こんにちは、
幼児教育トレーナーの大高あさよです。
 

自己紹介はこちら!
 

Lineのプレゼント動画がリニューアルになりました!

≪ 期間限定配信 ≫、ですので、
今すぐ、お受け取りくださいね!

下記、Lineより、
プレゼントをお受け取りください。

 

↓ ↓ ↓

 

友だち追加

 

 

今日は、10月だとは、
思えない夏日でしたね。

 

10月も、もうすぐ中旬、
2021年も残り、2か月半ですね。

時が過ぎるのは、ホント早いですね!

子どもたちの成長も、とっても早く、

娘は小学3年生になりました。

小学3年生といえば、
よく言われる

「9歳の壁」。
 

「9歳の壁」とは、
学校で学習するレベルが
急に上がることで、

勉強についていけない子どもが

出てくる時期です。


この「9歳の壁」をうまく乗り越えられるかは、

実は、幼児期からの積み重ねが大事
 

中でも、

自律心の強さが、
困難を乗り越えるために必要です。


 

ところで、あなたは、

自律心って、
いつごろ、どうやって育てるのか?

ご存じですか?


自律心は、

実は、2~3歳の発達課題なのです。



このことは、
あまり知られていないので、

多くのママたちは、
2~3歳の時期の育て方を間違った結果、
 

子どもが、なかなか登園準備をしない。
子どもが、すぐ『できない、やって!』と言う。

子どもが一人で遊べない。
 

という悩みを、3歳以降に経験しています。

 

 

さらに、
この困った状況を乗り越えることなく、
 
親が、手出し口出しすることで、
幼児期を過ごしてしまったお子さんは、
 
小学校に入ると、
もっと困った状況に陥っていきます・・・
 
 
モンテッソーリ教育では、
子どもの困った状態を、
 
逸脱発達、と読んでいますが、
 
 
子どもの逸脱発達の原因は
\親/にあります。



子どもが幼稚園や
小学校で経験する、困った状況は、

親の育て方に要因があるということです。


でも、これは、見方を変えると、

親が、子どもへの関わり方を変えることで、
子どもの逸脱発達を解決することができ、
 
子どもは、本来のよりよい姿に育つこと
=正常化
 
することができます。
 
 

もし、あなたのお子さんに、

逸脱発達の傾向があるならば、

 

小学生になって、

大きな問題に直面する前に、

 

 

幼児期のうちに、

お子さんの逸脱発達を解決することを

おススメします!

 

 

10月に開催する1Dayセミナーでは、

子どもの現在の逸脱発達の原因を特定し、

子どもを正常化させる方法を解説します。

 

 

子どもを正常化させるポイントとして、


1、自己肯定感
2、集中力
3、自律心


の3つの心の力を育む方法をお伝えしますよ!
 

 

 

▼成功する準備が整う3つの心の力を育てる!

EQ×IQモンテ式子育ての秘訣、1Dayセミナーは、こちら!

 

 

今なら、
Lineでお配りしている【割引クーポン】を使うと、
 

\実質0円/
1Dayセミナーに参加できます!
 

 

クーポンのご利用は、明日10/12(火)までので、
今すぐ、ご確認くださいね!

 

↓ ↓ ↓

 

友だち追加