KEN爺の小言(KKGT)

KEN爺の小言(KKGT)

「スクランブルエッグ」Webサイトのスタッフとして、北は北海道から、南は沖縄まで全国を駆け巡っているKEN爺が、日頃の取材や趣味活動を通じて思うところを綴っていく日記です。

博多どんたくのアイドルステージは、博多どんたくスペシャル
をご覧ください。


アクターズスクール広島(ASH)関連の記事は、ASH全般
をご覧ください。


avexアイドルオーディション2012関連の記事は、取材(avexアイドルオーデ2012)
 をご覧ください。










2015年7月13日発売「まっぷる ご当地アイドル」巻末座談会に「KEN爺」として


参加させていただきました。





コメントはアメブロ会員でなくても入れられます。


すぐに反映されますが、他人への誹謗・中傷、なりすましなど、不適切なコメントは、


削除する場合があります。


読者、トラックバックは承認制です。

アメンバーにつきましては、現在募集していませんご了承ください。




X(旧ツイッター)はこちら









9月24日に足を運んだ「アクターズスクール広島」(ASH)恒例の発表会「2023 AUTUMN ACT メタモルフォーゼ」のレポートも後半戦。第3回目はプログラム24~33番までをお送りしましょう。

(at JMSアステールプラザ中ホール JR広島駅からバス、路面電車で約20分)

 

1:今回の発表会は、クラウドファンディングで前から8列目ほぼ真ん中の席を購入。筆者手持ちの機材で引きからアップまで撮ることができましたので、基本的に大胆なトリミング(切り取り)は行っていません。

注2:出演者とその親御さん、アクターズスクール広島関係者様の画像の使用、コピーしてのWebへのUPはOKです。

 

24.  演劇コース 惑星メタモルフォーゼ

 

 

 

25.SPL∞ASH Smash One's Way ~突き進め~Remix

 

 

 

 

26.  ASH-W  I'm So pretty 

 

 

 

 

27.  Aクラス 愛のしるし

 

 

 

28.Bクラス かわE

 

 

 

29. Heart 2 U   ハート型ウイルス

 

 

30.ASHキッズ(広島校+福山校) スマイル

 

 

31.Dreaming Lights   アイドル

 

 

 

32.re:flet'  The Edge Of Glory

 

 

33.  篠原友美 This Love

 

  

 

後半戦はいつものように演劇コースでスタート。今回は、発表会のタイトルとして使われている「メタモルフォーゼ」(変身)がストーリーの中軸をなすという感じで、外見的な「変身」だけではく、内面的な「変身」も生きていく上で重要というのが大きなテーマだったように思えます。キッズ世代の演技力が磨かれてきたのも大きな収穫でしょう。

その直後には、スクールを代表するユニットである「SPL∞ASH」が登場。今回も、イベントや外部のライブで見せるアイドル性とは一味違った「オンナっぽさ」が出ていた気がします。特に筆者推しの住田愛子さんがカラダを張って踊り、歌う姿には本当にしびれますね。

そしてこのコーナー最大の見どころは、福山校の2人による「ハート型ウイルス」と、広島校最強コンビによる「アイドル」、平成を代表するアイドル曲と、令和に登場したアイドルをテーマにした楽曲が、時空を超えて脳内でコラボするような高まりを見せてくれました。まさに「メタモルフォーゼ」にふさわしいシーンでした。2組のユニット、ASH劇場やクリスマスイベントでまた観てみたいところです。

 

次回はいよいよ最終コーナー、プログラム34番から42番までをUPする予定です。

 

 

9月24日に足を運んだ「アクターズスクール広島」(ASH)恒例の発表会「2023 AUTUMN ACT メタモルフォーゼ」のレポート、第2回目は、プログラム13~23番までをお送りしましょう。

(at JMSアステールプラザ中ホール JR広島駅からバス、路面電車で約20分)

 

1:今回の発表会は、クラウドファンディングで前から8列目ほぼ真ん中の席を購入。筆者手持ちの機材で引きからアップまで撮ることができましたので、基本的に大胆なトリミング(切り取り)は行っていません。

注2:出演者とその親御さん、アクターズスクール広島関係者様の画像の使用、コピーしてのWebへのUPはOKです。

 

13.FUKUYAMA Aクラス 風になる

 

 

 

14.岸田桃果 奇想天外ふしぎをどうぞ

 

 

 

15.久保田陽葵 今すぐKiss Me

 

 

 

16.L'AILE  PLAYBACK

 

 

 

17.  MAX♡GIRLS  チョコレートメランコリー

 

 

 

 

18.HARMY  舞い落ちる花びら

 

 

 

19.Fクラス ASOBO

 

 

20.  Bクラス The Answer

 

 

 

21.  Dクラス 第ゼロ感

 

 

 

 

22.FUKUYAMA Bクラス 愛を伝えたいだとか

 

 

 

23. モデルコール ウォーキングショー

 

 

 

 

 

17番目に登場したMAX♡GIRLS、19番目に登場したFクラス、いずれもこれまで見て来た中では最も少ないユニット構成でしたが、逆に、個々のキャラクターは今まで以上に見えてきて、ユニットとしてのまとまりと見事に両立させていました。できれば大人数でのパフォーマンスを観たい気もしますが、それは特に若い世代の成長次第といったところでしょうか。

そういった意味では、ソロで出演した岸田桃果さん、久保田陽葵さん(2人ともAクラス)は、ASHの次世代を引っ張る有力候補として認められたと思います。歌、モデル、演技はもちろん、チャンスがあれば外部イベント、オーディションにも積極的に出演してほしいですね。

前半最後は、ASHの発表会ではもはや欠かせないモデルコースによるウォーキング。この場で何度もコメントしているように、ファッションは同世代の一般の人たちにも手が届き、かつ、街中で着ても違和感ない絵柄をチョイスしています。おそらくですが、衣装選びには本人の意向も相当に反映させているのではないでしょうか。

 

さて、ウォーキングショーの後は、15分間の休憩に入った後、後半戦に突入します。後半も前半以上に熱いステージが繰り広げられますので、こうご期待のほど。

 

昨夜無事広島から帰宅しました。

ここからしばらくの間は、9月24日に足を運んだ「アクターズスクール広島」(ASH)恒例の発表会「2023 AUTUMN ACT メタモルフォーゼ」の全てのプログラムを、4回に分けてお送りしましょう。

(at JMSアステールプラザ中ホール JR広島駅からバス、路面電車で約20分)

 

今回はプログラム01~12番までです。

 

1:今回の発表会は、クラウドファンディングで前から8列目ほぼ真ん中の席を購入。筆者手持ちの機材で引きからアップまで撮ることができましたので、基本的に大胆なトリミング(切り取り)は行っていません。

注2:出演者とその親御さん、アクターズスクール広島関係者様の画像の使用、コピーしてのWebへのUPはOKです。

 

01.ダンスチーム Opening 

 

 

02. !ちぇキッ☆dd! ここにいるぜぇ!

 

 

 

 

 

03.Aクラス Permission to Dance

 

 

 

04. 松葉小暖 笑顔

 

 

 

05.柳本愛 リベリオン

 

 

06.小田珠希 RUN! RUN! RUN!

 

 

07. BLACK ♰ ROSE め組のひと(倖田來未バージョン)

 

 

08.ASH-W  世界中の隣人よ

 

 

 

 

09.ステラ この空がトリガー

 

 

 

10.Para wings   Paradise

 

 

11.  ASHキッズ(広島校+福山校) リトルマーメイド

 

 

12.もう小学生/なんかヨウカイ おばけメドレー

 

 

いつものように、ダンスパフォーマンスから始まった発表会、2番目に登場した選抜ユニットは何とモー娘。の初期の楽曲をチョイス。広島、福山、各クラス混成のユニットがハロプロの楽曲を取り上げるということは、これはもう、スクールとして「ハロプロへのリスペクト」をアピールしていることに他なりません。それは最後の最後で決定的な答えとなるわけですが、詳細は最後の章で触れることにいたしましょう。

ソロでは松葉小暖さん、小田珠希さんの初登場組が目を引きました。松葉さんはキッズとしては圧倒的な歌唱で、小田さんは動きの速い振り付けで、それぞれ観客をうならせましたが、こうしたキッズがどんどんソロで出演するところ、ASHの人材の深さを感ぜずにはいられませんね。

福山校のスクール内ユニット「BLACK ♰ ROSE」はメンバーこそ1人を除いて入れ替わりましたが、ソウルフルなダンスパフォーマンスと野性的なキャラクターは不変で、外部イベントでも引き続き重宝されるように思えます。「SPL∞ASH」のように、福山(広島県東部)でも何かスポーツのオフィシャルサポーター的役目が与えられれば一般の人に触れる機会も多くなるでしょう。

 

さて、次回は前半の後半ともいえるプログラム13番から23番までをUPしていきましょう。

 

アクターズスクール広島(ASH)恒例の秋の発表会「2023 AUTUMN ACT」が無事開催されました。

(at JMSアステールプラザ中ホール JR広島駅からバス、路面電車約20分)

 

【エンディングの模様】

 

 

今回は、速報版として2名紹介いたしましょう。

 

【加藤葉月さん】

FUKUYAMA Aクラス 小5

 

 

初出演ながら、見ての通り、抜群のアイドルオーラを放っていました。

会場に見に来ていた知り合いの評価も高く、ASHでも注目の的となるのは間違いないと思います。

 

【中村灯里さん】

Bクラス 小5

 

 

こちらはASHのエースと言ってもいい存在、外部のイベント、ライブでも着実に実績を重ねています。

今回は、ソロの出演こそありませんでしたが、MAX♡GIRLSをはじめ、クラスユニット、選抜ユニットで大活躍。本ブログでも「中村灯里」特集が組めるかもしれません。

 

いつものように、発表会の詳細は、後日何回かに分けてたっぷりお伝えします。お楽しみに。

 

 

COMING SOON!

 

本日、午前の飛行機で福岡入りしました。

 

福岡に着いてどの現場に行こうか散々迷いましたが、福岡市東区にある商業施設「ブランチ福岡下原」(JR九産大前駅徒歩12分)で、アイドル・アーチストが出演するフリーライブが開催されるということで、足を運んできました。

 

その中から、2組を紹介しましょう。(2組とも本ブログ初掲載です)

 

【DELI-ZONE】

大分・福岡を中心に活動するダンス&ボーカルユニット

 

 

 

 

【YUMI-O(ゆみお)さん】

大分を拠点に活動する女性シンガー

 

 

 

奇しくも2組とも大分絡みとなりました。ダンス&ボーカル、シンガー、それぞれにキレのある歌とパフォーマンスを見せてくれました。何気に大分のアイドル・アーチストは、実力ある中にも、キャラクターに親しみを感じさせる人が多い気がします。実は、筆者が現地に着く前に何組かアイドルユニットが出演していたのですが、飛行機が1時間近く遅れたため間に合いませんでした。こちらはかなり有名なご当地アイドルですので、また見る機会もあるかと思います。

筆者にとって、明日の本番(ASH 2023 AUTUMN ACT)の前哨戦ともいえる本日の福岡、ブログに初掲載した2組がいずれも実力派だったこともあり、十分に収穫がありました。やはり、遠征初日は「初物」にこだわりたいですね。