美山米パン吉之丞 の 自然栽培米
  • 18Aug
    • 農業を始めて11年、初めてお米が完売しました☆の画像

      農業を始めて11年、初めてお米が完売しました☆

      昨日で吉之丞の無農薬米が完売しました。11年前にお米づくりを始めて、ず~と変わらず、今現在の田んぼの稲も草と一緒に育つ無農薬米☆苦節11年(そんなには苦労してないけど)。やっとこの日が来ましたよ☆☆嬉しいです(^◇^)▲今年の稲の姿(草も多いけど、これでも良い方です)新米出来たら、宜しくお願い致しますm(__)m吉之丞

  • 26Jul
    • 10年間お米を売らなかったのは、、、の画像

      10年間お米を売らなかったのは、、、

      昨日、吉之丞の無農薬米を購入頂いたお客様から心和むこんなメッセージがあった。『いつかは自分で無農薬米をつくりたいです』12年前に初めて田んぼでお米をつくった時を思い出しました。今のようにYouTubeとかもなくて、全くの素人が何の知識もなく無農薬のお米をつくると、とても高い確率で悲惨な収穫量になります。その時の僕の収穫量は他の農家の方の1割くらいでした(爆)でも草と一緒に育った(草の方が圧倒的に多かった)その貴重なお米の味は感動って言葉では安っぽいくらい美味しかった😊▲これが初めてつくったお米の収穫直前の姿。あり得ないスカスカやけど美味かった(^◇^)マジで!!その後も栽培技術が進歩しない私は普通の農家さんの五倍くらいの手間をかけ、収穫量は20%程度という状況が続いた。ほんと農業始めて10年くらいは、自家栽培米があまりに手間がかかり、あまりに収穫量が少ない為に、とても販売したいとは思わなかった。たぶん無農薬米を自給してる方なら、そんな感覚わかると思う。これがお米を販売しなかった一番の理由でした😁野菜もお米もそうやけど作物って、収穫量と味が比例しない気がする。なのでスーパーに並ぶプロ農家のトマトやキュウリなんかより、小さい家庭菜園の自給野菜の方が圧倒的に美味しかったりします。今の吉之丞米も普通の農家さんの半分くらいの収穫量やけど、12年前のこの時のお米に比べたら、相当に収穫量は増えました。最近色んな方にお米の味を誉めて頂くけど、、、今のお米って初めて作ったあの時のお米の味にに勝ててるのかな(^^)自分で野菜や米をつくる感動だけは凄いですよ☀️

  • 16Jul
    • 久々のプチ太陽☆の画像

      久々のプチ太陽☆

      今年の梅雨は太陽が出ない。ほとんど毎日雨が降っている。去年も太陽はほとんど出なかったけど、こんなにも雨は続かなかった。流石に稲も野菜も雑草も太陽を待ちわびてる感じ。本来なら夏の京都の猛暑名物でもある祇園祭の真っ最中なのに、今年は涼しい。いや寒い。今朝はレッグウォーマーをはいたし。たぶん今晩寝る時も。▲7月上旬の吉之丞の田んぼで必ず一杯生まれるドンポ☆無農薬の田んぼにやたら多いトンボちゃん。あまり意識してなかったけど他の田んぼではあまり見ない気がする。天使の羽みたいや😁

  • 29Jun
    • 1年前の今頃は、身も心も辛かった。の画像

      1年前の今頃は、身も心も辛かった。

      去年の今頃はホント終わってました。無農薬栽培で一番大切な田植えから1ケ月の勝負月である6月に1番大切な6月に、体調不良によるドクターストップ。(医者には行ってないけど)うってかわって今年は今のところは余裕な感じ☆5月のパン屋コロナ休業で体力が温存出来たのも大きいかも。今年は通常2回かける動力除草を3回にする予定。(既に2回は終わってる)今のところは順調に育ってる感じ。▲これは見学に行ったマコモの写真。凄い生命力!吉之丞の田んぼでも少し育ててます。

  • 12Jun
    • マスク警察と大らかな空気

      先週から村全体で取り組んだ自粛休業も終わり通常営業が始まった。お客さんのほとんどは当然のようにマスクを付けている。自分の意志でそうしてる人もいればマスク警察(人の目)を気にして、そうしてる人もいると思う。店側に関しては、ほぼ100%マスクを付けて対応している。それが日本のスタンダード。ところ変わってスウェーデンでは日本以上にコロナが広がっているにも関わらずほとんどの人がマスクをしていない。ずっと今まで通りの日常を送っている。それがスウェーデンのスタンダード。同じ人間なのにどっちが正解?どっちが間違い?そんなもの一律にあるわけなくて個人の自由意志による自由選択で良いわけで。でもマスク警察や自粛警察によって自由意志を貫くのはそれなりの覚悟が必要で。特に店側の人間にとっては。メディアが伝えることは全部正解?今コロナを通して、多くの人が政治に不満や不信感があるのに一言で言えば多くの人が信頼してないのに自粛やマスクやコロナの報道だけは全部まるごと信じてるの?俺は全く信じてません☆元高校球児だったので春も夏も甲子園がなくなったのは衝撃でした。自分が高校生の立場だったら、、子供がいま中高生だったらどんな感情が沸くのか想像も出来ません。30代以下のコロナの死亡率は0%中高生達は致死率0%で部活を奪われました。高齢者の為にも若者も自粛が正義のこの空気。いまコロナ自粛が解除されても世の中の空気は全く戻りません。それが日本のスタンダードになってるから。俺が高齢者になって孫が中高生になった時高齢者の俺の為に3年生の最後の部活は自粛してくれって1ミリも思わない確信だけはある。逆に限りのある残りの人生を自粛で外に出られない状態よりもやりたいことを悔いなくやりきりたいと思う。コロナ騒動から半年近く経ったコロナの累計死者数を、わずか1日でガン死者数は上回る。どうしてここまで極端にコロナ恐怖だけを切り取っていつまでこんな空気にしてるんやろ。この空気感でカラダも心も経済も多くの循環が止まってる感じ。それが日本のスタンダードになってるから?俺は日本人やけど個人的にはスウェーデンのスタンダードの方が遥かに惹かれる。でもそれは、あくまでも個人的な感覚。色んな価値観、色んな選択があっても良いやん。マスクも自粛も個人の選択で良いやん。正義は一つみたいに監視し合う空気だけはやめよう。息苦しいから。もっともっと大らかに生きたい。もっともっと大らかな空気の中で。先週の土日、パン屋では大らかな空気が流れていました。マスクをしたお客さんがマスクをしてない自分達に笑顔で話しかけてくれました。何人もの方が。そんな大らかな空気がとてま心地良く感じた。ありがとうございます。

  • 08Jun
    • パン屋と1回目の除草スタート!の画像

      パン屋と1回目の除草スタート!

      一昨日の土日から久々にパン屋をオープンしました。4月10日頃から村全体で自粛休業をしていたので約2か月ぶりの営業。やっぱりパン屋があると気が引き締まります。でも個人的には以前から今現在もコロナはただの風邪やと強く思ってます!!でもこの2か月は結構ゆったり過ごしてきたのでそれはそれで良い体験が出来た感じ☆田植えから約10日くらい経ったので週明けの今日からは1回目の除草がスタートしました。▲相方と1往復づつ機械除草を一人でやるとマジ大変です。今日は午前中に二人で6反(6000㎡)を。去年の今頃はオーバーワークで膝を痛めてました。今年は無理せずに取り組もうと思います☆それでも夕方には足つったけど・笑パン仕事に畑に田んぼ6月は色々と重なる季節。地道に頑張ろ☆吉之丞

  • 28May
    • 田植え終わる~今年は無肥料?の画像

      田植え終わる~今年は無肥料?

      今年のテーマは家庭菜園みたいな気持ちでお米をつくる☆毎年この時期になると田んぼのことばかり考えてる。GWでパン仕事が忙しくても、頭と心は田んぼで一杯。。今年はコロナでパン仕事は休業中やけどテーマは家庭菜園みたいな楽な気持ちで(^^♪で、昨日から田植えが始まった!で、今日終わりました。今年は面積減らして約1.1町歩。今年もトラクタ仕事(代掻き)は相方にお任せで。今年は去年まで春先に撒いてた鶏糞を入れるのをやめました。理由は出来るだけ農作業を楽にシンプルにしたかったから。でも米ぬかは田植え前に撒きましたよ☆1反(1000㎡)あたりで50~60キロ程度を。1反で穫れる玄米から出る米糠が普通の収量ならこれくらいなので、これは肥料っていうのかな?収穫の時に稲わらを田んぼに戻すのと同じと考えるとこれはひょっとして付加価値の高い無肥料栽培ってやつか☆今年はホント労力をかけてない感じ。種籾の温湯種子消毒(60℃に10分浸ける)とか催芽とか何もしなくて種籾を10日間くらい池に浸けといてそのまま撒いて、芽が出たらプール育苗。後は水をはったままで、田植え当日を迎えるって感じで。。それでも田植えまでは農作業で一番エネルギーを使うのは間違いない!今日は久々の重労働。でも無事にトラブルなく出来て良かった☆今日は良い感じの一日やった。今日はビールがきっと美味い!って夜ご飯を楽しみに家に帰ると家庭菜園のジャガイモとスナップエンドウがサルくん達に派手にやられていました。それでもビールは美味かった!!吉之丞

  • 11May
    • 村のトラクタ壊れて、、俺がの画像

      村のトラクタ壊れて、、俺が

      自粛ってことで、とても穏やかなGWを過ごしていた。俺の田んぼは田植え遅いから、農繁期もまだ少し先で。不要不急ではないスーパーへの買い出しを兼ねたドライブをのんびりしてたら (一番近いスーパーでも1時間近くかかります。)村の農事組合長のKちゃんからから電話がKちゃん『村のトラクターが壊れた』俺 『そうなん。ほんじゃ俺の使って。ほな。』Kちゃん『いやいやそうじゃなくて乗っても欲しい』俺 『えぇ俺が。何枚の田んぼ?』Kちゃん 『全部!』俺 『全部って・・・・・まぁええバイトにもなるしし。わかった!』って流れでGWの後半はトラクターのオペレーターがスタート。でもバイト初日で悟る。全部やるのは絶対無理!変な疲れで家に帰っても機嫌悪いし。速攻でKちゃんに一人では無理って電話を。ちょつと困ってたけど村の本来のトラクターのオペレーターの2人にも加わってもらって三人で協力して、5日かけて昨日で終わる☆☆☆やっぱり力を合わせると屁みたいなもんやったし。先輩オペレーターの技術も盗めてちょつと腕も上がった感じや☆今日からは俺の田んぼ。やっぱ自分とこは気楽やし。相方も乗れるしゆったりとやろう☆☆

  • 25Apr
    • コロナに お医者さんの反応は  はぁの画像

      コロナに お医者さんの反応は  はぁ

      俺のブログって1日一人くらいしかアクセス無い感じなので思ったままに書こう☆いまは自粛が超正義。個人的にはGW休業で収入が激減は事実やけど正直いって自給的モードに強めに切り替えればのんびり出来る心地良さも感じてる☆でもでも何でここまで強い自粛をみんなで監視しあってるんやろ。経済破綻、鬱、生活苦による自死などの強烈な副作用があるにもかかわらず。この自粛正義でしゃれにならん立場の人が山ほどいるのに。メディアを通して  コロナ=死みたいなイメージが出来てるから?人は必ず死ぬのに。コロナで1日数人亡くなられたとしてもその1000倍くらいの人が、コロナ以外の原因で亡くなってる。毎日毎日、数千人の人が死んでいる。コロナじゃない死に方ならOKなのか。今起きてるのは集団催眠みたいにしか見えない。俺はテレビないし、こういうユーチューブも見てるし頭の中がお花畑になってるんか。▲元気でますよ☆音声出ないと思うんで再生後に画像右下にマウスを合わせYouTube をクリックすると聞こえます☆ちなみに今日聞いた僕の近い人の実話です。定期検診でかかり付けのお医者さんでの会話。『先生、こんな時期なのでちょっと心配で』『こんな時期って?』『いやコロナが』『はぁ?  コロナで何人死んでますの・笑』  ~完~お医者さんの中にも、あんまりコロナ眼中にない人もいて良かった☆☆~追伸~って、ここまでこんな感じで書いたけど別にみんなの動きが止まってる今の現実そのものは悪いことばかりじゃなくて逆に必要なことが起きてるとも思ってる。今は正義は一つみたいな空気感やけど新しい違う空気感が生まれてくると思ってる。新しい生き方。新しい価値観。自然(地球)との共存。などなどまだまだ色々な出来事は起きると思うけど素晴らしい方向に向かってると信頼してる☆昨日は地味に田んぼ仕事種籾を撒いて田んぼに並べました。今年も始まった。今年は思うことがあって面積を減らしました。なので、カラダが楽に☆楽しいだけの家庭菜園みたいな心で田んぼに取り組むのを目標にしたいです☆吉之丞

  • 22Apr
    • アフターコロナの画像

      アフターコロナ

      とうとう自粛の波が強烈になってきて地域からの休業要請もあってパン屋も5月6日までは自粛休業です。それ以降も続く可能性大。GW期間は1年で一番忙しく、1年前の10連休ではずっと早朝?の 0時半に起きてパンを焼きました。いつも体力勝負のGW。今年は初めてのんびり過ごします。正直、この期間のパンの売り上げがゼロなのは予測もしておらず経済的にゆとりが有るわけでもない者にとっては厳しい現実でもあります。でもそもそもコロナってそんなに怖いのかなぁ。。テレビが家にないので、メディアの過剰に不安を煽る報道も一切見てないのもあるかもやけど、、、個人的にはただの風邪やと思ってます。知り合いにも知り合いの知り合いの知り合いにも感染者はいないけど身近な人で経済破綻してる人はいる。これから一杯そんな人が増えそうやし。いまは自粛が正義みたいな空気感が半端なくてこうして個人ブログで正直な気持ちを表現することすら許されない空気感を感じます。ただ今までの世の中が正常やったとも思わない。全く思わない。むしろ異常やったと思う。自給野菜を育てると地球の恵みをダイレクトに感じます。こんなに草を肥料に育つキャベツはスーパーでは買えません。奥に写ってる玉ねぎも、このキャベツもお金は種代の数百円のみ。農薬も化学肥料もなんも無しで廃棄する鶏糞や米糠、雑草が肥料であとは自然のパワーで美味しく育ちます(^^)備蓄の為にスーパーに並ばなくても地球が恵みを与えてくれる。喜びと共に。今までの世の中って一人一人が自分を満たすための器が大きくなりすぎたのかもしれない。お金を稼ぐことで便利な暮らしになり気付いたら自分を満たす器が大きくなってもっと働いてもっと稼いでもっと豊かにみたいな。成功者は更なる成功目指して拡大拡大でもう止まらない。コロナ自体は風邪としか思ってないけど(ごめんなさい。あくまで個人的な感覚です)このコロナはホントはこれからの時代の地球からの素晴らしいメッセージのようにも思う。アフターコロナって言葉をよく耳にするようになった。コロナが終わった後の世の中ってどうなるのだろう。もう以前のようには戻らないのかも。いや戻ってはいけないような気がする。いまコロナ自粛のなかで不安じゃなくてこれからの新しい世の中に対して希望に満ちてるアホな奴。けっこう多いような気がしてる。俺もそうやけど☆☆☆

  • 23Feb
    • コロナウィルス。。。

      今日は久々のブログ。それから久々のパン屋オープン。去年と同じくらいのパンを焼いたけど新型ウィルスの影響でほとんど売れないかもって本気で覚悟してたけど。連休の真ん中ということもあってか去年よりも早く完売出来ました。家の畑とかで摘んでつくったのフキノトウぱんとかも貴重だったので売れて良かったっす。オープンと同時に多くの方に来て頂いていつも以上に感謝の想いが沸いて来ました。(ちょっと心の中では泣いてました☆顔は笑ってたけど・笑)いつもと違って外国人観光客の方は、ほとんど来られずほぼ日本の方ばかり。これは、コロナウィルスの影響かと。今日はたまたまかもしれないけど嬉しい一日☆明日もパン焼く予定です!吉之丞

  • 28Oct
    • 玉ねぎの畝つくり、さつま芋掘り、稲刈り。。。足つりそうの画像

      玉ねぎの畝つくり、さつま芋掘り、稲刈り。。。足つりそう

      久々の秋晴れ。土日のパン仕事から一転。今日は朝から百姓日和の百姓DAY。エゴマと茄子を育ててた畑に、午前中は玉ねぎの畝つくりを。エゴマは既に収穫終わって既に食べてます。毎日。▲2週間くらい前にエゴマ収穫した時の写真。塩と一緒にボリボリ食べたらめちゃ美味い。カラダが喜ぶ感じ(^^♪茄子は百均で長ナスの種を買って蒔きました。人気の茄子パンとして活躍してくれたけど、今日で終わり。この茄子も長いことお世話になりました。▲最盛期には一日でバケツ一杯くらい収穫します。この長ナスは百均の種やけど。。写真右のジャガイモ、南瓜、ニンニクは収穫したものを種に使うので種代もいらずで勿論ぜんぶ無農薬無化学肥料で肥料代もかからず自分ちの米糠と美山の平飼いの鶏糞と自然のパワーで育ちました☆昼からは稲刈りを。雨&雨で予定より1ケ月ほど遅くなったけど収量も(僕にしたら)悪くない感じ。稲刈り終了後はさつま芋掘りを。さつま芋パンに使うやつです。(僕にしたら)まあまあ豊作。明日は雨っぽいので今日はちょっと頑張りすぎたかも足つる気配が満載です!平和な百姓日和の百姓DAYでした☆吉之丞

  • 25Oct
    • 秋の長雨。稲刈りが。。の画像

      秋の長雨。稲刈りが。。

      長い。今年の10月の雨はあまりに長い。実はまだ稲刈り終わってなくて。半分(約1町歩)はまだこれからなんですわ。今日も雨で。。田んぼは田植えが出来そうなくらい水がたまってて。稲刈りしたいけど、10月は台風や長雨で、百姓としては厳しい日々でした。カラダはゆっくり休めたけれど。明日からはやっと天気は回復しそう(^◇^)でも今からは本格的な観光シーズンでパン屋も忙しくなります。特に天気が良いと。玉ねぎとかも、さつま芋の収穫とか、天気が回復すると百姓仕事も全快で。でもボチボチとやりたい感じもしてます。まあ、良い感じになって行くでしょう☆たぶん☆☆姪につくってもらったハンコが良い感じ▲これは無農薬の米粉です。新米はパン屋での店頭販売は勿論、村の中のかやの里でも販売してますよ。白米3合400円や白米の一升サイズ、他に無農薬の米粉とかも。美味いっすよ吉之丞の新米 (^_-)-☆ではまた!

  • 09Oct
    • 久々のブログ。稲刈り半分終わりました。の画像

      久々のブログ。稲刈り半分終わりました。

      先週は稲刈りデーがつづき。雑草が多すぎてコンバインが何度も草で詰まるトラブルはあったけど何とか半分(約1町)の稲刈りが終わった。こんなにトラブルの多い稲刈りは初めて。出来るだけ高刈りして雑草を避けたけど、今年は除草時期の体調不良が響いていつもより草が多かった。草と一緒に育った稲は美味しいと思ってるけどちょっと多すぎ。▲この田んぼは草が少なくてノートラブルやった。かやぶきの里集落の田んぼで稲刈り終わってないのは俺だけや~▲コンバインが小さくて、袋で人力で運ぶやつなんで運転は相方に任せて、僕は肉体労働でお米を運ぶ担当を。今週は残りの半分。秘境田んぼの稲刈りをって思ってたけど最近は雨が多くて、田んぼが乾いてないので無理。3連休が終わってから出来れば良いかなと。▲ここは来週刈取り予定の秘境田んぼ(約1町)鹿とイノシシにやられたりもあって自然の厳しさ実感中!ちょっと遅くなりましたが新米絶賛販売中!!ではまた☆宜しくお願いします!吉之丞

  • 10Sep
    • 地球にアーシングの画像

      地球にアーシング

      昨日から左膝に激痛が。土日にちょっと無理をしたのと最近のあまりの暑さで一晩中ずっと扇風機を膝に向けてかけてたのが原因なのか、何なのか解らんけど、相当痛む。そうは言っても、やることもあって。午前中は、玉ねぎと白菜の種を撒く。それにしても凄い暑さ!で午後からは、自分に優しく(^^♪海にGO!▲オッサン一人で浜辺でアーシング☆☆カラダに貯まった不要な毒素とか電磁波をアーシング。地球に抜いてもらう。ただ裸足で浜辺を歩いたり泳いだり、砂遊びするだけでめちゃくちゃスッキリする感じ。(ようは地球に直接肌を触れるのがアーシング)海に行く前は足ひきずってたけど帰りには相当楽になりましたよ。カラダの調子が微妙の時は砂浜とかでなくても裸足で土の上に立ったり歩いたりはホントお薦め。地球に癒されますよ(^^♪吉之丞

  • 04Sep
    • 高って 言われなくなった。の画像

      高って 言われなくなった。

      パン屋を始めて12年。当初と比べて価格は平均して10円くらい上がってると思う。開店当初は観光バスで来られる大阪のおばちゃん達によく言われた。『ここのパン、ええ値するなぁ』って。標準語で言うと、高いパンやなぁって意味。でも最近ホントよく言われるのは『ここのパン、めっちゃ良心的やん』って。標準語で言うと、凄く良心的なパンですわって意味。この現象はズバリ、世の中の物価が上がってるから。正直、この10年で相当上がってる印象がある。今日の午後は久々に近隣の道の駅めぐりを。小腹が空いたのでパンとかケーキとか買おうと思ったけど高すぎて全く買う気にならない。3件くらい道の駅を回って結局何も買わず。結局、家に帰って相方作のシフォンケーキを食べる。吉之丞米をつかった100%オーガニックの米粉シフォンです。今の世の中の価格ってやっぱり買うよりつくった方が豊かな気がする。消費の為に稼ぐみたいな。もうすぐ焼き芋の季節。自家栽培のさつま芋を、籾殻でじっくり焼く。衝撃的に美味い!しかも光熱費含めて全部タダ。▲籾殻に着火して、この中に1時間弱入れとくだけ。▲この煙がの臭いも僕は好きなんですわ(^^♪稼ぎが少なくても、使うことも少ないのでぜんぜん平和☆自然の恵みに感謝です(^^♪吉之丞

  • 31Aug
    • 循環の画像

      循環

      この前、ジャガイモを埋めた。4月に植えた時は200個くらいで、今回は100個くらい。自給用とポテサラパン用に使います。でジャガイモの種イモはもう何年(6~7年くらい)も買ってない。普通はホムセンとかで買うけど、7月に収穫して、その中の小さいイモを8月にまた土に埋めて12月に収穫。そのイモの一部をまた翌年の4月に土に埋める。毎年その繰り返し。ちなみに、写真の奥に見えてるのはカボチャ。これは10年くらい一度も種を買ったことがない。収穫したカボチャを食べて、美味しかったら種残す。それを翌年に畑に撒く。あとは少しのお世話で勝手に育ってくれます。これって相当凄いっていつも思う。循環ですわ☆☆土の恵みですわ。いや地球の恵みや(^^♪これは僕の場合やけど長時間の車移動とか、自然の少ないとこ(都会)に長いこといたりカラダを動かさずにパソコンとかし続けると何かカラダが詰まる(循環してない)感じがする。  そんな時でも土をしばらく触るとすっとカラダが楽になって循環しだすのを感じます。なので、これから先も土にはずっと触れていたい。ホントは野菜やお米の収穫はおまけみたいなもので、土と触れ合うだけでもの凄く地球の恩恵を受けてる気がしてます。とはいえ収穫も大切ですわ☆▲雑草(コナギ)と一緒に育つ吉之丞のお米。こんなに草と一緒に育ってるお米って、あんまり売ってないですよ♪これが美味いんですわ!ではまた。吉之丞

  • 19Aug
    • シェフの人達が田んぼをの画像

      シェフの人達が田んぼを

      昨日はシェフの人達が田んぼを見にきてくれた。これから出来るレストランの素材を探し中のようだ。オーナーシェフの人は30代でまだ若くて情熱のエネルギーをビシビシ感じた。俺も50代やけど、結構あるつもりやで☆☆西日の当たる田んぼを見ながら1時間くらい話した。暑かったけど何か楽しかった。うちのお米を使ってもらえるかとかもらえないとかはわからんけど(^^♪お盆中はほとんどパン仕事やってました。今年はめちゃくちゃ暑いお盆やった。お客さんはみんな汗だくで。。▲太陽パワーに萎びながら頑張ってるかぼちゃの葉っぱ。畑ではなくて店の裏の土手に捨てた種から勝手に成長しました。で今日は久々に畑仕事を。畑ももちろん無農薬やけど鶏糞とかは入れるんです。近くの平飼い養鶏のTさんから鶏糞をもらって自給用のこれから種を撒く白菜とか大根の畑にいれました。ホムセンの鶏糞と違って臭いも少なくて発酵した土みたいな鶏糞です。Tさんいつも、ありがとうございます(^^♪吉之丞

  • 08Aug
    • 8月入ったらずっと猛暑!稲が喜んでる~の画像

      8月入ったらずっと猛暑!稲が喜んでる~

      7月の涼しさというか日差しの無さが嘘みたいに8月に入ったら猛暑の連続。でも稲はこの日差しを喜んでるはず。たぶん☆☆今まで稲の成長が今一つな感じだったけど一気に大きくなってきましたよ。(草も)▲右側の田んぼが吉之丞の田んぼ。写真では解りにくいけどクロワグイって草も一杯ありますわ。でもまあまあ良い感じ。▲2週間まえの7月25日に撮った同じ田んぼの写真。この頃は雨か曇り空ばかりやった。太陽のパワーって凄い☆▲6月15日に撮った同じ田んぼの写真。(動力除草中)正直、ここまで暑いとまともに仕事出来ません。っていうか、もう田んぼ仕事は稲刈り(2か月後くらい)まであまりないです。畦の草刈りぐらい。あとは畑仕事がぼとぼちと。炎天下の環境で2時間も働くと、半端ない汗が。。なのでお昼前には作業着のまま川に潜って魚観察を。10分くらいで良い感じに冷えてきますよ。▲川で濡れた作業着を干してます。昼めし食って昼寝したら服も乾いてまた仕事をぼちぼちと。夏は無理したらアカンのです。田んぼもパンも秋からまた忙しい日々が待ってるから。今は体力を温存するんですわ☆吉之丞

  • 22Jul
    • 太陽の日差しが欲し~いの画像

      太陽の日差しが欲し~い

      久々のブログ。6月の上旬からカラダの調子が微妙やったけどけっこう元気になってきた。でも今年はホント太陽が出ない。このこの50日間くらいの間で太陽の日差しが強い日は数えるほどでほとんどが雨か曇り。ここ5年くらいは同じ天候のパターンはなくて毎年毎年違う感じ。去年の今頃はとっくに猛暑やった。今の時期の雨はあまり心配してないけど、8月の穂が出る時期(僕の場合はお盆前後)に今みたいな天気が続くと、稲は結構ダメージ受けるんですわ。でもたぶん大丈夫でしょう!(言い聞かせてる)自給用のトマトとかは露地栽培で雨よけもないので今年は甘みが少ない感じ。ホント太陽のパワーって凄いわ。▲写真がないと寂しいのでヤギちゃん達の食事風景を。店でパンを焼いてた時、裏の土手でガサガサ音がするので窓を開けたらこの風景。癒されるわ~近くの野菜農家のIさん家のかわいいヤギちゃん達でした。今日は雨で農作業も出来ないのでずーっと工事中のホームページでもやろうかな。ではまた。吉之丞