『超健康と長寿の専門家』・『痛みの専門家』の益子竜弥による、『7つの叡智®:復習編』、

の続きです。

 

10 神経障害性疼痛

神経障害性疼痛って聞いたことがありますか?

以前、TVで武田鉄矢さんが、「ビリビリ・ジンジンした痛み」と紹介していた痛みのことです。

 

これは神経が原因で痛みが生じることを言います。

最初の「1 絞扼性神経障害」と近い病態ですが、神経障害性疼痛は痛みがメインとなります。

神経障害性疼痛は最近、新薬がいろいろ出てきてはいるのですが、やはり治療に難渋することが多い病態です。

 

ここでも漢方薬が奏功することがあります。

もっとも効くことが多い漢方薬が、“五苓散”です。

絞扼性神経障害と同じです。

 

困ったときは“五苓散”。

これは漢方薬の基本です。

 

==========================

ご興味がある方は、チェックしてみてください。

ブログ http://ameblo.jp/kenkoukannri

ホームページ①:『7つの叡智®http://www.atopy-choukenkou.com

ホームページ②:漢方薬 http://www.kampo-chokukanhou.com

Facebookページ https://www.facebook.com/7eichi/

YouTube https://www.youtube.com/channel/UCUx-uN6AMUtdEaLbxAwyv0Q

===========================