郵便切手評論家・池田健三郎のブログへようこそ


1954年11月20日発行の「切手趣味週間 切手帳ペーン」には

「切手に学ぶ 世界の知識」

という標語が記載されています。
私は昔から何となくこの標語が好きで、

知識の宝庫である切手や郵便について深く知ることが、人生をゆたかにする

と信じて活動しています。

【お知らせ】
切手や古い郵便物コレクションのご処分・ご売却のご相談が増えています。
あなたやご家族が丹精込めて形成した切手コレクションを最大限有利に売却するためには、あせらず、一呼吸おいて専門家の意見を参考になさることをお勧めいたします。
池田健三郎は、わが国最多の相談実績を誇る専門家として、あなたにとって最善の処分・換金方法をご案内いたします。
池田健三郎へのお問い合わせは、メール(kitte_jp@yahoo.co.jp)またはこのブログのメッセージにてお願いいたします(折り返しご連絡するメールアドレスをお知らせください)。
----------------------------------------------------------------
【みなさまへお願い】
池田健三郎は、自身が共同代表をつとめるNPO法人日本郵便文化振興機構において、郵便文化の振興活動や使用済切手の回収を通じたボランティア団体・非営利組織の助成に力を注いでいます。そこで皆様にお願いです。

使用済切手(古切手)の回収ボランティアにご協力ください!

あなたの家やオフィスにきた郵便物から切手部分を1cm余白を残して切り抜き(剥がさずに)下記宛にお送りください。使用済切手は、福祉・教育の充実、子育て支援、災害復旧、国際協力、文化振興等あらゆる分野に役立てられます。ボランティア団体の皆様には

助成金の交付制度

があります。


〒158-0098東京都世田谷区上用賀6-33-16 ファミリーパーク上用賀402
NPO法人日本郵便文化振興機構 共同代表・使用済切手慈善運動本部長 池田健三郎あて

※ 恐れ入りますが郵送料はご負担ください

参考ウェブサイト http://www.jipp.jp/
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2017年09月23日(土)

戦後切手で国際展ゴールドメダルをとる難しさ

テーマ:その他

帰宅しましたら、何やら結婚式の案内状のような二つ折りの案内状(出欠連絡用葉書つき)が届いていましたので、「どなたが結婚なさるのかしら」と思いながら手に取ってよく見ると、メルボルン展で見事ゴールドメダル(産業図案切手)を獲得された、須谷伸宏氏の祝宴(有志による)のご案内をいただいたのでした。

 

勿論、大変な慶事でありますので、わたくしも喜んで出席させていただきます。

 

ご案内状には、「戦後発行された純日本切手で初の国際切手展における金賞受賞であり、日本郵趣界にとりましてもこの上ない喜びとするところ」とありましたが、まさしくその通り、大変な偉業であることは間違いありません。

 

これまで日本切手でゴールド以上が出ているのは、手彫、小判、菊、田沢、震災、昭和だけ、ということを考えれば、産業図案でGを得ることがいかに大変なことかは容易に想像がつくというもの。

 

11月の祝宴をいまから楽しみにしています。

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017年09月22日(金)

2018年の計画

テーマ:競争切手展

だいぶ涼しくなってきました。気付けば2017年もあと3か月と少しということで、そろそろ2018年のフィラテリーの計画を本格的に検討しなければと思っています。

 

2018年は国際展として、イスラエル、プラハ、マカオ、バンコクなどがスケジュールに載ってきていますが、いずれにせよ、2017年は「お休み」させていた、急速郵便史のコレクションを再びどこかの国際展に出品する予定にしており、最近になって、全リーフ作り直しを伴う大改造を計画しているところです。

 

ひとまず11月にはプラハへのエントリーを行う予定ですが、展示フレームの制約が厳しいので出品すること自体が相当な激戦になるといわれていますので、その辺も勘案して予定を立てなければなりませんね。

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017年09月19日(火)

明治32年4月の書留訴訟書類

テーマ:郵便史全般

訴訟書類の使用例も無理をしない範囲で集めていますが、「訴訟書類」制度が実施されている時代でもっとも入手が難しいのは、「書状2銭+書留7銭の時期」であることは比較的よく知られた事実でしょう。

 

この料金期間は18か月しかない短期なので、書留に加えて訴訟書類や別配達の追加料金が納付された特殊扱い使用例はやはり少ない(とはいえ余り人気が高い分野でないためさほど高価というわけではない)のです。

 

これは最近入手したもので、間違いなく、書状2銭、書留7銭、訴訟書類5銭の計14銭料金時代の使用例です。

 

 

これは、U小判2銭と菊1銭、同3銭貼で丸一印(青森 32.4.7 ハ便)で抹消され、弘前あてに差立てられています。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017年09月17日(日)

スターオークション第40回セール 無事終了

テーマ:オークション

昨日は、スターオークションの第40回のセールでした。お陰様で今回も、メールビッドに加えてフロアでも活発な競りが行われ、総じて盛況理に終了することができました。

 

早いもので、2008年11月にこのオークションを立ち上げて最初のセールを実施してから10年近い年月が経ったと思うとまことに感慨深いものです。

 

このオークションおよびそれを通じたNPO活動をここまで順調に継続することができたもの、ひとえにお支え下さり、励ましてくださった皆様のお蔭でございます。本当にありがたいことでございます。

 

次回はいよいよ10周年を間近に迎え、第50回セールも視野に入ってきました。可能な限りこれまで通りの運営を続けてまいりますので、引き続きのご支援をよろしくお願いいたします。

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017年09月14日(木)

昭和9年 大森区から淀橋区あて速達葉書

テーマ:「速く運ぶ郵便」の歴史

ごく最近の入手品です。

 

速達サービス対象地域限定時代の東京市内便はがきで、昭和9年11月19日に大森区の池上局から差立てられ、淀橋区内に運ばれました。

 

 

この時代の速達は、丁寧に探していると、さほど高価でなく入手できることがありますが、ひと頃に比べるとそうした機会は減ったように感じています。

 

東京市内便はそれでもまだ安価ですが、九州などの珍しい地方便になると、オーションで恐ろしい値段になってしまいますので、手に入らなくなりました。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017年09月12日(火)

料金改正直前の短期使用例:10円から15円への変わり目

テーマ:郵便学入門

昭和41年から翌年にかけて発行された魚介シリーズは、いずれも日本画の大家による図案が採用されているだけに、味わい深い切手が多く、昔から好きなシリーズの一つです。

 

その中でも、使用例の収集が最も難しいのは、この10円アユではないかと思います。

 

この切手は昭和42年6月1日に10円額面すなわち書状料金用として発行されましたが、1か月後の7月1日からその料金は15円(重量便は20円)に値上げされてしまいますので、書状用切手としての使用期間は僅か30日間しかありません。

 

画像は、この切手が収集家ではない一般用として使われたものですが、現在ではなかなか手に入らない使用例です。

 

無論、収集家が意図的に作成した、初日カバーなどでは実際に使用された実例をいくつもみることができますが、それで妥協するのは面白くありませんので、このような作為性がないものを探していたところ、漸く落掌できたところです。

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2017年09月11日(月)

料金改正直前の短期使用例:8円から10円への変わり目

テーマ:郵便学入門

郵便料金が変わる直前に切手が発行されますと、その切手は旧料金下では、きわめて短い期間しか適合しない使われ方をすることになります。

 

こうした使用例は一部のフィラテリストによって意識的に作られたものも存在しますが、一般の人が無意識に出した郵便物のほうが作為的でないという理由から好まれる傾向にあります。

 

画像はそのような実例のひとつで、最近、私の手許にやってきたものです。

 

文化人切手(菱田春草)8円が貼られた何の変哲もない書状ですが、昭和26(1951)年9月21日発行のこの切手が、書状料金に1枚貼で使用できたのは、わずか40日間余だけで、同年11月1日には書状料金は10円に値上げされますので、きわめて短命の使用例ということになります。

 

 

これは、この料金最終日の10月31日に静岡・韮山局から差立てられたものです。

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017年09月10日(日)

郵便創始75年小型シートの変わり種

テーマ:切手・はがき

些か興味深い小型シートがやってきました。

 

言わずと知れた、郵便創始75年の小型シートですが、表面をみると、明らかに題字と15銭の色が「初版」の色、すなわち黒味がかったオレンジになっています。

 

しかしながら、初版を判別する際のポイントである、「題字と4種の切手の位置関係」をみますと、これは初版のそれではないことに気づかされます。

 

 

続いて裏面を見ますと、この切手では極めて珍しい「裏うつり」、しかもかなり顕著なものが認められます。

 

 

どなたか、この小型シートについて、上記を超える情報をお持ちの方がおられましたら、ぜひともご教示をお願いいたします。

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017年09月09日(土)

エルサレム(イスラエル)国際切手展 開催が正式決定

テーマ:競争切手展

2018年5月末からのエルサレム(イスラエル)国際切手展の開催が、FIPにおいて正式決定したようですので、NPO法人郵趣振興協会のウェブサイトで追加情報を掲載しました。

 

イスラエルは私のビジネス上も縁の深い国ですので、スケジュールが合えばぜひ参加してみたいと考えています。

 

詳細は、こちらのリンクからご覧ください。

http://kitte.com/archives/670

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017年09月05日(火)

日本の記念特殊切手コレクション展

テーマ:郵便・切手関連イベント

標題の展覧会が10月7-9日に郵政博物館で開催されることになり、その展示内容が公表されました。

 

いずれも当該分野の第一人者のコレクターによるもので、見応え十分なコレクションばかりが一堂に並ぶことになるでしょう。いまから大変楽しみにしております。

 

詳細はNPO法人 郵趣振興協会のサイトをご覧ください。

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。