こんにちは、
幼児教育トレーナーの大高あさよです。
 

自己紹介はこちら!
 

Lineのプレゼント動画がリニューアルになりました!

≪ 期間限定配信 ≫、ですので、
今すぐ、お受け取りくださいね!

下記、Lineより、
プレゼントをお受け取りください。

 

↓ ↓ ↓

 

友だち追加

 

 

今日は、FBライブで、

 

子どもの才能を伸ばす
幼児教育の3つの特徴

 

についてご紹介しました。



あなたは、幼児教育として何をしていますか?

 

 

そして、それは、

 

どのような目的のために
行っていますか?

 


例えば、
ピアノを習っていたとして、

1、子どもが将来、それを職業とすること

を目的に習っているのか?

 

2、子どもの能力を高めるために

それを習っているのか?

 

どちらですか?


うちのケースでは、

2の「能力を高める」という目的と、

 

子どもがピアノが好きなので、

「趣味」として、習っていたりします。


幼児教育って、ほとんどが

「能力を高める」ことが目的で
 

プロになろうという意識は

あまりないと思いますが、

 

 


何かを頑張るなら、

他者より優れていないと・・・

 

 

という他者と比較する親の意識があると、

子どもに、頑張ることを

強く求めてしまうことがあります。


そうなってしまうと、

子どもの能力開発が

 

まるでプロになる

トレーニングのようになり、

 

 

「やりたくなくても、

やらないと上手くならないでしょ!!」
 

 

とまるで鬼コーチみたいな

関わり方になってしまいます。


 

それでは、子どもの才能は育ちません。

 

 

 

子どもの才能を育てる幼児教育は

 

適時教育

 

であることが大切です。

 

そして、適時教育を行うためには、

子どもの観察、が欠かせない。

 

そういう組み合わせになっています。

 

 

本日行ったFBライブでは、

適時教育の3つの特徴

について解説をしています。

 

ぜひ、下記よりライブ録画をご覧くだささいね!