埼玉県の注文住宅 新築 リフォームなら「原価で建てる自然素材の家」 「外断熱の家」 (有)埼玉建築職人会

埼玉県の注文住宅 新築 リフォームなら「原価で建てる自然素材の家」 「外断熱の家」 (有)埼玉建築職人会にお任せ下さい。こだわりの家を腕の良い職人が工事します・・・・・・

ホームページ更新作業を在宅でやって頂ける主婦の方募集中!

まずはお気軽にメッセージ下さい。


テーマ:

先日、地価が商業地で上昇という最新の結果が発表されました。


だた目にする記事はどれも『上昇』というものばかりで『横ばい』や『下落』関連の記事は少ない。


よく考えてみて下さい。


銀座の一等地で地価が上昇しており、その他の都心部においても再開発等にて活況の地域は上昇しているが、一般庶民の景況感を見れば苦境を強いられていることは明らかだ。


そんな中で銀座の地価はバブル期を上回ったというのだから誰が考えても超がつくほど異様な状況だ。


どう考えたってバブル期の景気の良さは戻っていない、それどころかまだまだ低迷を続けており、アベノミクスによって株価は下支えされているが、物価の上昇は鈍く、『漁業・農業』ともに良くない状況での物価上昇であり、これはある種単なる物価が上がらないというよりも深刻な状況だというのは言うまでもない。


実際に地方では地価が下落しており、都心部に近づくにつれて横ばい圏内になっている。


一部では湾岸エリアのマンションは中国人が投資目的で購入して一時価格が高騰しましたが、今は売りに転じて下落基調となり、もはやマンションは居住目的ではなく、投資目的で購入されている事が多々ある。


このところ不動産物件価格をよく目にする機会がありますが、本当に二極化していて上昇している地域と下落している地域、つまり勝ち組と負け組みがはっきり分かれてきています。


ただ個人的には今の不動産は売り時で、この先は2020年過ぎ頃までは持つ可能性もありますが、市場は早めに動きますからご自宅などを売りに出そうと考えている方は、地域によっては早めに動いたほうがいいかもしれませんね。


この先は相続対策で家賃保証(サブリース)システムをフル活用している物件が真っ先に危機的状況に陥ると考えています。これだけ少子化なのに先祖代々からの土地を手放したくない、家賃保証で賃貸経営しか考えられないという地主がこぞって建て続けている賃貸物件が市場にあふれ賃料定価をもたらす可能性は高いと思います。


以上から、まだ先が長い若い方はそれらの事象によって下がったところを買いに行った方が賢い選択ではないかと考えています。


AD
いいね!した人
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
今日は朝から落雷被害の復旧をしてきました。

TVアンテナ分配器の焦げ

TVアンテナからブースターや分配器を交換しました。
AD
いいね!した人

テーマ:

相変わらず都心部での一部のマンション販売は好調ですね。

全国規模で見ればほんの一握りの地域ですが・・・。


それにしても昔は年収に対する住宅ローンの比率がせいぜい5、6倍でしたが、今は10倍を超えているんですね!


日経にて首都圏の新築マンションの平均販売価格のサラリーマンの年収に対する比率は、5年ぶりに低下し、10.68倍になったとありますが、これでも充分過ぎるほど高いですよね。


以前は担保評価があっても返済能力によって融資の承認がおりていましたが、マイナス金利など時代の変化と共に銀行も生き残りに必死のようです。


しかし心配なのは景気が悪化しても本当に返済出来るのか?と言うことです。


景気が悪化すれば不動産の価値も下落する傾向にあるので、そのときに希望額で売れないケースがほとんどです。


そうなると含み損により全額の返済が難しくなり競売&自己破産となります。


それらを考えて借り入れ額は慎重に検討しましょう。


現在は確実に住居が余っているのは明らかです。


家が余れば家賃が下がります。


家賃が下がれば土地の価格も下がります。


より深刻なのは、土地が下落する以上に賃貸物件などがあまる現象です。

スラム化して外国人が多く入居したり防犯面でも不利になります。

これをどう解決するのかすら考えずに今もアパートを建て続けている人の気持ちが理解できない。

AD
いいね!した人

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。