2008年8月31日

銀河劇場において『紐育星組ラストショウ』の千秋楽終演

 

本当に『サクラ大戦』の全てのコンテンツが終了の予定でした。

キャストやスタッフ一同、そう聞いていました。

 

後は、打ち上げ会場に向かって、全てが終わったことを関係者全員で分かち合い、

『サクラ』終了を、納得せざるを得ない『お疲れ様スピーチ』を

するだけでした。

 

その時でした。

 

劇場のスタッフが楽屋に飛び込んできました。

 

『観客の、だ、誰も帰らないんです!』

『えっ?!』

『会場の閉館の時間も迫っています、後片付けもあるので、

 今すぐみなさんに退館してもらうようにお願いしてください』

 

客席を覗いてみたら、満員のお客様の拍手と終了に抗議するかのような

叫び声で満ち溢れていました。

 

ショウが終わり、関係者は次々に打ち上げ会場に向かってしまったので

残っていたのは、演出の茅野さんと紐育組のキャストさん達。

彼女達は、もう涙、涙でボロボロな状態で、人前に出れません。

 

茅野さんから

『公平先生が出て行って、彼らに帰るようにお話ししてください』

と、押し出されるように一人舞台上へ。

 

そこには、サクラ愛に溢れた泣き顔で絶叫するお客様全員が待っていました。

 

しばらくは声も出ず、どうしようと思って出た言葉が

 

『本当にありがとうございます!こんなに愛されているサクラに

関われて幸せです!』

そして、思わず

『でも、みんなこのままでは帰れないよね、心配しないでください

 私が何とかしますから、今日はこれで帰ってください』

 

その瞬間、怒号は止まり、本当に本当に全員が

『ハイ!』

ってうなずいてくれました。

 

あんなに揃った『ハイ!』

は、生まれてきて初めてでした。

 

その後、もう私は打ち上げ会場で、関係者の偉い人にサクラコンテンツの延長を

直訴したり、

復活に向けて、周りの人を説得する事を始めていました。

 

 

皆さんのサクラ愛を受け取ったから。

 

 

その後5年経ち、紐育組のショウが再開されサクラの切れそうな紐を

繋ぎ続けてくれました。

 

 

 

 

そして、、、、

昨日のTGSの舞台発表。

 

あの時の、そして、それまでもそれからもサクラを愛してくれた

サクラファンのお陰で見事にサクラ大戦は蘇りました!

 

『夢のつづきの続き』を皆さんと一緒に作っていきます。

 

『♪夢は蘇る帝国華撃団』

は、そんな思いから出来上がった、広井さんと私とセガさんからの

皆さんへの感謝の気持ちなんです。

 

新しい声優さんのキャストや舞台の俳優さん達にも、

この『サクラ愛』のバトンを受け継いでもらいたいと思っています。

 

 

 

本当にありがとう、、、、

そして、期待してください。