NPO法人鎌倉ファイナンシャル・プランナーズ

NPO法人鎌倉ファイナンシャル・プランナーズ

【神奈川県鎌倉市のNPO法人 鎌倉ファイナンシャル・プランナー】
FP相談(保険の見直し、資産運用、相続・遺言、住宅・ローン、家計診断、年金・老後)・セミナー・FP3級講座・講師派遣を行っております。

前回、「瀬戸内科の島の事情」について書きました。

引き続き、今回は島内6集落の内のひとつ、

御手洗集落について記してみます。

 

御手洗集落以外の5集落は柑橘類で生計を立てている集落です。

御手洗集落は江戸時代からの港町で、

人口217名(2015年国税調査)の小さな集落です。

 

実は、以前、横浜桜木町にある日本丸に横の「横浜みなと博物館」に行ったときのことです。

博物館の壁に日本地図があり、何の気なしに広島を見ていたら 港町御手洗が載っていたのです。

驚きました!!!

人口が200名程度の小さな港町御手洗が横浜の博物館に記されていたからです。

 

なぜ?

と思いつつ調べてみました。

港町御手洗は、江戸時代中期から明治時代にかけて栄えた港町でした。

御手洗は周辺の島々に囲まれ、瀬戸内を航行する船(帆船)の航路上の寄港地とし、潮や風を防いでくれる『潮待ち』『風待ち』の場所だったのです。

 

19世紀初頭には「北前船」と言って、北海道から日本海の港町で特産物を瀬戸内海経由で大阪や江戸に運び、各港町で商売していた帆船のことです。

港町御手洗はこの航路上にあり、諸国から仕入れた米や酒樽、海産物などを売りさばく中継商業が盛んに行われていたそうです。

(豊町史:本文編)

 

その時期の町並みや建造物が、現在も当時のまま残されており、1994年には国の「重要伝統建造物群保存地域」に選定され、

更に2018年には「北前船とともに栄えた港町」として日本遺産に選定されていました。

これで、横浜の博物館に港町御手洗の名が記されていたことが理解できました。

 

最近では、この町並みや建造物が映画やアニメのロケ地として、利用されています。

直近では、2022年3月に米アカデミー賞を受賞した「ドライブ・マイ・カー」です。

御手洗の町並みや、その町の角にある築150年に「閑月庵新豊に客室」がロケ地でした。

 

2012年にはアニメ映画「ももの手紙」も御手洗地区を舞台にした映画です。

アニメの舞台となった町並みや病院などを実際の写真と比較した写真がネットで見ることができました。

小さい頃に遊んだ町並み等等思い出し、懐かしく思いました。

他にも、このエリアはCMやテレビ番組のロケ地として度々登場しています。

 

こんな小さな集落が、こんなに広がりをみせているとは思いませんでした。

 

興味のある方、ぜひレトロな町を散策してみては如何でしょう。

 

                        K.I

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今年年初のブログで「新しいこと始めます」と書いたのですが、

その一つが放送大学の講座を受講することでした。

FPに関連する科目と、

もう10年以上勉強している外国語があるのですが、

その国の通史の2科目を今年の4月から受講しました。

 

私は学位に関係なく好きな科目を選べる

「科目履修生」というコースを選択し、

入学金7,000円、授業料は1科目11,000円、

合計で29,000円です。

 

受講した講座はどちらもラジオ講座なのですが、

インターネット配信もしていて

24時間好きな時間に講義を聴くことができました。

インターネット配信といっても元がラジオ講座なので

動画はなく、黒い画面から音声が流れるだけです。

 

テキストはそれぞれ300頁前後のものが送られてきました。

 

板書も動画もなく、耳で聴きながらテキストを見るということは

思い返してみればあまり経験がなかったので

最初は戸惑いましたが、

まずは配信で講義を聴いてそのあとテキストで細かく復習

というスタイルになっていきました。

 

でも、この24時間好きな時に講義を聴くことができる

というのがなかなか曲者で、

いつでも聴けるやとつい後回しになり、

数回滞るとあわててまとめて視聴というのを

何度も繰り返してしまいました。

 

4か月の受講期間の中で、途中にweb提出の中間テストがあり、

そして期末にはもちろん試験があります。

これに通れば単位が取得できます。

私は科目履修生なので単位がとれようがとれまいが、

何にも影響はしないのですが、

中間テストが思いのほか難しかったので、

最後はかなり追い込んで勉強することとなってしまいました。

 

4か月ほど勉強してみて、

自分が知りたいと思っていたことが

ある程度まとまった形で知識を得ることができ、

またその分野に関する視野も拡がったので、

受講してよかったという気持ちでいます。

 

ただ、1度に2科目は多かった!

いろいろなことをやりつつ、期限のある形で勉強するのは

時間的にも労力的にも大変でした。

放送大学には約300科目もあり、

まだまだ興味深い科目がたくさんあるので、

次回からは1期に1科目ずつ受講しようと思います。

 

放送大学の学生になると、私のような科目履修生でも

美術館や映画館などで学割が使えるようになります。

残念ながらコロナ禍でもあり、学割を使ったのは

ちょうど同じ時期に別の大学の大学院に入学した友人と

映画を観に行った1度だけでしたので、

(『ドライブ・マイ・カー』を観ました!)

次はもっと利用できればと思っています。

 

放送大学では現在10月入学生の出願期間中です。

興味のある方は

どんな科目があるのか覗いてみてはいかがでしょうか。

 

 

 

ちなみに放送大学は

教育訓練給付制度厚生労働大臣指定講座となっています。

 

 

株はやってはいけないと言われて育ったので、

投資に対してとても抵抗があります。

 

こづかい

 

鎌倉ファイナンシャル・プランナーズの小林です。

 

今年度から高校での金融教育が必修になりました。

 

いままで学校でお金のことにについて学ぶ機会は

ほとんどありませんでした。

そうなると親の影響って大きいと思うのです。

うちみたいに、

「株=やってはいけないこと」

と教えられると、

いくら長期投資や分散投資がリスク軽減になると言われても、

なかなか投資への一歩が踏み出せないんですよね。

 

金融教育で「親の考え」以外を知る機会が持てることは、

とても良いことだと思います。

 

私の場合は、

心配性なも踏み出せない理由の一つですね。

ちゃんと勉強して、理解してからでないと怖くて・・・

でも実際は、

勉強が進まないまま時間だけが過ぎていくパターン。

例え勉強が進んでも、きっと不安は払拭されないと思います。

 

株価が下がることによって失うことになる金額よりも、

何もしないで失った時間の方がもったいない!

と思い切って購入。

(でも、小心者なので5万円分くらい)

 

始めてみて分かったことがありました。

自分の投資先をチェックするのはもちろんですが、

この会社、おもしろいことやってるな~

と思うと、上場しているのかな?

株価はいくらかな?

と調べるようになったのです。

 

彼氏が欲しいな~と思っていると、

カップルに目がいくように、

 

世の中のこと、経済のことに

注目できるようになってきたような気がするのです。

 

まだ2銘柄しか持っていない私ですが、

徐々に増やしていきたいと思っています。

 

そうそう、高校生向けの金融教育。

新聞やニュースで見ると、投資の話から入っているようで、

他にももっと教えることがあるのではないか?と

思っていました。

 

投資=株を買う

 

ではなく、勉強した、アルバイトしたりすることも

自分に対する「投資」

だという話から入っている学校があると知り、

なるほど~と思いました。

 

これなら、投資のイメージが固まったものにならないですね。

私も高校生のときに受けたかったな。

 

 

「何で勉強するの?」

 

一度は思ったことがありませんか?

または、子どもに聞かれたことはありませんか?

 

ドラマ「はじこい」で

深キョン演じる春見順子のセリフが好きでした。

 

そのひとつ、勉強は何のためにするのか?

という質問に答えたセリフ

 

「未来の君の大切な人を守るため」

 

これ、高校生の時に聞いていたら、

もっと勉強していたのに~(たぶん)

 

 

 

鎌倉ファイナンシャル・プランナーズの小林です。

 

 

二十歳になると国民年金に加入しますが、

学生は自分で払うことが難しい場合もあります。

 

その場合、学生納付特例制度という、

国民年金保険料の支払いが猶予される制度があります。

 

猶予であって、免除ではない点に注意です。

10年以内に後納することが前提の制度です。

後納しない場合は将来受け取る年金が減額されてしまいます。

 

就職後納めるとしても、

若い人が月々16,000円支払うって大変なことだと思います。

 

もし、代わりに親が支払うとどうなるか?

 

支払った親は社会保険料控除を受けられ、

所得税、住民税の軽減になります。

(所得のある人でないと、控除は受けられません)

 

2年分前納すると、約15,000円の割引きになります。

 

そして、付加年金制度を利用できます。

付加年金制度とは、月々400円で年金額が200円増える制度です。

 

2年分9,600円の支払いで、年金額が4,800円終身で増えます。

なんと2年で元が取れてしまいます!

 

親は減税というメリットを得られるし、

子どもが将来受け取る年金額を増やすこともできる。

さらに、まとめて払えば割引きになるのです!!

 

しかし、本人も親も払うことができない場合・・・

その時は忘れずに学生納付特例制度を使いましょう。

未納の「払わない」とは大きく違います。

 

学生納付特例制度を申請していれば、

病気やケガで障害を負った場合、

障害年金を受給することができます。

申請せず未納の場合は受給できません。

 

このように様々な制度がありますが、

そのほとんどが自己申告制。

 

自動的に手続きが済んだり、

親切に案内が届く訳ではありません。

自分や大切な人を守るために知識は必要です。

 

知っていると知らないとでは大きく違う。

少しでも知るきっかけになったらいいな~

と思いながらブログを書いています。

 

 

はじこい、

順子からゆりゆりこと由利匡平へのセリフにもしびれました~

 

「ゆりゆりはきっと現代文が得意になるね。

 だって、人物の心情が分かる優しい読解力を持っているから」

 

こんなこと先生に言われたら、

絶対に現代文が得意になっちゃいますよね♡

 

 最近テレビを見ていて、ちょっと気になる事があったのでブログに書いてみようと思います。

 

 コマーシャル気になりました。

 と言っても正確には、企業CMでは無く【acジャパン】のコマーシャルです。

とーーーっても多くなってきてる気がします。

 個人的に、この10年ほど見たいと感じるテレビ(番組)がないので、暇つぶしも含めて見る事はかなり少なくなっていました、

 その少なくなったTV時間でも【acジャパン】はかなり目につきます。

いわゆるゴールデンタイムでも見かけます。

もちろん【acジャパン】CMがどうこうと言う話ではありません。

 

 これは何を意味しているのか?

企業がTVCMを出さなくなっているのか?

 一説によると、TVCMの費用対効果はかなり低く高価なCM料に到底見合わないらしいとの事。

結果CM を出さないので、TV局はその時間を埋めるため【acジャパン】CMを流している・・・のでは無いか?

 

 この妄想的仮定が合理的だとすると、これに関係する仕事をしている企業は利益が減る事となるはずです。

テレビ局、CM制作会社、←この2社を繋ぐ会社。

 

 私は日頃から投資に関する目利きは、日常目にする風景や事象が大きなヒントになると考えています。

この私の定説に置き換えると↑↑↑に関連する投資は要注意となります。

 

 どーなっていくか、しっかり注目していきたいと思います。

 

                    keroyonカエル