KEN爺の小言(KKGT)

KEN爺の小言(KKGT)

「スクランブルエッグ」Webサイトのスタッフとして、北は北海道から、南は沖縄まで全国を駆け巡っているKEN爺が、日頃の取材や趣味活動を通じて思うところを綴っていく日記です。

博多どんたくのアイドルステージは、博多どんたくスペシャル をご覧ください。

アクターズスクール広島(ASH)関連の記事は、ASH全般 をご覧ください。

avexアイドルオーディション2012関連の記事は、取材(avexアイドルオーデ2012)  をご覧ください。




2015年7月13日発売「まっぷる ご当地アイドル」巻末座談会に「KEN爺」として

参加させていただきました。


コメントはアメブロ会員でなくても入れられます。

すぐに反映されますが、他人への誹謗・中傷、なりすましなど、不適切なコメントは、

削除する場合があります。

読者、トラックバックは承認制です。
アメンバーにつきましては、現在募集していませんご了承ください。


ツイッターはこちら



早くもあと2日で週末。

 

ブログで告知したように、24日はまず「汐留ロコドル甲子園2019」の決勝戦(11:00~)を観てからその後の行動を決めるというパターンになりそうです。

 

実は、先月、北海道の富良野に撮影に行っていた際、転倒して左手を打撲、親指を動かすと痛みが走る状況が続いていたのですが、ようやく痛みも治まりそうで、一眼レフのカメラ、レンズも支障なく扱えそうです。(これまでは高倍率のコンデジを中心に扱ってました)

 

ということで、あと2日、仕事を無事に終えて週末を迎えたいと思います。

 

本日は、滋賀を拠点に活動するアイドルユニット「フルーレット」がフリーライブを行うということで、昨日に続いて、東京・汐留の日本テレビに足を運んできました。

(at 日本テレビB2F パラダイスラグビーステージ、各線新橋駅、汐留駅から徒歩3~7分 昨日足を運んだ「ドラゴンクエスト ユア・ストーリー ステージ」からエスカレーターを降りた場所にあります)

 

「フルーレット」は2014年に結成、一昨年の「汐留ロコドル甲子園2017」では見事優勝を果たし、TOKYO IDOL FESTIVAL(TIF)には2017年から3年連続で出演。その他、「愛踊祭」「U.M.U.AWARD」でも決勝に進出した実績を持っています。

もちろん、滋賀県内での活動も盛んで、地元自治体が主催するイベントには積極的に出演しているようです。

 

前置き長くなりましたが、ライブの模様を一気にUPしていきましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

和の雰囲気を取り入れながらも、スピード感あふれるダンスに本当に魅了されました。汐留ロコドル甲子園で優勝した後も、さらにユニットとしてのパフォーマンスに磨きがかかっている感じです。その一方で、MCのときの掛け合いも面白く、やはり、イベント・ライブを多数こなしながら進化していっている様がうかがえますね。

 

滋賀県は複数のアイドルユニットが存在、アイドルが出演するライブハウス、イベント会場も点在しますし、先日は県内で大規模なアイドルフェスが開催されました。今後も、滋賀県の「顔」として活動を継続していくことを願います。

 

 

SEE YOU AGAIN!

 

おはようございます。

 

昨日は、日本テレビ夏のイベント「汐留ロコドル甲子園2019」、準決勝の第3回戦に足を運んできました。

(at 日本テレビ1F大屋根広場 ドラゴンクエスト ユア・ストーリー ステージ、各線新橋駅、汐留駅から徒歩3~7分)

 

 

出場した5組のユニット(対戦後に撮影)

 

今回も、速報版として出場した5組のユニットを一通り紹介いたしましょう。

 

【戦国武将女】(岡山)

 

 

【SANOブランドール】(栃木・佐野)

 

 

【#NANAミミ】(山形)

 

 

【MPF☆B】(山形)

 

 

 

【IQプロジェクト研究生】(福岡)

 

 

今回決勝に進出した2組は…

 

1位 IQプロジェクト研究生

 

 

2位 MPF☆B

 

 

でした。

 

「IQプロジェクト研究生」は、同じ所属事務所の「LinQ」直系ともいえるパフォーマンス、そして天神ベストホールでも見せてくれる福岡をアピールする寸劇で、観客、審査員から高い支持を得て1位追加。知り合いのファンの話によると「お世辞抜きで最高の出来」だったそうです。

一方の「MPF☆B」は2回目のチャレンジで、これまでのイベントでは見たこともないセクシーな衣装で「ダンスパフォーマンスユニット」であることを強調、3回目チャレンジの「SANOブランドール」との接戦を制しました。筆者も何度か彼女らのステージを見た中で、これほど「オンナ」を感じたことはありませんでした。SANOブランドールは観客点ではほぼ同数で本当に惜しかったです。

 

これで8月24日の決勝進出ユニット6組が決定しました。

 

WT☆Egret(兵庫・姫路)

Re☆Sta(名古屋)

8princess(東京・八王子)

茶果菜(静岡・藤枝)

IQプロジェクト研究生(福岡)

MPF☆B(山形)

 

 

実のところ、8月24日は、「24時間テレビ」の絡みでご当地アイドル関係で多くのイベントが入り、遠征することも考えていなのですが、これだけの面子が揃うとなると、当日は一旦午前11時前に汐留に立ち寄らなければいけないかも。その辺はまたいろいろと思案をしたいと思います。

 

 

お待たせしました。

 

先日 8月11日に足を運んだイオン福知山(at イオン福知山駐車場特設ステージ JR福知山駅バス約15分)でのアイドルフリーライブより、周辺のご当地アイドルを中心に4組のステージを紹介いたしましょう。

 

【cocon】(京都・綾部)

 

 

 

 

 

 

 

 

【My DOLCE】(京都・舞鶴)

 

 

 

 

 

 

 

【Fortune Doll】(大阪・四條畷)

 

 

 

 

 

 

 

【PARTE PORTE】(京都北部地域)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本当に繰り返しにはなりますが、最高気温37℃という猛暑の中、それぞれのユニットの持ち味を存分に出してくれたと思います。

 

周辺のご当地アイドルでは、綾部の「cocon」は全員中学2年、年齢相応のフレッシュさが前面に出ていましたし、舞鶴の「My DOLCE」は港町にふさわしい衣装とご当地ソングで地元をアピール。京都北部拠点の「PARTE PORTE」はキャラクターの立った部分でMCでも楽しませてくれました。

そして、大阪、四條畷からやってきた「Fortune Doll」は、地元商店街やライブハウスでキャリアを積んでいるだけあって、パフォーマンスはもちろん、ファンの扱いもこなれていたようでした。

 

今回の遠征で訪れた米子、福知山は、「鉄道の街」として知られ、現在でもJR西日本の支社が置かれているという共通点を持っており、駅前も非県庁所在地としてはそこそこ賑やかなように見受けられました。

おそらく、アイドルの運営に関われる人材も一定数在住しているものと思いますので、米子同様、福知山とその周辺都市も、ご当地アイドルのイベントで再び訪れることができれば、と思います。

 

さて、週も明けたところで、8月10日に米子AZTIC Laughs(JR米子駅徒歩約7分)で開催された「SUMMER IDOL FES」より、3組のご当地アイドルユニットを紹介いたしましょう

 

【Re:Jewel】(鳥取)

 

 

 

 

 

 

【JubileeJubilee】(米子)

 

 

 

 

 

 

 

【Chelip】(米子)

 

 

 

 

 

3組それぞれに特徴があり、鳥取のアイドルユニットの裾野の広さを感ぜずにはいられませんでした。

特に、地元のライブハウスのバックアップがしっかりしている点、ライブハウスも各地で閉店して、経営が厳しい状況が続く中、演者とともに、演者を支える運営もどれだけ地域が支えて行けるかが、鳥取・米子のみならず、全国のライブシーンに課せられた課題のように思えます。

 

そして、ラストでは、出演ユニット全員がステージに立ち、Chelipの代表曲「アシンメトリー」を大合唱して締めとなりました。

 

 

速報版でも書いたように、Chelipが活動を停止した後も、アイドルのライブを観に米子に来られることを願いたい気持ちです。

 

 

SEE YOU AGAIN!