ケンでーすのブログ

ケンでーすのブログ

日ごろの自分の考えや感想を書きます。過去の出来事、思い出話も書きます。 笑って読んでくれたら嬉しいです。

 一人の男がこの世からあの世に旅立たれ、そして彼の生きた73年の歴史は忘れられようとしている。その男の名は「武田完兵」と言った。 2年そこそこの出会いと別れである。うわさでは、山谷のどや(簡易宿泊所)で、新型コロナによるクラスターがあったとかで彼を含めて3人が亡くなったという。 今回の都議選に出たが10回目の挑戦は散々な結果であった。それでもめげず2年先の区長選を目指していた。ご冥福を祈るばかりだ。(合掌)<br>[2021(R3).09.06UP]<br><br><br>

僕の大好きな友達でもある高山怜也君のことである。

 

彼はいまプロの歌手を目指して勉強中です。

そんな彼をそうまでさせるのには彼の意地がそうさせている。以下僕の推論だ。後に彼自身が告白するかも知れない。そうなったとき僕の話は全く的を外しているかも知れない。

 

 かれは長野県の片田舎で生まれ育っている。そして東京の大学に進学した。 そして就職するはずでした。 しかし彼は別の道を目指した。 それがプロ歌手だった。 高校生の時からギターを弾いたし、軽音楽クラブで部活もした。 バンドも組んで演奏活動もした。 大学時代も音楽関係のクラブも入ったが、部員がプロの道を目指したいないことに失望し自身で活動の道を進んだ。そして、そんなプロ養成の学校でレッスンを受けていた。その間、あちこちのカラオケ大会にもでて、優勝もしている。 高校生の時、地元のNHKのど自慢にでて鐘を連打したことがあって、そのことが後にプロを目指すきっかけになっていると僕は考えている。 その陰には彼の祖母が大きな力に、祖母だけが彼の将来を応援してた一人であることは間違いない。 そんな祖母が亡くなった。 そんなおばあちゃんのために彼が渾身込めたオリジナル曲がある。 彼は作詞、作曲、演奏、歌唱もするシンガーソングライターであるからだ。こうして出来上がった曲が「さくラさく小径 LIVE VERSION/高山怜也」である。こころの叫びを感じる。 名曲だと僕はひそかに思っている。

注) 写真は、カラオケ大会で優勝したときのもの、 そして祖母とのツーショット。

 

 

しょっちゅうあることがないので、書き記しておこうと思う。
総裁任期が切れて、現総裁が再出馬しないことから、総裁選が活発になっている。 ことに今回女性総裁・首相が誕生するかもしれないのである。そこで、先にFBで発表した僕のコメントをここに再掲載する。

【ぼくの気持ち】 2021(R3)/09/16記す
いま、自民党の総裁選挙のことで盛り上がってますよね。僕のFBの発信記事でも高市候補を推す記事をシェアしています。僕自身は自民党の党員ではありませんので投票権はありませんし、今の自民・公明の政権は支持できないので、応援しておりません。むしろ維新の会を支持・応援しています。ただ、なぜに高市さんを推すのかと言うと、ま、総裁となられて総選挙に勝たれてやがては総理になられたら、これまでの既得権益にまみれた金権体質の自民党が少しは変わるかなと言う期待と、なんたって、中国共産党や朝鮮勢力の日本国へのいやがらせと、こんだけ国民が経済的に貧困に苦しんでいるにも関わらず、何もしてくれない政府与党の財政政策を彼女なら変えてくれるかも知れないという期待です。周辺国への対応として、憲法改正も含めて軍事力の強化と国防意識の強化を言ってるよね。(靖国参拝を続けると言明) また財政施策は大胆な財政支出をすると。(インフレ2%まで拡大する)この2点において僕が支持できる政策です。 あとの、選択的夫婦別性、天皇制の男系一統とか、保守(=右派)の勢力がとっても喜ぶ施策は支持しない。それから、初の女性首相は魅力的です。世界では女性のトップが活躍されてます。彼女は他の女性からは嫌われてるようですが彼女がトップになれば女性の地位向上は確かなものになると信じています。(これまでの小池東京都知事さんにはちょっとがっかり感はありますが。)最後に、僕と同じ郷里の政治家ですし、彼女が初めて衆院選挙に出られたとき応援してたよしみもあってね。
 でも、FBのタイムライン上でも彼女の応援者が増えてきたので、僕は後ろに引っ込みますね。野党さんも黙ってないで政権交代をかけて存在感のある政党運営、国民目線の施策を掲げていただきたい。