1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2017年09月20日

KEN-ELT教室:『ミャンマーと仏教報告』

テーマ:KEN-ELT教室

こんにちは!東京・大田区にある
個人英語・英会話教室
『KEN-ELT英語学習専門校』
http://www.ken-elt.jp/)の代表兼
日本人講師のKenです!

 

台風が過ぎ去り、

 

いまだ

 

夏日が続きますが、

 

皆さん、

 

いかがお過ごしでしょうか?

 

今回は・・・

 

最近

 

何かと

 

ニュースに

 

なっている

 

『ミャンマー』

 

についてです。

 

国境地帯

 

を中心に、

 

多数の

 

少数民族

 

が存在する

 

国なので、

 

民族問題

 

というのは、

 

非常に

 

敏感なもの

 

であると

 

考えます。

 

それゆえ、

 

本記事では・・・

 

ミャンマーの

 

人口の

 

9割以上を占める

 

『ミャンマーの仏教』

 

の現状を

 

お伝えし、

 

ミャンマーという国

 

を理解する

 

手助けになれば

 

と考えております。

 

まず、

 

私が、

 

ミャンマーに

 

行ったのが、

 

国が

 

軍を中心とする

 

軍政から

 

民主化を

 

始めた

 

2011年から

 

2年後の

 

2013年の年末

 

でした。

 

その後、

 

かの有名な

 

アウンサンスーチー氏

 

の新政権が

 

2016年に

 

発足しているので、

 

私の渡航時期は・・・

 

「過渡期」

 

であったと

 

考えられます。

 

さて、

 

ミャンマー

 

という国を

 

理解するには

 

『仏教』

 

が欠かせません。

 

仏教は・・・

 

現在の

 

インドから

 

ネパールに至る

 

あたりで

 

生まれたもの

 

であり、

 

大きく

 

 

*2種類の宗派*

 

 

が存在します。

 

まずは・・・

 

日本にも伝わった

 

 

『大乗仏教』

 

 

といわれるもの

 

であります。

 

これは、

 

インドから

 

東方向に、

 

中国、

 

朝鮮半島

 

を通って

 

日本に伝わった

 

ものであります。

 

考え方の

 

特徴は・・・

 

出家をしなくても

 

教えを信じれば

 

誰でも救われる」

 

としたもので、

 

大人数が

 

救われる

 

ということで、

 

「大乗」

 

となっています。

 

 

 

それに対して・・・

 

インドから

 

南東方向に

 

ミャンマーや

 

タイなどの

 

東南アジアを

 

中心に

 

伝わった

 

のが、

 

 

『上座部仏教』

 

 

といわれる

 

ものです。

 

これは、

 

「大乗仏教」

 

とは異なり、

 

出家をした者のみ

 

 

救われる」

 

としたため、

 

少人数しか

 

救われない

 

ということで、

 

「小乗仏教」

 

と言われたりもしますね。

 

ただ、

 

少人数しか

 

救われない

 

といっても、

 

出家した

 

僧侶に

 

一般の人が

 

お布施を

 

すれば、

 

良いことを

 

したという

 

功徳

 

が積める

 

と考えれている

 

ので、

 

実際には、

 

多くの人が

 

救われる

 

ことになる

 

わけですね。

 

さて、

 

そんな

 

ミャンマーの仏教

 

ですが、

 

上の区分けでは・・・

 

「上座部仏教」

 

になるため、

 

出家した僧侶

 

に出会うことが

 

多いわけです。

 

それは、

 

街中であれ、

 

寺院であれ、

 

空港であれ、

 

彼らが

 

社会全体で

 

尊敬されています。

 

そんな

 

ミャンマーの

 

最大都市

 

ヤンゴンでは、

 

(ちなみに、

 

ヤンゴンは

 

首都ではありません。

 

首都は、

 

ネピドー

 

です。

 

政治都市なので

 

あまり聞いたことが

 

ありませんよね。)

 

巨大な

 

仏教の聖地

 

が存在します。

 

それが・・・

 

 

「シュエダゴン・パヤー」

 

 

といわれる

 

ところです。

 

ミャンマーでは

 

寺院に入る際は・・・

 

土足厳禁で、

 

靴下等も禁止のため、

 

裸足になる

 

必要があります。

 

12月の年末

 

でも

 

日中は暑いため、

 

夜の訪問が

 

最適です。

 

でないと・・・

 

足が

 

やけど

 

いたします。(笑)

 

さて、

 

ここからは、

 

イメージしやすいよう

 

写真で

 

見ていきましょう!

 

 

仏塔が立ち並ぶ

 

姿は

 

幻想的であります!

 

↓↓

 

 

 

 

 

仏塔の最上部

 

には

 

ダイヤモンドや

 

ルピーなどの

 

宝石が

 

ちりばめれている

 

そうです。

 

これらは

 

一般の市民の

 

寄付による

 

ものである

 

ところが、

 

この国の仏教徒

 

の信仰心を

 

物語ります。

 

↓↓

 

 

 

 

祈る場所が

 

至るところにあり、

 

金箔で

 

埋め尽くされています。

 

↓↓

 

 

 

 

 

仏教発祥の地

 

インドの

 

ブッダガヤの寺院

 

に似せたもの

 

もあります。

 

仏教の説話

 

が描かれている

 

点は

 

ミャンマー独自

 

であります!

 

↓↓

 

 

 

 

曜日ごとの

 

祭壇があり、

 

自分の生まれた

 

曜日の祭壇に

 

水をかけて

 

清めています。

 

↓↓

 

 

 

 

 

さてさて、

 

ミャンマーの仏教

 

の様子を

 

見てきましたが、

 

いかがでしたでしょうか?

 

日本とは

 

根本的に

 

異なる仏教

 

であるため、

 

理解は

 

なかなか

 

難しい

 

と思います。

 

またの機会に

 

さらに詳しく

 

ミャンマーを

 

紹介し、

 

異文化理解を

 

楽しんで

 

いただけたらと

 

考えております!

 

 

 

Yangon, Myanmar

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016年06月15日

KEN-ELT教室:『東方正教の国・セルビア~ジョコビッチの母国』

テーマ:KEN-ELT教室

こんにちは!東京・大田区にある
個人英語・英会話教室
『KEN-ELT英語学習専門校』
http://www.ken-elt.jp/)の代表兼
日本人講師のKenです!

 

湿度も高くなり、

 

都内でも

 

30度前後に上がる

 

日も

 

出てきましたが・・・・

 

皆さん、

 

いかがお過ごしでしょうか?

 

さて、

 

先日の

 

テニスの

 

全仏で

 

「生涯グランドスラム」

 

を達成いたしました

 

ジョコビッチ選手。

 

今月末からの

 

英国・ウインブルドン

 

での活躍も

 

期待されていますが、

 

皆さん、

 

彼の出身国を

 

ご存じでしょうか??

 

日本ではあまり

 

知られていない国・・・

 

ヨーロッパの

 

バルカン半島

 

に位置する国・・・

 

かつて

 

旧ユーゴスラビアを

 

構成していた国・・・

 

ずばり・・・

 

「セルビア」

 

であります!

 

「セルビア」

 

と聞いて

 

イメージが湧く

 

日本人の方は

 

かなりの

 

ヨーロッパ通

 

であると思います!

 

日本では

 

まだまだ

 

未知の国

 

ですからね。

 

ヨーロッパ

 

というと・・・

 

イギリスやフランス、

 

イタリアやスペイン

 

あたりが

 

日本人が馴染みのある

 

ところでしょう。

 

しかし、

 

こうした国を

 

訪れても

 

もはや

 

自分の旅に

 

ユニークさを

 

求めることは

 

できないでしょう。

 

なぜなら・・・

 

他の日本人も皆

 

行ったことがある

 

わけですし、

 

ネットや

 

ガイドブックで

 

かなりの情報を

 

日本にいて

 

手に入れることが

 

可能ですから。(笑)

 

それに対して・・・

 

セルビアとなると・・・

 

日本でも

 

かの

 

「地球の歩き方」

 

でさえも

 

扱いは

 

数ページある程度。(笑)

 

特集した本も

 

ほぼ皆無の

 

状態であります。。。

 

そこで、

 

今回の

 

『KEN-ELT教室』

 

では

 

そうした

 

情報不足を

 

補うべく、

 

「セルビア」

 

を特集したい

 

と思います!

 

さて、

 

セルビアの

 

見所

 

としましては・・・

 

やはり

 

「教会・修道院」

 

は外せませんね。

 

セルビアは

 

ヨーロッパの

 

東側に

 

位置する国で

 

キリスト教の

 

「東方正教」

 

を信仰しています。

 

東方正教とは・・・??

 

西側諸国の

 

カトリックや

 

プロテスタント

 

とは異なり、

 

ロシアや

 

東欧地域

 

で信仰されて

 

いるものです。

 

「ロシア正教」

 

「ルーマニア正教」

 

といったように

 

国ごとに

 

教会の様式も

 

異なります。

 

それでは、

 

具体的に

 

何が特徴か

 

と言いますと・・・

 

まずは

 

①外観

 

カトリックや

 

プロテスタントの

 

教会と違い、

 

丸い屋根

 

特徴的

 

です。

  ↓↓

 

Fuska Gora(フシュカゴーラ)

 

 

Topola(トポラ)

 

 

 

②「イコン」

 

 

カトリックなどでは

 

教会内部に

 

聖人の彫刻が

 

並べられますが、

 

正教ではありません。

 

その代わりに

 

イコンが

 

使われます。

 

「イコン」とは・・・??

 

聖人の画像

 

のことですが、

 

これらが

 

教会内部の

 

祭壇の一面に

 

平面上に

 

並べられています。

     ↓↓

 

Fuska Gora(フシュカゴーラ)

 

 

 

 

③フレスコ画とモザイク

 

カトリックや

 

プロテスタントでは

 

内部に

 

ステンドグラスや

 

一枚ずつの

 

宗教画が

 

使われますが・・・

 

正教では・・・

 

内部は暗く、

 

かつ

 

物語つづきの

 

フレスコ画

 

 

ガラスモザイク

 

が内部を覆い尽くします。

    ↓↓

 

Fuska Gora(フシュカゴーラ)

 

 

 

Topola(トポラ)

 

 

 

 

 

 

 

 

以上、

 

わかりやすいよう

 

写真をご覧いただき

 

ましたが・・・

 

いかがでしたでしょうか?

 

これらは

 

全て

 

「セルビア正教」

 

のものです。

 

ロシアや

 

ルーマニア

 

などでは

 

またそれぞれ

 

違う

 

独特の様式が

 

ございます!

 

私自身

 

これらの国も

 

渡航済み

 

ですので

 

また

 

正教の世界を

 

皆さんに

 

お見せしたい

 

と考えております!

 

お楽しみに!!

 

 

 

Belgrade, Serbia

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016年05月18日

KEN-ELT教室:『ベルギー・ブリュッセル近況報告』

テーマ:KEN-ELT教室

こんにちは!東京・大田区にある
個人英語・英会話教室
『KEN-ELT英語学習専門校』
http://www.ken-elt.jp/)の代表兼
日本人講師のKenです!

 

GWも終わり、、、

 

すっかり初夏の

 

感じになってきましたが、

 

皆さん、

 

いかがお過ごしでしょうか?

 

私はというと・・・

 

この休みに

 

ヨーロッパ研修

 

に行き、

 

3月22日に

 

同時テロに

 

襲われた

 

ベルギーの

 

首都

 

ブリュッセルに

 

所用があり、

 

立ち寄りました。

 

そこで今回の

 

『KEN-ELT教室』

 

シリーズは・・・

 

『ベルギー・ブリュッセル近況報告』

 

にしたいと思います!

 

さて、

 

まずは・・・

 

『空港』

 

ですが・・・

 

警備が厳しく、

 

写真は

 

撮れませんでしたが、

 

ターミナル内の様子

 

はご覧いただけます。

   ↓↓

 

 

ベルギーなので、

 

チョコレート店の

 

総合店が

 

あります!

 

ただ、

 

冷蔵されているので・・・

 

常温で保存されている

 

市内のチョコレート店を

 

おススメいたします!

   ↓↓

 

 

さて、

 

街中の様子

 

ですが・・・

 

まず、

 

ブリュッセルの

 

世界遺産にも

 

なってます

 

『グラン・プラス』

 

の様子です。

  ↓↓

 

 

こんな感じで

 

巡回は

 

していますが、

 

常時では

 

ありませんね。

 

また、

 

この近くの

 

『証券取引所』

 

の広場の方が

 

追悼の場となっており、

 

市民が花束を

 

置いたり、

 

集まったりしておりました。

    ↓↓

 

 

 

 

中には

 

こんな

 

ベルギー風(?)

 

ジョークも。

 

”MAKE WAFFLES, NOT WAR."

      ↓↓

 

ワッフルは

 

確かに・・・

 

おいしいですからね。(笑)

     ↓↓

 

ちなみに

 

ベルギーのワッフル

 

には2種類あり、

 

上の画像は

 

レストランとかで

 

食べる

 

「ブリュッセル風」

 

であります。

 

日本で馴染みのある

 

持ち歩きできるのは

 

「リエージュ風」

 

であります。

 

南の

 

フランス語圏

 

の都市

 

リエージュで

 

生まれたもの

 

であります!

 

ベルギーの

 

言語事情は

 

複雑なので・・・

 

また別の機会に

 

説明いたしますので

 

お楽しみに!!

 

近況をお伝えしましたが、

 

もう日常に戻りつつあります。

 

唯一

 

空港のターミナルに

 

入る前の

 

荷物検査に

 

時間がかかった

 

ぐらいです。

 

不安は全く感じ

 

ませんでした!

 

むしろ、

 

テロの

 

目的である

 

「不安」「恐怖」

 

に動じない

 

ことが

 

ベルギー人の態度

 

からも

 

伝わってきました。

 

そのおかげで

 

私も

 

楽しむことができたのだ

 

と思います!!

 

以上、

 

テロ後の

 

ベルギーの

 

首都

 

ブリュッセル

 

近況報告でした!!

 

 

 

 

 

 

 

Brussels, Belgium

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。