新型コロナウイルスの感染拡大を防止するため、さまざまな取り組みが行われていますね。

今回、車やバイクの車検についても、「有効期間が先延ばしになる」という特例措置が決定したことをご存知でしょうか。

国土交通省の発表(2月28日付)によると、

「自動車検査証の有効期間が、令和2年2月 28 日から3月31日までの自動車について、全国一律に令和2年4月30 日まで自動車検査証の有効期間を伸長します」

つまり、今年3月末までに車検が切れてしまう人は、今月中に急いで車検を受けなくても、特別に4月いっぱい猶予しましょう、ということです。

 

自賠責保険が切れても、さかのぼって契約OK
 

「でも、その間に自賠責保険が切れてしまったらどうなるの……?」

そんな心配される方も多いと思いますが、安心してください。
 

車検を受けるまでに自賠責保険が切れてしまったとしても、車検の時に有効期限までさかのぼって契約すれば問題はないとのことです。

 

●対象車両

自動車検査証の有効期間が満了する日が、2月28日から3月31日までの自動車全て

●措置内容

自動車検査証の有効期間を4月30日まで伸長

●継続検査の手続き

対象車両については、4月30日までに継続検査を受検すれば引き続き自動車をご使用いただけます。 なお、有効期間の伸長による自動車検査証の記載変更の手続きは不要です。

●自動車損害賠償責任保険(共済)の手続き(締結手続の特例措置)

 

(上記は記事抜粋となります。)

 

 

という事で結構知らないお客様も多いと思いますのでブログにしてみました。

 

 

4月の車検 陸運局が混雑してしまいそうですね…

 

陸運局が営業してなく車検が受けられないわけではありません!!

 

 

どう受け取るかですよね。

 

 

4月は大混雑しそうだからこそ様子を見て車検の取得を早めにするのか、

 

延長までラッキーと思ってギリギリまで有効活用するのか。

 

4月は大混雑するのであればお車購入の場合2年付きの車両は早めに購入して

 

納車を早めに出来るように前倒しが良さそうですよね。