お久しぶりの投稿になりました。サイトの更新の方も滞っています。

 

 

大きな企業は、社会の仕組みに必然的に関わることになります。

トヨタが「終身雇用は難しい」と発表したことが実質的に終身雇用制度の崩壊を示したように、大企業は国レベルでの国民との関わり方が発生します。

 

私が目指しているのは、地域との関わりです。

大企業は日本に、数%しか存在しません。日本経済のほとんどを支えているのは中小企業です。

中小企業が国の政策に関わるほどに影響力を及ぼすのは、難しいでしょう。けれど、地域とは密着に関わってきます。

副業を促進する動きなど、働き方が多様化しています。

中小企業の働きかけで、地域レベルで新しい働き方が受け入れられてゆけば、ゆくゆくは地域モデルが広がって、日本全体が認識を変えていける可能性を私は考えています。

 

 

ただしかし、夢が大きすぎて、今の私の現実とうまく噛み合っていません。今感じている苦しさは、そのための産みの苦しみのようなものではないかと思っています。

 

私が目指す在り方を、そのまま体現している人はなかなか見つかりません。いろんな人の一部一部、参考になりそうなところを真似しながら、進んで行くしかないかな、と今は思っています。

 

あなたに同じ想いがあれば、応援していただけたら嬉しいです。

お読みいただきありがとうございます。