ハンナのハーブ屋さんのサイトの資料を読んでいて放射能対策にお勧めな記事があったのでメモしておきます。

 *内容はサイトから引用したものを個人的に訳したものですので多少の意訳が入っています。

 

 こちらのショップでは放射能から体を守るブレンドとして3つの商品を紹介しています。

  •  ChemX
  •  MetalX
  •  エキネシア
 
 以下がサイトに記載されている詳細になります
 

ChemX  - 紅茶、チャパラル、コンドルンゴ樹皮、レッドクローバー、パプリカおよびスパイクナードの組み合わせ。伝統的な使用法と現代的な研究に基づき体内の化学物質の蓄積を浄化し保護するハーブを使用しています。研究によりパプリカには外部の汚染物質から自身を保護する特性があることが発見された。紅茶は優れた抗酸化特性を有し、フリーラジカルまたは不安定分子と戦うのに役立つ。

 

MetalX- カボチャの種、オクラ、大根、トウガラシ、ペパーミント、ダルスのアンサンブル。身体の排除能力を高めることによって、システムから金属を除去し、毒性負荷を軽減するように設計されています。カプシクム、ルバーブ、オクラは健全な腸機能をサポートし、ダルスおよびカボチャの種子は泌尿器系のろ過機能を補助する。ペパーミントは、肝臓の解毒機構の一つである胆汁の流れを改善する効果がある。

 

エキネシアは、免疫システムを最適な状態に保つことで昔から知られている。エキナセアは風邪やインフルエンザの治療法として人気があるが、その免疫システムサポート効果は過剰な毒素に起因する2次的な健康被害を予防するのにも効果が期待できる。エキナセアはまた、汚染された外気によるダメージが一番大きい呼吸器系を保護するのにも使われている。

身体はできるだけ早く毒素を体内から排除することを優先するが、それには肝臓に解毒作用を行う適切な成分が十分に存在することが条件となる。ミルクシスルは過去30年間数多くの研究がなされ、胆汁機能を促進することによって毒素排出を増進させることが証明されている。さらに、その抗酸化活性は毒素による細胞の損傷を防止する。

(引用元) http://www.hannasherbshop.com/shop/radiation-radia-waive-chem-vibropathictm.html

 

 放射能を含め様々な汚染物質が体に入ってくるのを100%防ぐことはできません。 なので汚染物質をいち早く解毒し体から排出することで細胞へのダメージを最小限に食い止めることがこれからますます重要なになってくるようですグラサン