けろんち。

こだわりを持たない「けろ」の、
こだわりも何もない旅をつらつらと綴る旅日記。

H28.4.24から始めた日本一周の旅も…H29.3.15 無事に完遂。現在纏め中。
画面下の【テーマ別】から「日本一周(まとめ)」を見ることが出来ます。

✳️ブログ更新遅延中(笑)。


テーマ:
つづき⇒

うひゃーー‼️  素晴らしい眺めだ‼️‼️

↓三宇田浜方面を望む。

↓比田勝方面を望む。

ぽっこりと突き出た山で、360°景色を楽しむことができる。

さて、、野宿地としてはどうかな?

まず、人が立ち寄ることはなさそうだ。
頂上の展望広場には大きめの東屋もあってテントは余裕でいける。トイレもあってなかなか。
ただ一つ問題は、、
駐車場からやや遠いという点。。バイクでの侵入も可能なのだが……自分のバイクでは厳しい。

てことで、一応候補に入れて下山していく。




権現山から下ってきて、
すぐそばの『西泊海水浴場』へ。



うひゃーー‼️  (二度目のうひゃーー笑)

これまた綺麗だ‼️‼️


以前…五島列島(福江島)に行った時もそうだったのだが、長崎の離島は海が綺麗‼️  わざわざ南の島に渡らなくてもこんなにも透明度の高い海に出会えるんだよな。

誰もいなかったので、一人ぶらぶらと。


で、
この抜けが個人的に好きだな。


そして肝心の寝床なのだが、野宿はいけそう。
立派なトイレもあるし人もおそらく来ないかな。とりあえずここも候補に入れておこう。



さあ次は、
この浜から北に位置する岬の先端へ。



小高い丘を上りきった所……グーグルマップで気になった場所へ立ち寄る。

が、特に何もない…。


おそらくこの辺りかな?と思われる場所でパシャり。

↓殿崎ライン展望スポット。
美しい海岸線なのだが、、
いまいち展望スポットの感じが分からなかった(笑)。。


ま、いいや、、

ちょいと移動して『殿崎国定公園』と呼ばれる海に突き出た半島の付け根へ到着。


そこにあったのは、、

↓ロシア友好の丘(平和と友好の碑)。

近くには慰霊碑も建てられている。

ここは、、今から100年余り前に対馬沖で繰り広げられた「日本海海戦」の際、撃沈されたロシアのバルチック艦隊のウラジミル・モノマフ号の水兵147名がこの地に漂着し村人たちに手厚く救護されたと。


こういう教科書には載らないであろう歴史は、やはりその地に訪れてみないと知り得ないことが多々ある。これも旅の醍醐味かな。



すぐそばにあったのは、
ヘリポート。
災害などの有事の時に使われるのだろうか。
確かに……対馬の大動脈である国道382号線が寸断された時のことを考えるとね。。



そして、ここの岬には遊歩道が整備されていて先端まで散策ができるみたい。
とりあえず今晩の寝床はこの辺りで…と決めたので、、時間はたっぷり。
行ってみますか。。


遊歩道とはいえ舗装はされておらず、散策というよりかはどちらかといえば…トレッキングみたいな感じかな。



いやーそれにしても気持ちがいい‼️

なんたって、、
この絶景を眺めながらなんでね。

海に突き出た半島をぐるりと回ると、おおよそ1kmくらいになるのかな。さすがにここを歩く人はいないかな。




でもって……見えてきた、、
先端だ‼️

展望台的な場所で手作りのベンチが備えられている。

そこに一人のおじさん。
「こんにちは。いい天気ですね。」と軽く挨拶を交わして、先におじさんが発たれる。

見送って、、絶景を独り占め。




しばし堪能して、、、戻ることに。
帰りは別ルートで。

こちらもなかなかの絶景が広がっている。


そして、、


ぐるりと巡って戻ってきた。
いい運動になった(笑)。



広い草原の中にあった看板。
気になったのでちょっと行ってみる。


100mほど岸壁の方へ歩いて、、
あった。
『ロシア兵上陸の地』。

前述した「日本海海戦」の際、ここから上陸した負傷したロシア兵を村人たちが救護したんだよな。。



しみじみとバイクへと戻って、、
もうひとつの海岸へ。。



と、その手前にあった、、
『三宇田海岸展望スポット』に立ち寄る。

おおおーー‼️  これはこれは‼️
色が‼️
エメラルド色だ‼️‼️


⇒つづく。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。