健康館三好中央 ストレス・神経疲労を考える店

健康館三好中央 ストレス・神経疲労を考える店

愛知県みよし市で薬屋をやっております 2019年11月末にイオン・アイモール三好より移転しました

 

ご来店されるお客様で 心が疲れてしまったお客様に

お話を聞くとき お腹(便通)や食欲を必ず聞くのですが

心が疲れて(が疲れて)いる方は かなりの確率で

腸の調子が悪いです

 

以前のブログにも 脳腸相関の話は書いたことがありますが

脳が疲労しているから腸の調子が悪いのか 腸の調子が悪いから

脳に負担がかかるのか定かではないですが脳と腸が密接なのは

学問的にも確かな事です

 

心が疲れて弱っている時 便通を気にしてほしいのです

便秘・下痢・軟便・お腹の張り・おならのにおい・おならの回数

便の色・量・回数など 注意深くみていると発見があるはずです

 

メンタルの調子のよい時と そうでない時のお腹の調子の違いに気づくと

自分で今日の調子が分かって来るようになります

 

また調子が良いと当然ですが食欲が上がって美味しく食事が

いただけます

 

メンタルの調子が悪い時にお薬を服用していただきつつ

お腹の調子を整えるような整腸作用のあるもの・善玉菌を

飲むのも良いですが 長い意味で自分で自分の善玉菌を

育てていくようなものを服用するのも大切です

また腸の緊張を緩めるマッサージなども良いと思います

 

詳しくは店頭でゆっくりお話いたします

 

ホームページはこちらから 👇      👇      👇

 

 

 

 

 

先日 新規のお客様で糖尿病の方がご来店されました

話を聴くと 飲みたいだけ飲んで 食べたいだけ食べ

病気がだんだん悪くなったようです

そうです 生活習慣病です

 

どこの病院に行っても 薬屋に行っても治らないと本人は言うのですが

この生活を変えずに飲んで効く薬はないかと言うから驚きです

 

今までの自身の間違った生活を帳消しにするような

都合の良いお薬はあるわけもなく。。。。。。

 

間違った生活習慣で病気になられたわけですから

習慣を変えないとよくなるはずもなく お薬も手助けであることを

お話しましたら 怒って帰られました

 

こちらも真剣にお客様に向き合うわけですから 

怒られても。。。。。トホホ

 

この方の病気がひどくなりいつか気づく事があると思いますが

それが1日も早い事を祈ります

 

ホームページはこちら👇

 


10月定休日のお知らせです

 

10月 2日(日) 9日(日) 10日(スポーツの日)

     16日(日) 23日(日) 30日(日)となります

 

お間違えの無いようお願いいたします

祭日の日がどうやら間違えやすいようで店に行ったけど

閉まってたとよく言われます  当店は日曜・祭日 休みです

 

さて今日から10月ですね  食欲の秋・運動の秋 

すごしやすい 良い季節の始まりですね

 

ホームページはこちら👇

 


趣味・遊びについて書くのは久々です

年末に向けて1つ私には大きな楽しみがあるんです

それは映画

 

 

そうです ドクターコトー診療所

過去にドラマもやっていましたが全作品観てました

12月16日の公開が待ち遠しいばかりです

 

ホームページはこちら👇

 

 

出産後 3~4か月  髪の毛が極端に抜ける 最近ちょっと落ち込む事がある・・・

 

   3~4か月くらい・・・・・

 

妊娠中に胎児への栄養をあげ(血液を大量に使い) 

 

ちょうど血液の寿命が終わる頃(130日くらい)

 

また産後の自分自身のカラダの取り戻そうと栄養を使う時(血液を大量に使う)時期

 

抜け毛の原因は血の不足だと思います

 

さらに 心に血が不足すると 同じストレスでも ストレスの影響を大きく受けやすくなり

 

ストレスに対して 弱くなります つまり精神的な症状がでやすくなります

 

眠れない 落ち込む イライラ 不安 情調不安定などの症状が現れやすいです

 

これは 漢方用語の血虚という状態です 

 

病院では 貧血には鉄剤などのお薬が処方され 血虚でも異常なしと出る方も見えます

 

が 血液の質(栄養をしっかり養える良い血液)・血液量が不足した状態です

 

血虚の方は産後でなくても たくさんみえます

 

爪が薄くて割れやすい 月経の周期が長くなりやすい 髪の毛にツヤがない ぱさつき 抜け毛

薄毛 手足が冷えやすい 疲れやすくふらふらする 肌の乾燥 目の疲れ・乾きなど

 

少し時間はかかりますが 早めの手当てをしましょう

店頭では おひとり おひとり わかりやすく 説明させていただきます

 

ホームページはこちら

https://www.kenkoukan344.com/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

腸内をきれいにするには食物繊維を摂ると良いといわれています。

 

その中でも 玄米やキノコ 根菜などに含まれる不溶性食物繊維は

腸の中で溶けずに腸を掃除する ほうきのような役目をし腸内をきれいにしてくれます。

 

ただし 腸の動きが弱くなっている方は 不溶性食物繊維を摂りすぎてしまうと便がつまって

排便しにくくなってしまうことがありますので 水溶性食物繊維とバランスよく摂ることが大切です。

 

腸をきれいにするには 食べる物を気遣うことはもちろん大切ですが

腸は自分自身で掃除するしくみも持っています。

 

夜寝ている間に腸管をきれいに掃除するホルモンがあります。モチリンというホルモンで

十二指腸から分泌され 分泌されると腸管全体に「空腹期収縮」という収縮が起こり

消化酵素や消化管ホルモンの分泌が促されて 食べ物の残りカスや人体にとって

有害な細菌などを次々に外へと送り出して消化管の中をきれいに掃除してくれます。

 

睡眠不足が続いたり 夜遅くに夜食を食べていたり ストレスが多い生活だったりすると

モチリンが十分に分泌されなくなり せっかく備わっている腸の素晴らしい働きを発揮できなく

なってしまうので 規則正しい生活や質の良い睡眠などを心がけてみてくださいね。

 

ホームページはこちら

https://www.kenkoukan344.com/

 

 

脂質が必要以上にたまったドロドロ血液では動脈硬化が促進されてしまいます

コレステロールは血中濃度が高くなると血管壁に取り込まれてしまいます

すると動脈硬化を引き起こし 血管の内腔が狭くなります 

一方、中性脂肪は善玉コレステロールを減らし 間接的に動脈硬化を促進します

 

コレステロールや中性脂肪の多い高脂血症は病気そのものが直接生命に左右される

ものではありませんが ほおっておくと動脈硬化や心筋梗塞 狭心症 脳梗塞といった

おそろしい病気を引き起こす原因になりますので注意が必要です

 

しかし生命を維持するためには一定量の脂質も必要です

 

人は血管と ともに 老化するといわれますが動脈硬化は加齢による血管の老化を早めます

ですから血管をいつまでも若々しく保つために脂質はダメーでなく適度な値を保つように

日常生活から心がけないといけません 近年の食生活の変化に伴い高脂血症は増えていて

50歳代では60%ちかいという報告があります

 

ドロドロ血液や動脈硬化の予防は食生活が第一ですがお薬や健康食品でもできます

数値の程度によっても違いますがいろいろな方法があります

興味のある方は店頭で詳しくお話させていただきます

 

ホームページはこちら

https://www.kenkoukan344.com/

 

カラダに必要なコレステロールは約30%が食べ物から取り入れられ

残り70%は肝臓で作られています 幼児期から青年期にかけて

カラダの形成が行われている時期は多くコレステロールが必要です

しかし 中高年になると必要とされるコレステロールの量が減ります

また コレステロールも中性脂肪も食べ物から摂取したエネルギーを

もとにカラダの中で作られるため カロリーの高い食事が多かったり

運動する機会が少なっかったりすると 需要と供給のバランスが崩れ

溜ってきます

中高年はこうした理由から血液中の脂肪が高くなる要因を持っています

 

次回は「脂質が多いとこんな危険が。。。」というテーマにしたいと思います

 

ホームページはこちら

 

https://www.kenkoukan344.com/

 

 

コレステロール

☆ コレステロールはカラダをつくる細胞や細胞膜を構成する主な成分 体内量の

   約50%は脳と筋肉に存在します 性ホルモンや副腎皮質ホルモンを合成する

   材料になったり 食物の消化・吸収な胆汁酸の原料として使われます

   コレステロールには善玉(HDL)と悪玉(LDL)が存在します

   LDLはカラダのすみずみの細胞にコレステロールを運びますが 増えすぎると

   動脈硬化を促進するため悪玉コレステロールと呼ばれています

   一方、HDLは体内の過剰なコレステロールを回収し 肝臓に戻す働きがあるため

   善玉コレステロールと呼ばれています

 

中性脂肪

☆簡単に言えばエネルギーの貯蔵庫 食事が十分とれなかったり 激しい運動をして

  エネルギーの不足が生じた時 分解されてエネルギー源として利用されます

  逆に糖、脂肪などをとりすぎてしまった場合 余ったエネルギーは中性脂肪として

  蓄積されます 皮下脂肪や内臓脂肪となり 体温の維持や内臓を支える働きも

  持ち合わせています

 

 

  ことばの説明が終わったので次回は「なぜ中高年になると血液中の脂肪が増えるのか?」

  をテーマにしたいと思います

 

  ホームページはこちら

https://www.kenkoukan344.com/

 

  

髪が抜けるのは、多くの場合、髪の栄養状態の悪さが原因で

起こります 特に夏に食欲が落ちた時には十分な栄養が

取れないので、そのツケが秋に現れます

つまり 夏バテがひどかった人ほど 秋は抜け毛のシーズンと

なるわけです 季節に関係がなく抜け毛が多くなった時も

同じようなことがカラダの中で起きていると考えられます

これは血虚と言って血の不足や血の質が悪くなっていることを

示しています 女性は生理もあることから血虚の症状が出やすいです

 

血虚の症状として

☆ 髪の毛が抜けやすい・細くなった

☆ 夢をみることがが多い  眠りが浅い

☆ 爪がかける 割れる 弱い

☆ 目が疲れやすく乾燥しやすい

☆ 物忘れしやすくなった

☆ 不安感が強くなった

☆ 経血が少ない(女性)

などがあげられます

血虚を補うことはカラダ全体が健康でいられるためにも最重要です

あれ?もしかしてと思うことがあれば コツコツ血虚の対処をしましょう

当店でも店頭でご相談を承ります

ホームページはこちら👇