三重県津市・元花屋さんの花教室 季an* きあん ブログ情報をクリック ホームページから空き状況をご覧になれます 

三重県津市・元花屋さんの花教室 季an* きあん ブログ情報をクリック ホームページから空き状況をご覧になれます 

三重県津市上浜町1丁目280-3
フラワーアレンジとリースの教室 きあんのブログです。時々飼い猫の漱石も登場します。

an* 花とリースの教室きあん



生花アレンジメント

プリザ&アーティフィシャル

&ドライフラワー


季an*のお花で

ホッとする空間を。

津市上浜町1丁目280-3

カフェドルチェ
第2駐車場・ガレージ2階



お問い合わせは↓

kian935@ict.ne.jp


通常の季an*のレッスンご予約は → ホームページ

( レッスンの 空き状況を ご覧になれます。)http://kian935.jimdo.com/


エキテン くちこみサイト(写真をまとめてご覧になれます )

http://www.ekiten.jp/shop_6039701/photo.html?fro

 10月のレッスンは 

 秋風を感じるナチュラルな花束


(詳しいレッスンスケジュールはH,Pをご覧ください。) 

 

  

レッスン時間

☆午前の部は10時30分から

☆午後の部は1時30分から

受講料はお花代込みの値段です。


AIBA アーティフィシャルインテリアブーケ協会

中部エリア認定校になりました。

(アーティフィシャルインテリアブーケ 

  http://www.aib-a.jp/





テーマ:

花教室 季an*のブログです

いつも ありがとうございます。

 

8月レッスンの白いリースに

秋色を少しプラスした

アーティフィシャルのリースをお作りしました。

 

生徒さんからのご依頼で

お友達へのプレゼントリースです。

 

来月はちょうど

生花の花束レッスンがありますし

そちらをプレゼントされては?

 

とご提案させて頂きましたが

お世話のかからない

アーティフィシャルが良いとの事でした笑顔

 

 

ドライの野バラの実や 

ナンキンハゼの白い実に

ユーカリポポラスの実など

秋の実をたくさんちりばめました。

 

 

 

 

明日は久しぶりに名古屋へ

AIBAの講師レッスンを受けてきます。

 


テーマ:

花教室 季an*のブログです

いつも ありがとうございます。

 

今月のレッスンは

フレッシュなグリーンを使って

束ねるだけのスワッグ

 

でした。

 

こちらは 昨日の生徒さんの作品なのですが

このスワッグを そのまま

職場のブティックの壁にかけてくださったそうです。

 

 

↓こちらが 送って頂いた写真なのですが

来店されたお客様から

綺麗ですね~

とか この青い実は何?

とか お声をかけて頂けて

嬉しかったと わざわざ

メールをくださいました。

 

何より 彼女が慌ただしく

事務仕事をしながらふと

壁を見上げた時

 

下向きになったお花たちが

こっちを見ているように

とても可愛いことに気づかれて

 

彼女ご自身が癒されました

とのことでした。

 

香りも 新鮮さも

そう長くは続かないのですが

儚いからこそ いとおしいし

この貴重な瞬間を 

大切にしたいと思うのですよねハート

 

 

お仕事、お忙しいそうですがそんな中、

わざわざ これまた貴重なメールを下さって

本当にありがとうございました音譜

 

 

青い実は ビバーナム ティナス 

でしたスマイル葉っぱ


テーマ:

花教室 季an*のブログです

いつも ありがとうございます

 

毎月 月の終わり2週末を 前半と後半に分けて

レッスンをさせて頂いています。

 

昨日から 後半のレッスンが始まりました。

 

先週と同じ材料が揃わなかったので

少し 雰囲気が違いますが

後半も素敵です

 

レッスン前。

 

今回も材料がほぼ 生徒さんの分だけで

私の見本分がなくて

少し余った一部の材料で

小さなスワッグを。

 

では 生徒さんたちの作品です

 

こちらの生徒さん

急ぎの用事があって

10分ほどで作られた

スピードスワッグ(笑)

 

 

 

前半で使っていた黒いリボンが

売り切れたので

革ひものような黒と

艶消しのグレーを合わせて。

 

 

たくさんカットして

枝数を増やして

スパイラルにうまく束ねられたので

ボリューミーに。綺麗です。

 

 

先月の台風で延期になってしまった

生徒さんは白いリースを受講されました。

 

 

 

 

 

スワッグの材料です。

 

 

少し長めに作られたのですが

サイドの枝を 真ん中に持ってきたほうが

良いかな~?と。

手元で作りながら見るのと

壁にかけて見るのとでは

見え方が違ってくるので面白いですね。

 

 

 

それからもうおひとり。

白いリース。

台風で延期して

申し訳ありませんでした

 

 

 

 

こちらもまとまっていてとても 綺麗!

 

 

今回 たまたま見つけた ヒメヒゴダイ

というお花。フランネルフラワーが入らなかったので

代わりに買ってきました。

 

 

素材がナチュラルで ドライになっていくとより

自然素材が合うので リボンもジュートに。

 

向かって左に流したユーカリがポイント

 

 

こちらも素材はジュートのリボン。

 

 

今回のために買ってきた

キナリのジュート

 

右端 

指編みで くさり編みにされました。

 

 

最後の黒いリボンをゲットされました生徒さん。

締まってみえて かっこいいですね。

今日だけ 綺麗だったら良い

そんな 日本人ぽくないスワッグですが

 

切りたての今日

(生徒さんのレッスン日)

が一番 薫りが良くて

フォルムも綺麗なので

 

 

レッスンが終わった瞬間が

一番 満たされていて

小さいけど 

濃い森の薫りを束にして

 

生徒さんたちが

それぞれ

大事そうに持ち帰られる瞬間が

とても好きです。

 

 

 

そして今日の空。

 

 

 


テーマ:

花教室 季anのブログです。

部屋に入って来られる生徒さんたちはみなさん

 

いい香り~音譜と。

どの枝が特に香りが強いとかでは

ないのですが

グリーンアイスや ユーカリ

サツマ杉など 教室内は森の薫りです。

 

 

今日は 快晴

とまでは言えませんでしたが

 

晴れ間があって 写真が綺麗に撮れましたはなまる

 

生徒さんたちの作品です

 

 

 

ダブルリボンで

特別なゲストをキラキラ

でも、出しゃばらずにさりげなく

お迎えしたい・・・そんな雰囲気ですね。

 

 

 

 

こちらの生徒さんは

向かって 左側のボリュームの足りないところ

片側に リボンを寄せて

バランスをうまく取られていました。

可憐な感じが

素敵です。

カモミールなんかも似合いそうですね。

 

 

 

こちらの生徒さんは

一人暮らしをしている

息子さんに 作品の写メを送ったら

 

「 お母さん、逆さまじゃない? 」

 

と。ほのぼのしたやりとりに

癒されました。ありがとうございますスマイル

 

 

それから こちらは 長さを少し短くすることで

とてもキュート待ち遠しいなスワッグに。

リボンの長さも バッチリだし

かわいい~

グリーンのドレスみたいに見えてきます。

 

そして こちらの生徒さんのも

ふわっと ナチュラルな

おとなかわいい

花束風に。下から撮ってみました。

 

正面。

 

 

ずーっと 引くと

このような 撮影セット

 

後ろの板は作りました笑顔

以前、段差のあるガレージで

主人の車椅子を動かすのに

使っていた あの板(笑)

 

今回のレッスンも

本当に楽しいです。

グリーンのスワッグレッスン

花材を変えて 色々 やりたいな。


テーマ:

花教室 季anのブログです。

いつも ありがとうございます。

 

今日から 生花材を使った

スワッグ(壁掛け)のレッスンが

始まりました。

 

生徒さんたちの作品です。

 

実物はもっと

素敵なのですが

午後は特に 自然光が足りなくて

少し 写真がぼやけていまして

ごめんなさい

 

こちらは 午前の生徒さん

フランネルフラワーは

いらないです とのことで

このまま 玄関ドアの外側に

着けられるそうですよ

 

 

横から

 

そしてこのかたも

ごめんなさい 午後の生徒さんの作品で

光不足で

 

というか私のスマホのカメラが

良くないかと思います

 

が、1度もハサミを入れず

お渡しした 花材をそのまま

ささっと 手早く組まれたのですがキラキラ

 

そう、安室さんにこのまま

捧げれますね

というほど 

素敵な出来栄えでした。

 

リボンは 黒とグレーの2色使い。

本当にごめんなさい

お天気に左右される

写真で申し訳ないですが

 

この生徒さんのように

素敵な作品が生まれた時に

 

ご自身も

そこに居合わせた生徒さんと

そして私も みんなで

感動を共有できる事も

 

レッスンの中の

楽しい時間だな~

 

とありがたく思います。

 

森の薫りのスワッグ。

後半のご予約の締め切りは

9月19日です。

 

 


テーマ:

花教室 季anのブログです。

いつも ありがとうございます。

 

夏の間は 生花をお休みして

ドライやアーティフィシャルのレッスンが続きましたが

 

ようやく明日から 

フレッシュな花材を使ってのレッスンが始まるので

 

4ケ月ぶりに 大阪の生花市場まで

早起きして 行ってきました。

 久しぶりの市場

 

まずびっくりしたのが

値段。お花が 高すぎ。

なぜでしょう?

お彼岸前?関空?地震?豪雨?

色んな原因があるのかな。

 

私と同じように 仕入れに来ていた

他のお花屋さんたちも

 

何これ? 何でこんな高いの? 手が出えへんわ・・・ と。

 

それでも 買って帰らなければ

レッスンができないので

 

計算しながら 

あちこち、仲卸さんを行き来して

10種類前後のお花を買って

帰ってきました。

 

一部ですが このような感じで

クリスマスに使うような材料になりますが

ずっと 長く来年まで飾れるような花材を考えながら

選んできました・・・実ものは 野いばらとローズヒップ。

 

できたのが こちら

夏の終わりのスワッグです。

 

下から 見上げているのは

フランネルフラワーが

かわいいから。

 

ただ、このお花は

このまま 多分、ドライになってはくれないので

 

写真用。家に帰られたら これだけ外して

ドライにし、また戻してて頂けると 

いいかも。

またレッスンでやりかたを お伝えしますね。

 

 

お天気も悪く 夕方なので

写真が暗いのですが

 

黒のリボンを使っています。

大人っぽくて かっこいいですよ。

 

 

それから こちらは

白いジュートで。

 

結び方を変えてみたり。

 

サツマ杉や ユーカリの薫りに

癒されます。

やっぱり 生花はいいですね~葉っぱ

 

とっても簡単で

すぐに出来てしまいますので

 

リボンにも 時間をかけられますねスマイル

 

生徒さんは ハサミをお持ちください。

太い枝もありますので お持ちのかたは

枝きりのハサミもあれば良いかもです。

 

では 明日から 宜しくお願いします。

 

 


テーマ:

フェイスブックにもアップしたのですが昨日

母と妹と3人で

 

大阪文化館で日曜日まで開催されている

木梨憲武展を観てきました。

 

 

4月の、発売当日に

割引の付いた

前売りチケットを買って

 

ずっと楽しみを温めながら昨日まで

過ごしていましたが

 

もう本当に 感動しました。

センスが良くて

 

ひとつひとつの絵に

人の温もりというか

思いやりを感じる作品ばかり。

 

いくつもの展示スペースがあるうち

最初のスペースは撮影OK

っていうサービス精神にも

驚きましたが

一番最後の作品の横には

 

関西の来場者へのメッセージが

木梨さん直筆で

小さなメモ用紙にちょこんと。

 

どこかいたずらっぽい

ユーモアもいいなあって。

 

段ボールや車にも吹き込まれた

木梨ワールド。

 

この日曜日が最終日なので

優しくて大きな

芸術の神様を感じたいかたはぜひ。

 

 

私と母に挟まれた憲武さん

リアルすぎるんですが

フェイクです(笑)

 

写真撮影のあとは

港の見えるレストランで

ランチをして

 

もうひとつの楽しみだった

隣の海遊館へ。

 

アザラシが 逆さまの格好で

何周も楽しそうに泳ぐ姿や

ペンギンのかわいいしぐさに癒されました。

写真にはないですが ジンベイザメも。

 

↓は6枚の写真を合わせてあります

左端は逆さまのアザラシがこちらに向かって泳いでくる様子はなまる

 

母と妹のシルエット。

 

リトルマーメイドの音楽がふと

降りてくるような 

 

青い光の中を

優雅に泳ぐさかなたち。

いつまでもみていたい

宇宙のようでした。

 

海遊館は

夏休みも終盤だし

家族連れはもう

少ないだろうと

予想していたのですが

 

まさかの

外国の観光のお客さんが

団体でみえたりして

 

途中、水槽が見えないほどの人だかりもあったりでしたが

適当にスル―しながら満喫できました。

 

お兄ちゃんと弟さんかな。

スマホで 目の前に来た

大きな魚をカシャ。

 

季anの生徒さんが 作品を撮る時みたいな

ワクワク感が伝わってきました笑顔

 

 

そして 〆はお抹茶のカフェ音譜葉っぱ

チョコのお菓子付きのお抹茶と

 

パフェとティラミスは3人で。

 

 

週末はぜひ 天保山へ ニコニコ待ち遠しい


テーマ:

花教室 季anのブログです。

いつもありがとうございます。

 

9月のレッスンのお知らせです。

来月は束ねるだけのスワッグです。

 

というのも これまでのレッスンでさせて頂いた

スワッグ、確か夏と冬に2回か3回、させてもらってるのですが

 

いくつも小さな束を作って

芯にワイヤリングしたりして

手間がかかるものでしたが

 

今回は 本当に束ねるだけ。

花束のように束ねて

壁に飾り そのまま

 

ドライになっていくのを

楽しめるような材料を

探してこようと思っています。

 

考えているのは

ユーカリなどの

香りのよいグリーンを中心に・・・

 

と思っていますが

9月の生花市場、ここ何年も

行っていないので

(いつもは10月からなので)

 

どんなお花やグリーンが出ているかは

当日のお楽しみです。

すでに 満席の日時もございますが

詳しくはホームページをご覧ください。

 

では日曜日の生徒さんたちの

アーティフィシャル

白いリースです。

 

 

・・・もっと飾りをつけたほうがいいですか?

 

と聞いてくださったのですが

 

私は この量がホッとできると思ったので

これでいいと思いますよ~

 

と。

 

見る人によって 感じ方が違うので

作られたご本人が

ホッとできるリースがいちばん!

 

こちらの生徒さんは

最初にこれで完成!と

写真を撮られましたが

 

あ!切手を付けたいです!

ってことで

 

同じ暖色系の切手を。

オリジナル感、お洒落感が出ましたね。

 

白いシダを みんなとはまた違う

色のアジサイにかぶせるという

技ありな作品。

他に飾りなく 白いあじさいを丁寧に見せていて

かっこいいです。

 

 

 

左上のポポラスの実や 

右下のユーカリの枝

英字リボンにベリーの実

そしてタグには小鳥。

 

優しい思いの感じる

ウェルカムリースです

 

 

 

 

教室にある材料

どれでも使ってください~

 

てことで 白いコンパクタを選ばれました。

リース全体の形が綺麗なので

大きな飾りでも まとまりますし

お花の色がキナリなので

重すぎないですね。

 

 

 

 

 

最後に リースにフックを付けさせて頂くときに

どこを上にされますか?

とお聞きしたら

どこでもいいです~

 

とおっしゃられた おおらかで

エレガントな生徒さんの作品

 

あえて 白い部分を下にして

 

薄い色のあじさいから濃い色のあじさいを

左から右に配置をしていることで

 

お花が時計まわりに

下から上に舞い上がって

またおりてくるような

動きを感じますね。

 

 

 

それから この方も リースの形が綺麗で

飾りの付け方のバランスが上手です。

左の 白いシダで リースの欠けた部分を

うまくカバーしているのが

わかるでしょうか?

 

 

リースって 未完成だったものが

花びら1枚で 完成!となることがよくあるのですが

 

このシダは まさにそのひとひらですね。

 

 

 

 


テーマ:

花教室 季anのブログです。

 

いつもご覧くださりありがとうございます。

 

今日は白いリースと ボトルアレンジの生徒さんがおひとり。

 

まずはボトルアレンジのほうから。

 

ひとつを ご結婚される同僚のお友達にプレゼントされるとのことで

 

メッセージを書かせて頂きました。

 

 

ご自分のは 秋色のシックなボトルに。

 

それから白いリース。

こちらは ご自身がされているブティックに飾られるので

お洋服に関係するボタンをさりげなく飾りにプラスされました。

上下2ヶ所に

ボタンの重ね方が お洒落です。

 

 

リース全体の形が綺麗ですね。

ウェルカムのタグに スタンプを押して。

 

秋色のあじさいをグルーピングして可愛らしい印象に。

 

色があるのは グリーンのユーカリのみで。

あとは 白いシダと

雪玉のような うさぎさんのしっぽのような

ほわほわしたピック、そして麻ひものりぼん。

何とも ほっこり。

 

しんしんと降る雪の中に

エバーグリーンが一枝葉っぱ

な景色を想像すると

一瞬 暑さを忘れますねニコニコ

 

明日も暑そうですね。

 

生徒さんへ 

飲み物、そしてウェットティッシュ等

お忘れなく!

宜しくお願い致します。

 

 


テーマ:

今回のレッスン、

白いリースのブログに出てくる

 

思い出の白いシダとは

 

3年前の秋に

こちらの↓

ボルボックスさんをお借りして開催した

季an*第2回作品展の 

ツリー展で 会場の壁に施した

大きなツリーに使ったシダのことなんです。

DSC_8200.JPG

 

1階の広いフロアーと

2階の小さなスペースをお借りしました

 

写真は1階の様子

DSC_8131.JPG

 

1階から2階への階段の途中の

素敵な作品。

山の中に自然に出来た感じの

ツリーアレンジ。

赤い実のついた生花や木を使って

作って頂きました。

DSC_8135.JPG

 

でも実は

ほとんどの生徒さんが

プリザーブドやドライを使って

作品展の何日も前に、

教室のレッスンで

作品を完成させている中、

 

こちらの生徒さんは

生花のバラのみで

作られたので

作品展の前日に

ご自宅で作成されたものを

搬入。

DSC_8108.JPG

 

このツリー展、

私が、椅子が好きなので


ツリーを椅子に展示する

というのをテーマにさせて頂いたため


生徒さんには

ツリーに合った椅子やスツール

小物もご準備頂きました。

 

ほんの一部ですが

 

出展頂いたツリーには

木の実のナチュラルツリーや

DSC_8189.JPG

 

アンティーク風の家具に

プリザーブドの

赤いバラのツリーや

 

ツリー展の日がボジョレーの解禁日でしたので

それにちなんだ葡萄のツリー

DSC_7830.JPG

 

絵本から出てきたような

白い木の実のツリー

 

高さが80センチ以上あったと思います

プリザのアジサイをふんだんに使った

大きなツリーなどなど

様々なツリーが出されました。

DSC_8194.JPG

また

いつも工夫に驚かされます

中にキャンドルをしのばせた

物語を感じるうさぎさんのツリーも

 

 

 

訪れたお客様に感激して頂いた

壁面のウェルカムツリーは

生徒さん全員参加の 

小さなフレームアレンジを

ツリー形に展示した作品

 

 

ひとつひとつのフレームの中にも

かわいいツリーが。

色がカラフルなのは

北欧の子供部屋のイメージ

DSC_8149.JPG

 

そして これが準備の様子

白いシダで2階の白い壁面に

ツリーを作成中です。

左はボルのスタッフ吉田さん。

DSC_8121.JPG

 

虫ピンでひとつひとつ

作品展の成功を願いながら

無数のシダと木の皮でできた

白い繊維のような材料を合わせながら

丁寧に壁に付けていきました

DSC_8116.JPG

 

ゴールドに塗られた月桂樹をあしらって完成。

 

なんだか神聖な感じで

一番 高いところから

生徒さんの作品たち全部を

見守ってくれているような雰囲気に

 

この素敵な飾りつけのアイデアからレイアウトまで

ほとんどがボルボックスのスタッフさんがしてくださったもの。

木と木の間隔も

きっちりとスケールで測って

丁寧に設置して下さいました。

本当に感謝でした。

写真は生徒さんのみっちゃんが撮ってくれたもの。

 

床に並ぶのは 教室でドライにしたレモンリーフで出来たツリー

 

こちらも ひとつひとつが生徒さんたちの作品です。

 

秋の作品展に向けて 

夏のレッスンでしたが

ツリーを作って頂き

準備をして。

 

この作品が出来た経緯は

 

最初、私の頭の中にあった

レモンリーフのツリーを

作成された生徒さんの人数分、

床に、ツリーの形に並べたいんです

 

と、ボルボックスのスタッフさんに

お伝えしたら

 

しばらく考えられたスタッフの森下さんが

 

何か真っ白の葉っぱとか

花でもいいし 

沢山使える材料はないですか?

 

と聞いて下さり

 

探してきます

何に使われるのですか?

 

と伺ったら 

白い壁に、三角に

白い材料でツリーを作る

 

とおっしゃって

それで床と壁が1つの作品になるような、 

 

森の中の湖に

ご神木のようなシンボルツリーが

神々しく姿を映しているようなイメージの、素敵な作品が

出来たのです。

 

で、作品展は無事、

たくさんのお客様に来て頂いて

終わった時

 

ありがとうの気持ちを込めて

シダを壁から外して教室に持ち帰り

大切に残してあったものを

 

3年たった今回の白いリースに

お守りのように 

付けた

 

というわけなんです。

白の上に白。

 

私の自己満足なので

このシダは付けたい生徒さんが

使って頂く事になっています(笑)

 

 

 

で、この作品展の翌朝

凄いことが起きたのです。

 

普段声のでかかった主人ですが

 

その何倍かのでかい声で早朝に

 

おい!当たった!当たった!当たったー!

おーい!

 

と、新聞を手に叫んでいて 

作品展を全うし疲れきって

爆睡していた私ですが

何事かと驚いて起きました。

 

なんと、ロトの宝くじが当たっていたのです。

840万円も。

正確には841万2100円。

やよいに百です。(笑)

 

しかし、疲れで頭痛がひどかった私は

えー、凄いー

 

と言っただけで

また寝たのです(笑)

 

それにしても

びっくりでした。

頑張ったご褒美とは

まさにこれだな

と、感謝しましたが

 

 

精根尽き果てるまで

無欲で頑張らないと

宝くじは当たらないんだな

とも思いました笑顔

 

 追伸

その時のお金は一瞬にしてなくなりました(笑)