LA FLORA CRYSTAL 二瓶 誠子Blog

LA FLORA CRYSTAL 二瓶 誠子Blog

皆様に向けてのお知らせやクリスタルメッセージをお送りいたします



ショー&イベント情報
次回ショー予定は未定です
WEB SHOPWEB SHOP♪新作入荷中♪
【crystalheaven.net】
二瓶誠子著作
「幸福を呼ぶパワーストーン」改訂版
bookimg01
好評発売中です♪
自由が丘ショールーム♪
$CRYSTAL HEAVEN  二瓶 誠子Blog
OPEN: 月曜日~土曜日 / AM10:00~PM19:00
ショールーム場所: 東急自由が丘駅より10分
※予約制
いらっしゃる前にお電話にてお知らせ下さいませ
お問い合わせ:自由が丘ショールーム
TEL 03-3702-6089
$CRYSTAL HEAVEN  二瓶 誠子Blog



先日の満月の日、突如思い立ち、クラスの前にソファーカバーを白に変えました。その時、ポツンとでてきたのがこの小さなフィギュアです。


これを触った時に、やってきた、優しいメッセージ

「絶対に大丈夫👌」

You will be fine for sure! 

正しい方向、正しいタイミングで物事が進んでいることを信頼してほしい。

今年はいつもと違う師走ですが、皆さん、この変化を信頼して、乗り切っていきましょう(^^)


今年はじめてのミネラルショーです(^^)

このような時期ですが、皆様にお会いできるのを、楽しみにしております。
池袋サンシャイン文化会館
テーブルNo .L168にてお待ちしております🌺














地球🌏と対話した日々
鮮やかな青のエネルギーにつつまれながら

海で泳ぎ、あたたかな真っ白な砂浜で
クリスタルと共に、一日中瞑想をしました

従兄弟家族にすすめられ
島のシャーマン、ユタ様にも会いに行きました

部屋に入った早々にこちらが話す前に
目が覚めるような大きな声で、

「あんたは、悪くない!!」と

外にも響く声で話しがはじまりました

そして、

「強くなれ!」と。

目に見えない世界と、現世の人々を
繋いでいく役割りを宿命として
受け入れるようにと、
人には、持って生まれた宿命がある事

それに腹をくくりなさいと言ってました

そして、この静養の旅に持っていった本は
ニーチェでした。

偶然、従兄弟の家にも同じ本があり
滞在中開いたページは二冊とも
同じメッセージでした

「 世間にありながら、世間を超えて生きよ。

世の中を超えて生きるとは、まずは、自分の心や情のそのつどの動きによって 自分があちらこちらへと動かないということだ。情動に振り回されない、自分が 自分の情動という馬をうまく乗りこなすということだとも言える。これができる ようになると、世間や時代のそのつどの流れや変化にまどわされないようになる。
 そして、確固たる自分を持ち、強く生きることができるようになるのだ。   ニーチェ


コロナ渦で急激に変わろうとしている時代の渦の中で
ついていこうとしても、どうして良いのかわからなくて、結局、何もする気が起きなくなり、八方塞がりの日々がただ、ただ、過ぎていきましたが、今は、落ち着いています

奄美大島では、夜になると、虫の大合唱がはじまり、やがて虫達は、眠りにつき、夜中には、フクロウが鳴き始めます。

時には雨が降り、柔らかな土の香りが立ち込めて、朝陽がのぼると、聞いたことがない、九官鳥のように鳴くセミが合唱をはじめます。

その自然界の音がカラダに入り、日に日に細胞が緩んできます。

私達は、まず、自分自身を癒す事で、自分おこしをして、それが、地域おこし、村おこし、国おこし、地球おこしへと、繋がっていくことを感じました

そして、隕石が落ちてできた砂浜(赤尾木湾)に
合流する川から流れてきた一輪のハイビスカス





ゆらゆらと、海原へと、流れ消えていくハイビスカスを見て、私達は、やがて個から全体へと溶けていくのだと、感じた瞬間でした🌺

風の時代を目の前にした
天の声というか、はからいですね(^^)





追伸

最後に奄美大島滞在中、目の前でオスプレイを3回見ました。美しい景色に、無機質な物体は、不気味にうつりました。何のための戦争なのか、何のための、武器なのか、基地なのか、この星を覆っている闇は想像以上に、大きなものになっていると感じました。

平和であるよう祈るばかりです。



写真   http://charfilm.com/  土屋尚幸



果てしなく広がる星空を見上げ、この星で、同じ時代に居合わせ、生きているだけで、奇跡的な縁を感じています。

新月が近づくのを待ち、雲が割れるシャッターチャンスを逃さず、プロのカメラマンのいとこが庭に出て夜空を、撮ってくれました。
奄美大島の大自然と共存しながら生きる人々のライフスタイルに多くを学び、かけがえのない日々を送っています。 

夜はフクロウが泣き、サトウキビが風になびく音に包まれます。五感を超えた、目に見えない世界を感じ、命の繋がりに、胸が震えた瞬間でした。




「One for all, All for one」  

「一人はみんなのために、
みんなは一つの目的のために」

の、精神で塩つくりをされてきた、和田さん。塩は、体内の水分を調整し、細胞と体液の間の浸透圧のバランスを調整し、私達が、生きるのにかかせない、大切なものだそうです。

和田さんがつくる塩は、カルシウムやマグネシウムのバランスが絶妙だそうで、立ち込める蒸気は呼吸器にも良いそうで、お肌がみるみる艶やかになりました。
五感を働かせて、塩つくりを勉強して下さい、その言葉がずっと心に残っています。

次の段階では、自然を生かした、東洋医学の施設をここに作りたいと話していました。

生き神様のような笑顔で、「前を向いて生きて生きなさいよ」と、話してくれました。





学ぶ事っていくつになっても楽しいです❣️