妊活と食事 後編

テーマ:

こんにちは。気がつけば大分時間がたっていましたが、以前書いた、妊活と食事の続きです。前回のブログ↓↓

https://ameblo.jp/kensinkyuiin89/entry-12350366145.html

 

前回はまずバランスの良い食事についての事を書きました。体の老化、たんぱく質の老化を防ぐといわれる、ビタミンEを取り入れる事、男性の精子の働きをよくする亜鉛について書いています。

 

今回は後編という事で、血行をよくする食べ物と少し控えておいて欲しい食べ物をお伝えします。

1なぜ血行をよくする食べ物が必要なの?

妊娠を維持していくためには子宮の内膜が厚くなりフカフカのベッドが毎回出来ることが大事になります。子宮の内膜は血液で出来ていますから、血行がよくなり、栄養状態の良い血液が出来る事で内膜の状態も良くなります。

具体的にどんな食品があるかと言うと・・・

玉ねぎ(非加熱)長ネギ、納豆、黒酢、イワシ、アジ、サバ、サケ、マグロ、キノコ類海藻類などです。

加えて食物繊維の多い食べ物を10〜20gとると、デトックス効果があり体の中も綺麗にしてくれます。

 

2、これは控えめにした方がいいもの。

最後に食事をする上で取り過ぎに気をつけて欲しい事を書きます。取り過ぎない方がよいと考えられるものは、糖質です。白い砂糖や白い米、パンなど精製された炭水化物を食べることです。難しい話になるので仕組みについてはあまり触れませんが、精製された、炭水化物を食べると、食後、すぐに血糖値が急激に上昇しますが、これが不妊症のリスクを高める可能性があること、糖質を多く取りすぎるとタンンパク質を老化させる原因になることが指摘されています。

人間の細胞はたんぱく質ですから、卵子も例外なくたんぱく質で出来ています。糖質を取りすぎることで卵子が老化してしまう可能性があります。

 

毎日食べるご飯やパンを精製されていない、玄米やライ麦などに変えたり、甘い物を控えて、炭水化物の量自体を少しへらすと良いです。どうしても大量に甘いものを食べてしまった時は、食後すぐ横になったりせず、20分ほど歩いたりして、急激に血糖値があ上がるのを抑えるのも良いです。

 

<まとめ>

今回は食事について書きましたが、自分の体を日々作っているものは自分が食べている食事です。少し大袈裟かもしれませんが、毎日続くものですから、積み重ねが体の変化を生む可能性はあるのではないでしょうか?毎日出来る事からでいいので、少しでも参考にして頂き、無理なく取り入れて下さい。

 

「しなきゃいけない」と思うとストレスに感じるので、出来ることから少しずつですよ。

健針灸院では妊活をされている方のサポートで治療をさせて頂く時にこういった食事のアドバイスなどをしながら治療しています。なるべく解りやすく、お役に立てる様にお伝えしていますので、一緒に健康な体作りをしていきましょう!鍼灸治療受けると体も心もスッキリしますよー!

いつでもご相談ください!

<当院の往診PR>

往診<を随時、受け付けております。よろしくお願いします。

往診に関するページはこちら↓↓

https://www.ken-1189.com/cont8/main.html

 

健針灸院

兵庫県三木市大塚1丁目1−26

ご予約 0794-73-8827

ホームページ https://www.ken-1189.com

Facebook https://www.facebook.com/kensinkyuin89/

↑フォローやいいねお願いします

お仕事の依頼、治療、トレナーサポート、facebookのメッセージより受け付けています。お気軽にお問い合わせください。