阪急京都線の正雀-南茨木駅間の新駅「摂津市駅」の開業と駅前広場完成を祝う式典が13日、同駅などで開かれた。

 省エネ設備の導入などで、二酸化炭素(CO2)の排出量を「実質ゼロ」にした鉄道駅としては国内で初めての駅で、14日から開業する。

 「エコではじまる新しい駅」がキャッチフレーズ。駅舎の屋根に太陽光パネルを設置し使用電力の約30%を発電するほか、コンコースの照明を発光ダイオード(LED)にするなど工夫し、CO2の年間排出量を約半分削減。残り半分は兵庫県森林組合連合会が植林などで実現した排出削減分を「購入」の形で資金援助し、駅全体の排出量を差し引きゼロにした。

 阪急電鉄は摂津市駅の乗降客数を1日、約1万2千人と見込んでいる。

武器使用基準、緩和検討を=PKO参加-岡田外相(時事通信)
<ランタン>龍馬とお龍のオブジェ(毎日新聞)
<愛子さま>ホームルームに出席 学習院初等科で終業式(毎日新聞)
将棋 三間飛車対居飛車…王将戦・第5局(毎日新聞)
海岸に女性遺体、切断か=捜査本部設置-福岡県警(時事通信)