作家の浦賀和宏氏が亡くなった

 

デビュー作『記憶の果て』を読んでその内容にショックを受け

作者紹介の欄で年下なのを知りショックを受け

その後もショックを受ける作品をいくつも読ませていただきましたが

今回のことが一番ショックです

 

まだ続きを読みたいシリーズもありましたし

ノンシリーズも毎作「こう来たか」と驚かされました

 

享年41

 

早すぎです

 

刊行された作品の七割方は既読なのでもう残り10冊しかない・・・

 

まだまだいろんな作品を読めるものだと思っていました

 

非常に残念です

未読の10冊

じっくり読ませていただきます

 

故人のご冥福をお祈りいたします