日々修行、生涯修行
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

30年の軌跡⑦ 礎-そして輝かしい未来を信じてー

そして 2020年 

拳心館開館30周年記念第16回ジュニアチャレンジカップ

大会イメージポスターのデザインです!!

今回も当館道場生でもあり著名な漫画家 矢上裕先生が渾身のオモイを込めた作品(イラスト)を作っていただきました(毎回感謝、感激‼です)。

 

思い起こすとチャレンジカップの始まりは、矢上先生との出会いからでした。それ迄、少年部の大会と言えば本部が主催する全国ジュニア選手権大会、関東道場対抗試合(団体戦)を目指し、道場、クラブで練習試合を定期的に行っていましたが、どうしても試合ですので勝ち負け、成績だけが注目され、出場するすべての選手が夢と目標を持てる大会には至らず当時は心苦しさ(違和感)を感じていました。

そして空手の技術のレベルアップもさることながら「心の成長」を重きにおいた、お子さんも保護者も皆がワクワクドキドキできるような言わば運動会又は学芸会⁉のようなイベントにならないかを模索し始めました。

そこで最も大事なのは武道の目的でもある「ココロつよくなあれ!」をメインテーマとし、毎回大会サブテーマ(具体的な課題)を決めて皆で共感できるものを創り上げていくことでした。しかしながら「言葉のチカラ」を認めながも今ひとつインパクトが足りない感も歪めませんでした…

出会い感謝夢広がる

そんな時に出会ったのが矢上先生でした。今想うと偶然というより必然出会いでした。それまでは漫画のお仕事をしていることしか知らずに何気なく大会テーマを伝えポスターのデザインを頼んだのですが、数日後、描いていただいたイラストを見て衝撃⚡を受けたのを昨日の事のように覚えています。オモイカタチにするには言葉も大切ですが、これ程までに子供達にストレートに伝えられるモノ=は有りません。

それからは素晴らしい専属デザイナーさんとも巡り合い、他にたくさんのご後援、ご協賛の輪も広がり、ポスター、パンフレットが年々完成度を高めていくと同時に大会の規模もレベルも上がっていきました。

今では大会記念品からメダル迄すべてオリジナルキャラクターデザインで提供しています。ちなみに大会イメージキャラクターはユウツヨシココロゴウユメ名に増え、子供達(から募集)がそれぞれ名付けてくれましたニヤリ

大会、試合は子供達の稽古と努力の成果を確かめ合い、勝っても負けても学びと成長を心に刻む大切な「」ですが、その「」を更に心に残るような輝かしい夢のステージ」に高めていくのは私達大人の使命と感じております。

このように成長、発展をしてこれましたのも偏に後援会をはじめご支援者の皆様、道場生並びに保護者の皆様方の道場、クラブ、そしてジュニアチャレンジカップの目的趣旨に長年ご賛同、ご協力していただいた賜物心より深く感謝申し上げますm(__)m

 

さて残念ながら今年は新型コロナの感染拡大の為、第16回ジュニアチャレンジカップは延期となりましたが、近い将来必ず開催する覚悟メラメラです。

 

開館30周年を記念する

ジュニアチャレンジカップサブテーマ

なり = 信じるチカラビックリマーク   

自分を信じる/努力を信じる/仲間を信じる

を信じる/未来を信じる

 

「信じるチカラ」が前に進む「チャレンジする勇気」を生みます。

失敗を重ねながらチャレンジし続ける先に必ず成長(成功)があります。

 

見えない危険と不安にさらされて急速に変化していく今だからこそ、明日を信じて希望を持って一歩一歩前に進むことが大切です。

皆さん。この難局を「信じるチカラ」で必ずや乗り越えていきましょう!

 

さあ!稽古再開へ…

 

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>