オトコのウエディングプランナーってどうよ?

オトコのウエディングプランナーってどうよ?

フリーランスの男性ウエディングプランナーはぎはらひろむねがブライダルについて赤裸々に本音で語るブログ

 

 

こんにちわ。ケントです。

 

当社はもうすぐおかげさまで、創業満10年になります。

そんな中で今までたくさんの新郎新婦さんをご接客させていただいて、

感じた「あっ!新郎新婦さん、誤解してる!勘違いされている!」

と思った5選を、今回はお伝えします。

 

もちろん5つすべてが、みなさんに当てはまるワケではないと思いますが、

もし、誤解・勘違いされている方がいらしたら、

その誤解が解ければ幸いです。

 

 

1.結婚式・披露宴にはとてもお金が掛かると思っている

会場からの見積もり金額全額を、お二人が負担するワケではありません。

ゲストからのご祝儀との差し引き金額が負担額になります。

 

2.結婚式・披露宴の前後の時間を考えていない

例えば午前11:00からの結婚式であれば、その3時間ぐらい前には会場に入り、

お支度をします。特に新婦さんのヘアメイクと着付に時間が掛かるからです。

また、披露宴がお開きになったからといって、スグに会場を出られるワケではありません。

お写真を撮ったり、帰り支度をしたり...結構時間を取られます。

 

3.実は受付の時間は2種類ある!?

結婚式の前に行う会場と、披露宴の前、すなわち結婚式と披露宴の間に行う会場があります。

会場にご確認ください。

 

4.新郎側と新婦側のゲストの数は揃えるべき!?

披露宴会場を上から見て、あれは新郎側のテーブル、新婦側のテーブルなどと、

比較して見ている人はいません。

また、お二人の兄弟姉妹の人数が違ったり、

親族の数でさえ、同数にすることは不可能かと思います。

つまりコントロール不可能なのです。

まったく気にする必要はありません。

 

5.ゲストはずっとお二人を見ている!?

結婚式・披露宴はやり直しができない、生放送です。

たくさんお越しになるゲストの動きを完全に統一することは不可能です。

じっとお席でお二人だけを見つめているというワケではありません。

トイレに行かれたり、おタバコを吸いに行かれたり...。

それを止める方法もありますので、プランナーさんにご相談ください。

 

以上、5ついかがでしょうか?

ぜひ、動画の方も見てみてください。

 

関連記事[マイベストプロ]理想の結婚式をカタチにするウェディングプロデュースのプロ ケント株式会社 萩原宏宗

ケント株式会社のYouTubeチャンネル「ケントTV」
初回相談料無料!「ブライダルなんでも相談所」
関西ウエディング神戸ウエディングケント株式会社