田舎の鍵師(キーセンターくわな)香川県宇多津町・不可思議探偵団のWikipediaに鍵師として名前が掲載

不可思議探偵団開かずの金庫(開始から4回出演2010年04月~12月 以後金庫シリーズが始まる)
番組内では私のことを「天才鍵師」と呼んでいました。

ALOA本部理事(国際地域代表)として活動(2008-2010)

(財)合気会支部道場(うたづ合気道倶楽部希の会・道場長)


テーマ:



合気道は派手な投げ技もありますが、この様なバランスを崩して倒すのもあります。
(隅落としの一種)

簡単そうで難しい技の一つです。
身体や腕の力を力を意識的に抜いて技を施します。

うたづ合気道倶楽部希の会  桑名


{7B20DF43-D81C-468A-9ADD-B19D30D563F2}

{EC65A074-0E2A-4C32-80ED-753727F2CC5A}

年明けに合気道五段を頂きました。
免状を入れて下さいと私の友人から額を頂戴しました。
感謝を込めて写真を掲示します。(^_^)





テーマ:
3月9日、神戸にあるパナソニックの工場見学に出掛けておりました。
パソコンに明るい方ならばご存知だと思いますが、パナソニック製のLet's noteは私も愛用しておりましてモバイルとしてあちらこちらに出掛ける時に持ち歩いております。最新型は最近手に入れておりませんが軽くて丈夫ですし、機能も充実し特に形が気に入っております。
道具はやはり慣れたものが使いやすく、思いついた時にサッと開き文章を書いております。日本語を書くときはもちろんですが、英文を推敲するときも膝に乗せて便利に使っております。
大昔(私のですよ)と言っても30数年前ですが、ボードマイコンから始め当時高価なMacintoshを横目で見ながら、SHARPやPC98シリーズで過ごしておりました。
鍵屋さんになる前からですがパソコンに狂っておりましたので、最初はアッセンブラ途中から出始めたBASIC言語、そしてC言語なども独学でやりまして、結局この様なことが高じて少し体を壊しました。一番頑張っていた頃は全国の数人が集まって書いた「名人桐」が技術評論社から出版され、私も少しですが印税が振り込まれ、調子に乗ってその出版社から単独で出すことに決まり、準備が整い原稿を送る頃に私の次男が交通事故に遭い8才の直前に先立ってしまいました。直希と言います。
その後はどうにも自分がコントロール出来る状態ではありませんでしたが、人生の方向を大きく変えて自分自身を根本からやり直すべく、その翌年に初めての渡米をしました。
話が逸れておりますので元に戻ります。(^_^)
現在はパソコンとも病的にではなく道具として使える様になりました。
最近はかなり薄型のモバイルパソコンがありますが、やはりLet's noteから離れることはできませんね。
下の写真は現地で撮影していただいたもので、もう一つは特製の貴重な袋。
あらかじめ紙に私が書いた「希」の文字をマグカップに転写してお土産の一つとしていただきました。

下の二つのリンクは今回の工場見学の抽選に選ばれた人の見学記です。私は今回の見学については説明を省きました。

是非こちらをご覧ください。
それぞれが作者の個性あふれる文章ですから、興味深いと思います。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
https://gullj.net/%E3%81%9D%E3%81%AE%E4%BB%96/%E3%83%91%E3%83%8A%E3%82%BD%E3%83%8B%E3%83%83%E3%82%AF%E7%A5%9E%E6%88%B8%E5%B7%A5%E5%A0%B4%E8%A6%8B%E5%AD%A6/

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
https://www.sunmattu.net/pctablet/14211
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

{5A4517CF-B8AF-46D5-8994-32791FACDD81}

{813F08D7-26D1-4754-A594-807A7A7E9FCA}



テーマ:
合氣道を始めたのは私がアメリカに行き始めた43才の時からです。
米国に行って出会う人たちと話していると、彼らと話をしながら日本の文化も受け入れようとしているように感じました。
私がただ一人の日本人というだけではいけないと思いました。
最初の渡米から帰国した後私でも身につけられる日本の文化は何かないかと探したところ、運動音痴の私にも出来そうな合氣道に出会ったのです。ありがたい事に老人になった現在でも続けられていることを感謝しています。

今夜は寒かったせいか参加の会員が多くなかったので、みんなの邪魔にもならないので連続して前受け身をしました。私は先日67才になりましたが、合氣道は力も使わずおだやかなうごきをしますからこのようなことも可能です。10年後も同じような状態でいたいですね。(^_^)

うたづ合氣道倶楽部希の会 (きのかい)
主宰 桑名 隆 (五段)


テーマ:

みなさんこんにちは。

私にしては珍しく連日のブログの更新が出来ています。

 

1月14日に合気会本部で行われた鏡開きに参加を致しました。

式次第が無事に行われて直会(なおらい)で楽しいひとときを過ごし、受付で五段の免状を戴きました。四段になったのがちょうど平成20年でしたからちょうど10年ぶりの喜びです。

帰りに本部玄関前で私を推薦していただいた松山師範(向かって右側今回七段昇段)、松本師範(昨年六段昇段)の三人で記念撮影を致しました。

私の年令を考えるとこの後の昇段は極めて難しいと思いますが、43才から合気道を始めた者としては、良く続いたものだと考え深いものがあります。

それと私が一番最初に教えを受けた当時の先生が五段に昇段された時、喜び押さえきれない表情をしながら免状を見せて貰った日のことを思い出して、嬉しさが分かったような気がしました。まだまだ未熟で稽古を続けて自分自身を磨き続けなければなりませんが、それでも大きな一歩を踏み出せた感動は忘れられません。

 

うたづ合氣道倶楽部希の会 主宰 桑名隆 

 
{F9667611-6B81-4635-A831-7A4AEA5C6B97}

 

 

{F7B09EB5-BD5C-41CA-AC31-328B161D0F25}

 

 

 

          先日道場の会員から質問を受けて説明をするために技の瞬間の

          写真を撮影しました。

          そのほか立ち技四教での決めの時、上手くできない人に

          私が見せた姿勢と足の写真。

          呼吸投げでの力の移動、抜き方、投げる時に相手に与える虚の意識を

          説明するために撮影しました。

 

 

{1F50CB1E-F14F-4D8D-B2F8-B08E9DFA7B12}

 

 

{B3C6204A-7CC5-4973-AA8D-A10C358CD619}

 

 

{42865C15-A991-4303-B680-F75A3381663A}

 

 

{C7974E26-289E-480A-8816-76D29BF2BDC2}

 


テーマ:

長い間、Facebookに入り浸りでアメブロは半年ぶりの更新です。

貴重な読者の皆さんにはご無沙汰をしており申し訳なく反省をしております。

 

思い返してみたらこのブログに一生懸命書いているときの楽しさはFacebookでは到底得られないものだとやっと気づきました。情報の発信だけという意味ではFacebookはいいのかもしれないのですが、私の現在に至る軌跡やエピソードなどはブログで語るべきなのだと思います。

 

人、ひとりひとりの人生は不思議の連続で連なっていると思いますが、私の人生はと振り返ってみればそれも変わったものが沢山有るのです。出来るだけリラックスして書き進めたいと思いますが、私の文体は少々型苦しく面白味に欠けそうで不安です。

出来る限り内容に息吹を吹き込んで文章を書きたいとの希望を持っております。

私は一般に言うブロガーではありませんので頻繁に更新は出来ないかもしれませんが、今の気持ちを正直にここで表せたら幸いと考えます。

 

 

さて、長い前置きはこのくらいにして、先日(1月14日15日)に東京へ出かけておりました。

今回の内容は2日目に出かけていった浅草でのスナップです。

 

1日目のことは次のブログに写真と共に投稿します。

 

 

桑名隆 (私は67才になりました 1月30日生まれ)

 

 

{00786853-F508-487E-BE04-F7EACD606CD0}

 

浅草浅草寺の門の所にある大きな提灯(?)の下に凄い物がありました。

 

{9706BD65-320C-4C75-ACC9-38ABEB197F86}

 

 

この日はお天気も良く沢山の人出でしたから、田舎者の私は人に酔いました。

 

{F496AF33-3B17-41AE-9F38-EFE1A49929E1}

 

 

着物を着ている若い女性を沢山見かけました。

それも日本人ばかりではなく海外の観光客が目につきました。

おそらく想像ですが着物をレンタルするプログラムがあり、

着付けもして出かけてきているのだろうかと思いました。

 

{0A24218B-05B0-4235-B026-80580A69EB63}

 

 

{3676AF1F-1D90-4149-A9FC-0E5DF741F6F1}

 

 

{C5E56C3B-BECF-436D-87B7-FC501879A45A}

 

私の自撮りですが、みんなから好評でした。

雷門の提灯と私の顔の大きさが一緒ですからね。

{83D983DE-EC73-4CD3-87AF-D23834188B23}

 

 

{11EAA87B-1475-4BD9-91E9-A42DE56A6C7F}

 

 

友人の会社の裏に建つとても歴史のありそうな教会を見つけましたので写真を一枚。

 

{617C5FD4-28CF-46AE-AD7D-850B5D1CF09B}

 

 

浅草にある友人の会社に立ち寄って記念撮影です。

 

 

 

 

 

 


テーマ:
香川県高松市主催の文化事業が6月中頃から毎週土日に行われその最終日の7月2日に高松駅そばのサンポートの小劇場の舞台に立ちました。
私が参加した劇団は香川県で最も歴史があり、今回のお芝居は70回目の記念講演でした。(劇団マグダレーナ)
実は芝居に出る予定はなかったのですが、映画に出たご縁で声がかかり3月から芝居の当日まで稽古を続けてきました。

私の初舞台はとても緊張をしましたし、昼の部と夜の部が終わってかなり疲れました。ですが心地よい疲れでした。

当日用意されたプログラムに私のプロフィールをのせました。それをご紹介します。



人生は不思議の連続です。私が43歳の時、突然の苦難に見舞われ勇気をふるって行動した先にアメリカ行きの話。その時不思議と天命と感じ、翌年知人に寄り添って渡った初めての米国。団体行動の苦手な性格が災いしたのか誤解を受け、またも新たな困難。しかし悪いことは続かないのです。ほとんど英語が喋れず理解も出来ないのに互いに意思の疎通を持った米国の理事が私を救ってくれました。帰国後、私の恩返しの旅が開始します。能力も経済的にも余裕がないのに1995年から2010年まで馬鹿の一つ覚えのように繰り返した結果、金庫の理論講座の本部講師として米国の年次大会で従事し、最後の年には本部理事に選出され、やっと私の長い一人旅は終わりました。
最初の帰国後に始めた合気道によって、滞在中は日本の文化を紹介することが出来、今も私の心と体を守ってくれています。
2010年春から年末まで金庫を開ける鍵師として全国放送に複数回出演した経験、自主映画に出演、そのご縁で本日の舞台に参加出来たこと。人生はまことに不思議です。私の未熟な演技は皆さんを邪魔せず、数奇な運命に翻弄されたような私の人生に彩りを添えられたら嬉しいです。



さてさて、実は2010年に日本テレビに出演してからしばらくの間渡米をしておりませんでしたが、実は来週の火曜日(18日)にアメリカのシカゴに行きます。
とても嬉しくて毎日の準備を楽しくしています。長い間行ってなかったので段取りが上手くできず大変でした。
旅行会社に全く頼らない個人旅行のスタイルなので、現地のホテルや飛行機の予約にビザの取得などかなりうろうろしましたがその苦労も嬉さに変化するまでもう間もなくです。
アメリカの友人たちにはすでにFacebook経由で連絡もとりましたし、スーツケースの荷物も最終チェックの段階になりました。
今回は現地から一度ぐらいはブログを更新したいと思っています。
アメブロに新しい記事を追加するのは本当に久しぶりですが、元気でやっています。

映画と芝居、俳優もどきの面白い経歴も私の終盤についた色合いです。

楽しく生きることは難しい時もあるでしょうが、こだわりを持たなければとても簡単です。

では、次の更新を楽しみにしてください。

桑名隆

{6DAF526D-FEFB-4C01-A060-7B497F27EAAF}

{565E6CED-A909-459D-8CE7-F3B51A87134F}




テーマ:
さぬき映画祭において「カンカンSUN」で無事に新人の映画俳優としてのデビューを果たしました。

この記事は映画ではなく合気道を練磨するものとしての、動画をアップ致します。
今夜の稽古で思い立って行ったのですが、最初は二人を相手に途中から三人を相手にした多人数技です。
みなさんにお見せできるような切れ味はありませんが、それなりにできたように思います。
受けを取ってくれた人たちは息が上がっていましたから、かなりハードだったと思います。

これも私の一面です。(^_^)

うたづ合気道倶楽部希の会 主宰

桑名隆



テーマ:
私は毎日フェイスブック(Facebook)で友人の記事をチェックしたり私自身の
記事を書いたりして、現住所はここ(Facebook内)にあるのかと勘違いするほど
入り浸っています。(笑)

今回のアメブロでの記事は向こうからの転載ですが、一部加筆訂正しています。
なお私の記事は殆ど公開記事にしてありますので、フェースブックのアカウント
をお持ちの方は読むことは出来ます。

(桑名 隆、Takashi kuwanaで検索して下さい この写真が表示されます)



この写真は日本人で初めてALOA(アメリカロックスミス協会)の本部理事
国際地域(ヨーロッパアジア)になったときに、本部で撮影した写真です。
2008年-2010年の間は理事職の仕事のために頻繁に渡米していました。



では前置きはこのくらいにして、さて記事の内容です。


☆☆


Karim Metwalyさんが
動画「Lonely Homeless Man」をアップロードしました。

MUST WATCH AND PLEASE SHARE
I went to give this homeless man money but he wanted something much more.
A friend.
Watch on YouTube:

https://youtu.be/R9Tvik9nmV8


すべて英語なのでどうしようかと思いましたが、思い切ってシェアします。
実は私にもこれによく似た経験があります。

何年だったか定かではないのですがALOAの年次総会がナッシュビルで
行われたときのことです。(ナッシュビルは音楽の街で有名です)


ある夜、一人でダウンタウンへ行きそれからホテルに歩いて戻る途中で、
ふっと路地から出てきた1人の老人に会いました。


彼の左手にはお酒の入ったグラスを持っていました。
(賑やかな通りで、ちょっと不思議な光景だったので覚えているのです)


私はずっと単身で渡米を続けていたのできっと寂しかったのでしょうが、
ふとこの老人に声をかけました。なんと言ったかは忘れたのですが彼は
私の言葉に気づくように笑顔を見せてくれました。

当時、何とか英語も通じるようになっていましたが、この時は上手くかみ
合わない会話に少し不自然さを感じながら、それでも我々は道路脇にある
小さな公園へ行きその老人は地べたに座ったので、私もそれに習って座り
ました。

意思が殆ど通じていない会話を交わしているうちに、やっと可笑しいことの
原因に気づきました。その老人は昔のことを一生懸命に話していたのです。

この時、この老人はきっと痴呆症を患っているのだと思ったのです。

会話が上手く成立しないので仕方なく、私は大きな声で日本のふるさとを
歌い始めました。

ところが私が歌い終わったら、今度は老人が私にはわからない昔の唄を
歌い始めたのです。それは戦争時代の唄だったりカントリーミュージックの
ようにも聞こえました。

歌い終わったら次は私の順番です。もう何を歌ったか忘れましたが童謡や
聞き覚えのある軍歌だったような気がします。

二人とも大きな声で歌っているのですから、我々の前を怪訝(けげん)そうに
しながら観光客が通り過ぎていくのも決して恥ずかしくはなかったです。

ある意味楽しかったし、不思議なアンバランスに私の寂しい気持ちは吹き
飛んで行ったように思います。

歌い疲れた私は、彼に別れを告げると「明日も来るかい」と、やっと会話が
通じたのです。

これはもう10年余り前の話です。

今回の動画を見て思い出したので書きました。


☆☆


以上がフェースブックからの転載記事です。




ところで数日前にテレビ朝日の制作会社から、長崎にある金庫を開けて欲しい
のですがと、電話をいただきました。

私は日本テレビの番組「不可思議探偵団」の3作目の収録後に、体調が悪くなり
そのことが原因で辞めたいとお願いをして、4作目に出演後テレビに出演するのを
辞めました。

今回の制作会社の説明によるとまだ企画段階なのでと打診がありましたが、その
事情を説明して納得をして貰いました。もう番組は無くなりましたがほこたては
金庫の企画の一番目に声を掛けていただきましたので、お断りしましたが嬉しさ
はあります。番組のやり方に問題があったのは残念ですが、それなりにいい番組で
あったと思います。


今回のテレビ朝日、実をいうと私には余りいい記憶が無いのです。

昨年だったと思いますがテレビ朝日の違う制作会社の依頼で、米国で起きた事件の
コメントをして下さいと依頼がありました。

銀行のタイムロック付きの金庫に、小さな女の子が閉じ込められるのを救出する
内容ですが、とくにタイムロックについて説明をして下さいとの依頼でした。

実際にこの金庫を開けたRONさんは私の昔からの友人で、彼に日本のテレビで
コメントをすることを伝え、その時の事情を聞きあわせて国内の知人からは貴重な
タイムロックの写真の提供も受け収録に臨みました。

説明が難しかったのでしょうが、その収録の終わり担当者がテレビ朝日の都合で
沢山の企画のビデオをつないで編成するためカットになることがありますので、
ご承知くださいと道具を片付けながら言われました。

「おいおい、そんなことは依頼前に言ってくれ」と言ってやりたかったです。

案の定、番組を見るとカットになっていました。

この話は、当時撮影に来たカメラマン兼ディレクターにこの顛末はいつかブログに
書くよと伝えましたらご批判は寄せられないと思っております。
香川県はうどん県ですから、うどんをご馳走致しましたが、今回は全く費用は受け
取っておりませんから、自由なんですね。(笑)


気を取り直して......


それでも毎年かかさず数件の申し入れがあるのはある意味嬉しいですが、局側も
数字のとれる企画を作ろうと苦労しているのを感じます。

余談の追加ですが、フジテレビで韓国のカギ職人が日本の金庫を開けるのに挑戦と
いうのがあり、その放送が終わった夜に韓国のKBSの制作会社から私にメールで
出演依頼がありました。これは事情が異なるので問題が起きないように丁重に
お断りをさせていただきました。
だってその人は番組で開かなかったんですから今度は韓国で私にと言う意図が
見えていますからね。

お前も開かなかったのがあったじゃないかと、言われそうですが実は私も北海道の
収録では開いていません。この事はもっと時間をおいてその状況と真実をどこかで
書きたいと思っています。まあみんなが覚えていない頃ですかね。

もういちど本線に戻って........

実は、私の出ていたときのある瞬間視聴率が20%を超えたことがあるのです。
コマーシャルでじらされて、出た私がダイヤルを真剣な顔をして回しているその姿
の時らしいのです。誰が教えてくれたのか忘れたのですが、当時のテレビの関係者
だったかアナウンサーの人だったかですが、その視聴率もまっすぐに飛び上がった
とのことですから、凄かったのでしょうね。

テレビの中の私は職業上では専門家ですが、テレビ業界では素人です。
日本で初めて金庫を開ける企画に登場したことでかなり丁寧な扱いを受けたのですが
それでも制作費は大変だったようで、出演に際しての費用は実費(仕事として)と
交通費宿泊費程度を頂戴致しました。

回が重なり人気が出てくると徐々にその金額は増えましたが、それでも地元で仕事を
していた方が良かったですから、推して知るべしです。


私の周りでも放送後5年も経っているのにもかかわらず、誰が出ていたかははっきり
しないけれど出演していたシーンをしっかりと覚えていただいていることに感激し、
いまさらながらテレビに出られて良かったと思っています。
私をピックアップしてくれたディレクターにお礼を申し上げます。

何度も依頼はあるのですがさっき書いたように自分から辞めているのですから、鍵師と
して今後もテレビに出ることはありません。(楽しみにしている方は多いようですが)


テレビにはありませんが、先頃「さぬきうどん融資課」NHK七十周年記念番組に
エキストラとして出演できましたし、今後は色々な事をやりたいと考えているところ
です。
お陰で桐谷健太さん、佐藤江梨子さん、鶴瓶さんの息子さんの太郎さんにお会いして
収録中一杯話が出来たのはとてもいい記念になりました。



まったく余談の方が長くなりました。まとまりのない長文を読んでいただきありがとう
ございました。


田舎の鍵師

桑名隆

テーマ:
お父さんが     三波伸介(てんぷくトリオ) 
息子さんが 二代目 三波伸介(まんてんトリオ)

ちょっと世代の上の人にはこの名前は、きっとおなじみであると思います。

実はこの方は私には特別な存在の人です。

私の大恩人である今は亡き佐々木将人合気道師範が二代目三波伸介師匠の父親代わりを
されていたことで知り合うことができたのです。

今回はキングオブコントにエントリーをされマスコミを賑わせております。

師匠の芸と人間力で是非とも難関をひとつ、ひとつ、突破されることを祈念します。

このブログから支援を表明して、今回の挑戦に大きな声援を送ります。



桑名隆 田舎の鍵師



二代目 三波伸介のアメブロ

http://ameblo.jp/minamishinsuke/entry-12047596103.html


TBSのホームページ

http://www.tbs.co.jp/hot-jyouhou/201507071506.html

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。