この度、故有りましてこれまでのエントリーを全て削除させて戴きました。

 

これまでのエントリーは全てが「誰かの批判」でしかなく、これでは“しばき隊”や在特会といった人達の所謂“カウンター”レベルでしかなかった現実を直視し、全て削除という結論に達した次第です。

 

これからのエントリーにつきましては、飽く迄も私の意見表明にとどめ、他者への批判は控えたいと思います。

 

これまでご愛読して戴きました皆様に厚く御礼を申し上げると同時に、リブログをして戴きました皆様には大変ご迷惑をおかけする事になりましたが、謹んでお詫び申し上げます。

 

また、機を見て再開する所存で降りますので、その時はよろしくお願い申し上げます。

ご来場戴きまして、真に有難うございます。

 

ブログランキングに参加しておりますので、、誠に恐縮ではございますが、よろしければ下のリンク先をポチっとして戴けますと、幸いに存じます。

http://blog.with2.net/link.php?1694654

 

では、いつもの様に、我が国を貶めた一因となりました、

『河野談話』

につきまして、

「実は『河野談合』だった」

という事実を、日本中に、そして世界中に拡散しましょう。

 

『慰安婦問題を巡る日韓間のやりとりの経緯~河野談話作成からアジア女性基金まで~(日本語)』

http://www.mofa.go.jp/mofaj/files/000042168.pdf

 

海外に向けましては、こちらです。

 

『Details of Exchanges Between Japan and the Republic of Korea (ROK) Regarding the Comfort Women Issue ~ From the Drafting of the Kono Statement to
the Asian Women’s Fund ~』

http://www.mofa.go.jp/mofaj/files/000042169.pdf

 

『河野談話』は『河野談合』だった

という事実を、ドンドン世界に広めて行きましょう。

河野談合

 

そして、その元となりましたデマを流しました朝日新聞の記者(当時)が、こちら↓です。

screenshotshare_20150515_174611.png

 

 

 

さて、ゴールデンウィーク真っ只中ですね。

 

今年は暦の配列上、5月2日と5月6日に休暇を取得しますと、10連休という方もいらっしゃるかと思います。

 

私の職場の同僚も5月1日に、富士山周遊のツーリングに出かけた様です。

screenshotshare_20160505_101458.jpg

 

ツーリングにはもってこいの季節ですね♪

 

そして、バイクでのツーリングと申しますと、昭和のおじさんとしましては、やはりこの曲でしょう。

 

という事で、

『Born To Be Wild』

を集めてみました。

 

まずはオリジナルのこちらから♪

『Steppenwolf - Born to be wild - 1969』

https://www.youtube.com/watch?v=NLdpEV3AXLg&feature=youtu.be

 

この曲、オーストラリアのバンド、INXSもカヴァーしていたんですね♪

『INXS - BORN TO BE WILD』

https://www.youtube.com/watch?v=e9_XRDN4NFg&feature=youtu.be

 

オーストラリアのバンドと申しますと、AC/DCを忘れてはいけません。

『AC DC - Born to be wild』

https://www.youtube.com/watch?v=aLufTdkxUCQ&feature=youtu.be

 

ヘヴィーメタルの大御所、Black Sabbathもカヴァーしていたとは、驚きです。

『Black Sabbath & Blue Oyster Cult - Born to be Wild (Black and Blue - live in New York 1980)』

https://www.youtube.com/watch?v=33cPGpTsdzE&feature=youtu.be

 

Ozzy Osbourneは、こんな事もやっていたんですね♪

『born to be wild ozzy&miss piggy』

https://www.youtube.com/watch?v=V-qOXY8cxCg&feature=youtu.be

 

面白いアレンジとなりますと、Gorillaは外せませんね。

『Gorilla - Born To Be Wild (Steppenwolf Psychobilly Cover)』

https://www.youtube.com/watch?v=hgzdasZWyr0&feature=youtu.be

 

また、The Cultは、ハイハットを全てミュートするという技法で、完全に自分の曲にしました。

『The Cult-" BORN TO BE WILD" - NEW!!!!!!!!!!』

https://www.youtube.com/watch?v=Ig67A8p02QQ

 

逆に、『Born To Be Wild』といえば“あのリフ”ですが、そのリフすら全く無視して仕上げたのが、Zodiac Mindwarpですね♪

『Zodiac Mindwarp - Born To Be Wild』

https://www.youtube.com/watch?v=qcBBrOA7Iw0

 

Rose Tattooのアレンジは、こちらです。

『Rose Tattoo - 'Born To Be Wild'』

https://www.youtube.com/watch?v=MSbap0eWim8&feature=youtu.be

 

そして、Kim Wilde

『Kim Wilde: Born to be wild』

https://www.youtube.com/watch?v=-7Egr6gU7VY&feature=youtu.be

 

Wilson Pickettの手にかかりますと、見事なリズム&ブルースになりました♪

『Wilson Pickett Born To Be Wild』

https://www.youtube.com/watch?v=KmX_A6XqMW0

 

 

 

他にも色々有るでしょうけど、取り敢えず今回は、完全に私の趣味で選考させて戴きました♪

 

さて皆様は、どの“ワイルド”がお好きでしょうか?

IMG_20150612_075006.jpg

 

 

 

さて、今回の様な場合でもEDも、こちらです。

 

『山口采希「「空と海の向こう」フルバージョン~拉致被害者全員救出を願って~』

https://www.youtube.com/watch?v=TyXAfW64Nf4

山口采希「空と海の向こう」

 

北朝鮮に因ります邦人拉致事件の被害者全員が、一日も早い無事帰国されます事を願ってやみません。


志が有る者が、声を大にして主張しましょう。

 

北朝鮮に因ります邦人拉致事件は、現在進行形のテロなのです。

IMG_20150216_063200.jpg

 

そして8日の日曜日にも20時から、北朝鮮に因ります邦人拉致被害者全員奪還に向けまして、ツイッター・デモが行われる模様です。

B1a7ifgCEAQje-6.png

 

#拉致被害者全員奪還

というハッシュタグをつけまして、

「どうせ、最初から全てを把握しているんだろ!!」

「いい加減にしないと平壌を焼くぞ!!」

と、北朝鮮にプレッシャーをかけてやりましょう。

 

そもそも北朝鮮は、手前ェで勝手に国連決議を無視しておきながら、何をほざいているのでしょうか。

 

北朝鮮に拉致されました日本人を、一刻も早く祖国に戻しましょう。

IMG_20150719_220356.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

皆様のご意見やご感想を、お待ちしております。

 

さてさて、いよいよ明日が参院選の投票日です。



政権与党の自・公が大勝し、現状の“捻れ”を解消する事に拠りまして、日本を取り戻す事が出来るのか?



それとも売国政党が票を伸ばす事に拠りまして、“捻れ”を維持し、政治を停滞させるのか?



安倍政権は現状としまして、
「米国」
「財務省」
を押さえておりますので、
「参議院」
をも押さえますと、間違い無く長期政権になる事でしょう。
(主計局長がアレになりましたので、「財務省」はやばいかも知れませんが)



そうしますと、
「東日本大震災被災地復興」
「日本経済復活」
は固より、国際社会に於きましても、日本は確固たる地位を占める事になるでしょう。



日本の浮沈が、この一戦に懸かっている訳です。



ちなみに私は、
「選挙区は吉川ゆうみ候補」
「比例区は赤池まさあき候補か佐藤正久候補」
に投票致します。






という事で、今回のOP曲はこちら↓です。

『Jellyfish - Joining A Fan Club』
http://www.youtube.com/watch?v=xAOEB8HtezY&sns=em



さてさて、選挙戦もたけなわの中、三橋貴明氏のブログの※欄の常連コメンテーターで、
『ひろのひとりごと【http://ameblo.jp/hirohitorigoto/】(私も読者登録をさせて戴いております)』
の主催者でもございます山本博一様が、この度、本を出版なさるとの事です。



詳しくは、こちら↓をどうぞ♪
http://ameblo.jp/hirohitorigoto/entry-11573355836.html



まあ、てっきり、

血祭謙之介(NWD)のブログ『とあるプロレスラーがモノ申す』-130719_2050~01.jpg
「らんだあ君、よく分かったわねハート ご褒美に踏んであげるから、股間の粗末なモノを出しなさい」
と言う落書きの様な女教師が登場しまして、経済につきまして分かり易く説明される書籍を、
『フランス書院文庫』
から出版されるものだと考えておりましたが、少し違った様ですf^_^;



さあ、皆さんもお近くの書店へGO!!
7月28日・29日と、
『尾張津島天王祭』
へ行ってまいりました。



このお祭りの創始年は不明ですが、
15~16世紀には存在していた様で、
織田信長公も、
深い関わりが有った様です。



まあ、
詳しい事は、
『津島市観光交流センター公式サイト』
をご覧下さい。
【http://www.npo-tsushima.org/omatsuri/tennoumatsuri/index.html】



先ずは7月28日の、
『宵祭り』
です。



夜店が出て、
花火が打ち上げられましたが、
何と申しましても、
圧巻だったのが、
「提灯船」
ですね。



真ん中に13個の提灯を、
その回りに365個の提灯を飾り付けられ、
天王川を漕ぎ出します。



その姿は、
実に雄大で、
且つ、
幻想的なモノでした。

血祭謙之介(NWD)のブログ『とあるプロレスラーがモノ申す』-HI3D0008.jpg



そして翌29日、
『朝祭』
を迎えます。



先ずは、
『楽車船』
が天王川を漕ぎ渡ります。

血祭謙之介(NWD)のブログ『とあるプロレスラーがモノ申す』-HI3D0010.jpg



その後、
鉾持ち衆が、
布鉾を持ったまま川へ飛び込み、
泳いで岸に渡り、
そのまま奉納するのですが、
私が遅刻をした為に、
見逃してしまいました_ト ̄|○



その後、
稚児や囃子方(締太鼓・笛・太鼓)、
祝司等が下船しまして、
そのまま津島神社へ進みます。
(こちら↓が津島神社)

血祭謙之介(NWD)のブログ『とあるプロレスラーがモノ申す』-HI3D0020.jpg



天狗様を先頭に、

血祭謙之介(NWD)のブログ『とあるプロレスラーがモノ申す』-HI3D0012.jpg

血祭謙之介(NWD)のブログ『とあるプロレスラーがモノ申す』-HI3D0016.jpg



御稚児さんと…

血祭謙之介(NWD)のブログ『とあるプロレスラーがモノ申す』-HI3D0018.jpg



そして中には、
元Bad Messiahのdrummer、
加藤久基さんも♪

血祭謙之介(NWD)のブログ『とあるプロレスラーがモノ申す』-HI3D0017.jpg



これほど歴史に圧倒されましたお祭りは、
生まれてこの方、
初めての体験でした。




関係者の皆様、
本当にお疲れ様でした。

血祭謙之介(NWD)のブログ『とあるプロレスラーがモノ申す』-HI3D0021.jpg