京都の金戒光明寺さんでアフロ仏さまに出会ってから

その慈悲深いお姿に魅了され

すっかりファンになってしまった私です爆  笑

 

この日は西国三十三所

二番札所の紀三井寺さんへお参りに行こうと思っていたので

この機会に!! と、アフロ仏さまにお目にかかりに行ってきましたおねがい

 

以前のアフロ仏さまの記事は矢印の二つです。

 

文殊菩薩を求めて 金戒光明寺さんへ(京都)

 

五劫院 涅槃図・五劫思惟阿弥陀仏坐像御開帳

 

 

道成寺仁王門

 

この石段は左右の土手が逆ハの字になっていて

石段全体が台形になっているそうです。

62段の石段が上り易く、また最上段が近くに見える工夫だそうです。

 

上に行くほど確かに土手が広い電球

 

文武天皇勅願寺

宮子姫は髪のない女の子でした。

海から拾い上げた一寸八部(約5センチ)の観音様を拝むうち、

髪長姫と呼ばれるほど美しい黒髪の持ち主に成長しました。

この噂を聞きつけた藤原不比等卿の養女に召し上げられ、

さらに文武天皇のお妃に選ばれました。

道成寺は観音様と両親への恩返しの為、大宝元年(701)に建てられました。

 

女性の良縁(玉の輿)・開運を祈るお寺として信仰されています。

 

手水鉢(蛇口を捻る系)

 

コロコロ回してご挨拶。。。

 

本堂

 

御本尊 初代千手観世音菩薩(重文) 奈良時代

                                                ※ポストカードより

本堂修理に伴い昭和62年に発見された

日本最古クラスの千手観音像。

(奈良期の千手観音像は2~3体しか現存せず。)

像高243㎝。

 

不思議な事にこの千手さまは

この位置から仁王門の開口部を通し

参道を見渡しておられるようですびっくり

 

この日は朝から雨で、道成寺に着いた頃やっと晴れ間が出てきました。

帰る頃には快晴青空

 

宝佛殿

受付で拝観料を納め宝佛殿へ。

 

ご住職さまが仏像の説明をしてくださいました。

 

道成寺本尊

千手観音菩薩立像(国宝)平安時代                          ※ポストカード

月光菩薩(国宝)と日光菩薩(国宝)を脇侍に持つ

珍しい組み合わせの三尊像。(通常は薬師如来の脇に立つ事が多い)

薬壷を前にお持ちで44臂

像高3・20m

 

何もお持ちでない手(手の打ちようがない)は

どうすればよいのか、考える機会を与えてくださいます。

皆が助け合えば手は1000本おねがい

 

この千手観音さまを拝する時の柏手は3柏合掌合掌合掌(・は1柏おいて)

 

美しい千手観音さまに長時間うっとりしておりましたおねがい

 

左:月光菩薩 右:日光菩薩 平安時代

 

 

宝佛殿は四隅に四天王像、

一二支守り本尊が時計まわりに安置されており、

御本尊の脇には「宮子姫」が祀られています。

おりんを鳴らし、女性は開運・玉の輿を祈願するとご利益があるそうです上がる上がる

 

若い頃の格好いいお釈迦さまも鎮座されていました。

 

3~4世紀の仏足など

 

国宝3点、重文11点、県指定文化財4点、年中拝観可能です。(有料)

 

大変見応えのある、

天皇陛下も御献香されました宝佛殿でした。

観光バスが多かった事も頷けます。

 

 

 

宝佛殿拝観後は隣の

 

縁起堂で「絵説き説法」をお聞きしました。

 

縁起絵巻とよく耳にしますが

昔はどこのお寺さんでも絵巻を使って絵ときをされていたようです。

現在は道成寺のみとなっているようです。

 

その絵ときというのは一日多い時で10回。

1年に3000回同じ話しをしています。  と爆  笑

 

内容はこの道成寺に伝わる

安珍(修行僧)」と「清姫(それは美しいお姫様)」の物語でした。

 

ざっくりまとめると

一夜の宿を求めた僧・安珍に清姫が恋の炎を燃やし、

求婚するもうまく言い逃れられ、思い叶わず裏切られたと知る。

清姫は60kmの道のりを裸足で追いかけ滝汗滝汗

いつしか大蛇となって安珍を追いつめ

最後には

道成寺の釣鐘の中に逃げた安珍を

焼き殺す炎という

 

今でいうストーカー殺人に発展するお話し滝汗

 

ご興味のある方はこちら。

 

そのお話を聞いてからの安珍塚

釣鐘に逃れて焼き殺された安珍と釣鐘を葬った場所だそうです。

おどろおどろしい感じはもう残っていませんが・・・

木々はおどろおどろ捻じ曲がっています滝汗

 

鐘楼のあった場所

最近の調査でこの場所にその釣鐘があったことが分かりました。桜の木の下からは

焼け焦げた土も出土したそうです炎滝汗滝汗

 

護摩堂

 

鎮守三社

 

念仏堂

 

こちらに五劫思惟阿弥陀如来坐像が安置されています。宝永4年作(1707)

                                                ※ポストカード

若い頃の阿弥陀如来さまが衆生救済の為

五劫という長い長い年月に渡り思惟され髪が伸び放題になったお姿。

 

何と慈悲深いお姿おねがい合掌

今日こちらに来れましたご縁に感謝いたします合掌

 

私は未だ

袖の中で弥陀の定印を組まれているお姿しか拝見した事がないです。

 

念仏堂は常時拝観可能とのこと。(無料でした)

 

三重塔

道成寺から20キロ離れた妙見神社の御神木で建てられました。

木の寿命は材木になると生木の年数以上になるそうです。

搭の心柱の長さは20m。

相当大きなヒノキであったことが伺えます。

 

御神木を懐に抱く有り難い三重塔です合掌合掌

 

閻魔の廰(ちょう) 十王堂

 

二代目鐘楼跡

釣鐘で有名な道成寺に実は釣鐘がありません。

二代目の釣鐘も天正13年(1585)雑賀攻めの際に持ち去られ、二年後には

京都の妙満寺に奉納されています。

三代目の釣鐘は考えておられないようです。

 

釣鐘珍は

今でもここに生きています。と・・・ (私は決して言ってません。絵解き時談爆  笑

 

道成寺の御朱印と御詠歌

 

 

道成寺の五劫さま、誰かに似てる電球と思ったら大坂なおみさんだったテニス

 

いつも長い長い記事を最後までご覧下さりありがとうございますおねがいきらきら

 

今日も素敵な一日をお過ごし下さいきらきらきらきら

 

 

道成寺

この度

車を一台購入することになりまして

納車したその日に「成田さん」へ行ってきました。

 

「成田さん」といえば交通安全の神さまのイメージ。

 

この日は朝から自治会の掃除当番にあたっていたので

お昼前にディーラーで納車手続き。

 

現在乗っている車は下取りには出さないので

2台分の保険手続きなどなどしていたら

成田さん到着が夕方近くになってしまいました。

 

まずは交通安全の御祈祷の受付を・・・

新車がズラズラっと並んでいましたびっくり

どんどん増えていきます。

 

御祈祷開始まで20分あるので

本堂へご挨拶に・・・。

 

この日、4月8日だということは分かっていたんだけど・・・

 

まさかの

お釈迦さま花まつり開催中でしたおねがい合掌

 

急遽納車が1週間早くなり、慌てて飛んで来た成田さんだったので

まさかまさかで

有り難かったですきらきらきらきら

 

花御堂(はなみどう)の中のお釈迦様誕生仏に甘茶をお注ぎして

お祝いいたしましたおねがい合掌 初体験はーと

成田幼稚園の園児さん達もお祝いに来られるということで

思い出したんだけど

息子達の通った幼稚園(菩提寺の経営する幼稚園)でも

花まつりとあま茶のお振る舞いがありました。

こんな素敵な経験を毎年させて頂いてたんだなぁと改めて感謝おねがい合掌

 

本堂では釈尊降誕会特別大護摩供の真っ最中太鼓太鼓

 

太鼓が鳴り響き、大迫力の護摩供びっくり

 

ご自由に本堂へお入り下さい。とありましたが、

車の御祈祷がありますので

本堂前からご挨拶しました。

 

あま茶まで頂き感無量ですおねがい合掌

 

 

祈祷殿での交通安全祈祷は今回で2度目ですが

大きなお不動さまの前で迫力の御祈祷でしたきらきらきらきら

 

10年前なら抵抗のあったこの黄色いステッカーも

堂々とペッタン爆  笑きらきら

お守りは住所、氏名、車両ナンバーが入ってます。 早速車内に。。。おねがい合掌

 

御祈祷が終わり改めて成田山不動尊へお参りしました。

こちらが山門

縁起

成田山の御本尊は

嵯峨天皇の勅願により、

弘法大師が自ら彫刻し、開眼した不動明王。

平将門が反乱を起こし、

朱雀天皇の密勅を受けた寛朝大僧正はこの不動明王とともに

関東へ入り「国家安穏将門降伏」の護摩法を修したところ

ご霊験により反乱は平定。

以来、成田市に鎮座し、大本山成田山新勝寺として今日に至ります。

 

ここはその関西別院。大阪の表鬼門を浄め、京都の裏鬼門を守ります。

 

どうやっても目が合う狛犬さん。

 

 

明治100年記念と書かれた石燈籠 

 

手水舎

 

最近は自動式が多く見られます。

 

車の御祈祷が終わる頃には人もまばらに・・・

 

笑魂塚

関西演芸協会10周年記念碑

お盆には笑魂祭が開催され柴燈大護摩供が行われるそうです。

関東の成田さんは歌舞伎に対し、関西は「お笑い」なんだそうです爆  笑

 

鐘楼

 

本堂

御本尊 不動明王(大本山成田山新勝寺のご本尊の分霊)

 

再び本堂に戻って来た時には「花まつり」が撤収されていました。

先ほどギリギリ滑り込みでお釈迦さまにご挨拶できて良かったです笑い泣き

 

 

本堂の護摩供はもちろん終わっていましたが、

堂内拝観可能でしたので、お不動さまのすぐおそばまで。。。

 

御本尊が不動明王ということで

 

きらきらきらきら大きな力強いお不動さまきらきらが鎮座されていましたおねがい

 

堂内の撤収作業も進んでいましたので

参拝者はDさんと2人。

暫く大きなお不動さまに圧倒され呆然・・・・びっくりびっくり

 

今日来れましたご縁に感謝いたします合掌合掌

 

本堂をあとにし

 

授札堂も閉鎖されていました。

 

その向こう側に弘法さまがいらっしゃり・・・

 

ここが大師堂だと知りました電球きらきら ←何も調べてなかった汗

 

大師堂

もちろん献灯も献香もできませんでしたが、ご挨拶し

またゆっくり来ますとお伝えしましたおねがい合掌

 

大師堂の向かいに観音像

 

子好地蔵菩薩

 

少し奥に入ると大黒天堂

 

出世稲荷堂

ちょっと驚いたんだけど

こちら吒枳尼天尊(ダキニ天尊)がお祀りされていました。

 

何でもすごいお力を持たれた神さまだと

ブロ友さん情報で知ったばかりだったので

普段はお願い事しないんだけど

思わず真剣にお願いしました真顔合掌

 

いつもおキツネさま、ちょっと緊張するんだけど

こちらのおキツネさま、お話できそうな感じで(ほんまかー)不思議と大丈夫でしたニコニコ

 

Dさんにもしっかりお祈りするように伝えましたよウインク

 

今日はいいお参りが出来たねって感動しながら戻って行きますきらきらおねがい


 

すると

笑魂塚を通りすぎたあたりで

「これこれ!こっちこっち!」

と何かに呼び止められ耳←これ本当に

 

近付くと・・・

新四国八十八カ所 第一番 弘法大師と書かれた祠が・・・びっくり

さっきは全く気が付かなかった場所汗

 

そしてその祠の横には

四国八十八カ所お砂踏み霊場がありましたびっくりびっくり

第一番弘法大師・・・( 艸`*) 

ちゃんと第一番は霊山寺から始まっていましたウインク

 

手前からグラデショーンのように八十八のお社が並びます。

 

明らかに一社ずつ時期をおいて新しくなっているのが分かります。

ブルーの屋根の古いお社も、これから一社ずつ新しくなっていくのでしょうウインクきらきら

 

教えて頂かないと耳気付かず帰ってしまうところでしたおねがい合掌

成田山不動尊、素敵なお参りが出来る寺院ですきらきらきらきら

 

 

成田さんの御朱印

「本尊 不動明王」

 

成田さんへお参りしたら門前の「香月」さんで餅パイ(名物らしい)を

いつも買って帰りますウインク

 

今回も美味しく頂きました♪♪

 

いつもご訪問ありがとうございますはーとはーと

 

今日も素敵な一日をお過ごし下さいきらきらきらきら

 

 

本堂、大師堂のお参りを終え、

納経所で奥の院への参拝が可能かどうかお聞きしました。

(道中が険しい山道だったので)

 

整備された綺麗な道ではありませんが、

参拝可能です。という事で行ってみることにしましたおねがい

 

こちらから上がって行きます。 片道40分ということでしたが・・

 

なかなかの坂道です汗 短歌の小径

 

 

あちらこちらに短歌の石碑がありましたが、写真がありません真顔汗

というか余裕がなかったあせるあせる

写真を撮る時が唯一の休憩。

 

 

足元は悪いけれどなんとか歩けます。

 

 

この道で合っているのかちょっと不安もよぎりますくまいのしし

 

帰り道ではヤマカガシがいましたへび

走って逃げて急な坂で止まれなくて焦りました滝汗

 

 

日頃ジムで鍛えている母が一番元気です滝汗

 

後ろ姿は完全におばあちゃんだけど爆  笑

 

落ち葉と砂利の坂道が延々と続きます。

 

この日は涼しかったのに汗だく滝汗汗

 

もう奥の院はこりごりだと母妹。

いやいやこれからも奥の院はお参りの行程に入れるちゃうぞ真顔

心の中でつぶやく爆  笑

 

もう限界

この道で合ってるん?

 

と、ブーイングの中案内板が見えてきました電球

 

黒岩大権現 大山寺奥の院登り口

 

なんとなんと

ここまで来たら、道路と繋がっていました滝汗

駐車場はありませんが・・・

 

もうすぐですきらきらきらきら

 

見えてきました。

 

少し高台にお社が。

波切不動尊がお祀りされています。

 

正面に回って黒岩大権現堂に入りました。

中はとても綺麗に整頓されていて、

折られたばかりの千羽鶴が沢山掛けられていました。

 

祭壇の前に座ると正面の壁が透かしになっていて

ちょうど先ほど高台に見えたお社が拝めるようになっています電球びっくり

 

※HPよりお借りしました。

 

こちらで般若心経を唱えしばし呼吸を整えました。

来て良かったねと満場一致でした← 

 

 

この後、ひいひい言いながら境内まで戻ります。

やっぱり奥の院はもういいから。とブーイング滝汗どっちやねんつっこみ

 

境内から黒岩大権現の立札まで36分。

帰りは約20分で戻ってきました。

 

 

再び納経所です。

今回は記念散華の額造りを諦め、散華保存帳を購入しました。

色々なお札や額が増えきちんと飾れる場所がなくて・・・。

 

別格限定の数珠造りも迷った末

少し女性には大きいサイズかな・・・という事で諦めました。

 

交通安全のステッカーは子ども達が運転免許取得中で

いずれ我が家の車に乗るだろうということで購入。

 

散華保存帳 数えてみたら92枚収納可能。

散華と御影を見開きで保存することにしました電球

 

大山寺さんは1番札所なので

別格専用の納経帳や、白衣、おいずるなども販売されていました。

 

 

奥の院 黒岩大権現の御朱印

 

膝が笑って笑って

仁王門までの石段は危険と判断真顔

境内駐車場からの仁王門までの車道を歩く事にしました矢印

 

 

 

 

お寺のワンコがしば犬嬉しい、私達の側に走ってきます。(繋がれています)

 

 

吠えない賢いコで

逆光で良くお顔が見えなかったけれど・・・

 

 

自宅に帰ってアップしてみたら・・・

 

観音さまみたいおねがいおねがい

 

しかも

 

もう来ないつもりでしょ? 

 

また来てね。って言ってる←←幻聴か爆  笑

 

という事できっとまたいつの日か参拝にきますね。

ありがとうございましたおねがい合掌

 

 

いつも長い長い記事を最後までご覧下さりありがとうございますおねがいきらきら

 

次のお四国入りは6月頃に予定しています。

今日も素敵な一日を~きらきらきらきら

 

 

大山寺

 

  2番札所 童学寺まで45分

20番札所 大瀧寺まで1時間16分