移転前のオープン当時から通ってる
お気に入りのお寿司屋さんです。

とてもセンスある素晴らしい大将で、
「他店と同じじゃつまらない!」精神の元、
毎回毎回必ず感動がある寿司屋なんです。



いつかの新年会で珍しく早い時間から
お食事した時のものです。

{C3B00F2D-01E0-453F-A431-59FC7D6B47AE}

先付けから全て美味しい。
大将のお母様が手作りされた無農薬の
美味しいお野菜をたっぷり使われてます。
{215AC625-11AC-4152-9194-66490B577E3B}

まず、つまみがちょこちょこ出ます。
お写真全て撮ってませんので悪しからず。
特大甘海老。
{669B7780-C758-4A69-8C04-39807027621F}

炭で炙った〆鯖はなか川定番。
{73D5C182-812E-4F49-AD4E-C72A71A1B6D1}

今が旬ののれそれ。
穴子の稚魚。
なか川でいただいたのはかなり大きめで
美味しかったです。
{CDC16019-A793-4043-B2DD-C0FC5A8F6885}

そしてこちら。
他店の寿司屋よりいち早く取り入れていた
炭火焼き。
こちらをカウンターから眺めながら
大将と楽しくおしゃべりするのが幸せ。
{4437DCAA-6633-4063-9E50-36249B30BF21}

今が旬の鰆も必ずひと手間。ひと仕事。
ちょっと分かり難いですが、
真ん中のカラフルなもの。
炭火焼きした鰆の上には春野菜たっぷりの
洋風白和えが乗っています。
左の最高に美味しいポテトチップスは
勿論お母様の手作りのじゃがいも。
今まで食べたポテトチップスでもトップクラスの
感動の美味しさ。
{0B7D6E93-6BD6-40EA-AA04-5B1BF61C0D87}

そして、なか川のこだわり。
日本酒。
大将自ら長野県まで足を運んで購入されてる
大信州のみのラインナップ。
新地でいただけるのはかなり珍しいですよ!
{069AB786-4EDB-4E41-A84C-FAE32BC10103}

この日のメイン①
大信州の極上吟醸酒粕を使用した‥
{08A73032-768A-472B-B86F-41643255E7CC}

絶品粕汁!
{49CFA815-A84A-45F4-95B6-A694812319DC}

なんと、クエが入った粕汁です。
もう悶絶級の美味しさ!
{51FC8F2A-05E0-473B-8721-8D439DC9782B}

うっかり二杯目おかわり。
{FA40E8AF-6327-4C68-B481-CFF4B09C267F}

この日のメイン②
三重県産5〜6kg級の天然ふぐの白子。
{475E4595-4594-4509-8B20-4B096C5C25D3}

真剣な、なかちゃん   
{4A22A548-FC31-4226-8619-C725FD09AB5A}

こちらを塩焼きと醤油焼きに。
{8A9E1249-4C23-4AC8-8157-0909B73DAB3A}

お写真は塩焼きのみ。
{9541F297-439F-4A2D-A242-55B41F7B76ED}

もう言葉が出ない美味しさ。
{C444E9F7-0058-4C98-B4C7-19DF9E0635CB}

握りはまとめpicで失礼します。
なか川は昔からシャリは赤と白を
ネタにより使い分け。
鯛をトリュフ塩でいただいたり、
全てひと手間かけた握りばかりです。
漬けマグロは最高に美味しいんです。
{C034E17C-D54F-42EC-A249-7EF68819955F}

〆は、お母様が作られた小豆を
赤ワインで炊いたおぜんざい。
お餅入りでみんな腹ぱん。
{0AC73527-C731-493C-82EF-6C36526E6297}


ずっと通っていたい素晴らしい名店です。