意味で、真実を知ることで物事が浄化され前進できるようになったり、これまでの善なる行いが実り評判や評価が向上して良い方向へ導かれていきます。悪い意味で、罪や過ち隠し事が露呈、発覚したりして評判や評価を落としたり、制裁や裁きを受けることがあります。このように本命が東に遁甲することは年盤、月盤、日盤、時盤に周期的に訪れるため、いつか必ず物事が露呈、発覚して真実を知られることになりますので、人は罪や嘘偽りを隠し通せにくいということです。尚、東方又は3碧木気が巡る方位へ移動したりしても、このような発覚の作用が発現します。本月は過去に東方又は3碧木気の凶方へ引越又はご旅行などされ剋気を保有した方は、剋気の発現時期となりますので、あらぬ悪い噂や評判を流されたり聞かされたりするような事が起こりやすくなりますので、目立つような行動や焦って事を進めるような事は控えたほうが良いでしょう。焦りや性急は禁物です。又、火事や電気、地震、雷などには注意してください。※東方の作用による参考記事:嘘偽りは隠し通せない■運勢に関与してくる象意本月は9紫火気の象意が他動的運勢・自発的運勢に関与してきます。9紫性の象意には「離別、決別、離婚、別居、引越、家出、離職、復縁、復帰、復職、追究発明、発見、華麗なもの、名誉、地位、喧嘩、争闘、勝負事、裁判訴訟、二心(二頭追うものは一頭も得ず)、高所、先端が尖った物、刃物、火、薬品、紫色赤色系、2と7の数、9紫火星の人」などがあり、これらの事柄が他動的、自発的運勢に強く関わってくるキーワードとなりますので、双方の運勢の吉凶に応じて、これらの事柄の関わり方をよく見極めてください。■方位の効果本月は、過去に旅行や引越などにより「東方位」の祐気(吉)又は剋気(凶)を保有した方は、祐剋の象意が発現しやすい月となります。 祐気を保有している方は、物事がスムーズに進展していくでしょう。良いアイデアをおもいつくようになるでしょう。知りたかった真実などが明るみになるような事があるでしょう。才能が開花するような切っ掛けや出来事があるかもしれません。探していたものが見つかることがあるでしょう。評判や評価が上がるようなことがあるでしょう。驚くような良い出来事に出逢うでしょう。 剋気を保有している方は、過去の嘘や罪が発覚してトラブルが起きるかもしれませんので注視しましょう。嘘偽りが多くなり悪評が立つような事があるかもしれませんので正直に対応しましょう。神経過敏になり音や振動に悩まされるようになるかもしれませんのでストレスを溜めないようにしましょう。震撼するような出来事に遭遇するかもしれませんので何事も油断せずに行動しましょう。 方位鑑定のご相談はこちらより承ります。■本命星の九星について本命星となる九星を知るには、以下の早見表から該当する生まれた年の「西暦」欄の下の「九星」の枠内をご参照下さい。尚、出生日が2月3日以前の場合は、前年の西暦が生まれ年となりますので、方位と取る際はご自身の九星を見誤らないようにご注意下さい。

  • 12Jun
    • 五黄土星の人の運勢(2019.5月節)・年齢24歳/33歳/42歳/51歳~

      この度、毎月定期的に更新してきた九星による運勢判断につきましては、しばらく休止させていただきます。この運勢判断をご愛読頂きました皆様におかれましては深く感謝申し上げます。2019年5月節(5月6日~6月5日迄)の本命星「五黄土星の人」の運勢について、簡易的ではありますが以下に私なりの見解を踏まえて運勢を判断致します。この運勢判断の内容は月々に定められた期間の終始に急に切替わるものではなく、過去の因果関係と連なって、その月毎の節目前後に発現してくるものです。この運勢判断の内容に当てはまるような事柄などがあれば、この運勢判断を巧く活用して人生の糧にして頂ければ幸いです。■5黄土星の人2019年度で、23歳/32歳/41歳/50歳/59歳/68歳/77歳/86歳、以降9歳足したごとの年齢になる方です。但し、誕生日が2019年1月1日~2月3日迄の方は、前年の九星「6白金星」が本命星となりますので「六白金星の人の運勢」をご参照下さい。※参考記事:5黄土星の人の吉方位■2019年度の運勢本年度の5黄土星は、南西に廻坐しているため、本年は厄年からようやく抜け出し、心身や気力の状態も回復していきますが、本年中は、まだ無理はせずに、ゆっくりと呼吸を整えるように事を進めていくようにして下さい。本年は南西に廻坐していますので、気が停滞するような状態となり、欲も薄れ倹約的で質素な生き方を望むような気持になりますので、身の回りに関わる事柄に対してやらなければいけないと分かっていても、実行力が伴わないので仕事もプライベートも何かと進展せず不完全燃焼しやすいでしょうが、本年は厄が抜けた状態で気がまだスタミナ不足ですので、焦って無理に走ると、物事が裏目になったり、躓いて心身に怪我を負うだけですので、あまり気にせずに、今できる事を確実に堅実にこなすようにすれば、来年度以降から結果的に良い方向へと繋がって行きますので、とにかく本年中は焦らずマイペースに壁を乗り越えていくようにして下さい。■他動的運勢本月は、年月盤共に8白土気中宮重なるため裏の7赤金気を中宮年盤と見做し鑑みると、本月の5黄土星は震宮の先月同様の6白金気に被同会していますので、他動的から来る運勢は良好です。尚、先月同様に以下のような良い事象が自らの意志や行動によらずに、他動的に関わることで発現しやすくなる月となります。但し、過去に凶方として、北西方位又は6白金気の剋気を用いた場合、これらの事が禍として発現してきます。 気持ちが積極的となり活発に行動するようになる。 物事が円満に解決したり進んでいくようになる。 大きな事業が順調に進展するようになる。 多忙となるが、そのぶん実りも大きくなる。 大きなことに勇猛果敢に取り組めば驚くような出来事がある。 支援者や協力者を得られたり、引立てを受けたりする。 融資を受けられるようになる。 先祖のことで恩恵を受けるようなことがある。 投資、投機に着手するようなことがある。尚、被同会する6白金気の象意には「権威、権限、権力、指導、指揮、組織、団体、会社、投資投機、援助支援、神社仏閣、諸官庁、行政機関、公的機関、試験、工具機械類、車両関係、運動、競技場、球技、円形球体、鉄、金属、鉱物、孕む包む、懐妊、4と9の数、白色銀色系、6白金星の人」などがあり、このような6白性の象意の事柄において、何かしら関わることが起こりやすい月ですが、これらの事柄に触れたり見たり関わるような事が起これば、本月が事の成行きが良好なので良い結果に至るでしょう。■自発的運勢本月は、年月盤共に8白土気中宮重なるため裏の7赤金星を中宮年盤と見做し鑑みると、本月の5黄土星は坤宮の先月同様の4緑木気に同会しますので、自らの意志や行動による運勢がよろしくありません。尚、先月同様に以下のような事柄に関心事が強くなり自発的に着手するようなことが起きやすくなりますが、本月はこれらの事柄に於ける自らの意志や行動は控えることが肝要です。但し、過去に吉方として、南東方位の祐気を用いた場合、これらの禍事は軽減又は抑制されます。 縁談などの話がおもうように進まず纏まらないことがある。 結婚することに迷いや不安が生じて消極的になりやすくなる。 遠方との取引や来訪者と関りを持とうとすると問題事が起きることがある。 重大な事を進めると、過去の出来事が浮上し破談となることがある。 信用、信頼を得ようと行動すればするほど物事が滞りやすい。 物後を進めると不安や迷いが生じやすく、決断ができず重要な機会を見逃す。 通信関係、インターネット関係でトラブル、情報流出などが生じやすい。 風邪を引きやすくなる。空気感染する病やインフルエンザなどに注意。尚、同会する4緑木気の象意には「遠方の人、手紙、メール、DM、チラシ、通知、通達、連絡、電話、通信、インターネット、信用信頼、就職、縁に関する事、縁にゆかりのある人や物、糸や繊維など細長いもの、飛行機、旅行、風船、風、長女、3と8の数、緑色赤色系、4緑木星の人」などがあり、このような4緑性の象意の事柄に関心が強くなったり干渉しやすくなる月ですが、本月は自発的に取る行動の結果が禍に急変しやすいので、これらの象意に気が向いても関与しないことです。■月盤の廻座による心理的影響本月の5黄土星は、月盤の南西方(2黒土気)に廻坐し、ようやく重い厄月から脱した状態となりましたが、まだ厄の余気が残っています。本命が南西に廻坐すると、気が大地のようにどっしりと構えるようになり、先行きの事に対して冷静に慎重に見極めて行動するようになります。また合理的に物事を捉えるようになり、その真意は「無欲」という気が生じやすくなるためです。良い意味で、従順な姿勢で石橋を叩いて渡るように失敗を招かないように物事を進めようとします。悪い意味では、慎重に成り過ぎるあまり面倒になって放棄したりサボったり、又は物事がなかなか進展せずにチャンスを見逃しやすくなることがあります。そのような状態に焦って物事を急いで処理しようとすると、かえって大きな失敗や損失を被ったり、ときには怪我や事故に遭うことがありますので、本月は自身の意に反することなく、慌てずにマイペースに物事に取り組んで進めることが肝要です。また利するより人のために尽くすようなことを考えるようになるため、利益の追求ばかり求めるような仕事に取り組んでいる方は、現状に矛盾や違和感を感じやすくなりますので、働き方に対する新たな価値観を見出して人生の岐路に立つようなことが起こるかもしれません。尚、南西の凶方位へ移転して剋気を保有している方は、体力精力が減衰しスタミナが落ちて疲れやすくなり倦怠感に悩まされるようになります。そのため夫婦間の情の触れ合いにも悪い影響を及ぼすことがあり、子宝を望むご夫婦であれば、本年度は南西方位へのご旅行や移転は避けることが肝要です。その他に本月は古い出来事や旧友、土地家屋の事や、妻や母、祖母、婚約者、遠方の取引相手など、こような事が気に掛かる月廻りでもありますので、そのような事柄に干渉するようなことがあれば、よく注視して行動されてください。■運勢に関与してくる象意本月は1白水気の象意が他動的運勢・自発的運勢に関与してきます。1白性の象意には「情愛、色情、交際、取引、隠蔽、秘密、隠し事、偽り、暗闇、穴、堀、落下、降る、水、流れ、部下、従業員、貧相な人物、黒色系、白黒交わる色、1と6の数、黒色白色系、1白水星の人」などがあり、これらの事柄が他動的、自発的運勢に強く関わってくるキーワードとなりますので、双方の運勢の吉凶に応じて、これらの事柄の関わり方をよく見極めてください。■方位の効果本月は、過去に旅行や引越などにより「南西方位」又は「2黒土気」の祐気(吉)又は剋気(凶)を保有した方は、祐剋の象意が発現しやすい月となります。 祐気を保有している方は、積極的に営業に取り組めば大きな成果を上げるでしょう。無用な事や無駄遣いなどを改めるようになるでしょう。不動産に関することで関与することがあれば徳を受けるでしょう。苛立ちが無くなり従順な気持ちとなるでしょう。古い出来事や古い物に関与するようなことがあれば利を得ることがあるでしょう。 剋気を保有している方は、やる気が起きなく怠けるようになるので今やるべき事だけでも集中して取り組みましょう。お金への執着心が強くなりケチで欲深くなるので共有する気持ちを大切にしましょう。不動産に関する事柄に関与すれば損失損害を被ることがあるので、慎重に取引を行いましょう。中古品に手を出して後悔するようなことがあるので、商品をよく見て選びましょう。心が空虚となり倦怠感に悩まされるようになるので、運動をしたり気が高揚するようなことをしましょう。 方位鑑定のご相談はこちらより承ります。■本命星の九星について本命星となる九星を知るには、以下の早見表から該当する生まれた年の「西暦」欄の下の「九星」の枠内をご参照下さい。尚、出生日が2月3日以前の場合は、前年の西暦が生まれ年となりますので、方位と取る際はご自身の九星を見誤らないようにご注意下さい。

  • 11Jun
    • 四緑木星の人の運勢(2019.5月節)・年齢22歳/31歳/40歳/49歳~

      この度、毎月定期的に更新してきた九星による運勢判断につきましては、しばらく休止させていただきます。この運勢判断をご愛読頂きました皆様におかれましては深く感謝申し上げます。2019年5月節(5月6日~6月5日迄)の本命星「四緑木星の人」の運勢について、簡易的ではありますが以下に私なりの見解を踏まえて運勢を判断致します。この運勢判断の内容は月々に定められた期間の終始に急に切替わるものではなく、過去の因果関係と連なって、その月毎の節目前後に発現してくるものです。この運勢判断の内容に当てはまるような事柄などがあれば、この運勢判断を巧く活用して人生の糧にして頂ければ幸いです。■4緑木星の人2019年度で、23歳/32歳/41歳/50歳/59歳/68歳/77歳/86歳、以降9歳足したごとの年齢になる方です。但し、誕生日が2019年1月1日~2月3日迄の方は、前年の九星「5黄土星」が本命星となりますので「五黄土星の人の運勢」をご参照下さい。※参考記事:4緑木星の人の吉方位■2019年度の運勢本年度の4緑木星は、北に廻坐しているため、本年は「本厄」となり気が極度に衰弱します。昨年からの問題事や悩み事を深く抱え込んだり自暴自棄に陥りやすくなります。消極的な気を引きずると心身を病むことになりますので注意して下さい。何か行動を起こしても思うように進まずなかなか芽が出ず成果を得られないことが多々ありますが、その努力や苦労は来年以降から実を結んできますので諦めずに焦らず前向きに捉えるようにして下さい。又、厄年の時は、判断力が欠如しやすく人の意見や情に流されやすくなるので、物事が裏目となったり、時には人に騙されるようなともありますので、自身の意志をしっかり持つように心掛けてください。又、情欲や色情の念が強くなりやすく、異性との問題が生じやすくなりますので、交流、交際の場などでは一時の情や誘惑に流されたりせず理性を持って接することが肝要です。本年は、とにかく一難去ってまた一難という具合に、問題ごとにぶつかったり、悩み事や悲しい出来事などが降りかかってきやすくなりますので、無理に事を成そうとせずに来年以降の旺運期に備えて今年は英気や知識などを養いながら一年を無事に暮らすことを心掛けて下さい。尚、厄年の時期は体質が急変したりホルモンバランスが崩れたりしやすく、それに伴い重い病を患うこともありますので健康管理には十分ご注意下さい。軽い病気だとおもっても、本厄のときは重病に繋がる傾向が見受けられますので、病状のいかんに関わらず早々に病院に行かれることが肝要です。■他動的運勢本月は、年月盤共に8白土気中宮重なるため裏の7赤金気を中宮年盤と見做し鑑みると、本月の4緑木星は坤宮の先月同様の「五黄殺」に被同会していますので、自らの意志や行動によらない他動的から来る運勢がよろしくありません。尚、先月同様に以下のような事柄がさらに強く発現しやすくなりますので、このような事柄が現に起きている方は、これ以上、禍を引きずらぬようによく注視して対処するように心掛けて下さい。 労働条件や職場環境が悪化したり、営業不振となりやすい。 過去の出来事で禍事が再発することがある。 人に騙されたりしやすい。詐欺などの被害に遭うようなこともある。 不動産のことで大きな問題を抱えるような事が起きやすい。 何をするにも面倒になったり、倦怠感に陥りやすい。 家庭が不和となるような問題が起きやすい。 重大な物事が思うように進まなくなりやすい。 価値の無い物を購入させられたり譲り受けたりして損失を被りやすい。尚、被同会する五黄殺の象意には「自暴自棄、破滅、破壊、事故、怪我、悪人、事件、凶器、犯罪、脅迫、スリ、盗難、紛失、大病、腐敗(土化)、脅迫、暴力、詐欺、汚職、破産、倒産、ハザード色、黄色黒色系、5と10の数」などがあり、このような五黄殺性の象意の事柄において、何かしら見たり触れたり感じたり関与してくるようなことが起こりやすい月ですが、本月は事の成行きがよくないので気になっても関与しないことです。尚、過去に五黄の凶方を用いた方は、事件事故大怪我などに遭遇するのかもしれませんので、十分に身辺を警戒し、状況をよく注視されて下さい。■自発的運勢本月は、年月盤共に8白土気中宮重なるため裏の7赤金気を中宮年盤と見做し鑑みると、本月の4緑木星は坎宮の先月同様の3碧木気に同会しますので、自らの意志や行動による運勢は良好です。尚、先月同様に以下のような事柄に関心事が強くなり自発的に着手するようなことが起きやすきなりますが、本月はこれらの事柄に積極的に着手すると良いでしょう。但し、過去に凶方として、東方位又は3碧木気の剋気を用いた場合、これらの事が禍として発現してきます。 目的に向かって行動すれば評判、評価を得られることがある。 若い世代と交流を深めれば運が開けていくことがある。 重大なことは先延ばしにせずに積極的に対応すると吉となりやすい。 真実が明らかになったり、気がかりだった事が発覚し自分の為となる。 発明、創作、アイデアなどがおもいつくことがある。 発見の喜びを得たり、落とし物が見つかるようなことがある。 積極手に物事に取組めば、心が震えるような感動に出会うことがある。尚、同会する3碧木気の象意には「発展、進展、発信、発見、発覚、出店、宣伝、評価、発明、アイデア、震、雷、波、音、律動、光、磁石、電気、電子機械・部品等、音楽、声楽、演説、発言、スピーチ、司会、進展中開発中の場所、若者、青年、長男、3と8の数、青色系、3碧木星の人」などがあり、このような3碧性の象意の事柄に関心が強くなったり干渉しやすくなりますが、本月は自発的な意志や行動による運がよろしいので、公明正大に誠意をもって関与すると良いでしょう。■月盤の廻坐による心理的影響本月の4緑木星は、月盤の北方(1白水気)に廻坐して「本厄」となります。本命が北方に廻坐すると、何かと消極的に物事を受け止めなるため悩みを多く抱え込んでしまうようになります。又、落ち込むような出来事も起こりやすく、そのため心が塞ぎこんだり引き籠るような状態になり鬱状態に陥ることもありますので、できるだけ負を背負わずに楽観的に物事を考えるように心掛けて下さい。又、思考力や判断力が低下するため、失敗や事故などを引き起したり、人に騙されたり、色情に流されたり、判断した結果が裏目となり大きな問題や苦悩に転じることもありますので、とにかく焦らず冷静に物事に向き合い、何事も即断するような事は避けましょう。古い病や持病、また重い病を患っている場合は、悪化する恐れがありますので、体調の異変を感じたらすぐに病院に行くようにしてください。本月は最も気が衰弱しますので、無理に行動せず気を充電するつもりで英気を養うように過ごされてください。無理をすれば心身を病むことにもなりますので十分に気を付けて下さい。本年は「本厄」の年回りでもあり、月の「本厄」も重なりますので、このような月廻りは、積極的に動かず、無理なことはせず、冷静に物事を判断し、自身の言動や行動をよく注視して過ごされるようにして下さい。又、重い病を発症したり、持病が再発急進することもありますので、体調や健康管理には充分に気を付けて下さい。又、年月盤共に中宮8白土気重なりますので、8白性の象意の「親族身内、不動産(土地建物)、財産、相続、変更、中断、継承、後継者」などの事柄において、何か重大な岐路に立たされるようなことが起こるかもしれませんので、そのような時は、焦らずに先行きや今の状況をよく注視しながら冷静に行動するようにして下さい。とくに過去に「北東方位」又は「8白土気」の凶を突いてご旅行や移転された方や、5月節に北東方位へご旅行や移転をされる方は充分にご注意されて下さい。■運勢に関与してくる象意本月は2黒土気の象意が他動的運勢・自発的運勢に関与してきます。2黒性の象意には「母親、妻、老婆、営業、労働、従業員、柔順、従事、補佐、秘書、弟子、不動産、土地、土砂、粉類、土木、空き地、空き家、墓地、僻地、農家、田畑、古い出来事、中古品、5と10の数、黄色黒色系、2黒土星の人」などがあり、これらの事柄が他動的、自発的運勢に強く関わってくるキーワードとなりますので、双方の運勢の吉凶に応じて、これらの事柄の関わり方をよく見極めてください。■方位の効果本月は、過去に旅行や引越などにより「北方位」又は「1白水気」の祐気(吉)又は剋気(凶)を保有した方は、祐剋の象意が発現しやすい月となります。 祐気を保有している方は、人との交流が盛んになり良い関係を築けるでしょう。情愛が深まり親密な関係を築けるようになるでしょう。商売上の取引がスムーズに進むので積極的に取引をしましょう。求心力が強くなり人から慕われるようになるでしょう。交際相手と出会うことがあるかもしれません。 剋気を保有している方は、取引が破談するようなことがあるので、慎重に事を進めましょう。活力が衰弱し行動力も低下し引き籠りやすくなりますので、運動などで心身を鍛えましょう。色情に溺れやすくなるので淫らな事を考えるのは止めましょう。強引に交際を持ち掛けたりす気が起こりやすいので、嫌われるだけですから本月は気持ちを抑えて平常心を保つようにしましょう。 方位鑑定のご相談はこちらより承ります。■本命星の九星について本命星となる九星を知るには、以下の早見表から該当する生まれた年の「西暦」欄の下の「九星」の枠内をご参照下さい。尚、出生日が2月3日以前の場合は、前年の西暦が生まれ年となりますので、方位と取る際はご自身の九星を見誤らないようにご注意下さい。

  • 10Jun
    • 三碧木星の人の運勢(2019.5月節)・年齢22歳/31歳/40歳/49歳~

      この度、毎月定期的に更新してきた九星による運勢判断につきましては、しばらく休止させていただきます。この運勢判断をご愛読頂きました皆様におかれましては深く感謝申し上げます。2019年5月節(5月6日~6月5日迄)の本命星「三碧木星の人」の運勢について、簡易的ではありますが以下に私なりの見解を踏まえて運勢を判断致します。この運勢判断の内容は月々に定められた期間の終始に急に切替わるものではなく、過去の因果関係と連なって、その月毎の節目前後に発現してくるものです。この運勢判断の内容に当てはまるような事柄などがあれば、この運勢判断を巧く活用して人生の糧にして頂ければ幸いです。■3碧木星の人2019年度で、22歳/31歳/40歳/49歳/58歳/67歳/76歳/85歳、以降9歳足したごとの年齢になる方です。但し、誕生日が2019年1月1日~2月3日迄の方は、前年の九星「4緑木星」が本命星となりますので「4緑木星の人の運勢」をご参照下さい。※参考記事:3碧木星の人の吉方位■2019年度の運勢本年度の3碧木星は南に廻座し、本年は「前厄」になります。南の火気に在位するため運気も心身もかなり消耗しますので、何事も慎重になって物事を判断して行動することを心掛けて下さい。 尚、南方又は9紫火気の剋気を保有している方は、さらに気が消耗し精神に支障をきたすことがありますので、祐気取りや吉方へ移転し、運気の体幹を整えることが肝要です。本年は南(9紫)の悪い象意に干渉されやすいので、離別や争い事に関わるようなことが多く、離婚や別居、離職、離散、解散、転居、家出、喧嘩別れ、大切な人や物事との別れ、二者択一による悩み、離合(復縁、復職、復帰等)などの事柄において問題を抱えやすく、又、物事が露呈して明るみになったり、契約調印事などでトラブルに遭ったり、裁判訴訟問題にまで至るような事柄にも遭いやすくなります。このような問題を抱えれば気のエネルギーをかなり消費し、心身が著しく衰弱していきますので、体調管理には十分に気を付けることが肝要であります。尚、対中の北には4緑木気が廻座していますので、大切な取引や縁談が破談し「離」の禍が降りかかる暗示が見受けられますので、重大な事を成すときは、現状をよく注視して行動することが肝要です。■他動的運勢本月は、年盤月盤共に8白土気中宮重なるため裏の7赤金気を中宮年盤と見做し鑑みると、本月の3碧木星は坎宮の4緑木気に被同会していますので、他動的から来る運勢は良好です。尚、以下のような良い事象が自らの意志や行動によらずに、他動的に関わることで発現しやくすくなる月となります。但し、過去に凶方として、南東方位又は4緑木気の剋気を用いた場合、これらの事が禍として発現してきます。 取引相手と親交が深まるようになる。 交流の場で良い縁ができるようなことがある。 遠方との取引や付合いが始まり、良い出来事に結ばれていく。 これまでの働きや努力が報われるようになる。 事業や営業がうまく運ぶ。取引先が広がる。 メール、電話、通知などで良い知らせを受けるようなことがある。 縁に関することで喜びを得られるようなことがある。尚、被同会する4緑木気の象意には「縁に関する事、縁にゆかりのある人や物、縁談、遠方の人、手紙、メール、DM、チラシ、宣伝、通知、通達、連絡、電話、通信、インターネット、信用信頼、就職、糸や繊維など細長いもの、飛行機、風船、風、長女、3と8の数、緑色系、4緑木星の人」などがあり、このような4緑性の象意の事柄において、何かしら見たり触れたり感じたり関与してくるようなことが起こりやすい月ですが、本月は事の成行きがよくないので気になっても関与しないことです。■自発的運勢本月は、年月盤共に8白土気中宮重なるため裏の7赤金気を中宮年盤と見做し鑑みると、本月の3碧木星は離宮の先月同様の2黒土気に同会しますので、自らの意志や行動による運勢がよろしくありません。尚、先月同様に以下のような事柄に関心事が強くなり自発的に着地するようなことが起きやすくなりますが、本月はこれらの事柄に於ける自らの意志や行動は控えることが肝要です。但し、過去に吉方として、南西方位の祐気を用いた場合、これらの禍事は抑制されます。 職場の環境や人間関係に苛立ちを感じて離職するようなことがある。 身の回りに関わりある人が去っていくことがある。 横柄な態度をとりやすく反抗的な態度になりやすい。 不動産に関与すると契約上のことで問題が起きたりする。 家庭のことで口論や喧嘩を起こしやすくなる。 妻や母親、祖母のためにしたことが裏目になりやすい。 従業員、労働条件の事などに関われば揉め事が生じたりする。 復縁するようなことがあれば争いごとが起きることがある。 過去の出来事や仕事に関与すると、問題が露呈したりする。尚、同会する2黒土気の象意には「母親、妻、老婆、営業、労働、従業員、従事、補佐、秘書、弟子、不動産、土地、土砂、粉類、土木、空き地、空き家、墓地、僻地、農家、田畑、古い出来事、中古品、5と10の数、黄色黒色系、2黒土星の人」などがあり、このような2黒性の象意の事柄に関心が強くなったり干渉しやすくなる月ですが、本月は自発的な意志や行動による運がよろしいので、何事も善意をもって関与すると良いでしょう。■月盤の廻坐による心理的影響本月の3碧木星は、月盤の南方(9紫火気)離宮に廻坐して月の「前厄」となります。本命が南に廻坐すると、気が荒くなり何かと頭に血が上りやすくなり、感情も行動も闘争的となり周囲に畏怖の念を抱かせます。又、良くも悪くも内に秘めた思いや感情を後先顧みずに表に出したいという気持ちになりやすいため、それが元でトラブルや揉め事、争い事などに発展して大きな禍を招くこともありますので、発言や行動には十分に注意して下さい。 又、過去に南又は9紫火気の凶方位を移転などで用いて「剋気」を保有した方は、家族、親族、友人、他人などに対して、暴力や暴言を吐くような破壊的な行為をするような「気」に支配されやすくなりますので注意を要します。とにかく本月は心を静めて冷静さを保つように心がけましょう。又、南の離別作用により、離婚や別居、家出、離職、離散、辞職、決別など、離れることを意識しやすくなりますが、本月は厄月となり運勢も衰退しているため「離」することは結果的に裏目となりますので、心が離別の作用に支配されないように気を付けて下さい。又、物事が善悪問わずして明るみになることが多く、二つのことで問題を抱えたり悩んだりするような事が起きて、岐路に立たされるような事が起きやすいですが、本月はどちらも選択せずに静観することが肝要です。又、本年は「前厄」の年回りでもあり、月も「前厄」に当たり、南方の厄が重なるため「離合」の動機に振れやすくなります。「離の動機」は「決別、離婚、別居、浮気、転居、家出、離職」などであり、「合の動機」は「復帰、再起、再会、出戻り、再就職、復職、復縁」などです。いずれにしろ本月にこのような動機を抱き、実行に移すと先々苦難に立たされるような結果となりやすいので、衝動的に動かず、冷静に物事を判断し行動することが肝要です。■運勢に関与してくる象意本月は3碧木気の象意が他動的運勢・自発的運勢に関与してきます。3碧性の象意には「発展、進展、発信、発見、発覚、出店、宣伝、評価、発明、アイデア、驚き、響き、轟音、騒音、震え、振動、地震、雷、波、音、律動、光、磁石、電気、電子機械・部品等、音楽、声楽、演説、発言、スピーチ、司会、進展中開発中の場所、若者、青年、長男、青色系、3と8の数、青色紺色系、3碧木星の人」などがあり、これらの事柄が他動的、自発的運勢に強く関わってくるキーワードとなりますので、双方の運勢の吉凶に応じて、これらの事柄の関わり方をよく見極めてください。■方位の効果本月は、過去に旅行や引越などにより「南方位」又は「9紫火気」の祐気(吉)又は剋気(凶)を保有した方は、祐剋の象意が発現しやすい月となります。 祐気を保有している方は、勝負運が強くなるでしょう。先見の明が開け先を読む力が強くなります。裁判に関わっている場合は勝訴するでしょう。気持ちが明るくなり華やかになるでしょう。喧嘩するような事がありますが、かえってお互いの気持ちが明確になり絆が深まるでしょう。無くしなもを見るつかるかもしれません。懐かしい人との偶然に出会いや、復縁、再婚などの離合の作用があるでしょう。自身にとって不都合なもの嫌なもの禍となる者から離れられたり別れることができるでしょう。 剋気を保有している方は、何事にも苛立ちを感じ気が荒くなりますので、ストレスを溜めないように心掛けましょう。暴力的になりやすいので我を見失わないようにしましょう。離婚、別居、家出、裁判などに関わる問題事が生じやすくなりますので、一人で抱え込まず信頼できる人に相談してみましょう。浮気や不倫をするような気が起こりやすなりますので二心に支配されないようにしましょう。 方位鑑定のご相談はこちらより承ります。■本命星の九星について本命星となる九星を知るには、以下の早見表から該当する生まれた年の「西暦」欄の下の「九星」の枠内をご参照下さい。尚、出生日が2月3日以前の場合は、前年の西暦が生まれ年となりますので、方位と取る際はご自身の九星を見誤らないようにご注意下さい。

  • 09Jun
  • 08Jun
    • 二黒土星の人の運勢(2019.5月節)・年齢21歳/30歳/39歳/48歳/

      この度、毎月定期的に更新してきた九星による運勢判断につきましては、しばらく休止させていただきます。この運勢判断をご愛読頂きました皆様におかれましては深く感謝申し上げます。2019年5月節(5月6日~6月5日迄)の本命星「二黒土星の人」の運勢について、簡易的ではありますが以下に私なりの見解を踏まえて運勢を判断致します。この運勢判断の内容は月々に定められた期間の終始に急に切替わるものではなく、過去の因果関係と連なって、その月毎の節目前後に発現してくるものです。この運勢判断の内容に当てはまるような事柄などがあれば、この運勢判断を巧く活用して人生の糧にして頂ければ幸いです。■2黒土星の人2019年度で、21歳/30歳/39歳/48歳/57歳/66歳/75歳/84歳/93歳、以降9歳足したごとの年齢になる方です。但し、誕生日が2019年1月1日~2月3日迄の方は、前年の九星「3碧木星」が本命星となりますので「3碧木星の人の運勢」をご参照下さい。※参考記事:2黒土星の人の吉方位■2019年度の運勢本年度の2黒土星は、北東に廻坐していますので、今年はとにかく自身の人生に関わる人達や仕事、その他これらに類するような物事において大きな変化が起こるような運気となりやすく、それらに関する出来事などによって心境や環境などに変化が起きて、それに伴った行動を取るようになります。又、これまでの続いてきた流れが急転するような出来事に遭うような暗示も出ていますので、それらの変化が今後の人生に大きな影響を与えることにも繋がりますので、そのような時は変化の可否をよく注視しながら行動することが肝要です。また重大な物事が中断したり急変したりして大きな人生の岐路に立つようなこともあるかもしれませんので、とにかく焦らずに冷静に物事を見つめて選択するようにして下さい。又、親族兄弟姉妹、親戚、友人知人などと関係が悪くなるようなことも起こりやすく、北東又は8白の祐剋の気の保有によって、関係の善悪が明確に分かれます。祐気を保有していれば、喧嘩をしても、それがかえってお互いの事をもっと理解し合えることに繋がり絆が深まります。尚、本年の2黒土星は「暗険殺」を背負うため、家族、親族関係、土地家屋、財産、相続、継承などに関する事柄において、何かしら問題が起こる年回りとなる傾向があるので、このような事柄に於いてはよく注視しておく必要があります。又、物事に悪い変化が起きやすくなりますので、そのような時は冷静に判断して対処するように心掛けてください。変化に流されて行動すると結果的に悪い連鎖が繋がっていきますので注意してください。暗剣殺を背負うと、感情の起伏が激しくなりやすく、苛立ちも感じやすくなり人と仲違いしたり、感情的になって事半ばで物事を中断したり変更したりして周囲に多大な迷惑を掛けたりする行動を取るような状態に陥りやすくなりますので、本年度はとにかく先行きをよく注視しながら行動するように心掛けてください。■他動的運勢本月は、年月盤共に8白土気中宮重なるため裏の7赤金気を中宮年盤と見做し鑑みると、本月の2黒土星は離宮の先月同様の3碧木気に被同会していますので、自らの意志や行動によらない他動的から来る運勢がよろしくありません。尚、先月同様に以下のような事柄が発現しやすくなる月となりますので予めこの内容を事前に踏まえながらよく注視して対処するように心掛けて下さい。但し、過去に吉方として、東方位の祐気を用いた場合、これらの禍事は軽減又は抑制されます。 急いで事を成そうとするほど、物事が明白となり裏目になりやすい。 復帰、復職、復縁などが発現しやすいが焦れば裏目となる。 人に騙されたり、詐欺などの被害に遭うようなことがある。 騒がしい状況や驚くような出来事に悩まされたりする。 隠蔽しようとして、それが発覚して都合の悪い状況が起きる。 治まっていた病が進行するようなことがある。 火、雷、波、震に関する禍事が起きやすい。 予期せぬことや嫌なことが発覚したり見つかったりする。尚、被同会する3碧木気の象意には「発展、進展、発信、出店、宣伝、評価、発明、アイデア、震、波、雷、音、律動、光、磁石、電気、電子機械・部品等、音楽、声楽、演説、発言、スピーチ、司会、発展・開発の場所、若者、青年、長男、3と8の数、青色系、3碧木星の人」などがあり、このような3碧性の象意の事柄において、何かしら見たり触れたり感じたり関与してくるようなことが起こりやすい月ですが、本月は事の成行きがよくないので気になっても関与しないことです。関わると焦りが生じて物事が裏目になるだけです。■自発的運勢本月は、年月盤共に8白土気中宮重なるため裏の7赤金気を中宮年盤と見做し鑑みると、本月の2黒土星は艮宮の先月同様の1白水気に同会しますので、自らの意志や行動による運勢がよろしくありません。尚、先月同様に以下のような事柄に関心事が強くなり自発的に着地するようなことが起きやすくなりますが、本月はこれらの事柄に於ける自らの意志や行動は控えることが肝要です。但し、過去に吉方として、北方位の祐気を用いた場合、これらの禍事は抑制されます。 親族兄妹など身内のことで問題を抱え込みやすくなる。 浪費癖が激しい者と関り、禍を被ることがある。 行動や行為によって生活が困窮するような事態に急転することがある。 従業員や部下の問題事に関わると思わぬ迷惑や損害を受ける。 裏社会に通ずる者と関りを持つような状況に陥りやすくなる。 異性関係のことで問題を起こしやすくなる。 行動を起こすと消極的になり些細なことでも悩むようになる。 物事を隠そうとしたり嘘をついたりして問題を起こしやすくなる。 穴や凹んだ場所、暗い場所、視界が悪い場所に気が向かいやすくなるので事故や怪我に注意すること。尚、同会する1白水気の象意には「情愛、色情、交際、取引、隠蔽、秘密、偽り、暗闇、穴、堀、落下、降る、水、流れ、部下、従業員、貧相な人物、1と6の数、黒色白色系、1白水星の人」などがあり、このような1白性の象意の事柄に関心が強くなったり干渉しやすくなる月ですが、本月は自発的に取る行動の結果が禍に急変しやすいので、これらの象意に気が向いても関与しないことです。■月盤の廻坐による心理的影響本月の2黒土星は、月盤の北東(8白金気)に廻坐します。本命が北東に廻坐すると、環境や心境に変化が生じますので、人生観や価値観、職場環境などに対して変化が起きたり、変化を求めようとします。引越や転職、旅などで心境や環境に変化を与えようとしたり、価値観が変わり親しく付き合っていた人と仲違したり、事業計画を独断で変更したり中断したりして周囲を困らせ翻弄させたりと、そのような思考や行動に善悪問わずして変化が伴いやすいので、物事の結果をよく見定めながら行動することが肝要です。又、北東に本命星が在位すると、家族、親兄弟姉妹、親戚、友人、相続、財産、後継者、引継ぎ、土地家屋などの事柄に対して、気掛かりになるような出来事が起きて、それらが何かしら心身に強い影響を与え、人生を大きく変えてしまうようなこともありますので、そのような事態になったときは、冷静に現状を見つめ先々の人生をよく考えながら行動するように心掛けて下さい。本月は自発的な行動による運気も他動的に来る運気もよろしくありませんので、このような事柄に関わるようなことが起きても、あまり深く関与しないことです。関与すれば口論や喧嘩となって人間関係を害し人生が急転してしまうような恐れがあるので、言動や行動にはよく注視して下さい。とくに本月は、年月共に8白土気中宮となり、8白の定位の方位「北東」に本命星が𢌞座して「暗剣殺」が年月重複して背負うことになりますので、8白性の象意の「変化、中断、職場、労働、家族、親族関係、友人、土地家屋、財産、相続、継承」などの事柄において、何かしら問題が他動的に降りかかってくる傾向が強くなり、環境や病が急変したり、ときには事件や事故に巻き込まれたりするような事もありますので、本月は日々身の回りの状況をよく注視して対処するようにしてください。又、暗剣殺を背負うと、感情の起伏が激しくなりやすく、苛立ちも感じやすくなり人と仲違いしたり、衝動的に物事を荒立てたりして周囲に多大な迷惑を掛けたりする行動を取るような状態に陥りやすくなりますので、本月は自身の行動や言動をよく注視するように心掛けてください。■運勢に関与してくる象意本月は4緑木気の象意が他動的運勢・自発的運勢に関与してきます。4緑性の象意には「縁談、良縁、縁にゆかりのある人や物、遠方の人、手紙、メール、DM、チラシ、通知、通達、連絡、電話、通信、インターネット、信用信頼、就職、糸や繊維など細長いもの、飛行機、風、長女、整理、不安、迷い、4緑木星の人、3と8の数、緑色系」などがあり、これらの事柄が他動的、自発的運勢に強く関わってくるキーワードとなりますので、双方の運勢の吉凶に応じて、これらの事柄の関わり方をよく見極めてください。■方位の効果本月は、過去に旅行や引越などにより「北東方位」又は「8白土気」の祐気(吉)又は剋気(凶)を保有した方は、祐剋の象意が発現しやすい月となります。 祐気を保有している方は、家族、親族兄弟との絆が深まるでしょう。不仲となった親族兄弟、友人などがいれば、寄りを戻すような事が起きるでしょう。相続、継承などで恩恵を受けるようなことがあるでしょう。貯蓄や蓄財の恩恵を受けたりするでしょう。仲介役や引継ごとで良いことがあるでしょう。良い環境の変化が訪れたりするでしょう。 剋気を保有している方は、相続や後継者などの事柄で親族兄弟との間で問題が起きたりしますので、よく話し合って問題を解決しましょう。家庭内が不和になりやすくなるので、家族と共に過ごす時間を大切にしましょう。貯蓄や財産を切りくずような事情が生じるかもしれまんので、心当たりがあるときは、事前に回避策を考えておきましょう。物事を変更したり中断したりすような気持ちに囚われますが、結果的に裏目となるので十分注意しましょう。心境や環境に急な変化を与えるような事柄に遭遇するかもしれまんので、状況をよく注視して対応しましょう。 方位鑑定のご相談はこちらより承ります。■本命星の九星について本命星となる九星を知るには、以下の早見表から該当する生まれた年の「西暦」欄の下の「九星」の枠内をご参照下さい。尚、出生日が2月3日以前の場合は、前年の西暦が生まれ年となりますので、方位と取る際はご自身の九星を見誤らないようにご注意下さい。

  • 07Jun
    • 一白水星の人の運勢(2019.5月節)・年齢20歳/29歳/38歳/47歳/56歳~

      この度、毎月定期的に更新してきた九星による運勢判断につきましては、しばらく休止させていただきます。この運勢判断をご愛読頂きました皆様におかれましては深く感謝申し上げます。2019年5月節(5月6日~6月5日迄)の本命星「一白水星の人」の運勢について、簡易的ではありますが以下に私なりの見解を踏まえて運勢を判断致します。この運勢判断の内容は月々に定められた期間の終始に急に切替わるものではなく、過去の因果関係と連なって、その月毎の節目前後に発現してくるものです。この運勢判断の内容に当てはまるような事柄などがあれば、この運勢判断を巧く活用して人生の糧にして頂ければ幸いです。■1白水星の人2019年度で、20歳/29歳/38歳/47歳/56歳/65歳/74歳/83歳/92歳、以降9歳足したごとの年齢になる方です。但し、誕生日が2019年1月1日~2月3日迄の方は、前年の九星「2黒土星」が本命星となりますので「2黒土星の人の運勢」をご参照下さい。※参考記事:1白水星の人の吉方位■2019年度の運勢本年度の1白水星は、西に廻座しますので、今年は何かと物足りなさや不平不満、未練など、腑に落ちないようなことを感じやすく、どこか心が満たされないような気持ちを強く抱きやすくなります。それ故に満たされない欲求を満たすために情愛や快楽などを求めやすく、そのモヤモヤした気持ちを解消するために出逢いや歓楽的なことなど、とにかく満足や納得を得るための欲求が強くなります。会食やパーティ、旅行、レジャー、ギャンブル、買物などに気が向きやすく、そういった事柄にお金を浪費しやすい年にもなりやすいので、強い欲求を抑え、金銭管理も怠らないように心がけましょう。本年は男女問わず結婚願望が強くなったり、恋愛体質にもなりやすいので、一時的な感情や勢いで付き合ったり結婚したりして、後々後悔するような事にも陥りやすいので、一時の感情に流されず将来の事をよく見据えながら相手のことを想うように心掛けたほうが良いでしょう。又、恋愛感情を抱くようになる相手は、既婚者だったり、恋人がいたり、何か円満とならない壁があったりと、世間ではなかなか認められないような儚い恋になったりもします。時には不倫などに走ることもあります。恋愛は自由ですが、周囲を悲しませることは虚構の世界に閉じこもるだけです。尚、本年は口が禍の元と成す出来事が多くなりますので、不満や愚痴をこぼして仲違いしたり、口論の末、喧嘩、ときには衝動的になって刃傷沙汰を引き起すような気にも触れやすいので、日頃の言動には充分に注意することです。又、雄弁多弁をもって物事に取り組むも中途半端に終わらせて失態や損失を被ることもありますので、本年は何事も根気よく粘り強く取り組むことが肝要です。尚、過去に吉方として西方位又は7赤金気の祐気を用いた方は、金銭や物質的なことによる喜びや恋愛運が向上する年となるでしょう。■他動的運勢本月は、年月盤共に8白土気中宮重なるため裏の7赤金気を中宮年盤と見做し鑑みると、本月の1白水星は艮宮の先月同様の2黒土気に被同会しながら「暗剣殺」を背負うので、自らの意志や行動によらない他動的から来る運勢がよろしくありません。尚、先月同様に以下のような事柄がさらに強く発現しやすくなりますので、このような事柄が現に起きている方は、これ以上、禍を引きずらぬようによく注視して対処するように心掛けて下さい。 営業や商売で不利益な事が起きたりするようなことがある。 労働条件で腑に落ちない事や不利になる状況が起きやすい。 望まない転勤や出張などで家庭環境が急転し悪化するようなことがある。 経営者と労働者との間で口論や争い事が起きやすい。 不動産のことで親族兄妹と揉め事などが起きやすい。 妻、母、主婦、老婆のことのためにした事で不利益を被ることがある。 古い出来事や仕事のことなどで不満や問題を抱えたりする。 古い物や商品に手を出して損をしたり、古物を売っても利を得にくい。尚、被同会する2黒土気の象意には「母親、妻、老婆、営業、労働、従業員、従事、補佐、秘書、弟子、不動産、土地、土砂、粉類、土木、空き地、空き家、墓地、僻地、農家、田畑、古い出来事、中古品、5と10の数、黄色黒色系、2黒土星の人」などがあり、このような2黒性の象意の事柄において、何かしら見たり触れたり感じたり関与してくるようなことが起こりやすい月ですが、本月は事の成行きがよくないので気になっても関与しないことです。関わると物事が滞ったり、過去の禍ごとが再発したりしますので注意して下さい。■自発的運勢本月は、年月盤共に8白土気中宮重なるため裏の7赤金気を中宮年盤と見做し鑑みると、本月の1白水星は兌宮の先月同様の9紫火気に同会しながら「暗剣殺」を背負うので、自らの意志や行動による運勢があまりよろしくありません。尚、先月同様に以下のような事柄に関心事がさらに強くなり自発的に着手するようなことが起きやすくなりますので、このような事柄が現に起きている方は、これ以上、関与干渉しないことです。 大切な人や関わりの深い人から離れたり別れようとしたりする。 金銭上のトラブルを起こしやすく、訴訟問題が起きたりすることもある。 二心を抱きやすく浮気をしたりすようなことがある。 会社を辞めるようなことや家を出ていくようなことがある。 契約で保証人になったりして後日の禍となることがある。 先行きを見誤ったりして金銭の損失や被害を被るようなことがある。 何かと苛立ちを感じやすく、高慢になり人から敬遠されたりすることがある。 火による事故や怪我、または火事を起こしやすい。 税務上のことで、査察や検閲が入るような事が起こる。 不利なことが露呈し大きな問題を抱えたりするようなことがある。尚、同会する9紫火気の象意には「離別、決別、離婚、別居、引越、家出、離職、復縁、復帰、復職、追究、発明、発見、先見の明、華麗なもの、名誉、地位、争闘、勝負事、裁判訴訟、高所、先端が尖った物、火、薬品、2と7の数、赤色紫色系、9紫火星の人」などがあり、このような9紫性の象意の事柄に関心が強くなったり干渉しやすくなる月ですが、本月は自発的に取る行動によって、物事が明らかになったり争い事どが生じて禍事に転じやすいので、これらの象意に気が向いても関わらない事が肝要です。本月は、苛立ち感じやすく、闘争的になり人と争ったり決別したりするような問題事が起きやすくなるので注意して下さい。■月盤の廻坐による心理的影響本月の1白水星は、月盤の西方に廻坐します。本命が西に廻坐すると、賑やかなお祭りが終わった後のように虚しさを感じやすい状態となります。物事を消極的、悲観的に捉えやすくなり、良い出来事があっても、どこか心が満たされず、未練を抱いたり、しっくりこない気持ちになります。それ故に欲求が強くなったり、不平不満が募ったり、人と口論となったり愚痴が多くなりがちです。虚しさや不満を解消するために愉快なことや快楽を求める気持ちが生じやすくなりますので、楽しむことに目を向けるようになります。幸せだと思える出来事があっても、後から虚しさや切なさを感じやすくなりますがあまり気にしない事です。何をしても何か満たされない腑に落ちない、なんかモヤモヤとした感じ、そなん時期は誰にでもありますが、気にすれば欲求が尽きなくなるだけですから深く考え込まないことです。又、異性に対して恋愛感情を抱くような気が芽生えることもありますが、その相手は既婚者だったり、恋人がいたり、何か円満とならない壁があったりと、世間ではなかなか認められないような儚い恋になったり、時には不倫などに走ることもあります。恋愛は自由ですが、周囲を悲しませることは虚構の世界に閉じこもるだけです。西又は7赤金気の剋気を保有している方は、衝動買い、賭け事、暴飲暴食、交遊事などに夢中になったりと、不摂生な生活に陥りやすくなります。自制を見失い自分自身のルールを破って堕落した人生を歩むようなきっかけに繋がるかもしれませんので、本月は日頃の行動をよく注視しておくことが肝要です。本月は金銭の実入りが良い時期とも言えますが、その分、楽観的になったり、買物や遊行事、異性との付き合いでお金の浪費が激しくなりやすい時期とも言えますので、多額なお金を無意味なものに費やさないよう気を付けて下さい。■運勢に関与してくる象意本月は「五黄殺」の象意が他動的運勢・自発的運勢に関与してきます。五黄性の象意には「自暴自棄、破滅、破壊、事故、怪我、事件、凶器、犯罪、脅迫、スリ、盗難、紛失、大病、腐敗(土化)、脅迫、暴力、殺意、詐欺、汚職、破産、倒産、黄色、黒色、ハザード色、5と10の数」などがあり、これらの事柄が他動的、自発的運勢に強く関わってくるキーワードとなります。本月は自発的、他動的共に運勢がよくありませんので、これらの事柄に遭遇するような状況に陥らないように十分に注意されてください。■方位の効果本月は、過去に旅行や引越などにより「西方位」又は「7赤金気」の祐気(吉)又は剋気(凶)を保有した方は、祐剋の象意が発現しやすい月となります。 祐気を保有している方は、金銭や食の恩恵を受けやすくなるでしょう。プレゼントを戴いたりなど物質的な悦びを得やすくなるでしょう。会食やパーティ、音楽や舞台鑑賞などに出向くような機会があり良い出会いとなり恋愛に発展するようなこともあるでしょう。旅行や観光をしたくなる気分になりますので、吉方を用いれば、さらに良い出来事へ繋がるでしょう。 剋気を保有している方は、金銭ごとのトラブルに遭いやすくなるので貸し借りはきちんと精算しましょう。淫らな生活を好み浪費が多くなるので、価値観を見直して欲を抑えるようにしましょう。異性問題が起こりやすくなりますので、付き合い方に問題が有れば見做して改善していきましょう。 方位鑑定のご相談はこちらより承ります。■本命星の九星について本命星となる九星を知るには、以下の早見表から該当する生まれた年の「西暦」欄の下の「九星」の枠内をご参照下さい。尚、出生日が2月3日以前の場合は、前年の西暦が生まれ年となりますので、方位と取る際はご自身の九星を見誤らないようにご注意下さい。