小野寺 健 Ok works 自転車 スクール公式ブログ

小野寺 健 Ok works 自転車 スクール公式ブログ

MTBクロスカントリー選手の小野寺健です。愛するMTBで表現していきます!日本で2人しか教えていない、今までの常識を覆す、自転車のスクールを初めました!
https://ok-works.net
よろしくお願いいたします

マウンテンバイクレースで腰が痛くなった経験がある人は多いと思います。多分😅

その原因として考えられるのは、もちろんバイクがリジットかフルサスペンションと言う違いもあるでしょう。フレームの硬さもありますよね。


でも、それだけで話は片付きません😅


ペタルは踏みますか?

回しますか?

前に送りますか?

ペタルを踏むとその反対の力が返ってきます、そぉです。腰に😅

どうですか???

思い当たる節あるでしょ?

そういう方は大体手首が落ちます、それを手首にテーピングしても根本的な解決にはなりません😅

そんな事しなくても手首落ちません。


僕の腰は既に 終わってます😅

椎間板の髄核と言われるゼリー状のクッションがカラッカラで機能していません😅いつからか。

でも、なんとなく、いつからか普通のポジションで走れなくなったんですよね。

でもね✨

昨年の引退1年後のCJ湯船で27.5インチのバイクに−30°のステム。現役の時のままの乗り方だったら初めだけ良くて後は・・・😅

でも、ちゃんと走りきれたんですよね🚵✨

このレースまでの1ヶ月は週平均50kmぐらいしか乗ってなかったかはず😅


何か言いたいかというと🙂


あなたの限界値そこじゃないですよ🙂


時を戻そう。

戻せないので。😅

これからの選手、まだ現役の選手は是非視野を狭くしないで、今の常識を疑う必要もあるかも✨



写真は関係ありせん😅


自転車は2つの車輪とそれを動かすためにクランクを動かします🚲

自転車がどんなに進化しようとも、電動になろうとも、漕ぐという概念はかわりません。

その漕ぐという動きの中で、1番バイクが前に進みたがるクランクの場所はどの辺りなのか。

それを動画にして見ました⬇



まず、前輪のブレーキをかけながら、クランクをいろいろな位置で押したり引いたりしてみます。

タイヤが滑ってしまう場合などは自分のお腹をサドルにのせるか、誰かに荷重してもらって下さい🙂


バイクが前に進みたがるほどブレーキを強く握らなければならなくなります、これを感じ取ってくださいね!!


次に足を踏んでみましょう。

ステムかハンドルを上から押しておいてください。

次にいろいろな位置からクランクを押したり引いたりしてみて下さい。

いとも簡単に越えて行く所もあれば、全く越えない、しかも足に感じる痛みが痛く感じる度合いが違うことを感じてくださいね✌️



12時が1番前に進みたがるところだと気付けましたか❓


では。


ペダリングで12時の時に前に蹴りましょうとはなりません、前ももパンパンになります✌️腰を丸めて踵を下げて前にけりだしますか?それもしません。腰痛くなりますよ😓

いろいろなフィッティングでも早めに踏み出すなど、効率が良いペダリングと言うのはいろいろ言われています、でもなにがどう効率的なのか?
自転車がもっとも進むから?
人間の体的に?

これらの事からスクールでは説明したり体感してもらっています😄

難しい話はしません、楽しく体感して頂いてます✨


随時受付中ですよ☀


を見てお申込みお待ちしています



Okworks   

小野寺健




パソコンに2010のパワーデーターがでてきました🙂




30秒か10秒か15秒です。あと1分と5分とFTPですね。

5分のパワーが1番強かったみたいです🐒

この年が最後のTREK&Garyfisherチーム最後の年でした。 

翌年はSPECIALIZED JAPANチームでシリーズチャンピオンでした🐒この年のパワーデーターはありません。。。なぜなら、26インチEPICになり、クイックがスルーアクスルになってしまって使えなかったので。

なので2011年は心拍ベースで池田ゆうきさんに、トレーニングメニュう組んでもらってました。

マウンテンバイクのブロックタイヤで使用していたので、ロードよりタイヤのよれなどで数値は低いかと思います。

体重は57kgでした。

今は60kgないと思いますよ🤔