数種類の好気性土中細菌酵素をいろいろな果物や茸類と発酵させたMRE酵素。
 少し前に、とある先生から、「この酵素を皮膚に着けるとイボが消える、白いのも黒いのも」とお聞きして、私も数回液体窒素で治療しても完全に消えないイボと最近できた少し硬いおできに使ってみました。


 使い方は、霧吹きに酵素を少し水で薄めて一日数回吹きかけるだけです。


 驚いたことに数日でおできは小さくなり、イボも柔らかくなってきています。このままでいけばうまく消えてくれそうです。お客さんで服用を継続されている方は肌の調子がとてもよいといわれる方もおられます。
 

 口内炎にも良いとメーカーの社員の中で話題にってなっているそうです。
 

 土中菌の多くは、善玉菌、悪玉菌、日和見菌でいうと日和見菌に属しますが、このように皮膚疾患にも応用ができそうです。皮膚につけることで皮膚表面の細菌叢がきれいに整うのか、あるいはウイルスに何らかの作用を持っているのかもしれません。
 

 実際、乾癬の方が服用すると患部が柔らかくなる方が多く、治療がスムーズにいくことを経験することが多いです。開発者の方は「オートファジーを活発化させる」といっておられますが、この部分については今後の研究が待たれます。
 

 液体窒素で焼いたり、サリチル酸でふやかしたりして傷をつけ、痛い思いをしなくても綺麗にする方法に加えれそうです。(よいち)