しいたけ道 筆文字の部!
  • 17Dec
    • 覚悟の家出⑦ 時給2000円のバイト

      自分の心に素直に人生面白がって生きていこう!=============================あなたには軸がある想像を超える可能性が満ちあふれているだからあなたの想いを胞子に乗せてあなたの見たい世界を広げていくんだ===============================ゼロからの起業サポーターかねこけいこです。私の世界観ブログシリーズの中でも1番人気になりつつある今回の覚悟の家出シリーズ。どうしてここまで書けるの?というメッセージをいただきました。なぜ、私がここまで自己開示するのか?それは、かっこ悪い私も情けない私も罪悪感のある私も見せたくない私も全部知ってもらった上でそれでもいいと言ってくれる人と繋がりたいから。ありのままの私がいいと言ってくれる人と一緒にいられたら、ラクになれるでしょ?それは、ビジネスの上でもそう。私という人をわかってもらった上でお付き合いをしたいのです。以前は、そんなところ見せたらあかん嫌われるとか仕事をもらえないと思ってた。でも、どうやらそうじゃないらしい。日毎に、LINE@に届くメッセージは濃いものになってきている。そうやって、こんな私でもいいと言ってくれる人がいることがわかってきた。すると、逆にこんな私が嫌いだという人がいてもいいと思えるようになってくるんだ。自己開示すると自分がどんどんたくましくなっていくんだね。あなたも世界観ブログ書いてみる?今日は、あんまり人に言ってこなかった話をするよ。では、第7話はじめましての方はこちらからどうぞ第1話 しばらく家を出ます。第2話 私が売上を上げられなかった理由第3話 〇〇がないと進めないんだよ!!第4話 お金があっても幸せになれない理由第5話 お父さん、お母さん ごめんなさい。第6話 タブーに向き合って見えること司会・ナレーションの仕事だけでは収入が足りないという時期もあった。ま、今から思えば全然足りなくない(笑)洋服や、メイク代などにもお金使ってたからね。田舎暮らしをしてる今はほぼ、すっぴんで。あまりの女子力の低下に愕然とする時もある。でも、20代の頃はナチュラルメイクという名の1時間かかるメイクをしてた。雑誌で言えば、CanCanを卒業して、WithとかMOREとかのメイク記事読んで熱心に研究してた。いかに小顔になれるかを。うーむ。なんかダサかったけどね。流行りは取り入れようと努力してたわ(笑)今は、流行りがなんだかすらわからない・・・そんな私がしていたバイト。時給2000円。場所は大阪北新地。高級スナックが立ち並ぶ歓楽街歓楽街って、歓び、楽しい街って書く。パラダイスやな。29歳になった私はママのお手伝いをしていた。ホステスとまでは言いがたいからママのお手伝い。でも、これって私の心のブロックかもしれない。親を心配させちゃいけない私が水商売なんてしたらダメ。そうゆうブロック。だから、ママのお手伝いと言っておきたいの。そこでは同じタレント事務所の後輩がアルバイトをしていて誘われた。彼女だったから話を聞こうと思った。だって、私なんて絶対ホステスなんて向いてないもん。あんなきらびやかな世界。影もありそうな世界。ピカピカの色鮮やかなネオンの影では黒いことがありそうだ。知らない世界だったからどこかのテレビで見た極妻だとかのイメージだったのだろうか?怖い世界だと思っていたし。女同士の激しい争いが水面下で繰り広げられてると思っていた。しかも北新地。高級なところ。貧乏な私にはご縁がないとも思っていたな。そして、私は昔から男の人が苦手だった。喋れなかった。好きな人ができても告白したことがない。友達にすら好きな人がいると言えなかった。自己開示全くできない子だったね。たまに言い寄ってくれる人はいたけれども、なんとなくでは付き合えないとやたらお堅い。男の人に甘えるのもできない。大丈夫ですから!なんて言って、せっかくの好意も全然受け取れない可愛くない女だ。そんな人に務まる仕事か?絶対に向いてない。でもね。誘ってくれた彼女が、、、私が勝手にイメージしてたホステス像・・・派手で女全開で男を振り回すような女性じゃなかった。フツーだった。フツーにフツー。えっ?そうなの?って。むしろ清純派な彼女。ようは、私に近い感じの子だったから。この子がやってるなら私にもできることなのかな?と思ったのだ。知らない世界って誤解が多いということがわかった。その世界に入ってみないとわからないことがいっぱいある。その店は、白を基調にしていて清潔感があり、派手な装飾があるわけではなかった。落ち着いた小さな店。カウンターが10席ほどテーブル席が3つ。私は、夜7時に出勤しお掃除をしたら手のひらにすっぽり収まる小さめのおにぎりを握った。小腹が減ったお客さんにお出しするものだ。それが終わると、店でお客さんを待つ。店の外に出ることはなかった。私は、ママが歌う声が大好きだった。うまいのか下手なのかわからない震えるような歌声は今まで聞いたことがない。今、その歌声が聞こえてきたら一瞬でママだってわかる自信がある。鳥取から出てきたママはその昔色々あって、店を始めた時は1歳の子どもを預け夜の12時までにお迎えに行きまた店に戻って後片付けをしたという話を聞いたことがある。ママはあったかくて凛としていた。北新地に店を出すって、それも小さな子どもがいて母一人子一人。どれだけの覚悟を決めてきたのだろう。そんな話をしてくれたママはあの時44歳。今の私の年だ。お客さんは、品のいいおじさまが多かった。綺麗どころの揃ったクラブ通いはとっくに卒業した人たち。自分のペースでゆっくり心地よくお酒を飲んでた。私は、ボトルをお出しして水割りを作る。そして、話をふむふむと聞いていた。女の子を目当てに来るお店ではなかった。ご指名もなくお客さんと一緒に出勤などは逆に禁止だった。お客さんがない日もあってママは浮かない顔をしてたけど私はホッとしたりもした。そんな時は、みんなで景気付けに一杯飲みながら話をしてた。一緒に働いてたお姉さんたちも親切でよくしてくれた。それぞれに悩みがあるらしかった。こどもの頃は大人になったら、なんでも解決できて悩みがなくなると思ってた。でも、姉さんは言った。大人になるごとに悩みが深くなると。悩みは自分だけではなくなる。関わる家族が増えた分悩みは尽きない。それが、今は身に沁みてわかる。そして、私は結婚してこどもが授かるまで4年間働いた。居心地がよかったのはママや姉さんたちの人柄そしてお客さんの人柄。水商売の一部のイメージが全てに見えてたけど違っていた。素晴らしい仕事だと思った。人の人生に触れ人間的に成長させてもらったと思う。なんでもやってみなきゃわからない。勝手なイメージを自分でつけて思い込んでるだけかもしれない。未知の世界は怖い。けれどもその先にあるものは、、、、見たことのない景色。ね。見に行きたいと思わない?明日は、いよいよ結婚後の話!夜10時にね!LINE@は二つありまして。こちらが、自分で仕事を創っていきたい人向け。個人でお仕事してる人これからしたい人はこちらね。世界観ブログを書いてみたい人もね。↓↓↓ こちらは、、、しいたけダンス出没情報出店情報がメイン↓↓↓登録したら、スタンプぽん!してねー

      NEW!

      10
      テーマ:
  • 15Dec
    • 覚悟の家出⑥ タブーに向き合って見えること

      自分の心に素直に人生面白がって生きていこう!=============================あなたには軸がある想像を超える可能性が満ちあふれているだからあなたの想いを胞子に乗せてあなたの見たい世界を広げていくんだ===============================ゼロからの起業サポーターかねこけいこです。連日、LINE@にたくさんメッセージが!ありがとうございます。面白くて、一気に読み込んでしまった!という人も!同じように思うことがたくさんあるけど行動できない・・・という人。かつての私みたいな人ね。私が、なぜこんな話を書くのか?このシリーズはお金と夫の話を通して見えてくる自分自身の真ん中を書こうと思っている。家出となると我が家の隠したい部分のはず。でも、聞きたいでしょ(笑)だけど、あれこれ聞いちゃいけない感じするでしょ?タブーな話題がなぜタブーかというときっとその人の本質に触れてしまうから。お金のことは、今まであー、お金がない・・・というばかりでちゃんと向き合ってこなかったんだけど。お金って面白い。自分を映し出してるものだ。自分の中心に触れたかったらお金をちゃんと見るといいと思う。それでは、第6話のはじまり。はじめましての方はこちらからどうぞ第1話 しばらく家を出ます。第2話 私が売上を上げられなかった理由第3話 〇〇がないと進めないんだよ!!第4話 お金があっても幸せになれない理由第5話 お父さん、お母さん ごめんなさい。陶芸家とタレントが一緒に暮らしはじめた。司会、ナレーション、リポーターという仕事でタレントっていうのは今でも抵抗がある。才能って意味だから。そのまんま輝いてる感じがするから。私、そんなんじゃなかったから。でも、確定申告するのに税理士さんに相談したら職業はタレントだってさ。そんな安定収入のない二人。二人で生活費を半分半分。一緒に暮らしてても結婚してると結婚してないは全然意識が違うと思う。当時は、夫も私も半分半分な意識で。家事も半分半分。私の中で、目指していた収入は最低月17万円だった。新人の頃は、もやしばかり食べてることをネタにしていたけど、いい時は、いつのまにか通帳にお金が貯まり7桁になっていた時もあった。一緒に住み始めた時は下降線。レギュラーの仕事が次々に終わっていった。若さ売りからスキル売りに変わっていく変換期だった。だから、アルバイトもした。17万円になるように。それは、私の中では絶対にありえない職業だった。私には似つかわしくない。と思っていた職業。続きは、、、こちらでは、また明日の夜10時にね!LINE@は二つありまして。こちらが、自分で仕事を創っていきたい人向け。個人でお仕事してる人これからしたい人はこちらね。世界観ブログを書いてみたい人もね。↓↓↓ こちらは、、、しいたけダンス出没情報出店情報がメイン↓↓↓登録したら、スタンプぽん!してねー

      22
      テーマ:
  • 14Dec
    • 覚悟の家出⑤ お父さん、お母さんごめんなさい。

      自分の心に素直に人生面白がって生きていこう!=============================あなたには軸がある想像を超える可能性が満ちあふれているだからあなたの想いを胞子に乗せてあなたの見たい世界を広げていくんだ===============================ゼロからの起業サポーターかねこけいこです。この世界観ブログ覚悟の家出シリーズを書き始めてからLINE@にたくさんのメッセージをいただいてます。人生、お金パートナーシップ・・・同じようなことで悩んでる人も多いみたい。正解なんてないんだろうけどみんな一生懸命模索して生きてるんだなって思いました。これでいい。これでいい。これでいい。さて、覚悟の家出シリーズですが、、、家出に至るまでの話が長いよね(笑)もうやだ!ってある日突然家を飛び出したのではなくてね。あれやこれやあってのこと。もう出てってやるーーーー!なんて、今までもしょっちゅう言ってたけれど、小学生のこどももいるし出て行くのもなかなか勇気がいるものでね。そんなことしたことがない。これが初めての家出。なぜ、そこまでできたのか?はじめましての方はこちらからどうぞ第1話 しばらく家を出ます。第2話 私が売上を上げられなかった理由第3話 〇〇がないと進めないんだよ!!第4話 お金があっても幸せになれない理由では、第5話の始まり私が売上を上げても私は幸せになれないそう心の奥底で思っていることに気が付いた。2歳年上の夫との出会いは20歳の頃。私は、司会業のスクールに通いながら着ぐるみショーのアルバイトをしていた。夫は当時、そのイベント会社で働いていた。ゴールデンウィークなどの大型連休になると連日、ショッピングセンターで着ぐるみショーが開催されて人手不足だった。当然のように社員だった夫は着ぐるみに入らされていた。セー○—ムーンショーとかね。東大阪の雑居ビルの2階。夫となる人はタキシード仮面様の役を充てがわれ恥ずかしそうに練習していた。それが出会い。だれ?この下手くそな人。なんてことは一言も誰にも言わなかったけどそう思ったことを今でもはっきり覚えている。それから2年ほどして付き合い始めた。そして大阪の片田舎で昭和40年代に建てられた一軒家に一緒に暮らし始めた。モダンな飴色の電球のカサ白と水色の小さなタイルが交互に敷き詰められたキッチン庭にはぐるりと小道があって近所のネコが軽やかに通り過ぎた。縁側にはおひさまの影があたたかく映った。一緒に暮らして8年交際10年で結婚。付き合い始めた頃に夫は陶芸家に転身した。もともとサラリーマンは合わないらしいのはなんとなくわかっていた。私は、イベントの司会やナレーションの録音、リポーターといった仕事をするようになっていた。めちゃくちゃ浮き沈みあったねこの時も。仕事に就くにはオーディションを受けないといけない。あまりにフツーな私は無理やり頑張って元気にしてみたり。そのまんまの自分じゃ魅力がないから必死でアピール。自信がないから自分をジャッジされてるように感じていた。これが私の自己肯定感を谷底に落とし込んでいった。3話で覚悟がないと進めないという話を書いたけれど、、、この仕事をしてる時も覚悟がなかったんだと思う。人目ばかり気にして自分に鎧つけて大事なことが見えなかった。でも、振り返ってみれば怖いながらも挑戦できることが多かった。ルーティーンの仕事ではなく毎回緊張の元、始まるそんな新しい感じが仕事の度にあった。それは刺激的だったし成長してることを実感できたし、充実感も味わうことができた。昨日、ふと思ってノートに書き留めた言葉挑戦なくして、成長なし。行動した先にしか魂の成長はない。お金のことで言えば、、、こんなに自信がなかった割にはお仕事をいただいて12年も続けることができたことは本当に感謝です。これは、私の力というより事務所のマネージャーのおかげだったと思う。富山の高校を卒業して大阪に出てきて、働くようになって。両親には短大に行かせてもらって仕送りまでしてもらって。挙げ句の果てに私はこんなに心配かける大人になった。本当は、富山に戻ってきて欲しかったんだろうな。心配性の両親を思うとキュッとなる。母は、私が里帰りをして大阪に戻る時、よくおにぎりを握ってくれた。銀紙に包まれたとろろ昆布のおにぎり富山発大阪行きのサンダーバードの中で窓に走り過ぎるのどかな風景を見ながらいただくと、なんか泣けたよね・・・しょっぱい。いつまでたっても40歳を過ぎたいまだに心配ばかりかけてごめんなさい。あーーーー泣けてきたから続きは明日の夜10時にね!次回、タブーに迫る! つちのこ出没情報はLINE@から!

      23
      テーマ:
  • 13Dec
    • 覚悟の家出④ お金があっても幸せになれない理由

      自分の心に素直に人生面白がって生きていこう!=============================あなたには軸がある想像を超える可能性が満ちあふれているだからあなたの想いを胞子に乗せてあなたの見たい世界を広げていくんだ===============================ゼロからの起業サポーターかねこけいこです。世界観ブログ覚悟の家出シリーズ世界観ブログは今までにいくつか書いてるけどこんなにも反応があったことはなかったな。世界観ブログではありのまま素直な自分を出していくのですが、もちろん、出しきれないよね(笑)でも、今まで書けなかったけど今だからこそ書けることもあります。書くごとに、深い部分の自分を出せるようになっているから読んでくださる方の反応があるのだと思います。そして、自己開示すると自分の中にも変化が出てきます。では、今日は第4話初めましての方はこちらからどうぞ。第1話 しばらく家を出ます。第2話 私が売上を上げられなかった理由第3話 〇〇がないと進めないんだよ!!起業塾では落ちこぼれ。私とそんなに差がないように思える人が、ぽん!と大きな売上を上げる。ぬぬぬぬ!なんてこと!一人二人三人と、、、ぽん!とね。ええええっ!!!なんてこと!私と大して差がないように見える人と、何が違うのか?一つ目成果を出した人は正しい方法正しい順番でコツコツ丁寧に実践し続けていた。私は、そのノウハウを学んで実践はしたのだけれど。焦るがゆえにちょっと方法と順番間違えてコツコツ丁寧でなく勢いでザクザクと実践はしたものの継続できていない。突貫工事。そんな感じだったから。二つ目覚悟が決められなかったから。その奥には怖さがあった。自信がなくて。うまくいかなかったら嫌だとか。逃げ腰。30万円を超える本気の半年講座を作るというものだったけど、30万円なんて受け取れない。自分の受講生の成果に対して責任が持てない。やったことないからできるかどうかわからない。でも、やってみなきゃわからないわけで。約束されていない未来に挑戦するなんて、怖い。だから、自分で未来に対して約束をしないと進めない。それが覚悟。私は、これをやる。やりきる。私は、こうなるという覚悟。それがなかった。成果の出る人ってなんだかね肝が座ってるよ。成功する起業家って覚悟があるか、ないかそこじゃない?そして、3つ目。ここからが今日の本題ね。夫とのこと。ようやく登場!!お待たせーこれは、私の心の中にあったことで夫は、別の言い分があると思うので、あくまでも私側から見た話です。夫に対する遠慮。というと、なんだか一歩下がって三つ指ついてかつての美しい妻の姿のようだけど。全くそんなのではない(笑)何かやろうとする時に夫の顔色を伺ってしまうということ。そもそも夫にしてみたら妻が起業塾に行っていることが一体なんの意味があるのか?そんなに高額払って結果も出せずにただでさえ家計が逼迫してるのに、、、こんな状況でお金を使うなんて信じられない。お金の無駄遣いだ。身の程知らずだ。妻が高額講座を開催するなんて胡散臭すぎる。人を騙すのか。というように、夫は私が起業塾に行ってることをよく思っていなかった。私は、自分の本心を夫に素直に伝えることができず、本当のことを理解してもらうこともできず理解してもらう努力もせずと言った方が正しいかな。話をすれば喧嘩になってしまうということを繰り返していた。起業塾に40万円払ったなんて当然言えるわけもなく。なんとなく自分が理解されないだろうことをうやむやにして、逆に、夫のことを責め立てていた。お勤め辞めて、家にいるようになって、家で仕事をしている夫と毎日、朝昼晩と一緒にいて居心地が悪くて仕方なかった。たわいもない会話から始まっても、、、、だんだん暗雲立ち込めて最後には喧嘩。そんな毎日。夫は私をよく思っていない。と、自分が思っていることは様々なことに対してブレーキをかけていた。例えば私が売上をあげても喜んでもらえないだろう。お金が入ったことはいいとしても、いい感情ではないだろう。私が売上を上げても私は、幸せになれない。お金を得て豊かになっても家の中にいて居心地が悪いのは、、、なんだか、違う。私は、大きな壁にぶつかっていた。夫との関係が心地いいものにならない限り、きっと、うまくいかない。次回は、夫との出会いを・・・明日の夜10時にね! つちのこ出没情報はLINE@から!

      23
      テーマ:
  • 12Dec
    • 覚悟の家出③ 〇〇がなきゃ進めないんだよ!!!

      自分の心に素直に人生面白がって生きていこう!=============================あなたには軸がある想像を超える可能性が満ちあふれているだからあなたの想いを胞子に乗せてあなたの見たい世界を広げていくんだ===============================ゼロからの起業サポーターかねこけいこです。今日で3話目となる世界観ブログ覚悟の家出シリーズですが、、、共感しました。泣けました。と、LINE@にメッセージが続々と届いてビックリするくらいです。必ず読ませてもらってお返事しますので待っててくださいね。登録がまだの方はこちらからご登録の上、スタンプをぽん!としてくださいね。では、初めましての方は前回記事からご覧ください。第1話 しばらく家を出ます。第2話 私が売上を上げられなかった理由起業塾で売上を上げられなかった二つ目の理由・・・がむしゃらに頑張っていてなんだか、力が入りすぎてた私。素晴らしい環境の起業塾に入ったことでどんどんと、私の基準が変わっていった。こどもの頃から人の影響を受けやすい流されやすかった私はいい風にもすごく影響を受けるのです。どうせ、私なんて起業初心者だし、無理だろ・・・という思い込みからもしかしたら私にだって、できるかもしれないに変わっただけでもできる可能性は大きく跳ね上がる。そもそもどうせ私なんて、、、と思っている時点で挑戦しようという気にすらならない。私は、こどもの頃からいい子だった。心配性の両親の元で危ないことはしない。安心して前に進めるように親はちゃんと手を引いてくれてた。私は、何にも考えなくても安心して歩いて行けて何にも決めなくてもちゃんと連れていってもらえた。これは、うちの両親の愛し方だったと思う。それで幸せだったし大きな波風も立たなかった。感謝しています。ただ、自分で考えて、決めるということをやってこなかった。ずっと。それが、大人になって親から離れて自分の人生を自分でやらなきゃいけなくなった時あまりに自分というものがないように思えた。自分の軸がない。だから、いつも自分を探していた。私は、何がしたいのだろう。私は、何が好きなんだろう。何色が好き?と聞かれても未だにはっきり答えられない。赤も好きだしピンクは可愛いし黄色も好きだし、、、何に対してもこんな感じでひとつコレと決められない。これは優柔不断というのかもしれないけれど。それぞれの良さがわかるってことなんだよね。そう。決められない。赤が好きです。ピンクも黄色も好きです。そういえばいいんだよね。自分で、私、これが好きだって決めればいいんだよね。自分のことなんだからそれで正解だ。これはあんまり好きじゃないそれも正解だし。よくわからないそれも正解だ。私は、自分のことを正解と思えない子だった。自信がない。自分の思っていることがみんなと違っていたらダメなんじゃないか。みんなと一緒じゃなきゃ不安で、誰かがいいと言ってくれないと不安で。そんなこどもでした。自信がないから決められない。起業塾で売上を上げられなかった理由は覚悟を決められなかったから。やると決められない。だから、なかなか前に進まなかった。自分が講座を開催して塾生に成果を渡す覚悟が決められなかった。自分を信じると決められなかった。人を信じると決められなかった。できなかった時の言い訳を言える余地を残そうとしていたと思う。結果が出なかったらどうしよう・・・という怖さもあった。怖いよーそりゃ怖い。やったことないことやって未知の世界だもん。あれこれ人から言われるかもしれないし。そんな時にそれが、何か?って、はねのけられる強さなんて、ない。自分を信じきれない。覚悟を決めたら言い訳できない。ただそこに向かうだけ。こないだたまたまテレビをつけたらアニメをやっていてなんていうのか知らないけど、主人公が言ったことが胸に刺さった。どんなに才能があってもどんなにスキルがあっても覚悟がなきゃ進めないんだよ!!!グサリ。そうなのだ。スキルは学んだ。正しい方法を正しい順番でちゃんとやっても覚悟がなきゃ進めないんだよ!!!覚悟。それは、強烈な意志だと思う。自分で自分の人生を創り出していくには揺るぎない覚悟がいる。できるとかできないじゃなくて。どうなったって、ただ、やりきる。そうゆう覚悟。そして、売上が上げられなかった理由がもう一つある。次回、ようやく夫登場だよーそれは、また明日ね〜!つちのこ出没情報はLINE@から!

      24
      テーマ:
  • 11Dec
    • 覚悟の家出② 売上を上げられなかった理由

      自分の心に素直に人生面白がって生きていこう!=============================あなたには軸がある想像を超える可能性が満ちあふれているだからあなたの想いを胞子に乗せてあなたの見たい世界を広げていくんだ===============================ゼロからの起業サポーターかねこけいこです。新連載の世界観ブログ覚悟の家出シリーズ第1話から反響が大きくて!LINE@にたくさんメッセージをいただいてます。うれしい!!では、初めて読まれる方はこちらからどうぞ。前回記事 しばらく家を出ます。お勤めをやめて自分でスケジュールを立て自分で仕事を創り出し人の役に立ち、喜ばれてお金も回り出す・・・仕事のことも家族のことも遊びのことも自分の意志で見たい世界を見に行こうそう目指してました。目指している最中は無我夢中だったし失敗もたくさんしたけどそれはギフトになると思えたから充実していた。だけど、なんだかわたしはうまくいかないでいた。SNSでわたしを見た人はノリに乗ってるように見えていたかもしれない。だけどね。なんだかなんだかなんだかアクセル思いっきりふかしながらサイドブレーキ引いてるそんな感じだった。それは、充実した毎日の中にもいつも感じてた。去年から1年間わたしが通っていた山中シゲノブさんの起業塾そこで見たものは普通の人が爆発的に売れるという光景だった。わたしみたいな3000円くらいの講座しかないような人でも、コツコツ丁寧にビジネスの一連の流れを正しい方法、正しい順番で実践すればある日、大ブレイク!!実践すればね。実践。実践。実践だよーーーー!それを何度も目の前で見てもしかしたらわたしにもできるかもしれない次第にそう思うようになった。いつも出足が遅いわたしは案の定、塾でも最終ランナーで。もうサポート期限が切れるギリギリのところでこのまま何もできずに終われない!とようやく奮起し、実践。実践遅すぎ(笑)わたしに売上が上がらなかった理由その1コツコツ丁寧にという大事な部分ができてないまま無理やり実践(笑)なので。大きな売上は手にすることはできなかったんだけど、それは納得していてね。教わったようにコツコツ丁寧に正しい方法、正しい順番で実践し続ければ実践し続ければね。ある日、大ブレイクする。そうだと今でも信じている。高額な起業塾に入ってその金額を回収できないなんてと思わないわけでもない。だけど、そこで得たものはお金に変えられないものだった。自分の人生は自分で創るもの1年かけて実際に、行動して見てこう思えるようになったことはこれからの人生にとって最高のギフトだった。そして。次回わたしが売上を上げられなかった二つ目の理由は、、、長くなったので、また明日!つちのこ出没情報はLINE@から!

      22
      テーマ:
  • 10Dec
    • 覚悟の家出① しばらく家を出ます。

      自分の心に素直に人生面白がって生きていこう!=============================あなたには軸がある想像を超える可能性が満ちあふれているだからあなたの想いを胞子に乗せてあなたの見たい世界を広げていくんだ===============================ゼロからの起業サポーターかねこけいこです。実は、、、先日、家出しました。いい子だったわたしが40半ばにして初めての家出です。「しばらく家を出ます」夫にそう告げて呆然と立ち尽くす夫を背に、車に乗り込みました。下の子(5歳)と二人で放浪の旅。なぜって?どこから話そうか・・・今に始まったことでなくずっとずっとずっとわたしの中の課題としてあったこと今までと同じように考えて、行動していても何にも変わらないから。自分を変えたかった。今日から連載する覚悟の家出シリーズは夫にも許可をもらって書いてます。この半年間沈んでいました。去年は、お勤めをやめて自分で仕事を創る!!と意気込み今まで払ったことのない高額な起業塾に通い今までにやったことのないことに挑戦をして走り続けていました。すごく頑張っていたと思う。この1年は、本当にこんなに頑張ったことないくらいにがむしゃらだった。朝4時に起きて自分の仕事をしてそれからお勤めに行って。それは、未来を見せてくれる仲間がいるという素晴らしい環境でね。失敗したっていい。自分の人生は自分で創るもの。ということを学んだ。そして、この春お勤めをやめていざこれからというのにどこに向かっていいのかわからなくなりなんだかうまくいかない・・・腑抜けな状態になってました。何をやっても空回り。自分で仕事を作りたいというのは、自分で人生を創りたいということ。時間で縛られるのではない働き方がしたかった。そのひとつがこどもとの時間を大事にしたいということ。上は小学校5年下は5歳今、この年のこどもと存分にこの時を味わいたいと思ってたはず。お勤めをやめたから時間だけはたくさんあったはず、、、なのに。心の余裕がなくていつもイライラしていつも不安でいつも気分が落ちていてせっかくある時間なのにこどもと心から遊べなかった。時間。あったのにね。お勤めしてる時と変わらなかった。心がね。キュッと緊張してた。そしたら何もかも何にも楽しめない。ただ、焦るばかり。SNSで、誰かの活躍が目に入ると、また焦る。でも、焦ってもいいことなしだったわ。こどもと片手間に遊びながら頭の中はぐるぐるとどうやってお金稼ごうかなんて考えていて心ここに在らず。わかったのは、、、今この瞬間を存分に味わいたいというのに時間のあるなしは関係ないってこと。一瞬でも100パーセント心を合わせることができたならそれで満たされる。そう。わたしは時間がないせいにしていたんだ。そして、、、毎日夫と顔を合わせ日が経つにつれて夫への不満が膨れ上がっていきました。つづく、、、↑公開されると見ることができます。次回もお楽しみに〜!つちのこ出没情報はLINE@から!

      36
      テーマ:
  • 09Dec
    • ひすいさんに会えるよー!

      自分の心に素直に人生面白がって生きていこう!つちのこです。=============================あなたには軸がある想像を超える可能性が満ちあふれているだからあなたの想いを胞子に乗せてあなたの見たい世界を広げていくんだ===============================会うだけで、めろめろとろけちゃいそうになるそんな筆友達がいます!!自慢げ(笑)そう、自慢だよー!一緒にこんなことしたりこんなことしたりしまいにはこんなことに、、後列でウェスタン風しいたけが桜花りみちゃん桜花りみちゃんがなんと!またまた大好きな、ひすいこたろうさんを大阪にお呼びするんですって。そりゃ、いかなあきまへんやろ!というわけで、わたしも当日お手伝いに行きます。1年前にも参加させてもらい幸せって、一瞬で感じられる!ということを体感しました。前回の講演会の模様はこちら↑↑↑感銘大きくて、7回に及ぶシリーズものとして記事を書いてます(笑)ひすいこたろうさんは【毎日をご機嫌に過ごせるようになる、ものの見方】を伝えています。↓↓↓ひすいさんのブログひすいさんに会えるのは2018年12月23日大阪にて!詳しくはりみちゃんのブログを見てね。つちのこ出没情報はLINE@から!

      19
      テーマ:
  • 25Oct
    • 筆文字マスターランド日記14 綾部合宿 うさぎとかめのアナザーストーリー5

      自分の心に素直に人生面白がって生きていこう!つちのこです。=============================あなたには軸がある想像を超える可能性が満ちあふれているだからあなたの想いを胞子に乗せてあなたの見たい世界を広げていくんだ===============================2018年4月から半年間筆文字で自分らしい表現を作る筆文字マスターランドに参加。センスを磨く!という場所。筆文字マスターランドの主はくっちゃんこと草刈正年さん筆文字がご縁で知りたった大事なお友達。石川県で筆文字教室をしているみなっち。「こんな自分はダメなんだ…」から「こんな自分もいいやん♪」を見つけるきらめき筆筆文字アートを通じて、呼吸が楽になる生き方を伝えてます。みなっちの書いたうさぎとかめのオリジナルアナザーストーリーを読んで自分の中にあるものに触れ、直接お話しすることになりました。みなっちのうさぎとかめアナザーストーリーはこちらわたしに例えるとカメ妻とニョロ夫だった。前回記事でもね。ダメ男だと思ってるから、わたしはチャレンジャーになれたんです。夫のおかげで。自分がやりたいことに挑戦できたのです。見てろよ!夫!お金を言い訳にするな!時間を言い訳にするな!環境を言い訳にするな!自分がやると決めればできるんだよ!!!と、いうのを見せようとした。こんなわたしでも、できるんだ!と見せて、奇跡を証明したかったんだよ。だから、あなたにもできるんだよ!って。ダメ男にひとすじの希望を見てたんだよ!!!希望を見ていたから、本当はダメ男だと思っていなかったのかもしれない。でも、走りすぎて疲れちゃったんだよね。山の途中で息切れ。山の中って、山頂が見えない。だから、足元見て歩くしかなくて。ここでいいのかな?先が見えないけど、大丈夫なのかな?って。わたしだって、不安なんだよ。不安すぎるから大丈夫って言い聞かせてやってきたんだよーーー!自分の光を見失うと人の光も見えなくなるのだろうか。うさぎとかめは何を見て山を登ったのでしょう?これは、人によって解釈は様々。わたしは、今うさぎのことは全然見えてない。見えるのは、ニョロ吉(夫)でも山頂が見えない、、、ニョロ吉に奇跡を見せたいのに、、、と思っているけれど奇跡を見せてくれようとしてくれてるのは実は、ニョロ吉。カメ助が山頂目指すなんてカメ助がウサと勝負するなんてそれ自体が奇跡だ。ニョロ吉が引き起こした奇跡だ。みなっちが最後にサラサラと筆で書いて見せてくれたのは、、、【夫は神だ】という言葉だった。神だなんて、大げさすぎて笑えたけれど、本当はそうなのかもしれない。わたしの可能性を引き出してくれてるのが夫なのだ。そうならばダメ男ばんざい!ダメ男に感謝。ダメ男でも、わたしにとっていいんじゃない?それでいいと思えなかったからフガフガしてたけど、それでいいってことなんだね。自分の見方が変わったら何が起こるのだろう。楽しみになってきた。みなっちのうさぎとかめアナザーストーリーはこちらウサもカメ助もニョロ吉も愛にあふれたキャラクター3匹に共通するのはまっすぐなところ自分と真剣に向き合っているところ友達思いなところこれは、みなっちそのもの。まっすぐで、友達思いなんだね。みなっちのセッションは自分の気持ちが整理され相手の気持ちに近づくことができさらに第3者の目で見ることができるようになる。そこから、良い方向へ行くための提案をしてもらうのだけど、それも一方的ではなく、何パターンかの提案があって、自分で納得いくところを選ぶ余地を持たせてくれる。こちらの気持ちに寄り添いながら当人も相手にとっても最適な選択ができるように導いてくれるみなっちの大きな器に、本当に救われる思いでした。このロールプレイング型セッション人間関係でつまづいていて、良好にしたい人にめちゃくちゃオススメ!だと思いました。この日みなっちは、全然セッションのつもりがなかったようですが、これは、お金を払う価値がある!みなっちの力量も素晴らしいし何より、みなっちのお人柄。------------------------------------------あなたは、あなただからいいんだよ。-------------------------------------------そんな愛でいっぱいのみなっちだから。みなっちとお話ししてみたくなったら絵本を読んで、みなっちの【うさかめセッション】受けてみてね。↓↓↓https://ameblo.jp/tukiyonobanbi/entry-12403056195.html次回もお楽しみに〜!つちのこ出没情報はLINE@から!

      210
      1
      テーマ:
  • 24Oct
    • 筆文字マスターランド日記13 綾部合宿 うさぎとかめのアナザーストーリー4

      自分の心に素直に人生面白がって生きていこう!つちのこです。=============================あなたには軸がある想像を超える可能性が満ちあふれているだからあなたの想いを胞子に乗せてあなたの見たい世界を広げていくんだ===============================2018年4月から半年間筆文字で自分らしい表現を作る筆文字マスターランドに参加。センスを磨く!という場所。筆文字マスターランドの主はくっちゃんこと草刈正年さん筆文字がご縁で知りたった大事なお友達。石川県で筆文字教室をしているみなっち。「こんな自分はダメなんだ…」から「こんな自分もいいやん♪」を見つけるきらめき筆筆文字アートを通じて、呼吸が楽になる生き方を伝えてます。みなっちの書いたうさぎとかめのオリジナルアナザーストーリーに心を動かされたわたし。前回記事みなっちの書いたうさぎとかめのオリジナルアナザーストーリーを読んで自分の中にあるものに触れ、直接お話しすることになりました。みなっちのうさぎとかめアナザーストーリーはこちらみなっちの【うさかめセッション】白熱のロールプレイングに夫役のわたしは、、、前回記事そして、わたしの心の内では、、、夫に良かれと思ってやってることが果たして本人にとっていいのか?このところ、そのひずみが現わになっている。わたしは、ダメ男を作り上げてしまった、、、それは、わたし自身がどうせ、わたしなんて、ダメな男がちょうどいいという前提を持っていたから。でも、この状況を変えたくてもがいている感じです。わたしは20年間ダメ男に。。。ひとすじの希望を持って奇跡を見せて、いい男になってほしいと思っていたのだろうか。。。ダメ男の烙印を押しながら期待をするって、、、(笑)んな無茶な。なんだか諦めが悪いな。ダメ男の烙印を押してる自分が嫌だったのか。今、書いてて思うのはダメ男と思ってなければもう少し希望が持てるかもしれないな、、、今、ダメなだけ。もともとはいい男で今、ダメな時期なだけ。って、、、ダメってなんなのさ!?自分はそのままで夫にだけ、変わってほしいと求めていたんですね。わたしの価値観に合わないことはダメだとばかりに。日本人の多くがこれはこうだ!という常識的なことから外れている夫。日本のルールがわたしのルールになっていることが当たり前すぎて、なかなか気づかない。でも、みんな違うからね。言葉の意味も違うし、なかなか分かり合えないことがイライラを増幅させてたけど、、、そもそも、違う星の人くらいに思っている方がいいのかもしれない。言語も考え方も価値観も美意識も何もかも違うという前提で。特に、夫婦になると同じひとつのものとして相手を見るようになるのかな。わかってくれてると勝手に思ってしまったんだよね。自分の気持ちを正直に言えないでいたことも。わかってるよね?って。いやいや全然伝わりません!まったく伝わらなーい!!びっくりするほど(笑)あーーーーーなんだか、わたしって面倒臭い。そんなことでいちいち引っかかって。こうやって、書いているとなんだか、だんだんどうでもよくなってきて(笑)もういいじゃん!ダメ男でもさ!空の上から見たらちっぽけな話だーうん。ダメ男だ。うん。伝わらないんだ。こうした方がなんだか潔くて清々しい(笑)そして、絵本のラスト↓↓↓うさぎとかめアナザーストーリーのおまけ!まだまだ続きます(笑)絵本が欲しい人は、みなっちにメッセージしてみてね。次回もお楽しみに〜!つちのこ出没情報はLINE@から!

      18
      テーマ:
  • 23Oct
    • 筆文字マスターランド日記12 綾部合宿 うさぎとかめのアナザーストーリー3

      自分の心に素直に人生面白がって生きていこう!つちのこです。=============================あなたには軸がある想像を超える可能性が満ちあふれているだからあなたの想いを胞子に乗せてあなたの見たい世界を広げていくんだ===============================2018年4月から半年間筆文字で自分らしい表現を作る筆文字マスターランドに参加。センスを磨く!という場所。筆文字マスターランドの主はくっちゃんこと草刈正年さん筆文字がご縁で知りたった大事なお友達。石川県で筆文字教室をしているみなっち。「こんな自分はダメなんだ…」から「こんな自分もいいやん♪」を見つけるきらめき筆筆文字アートを通じて、呼吸が楽になる生き方を伝えてます。みなっちの書いたうさぎとかめのオリジナルアナザーストーリーに心を動かされたわたし。みなっちの書いたうさぎとかめのオリジナルアナザーストーリーを読んで自分の中にあるものに触れた。みなっちのうさぎとかめアナザーストーリーはこちらわたしは、自分をまるにしたいということ。奇跡を証明できないでいるわたしが夫を通してむき出しになって見える。だから、嫌なんだよね。夫が嫌の前に、自分が嫌なんだよ。自分をまるにすれば、何か違って見えるかもしれない。前回記事みなっちにすぐさまメッセージを送ったらお話したいねーということになりなんと、うまい具合に翌日zoomというテレビ電話のようなものでお話することに。離れていても、顔が見える。昔、映画で描かれてたことが当たり前な時代になったんだね。近未来のイメージだったな。みなっちとの話はただのお話ではなくてスペシャルなセッションだった!これは、【うさかめセッション】みなっちのうさぎとかめアナザーストーリーを読んでどこに共感したのかどんな風に思ったのかまずは、じっくりと聞いてもらって。そこから連想したわたしが直面している夫との課題をご相談。そのあとは、ツッチーの気持ちが知りたいから、ツッチー役をやらせてほしいと言われ。わたしが夫役で再現するというのだ。このロールプレイングがなんともリアリティがあって。わたしを演じるみなっちが白熱の演技で夫役のわたしに迫ってくる。まくし立てられ責め立てられ答えを求められてもどうしていいかわからないみなっちの顔を見ることができない。。。うつむいたまま、何にも言えなくなってしまった。そんなこと言われたって、、、俺だって、がんばってきたけど、、わかっているけど、、、その先が見えない感じだった。はじめ、夫役を演じていたつもりだったけれど、あれあれいつの間にか、演じるというより自分の中にも、感情が出てきて、、、ああ、こんな風に言われると夫はこんな気持ちになるのね。というのを体感させてもらったのだ。夫の気持ちに寄り添って感情を味わおうとしたこと今までなかったな。それより、不満でいっぱいだったもんね。すごいすごい!みなっちはロールプレイングが得意なんだって!絵本が欲しい人は、みなっちにメッセージしてみてね。そして、次回はわたしの心の内を暴露!つづく、、、次回もお楽しみに〜!つちのこ出没情報はLINE@から!

      17
      テーマ:
  • 18Oct
    • 筆文字マスターランド日記11 綾部合宿 うさぎとかめのアナザーストーリー2

      自分の心に素直に人生面白がって生きていこう!つちのこです。=============================あなたには軸がある想像を超える可能性が満ちあふれているだからあなたの想いを胞子に乗せてあなたの見たい世界を広げていくんだ===============================2018年4月から半年間筆文字で自分らしい表現を作る筆文字マスターランドに参加。センスを磨く!という場所。筆文字マスターランドの主はくっちゃんこと草刈正年さん筆文字がご縁で知りたった大事なお友達。石川県で筆文字教室をしているみなっち。「こんな自分はダメなんだ…」から「こんな自分もいいやん♪」を見つけるきらめき筆筆文字アートを通じて、呼吸が楽になる生き方を伝えてます。みなっちの書いたうさぎとかめのオリジナルアナザーストーリーに心を動かされたわたし。前回記事なぜ、かめが無謀なチャレンジをしたのか。なぜ、うさぎは昼寝をしてしまったのか。知られざる心の内が描かれています。そして、もう1匹の重要な人物が登場します。どんな話か知りたいよね〜みなっちのブログで公開されています。まずは、読んでみてくださいね。↓↓↓うさぎとかめのアナザーストーリーあなたは誰に共感する?うさぎのウサかめのカメ助そして、カメ助の親友、蛇のニョロ吉わたしは、自分がカメ助だと思ったのです。カメ助のお話はこちら↓↓↓*Episode Kame*蛇のニョロ吉はひとりぼっちみんなから嫌われていると思っているめちゃくちゃ自己肯定感が低い。唯一の友達がカメ助だ。カメ助はニョロ吉に奇跡を見せたくて勝ち目がなさそうなウサに勝負を挑む。ニョロ吉がいるからこんな挑戦ができるニョロ吉がいるからこんなにも頑張れる奇跡を証明したい!わたしは、カメ助そして、ニョロ吉は夫だ!わたしが、なぜ自分のできることを超えてると思うことに挑戦をして、頑張ってしまうのか。それは、ニョロ夫に奇跡を見せたい可能性を見せたいあなたは、そんなもんじゃないやろ!腐ってんじゃないよ!!って、言いたいから。おっと。つい本音が。。。ああ、わたしは奇跡を証明したくて頑張ってるんだな、、、と腑に落ちたのです。ただ、このお話と違うのはわたしは、ウサに負けてる。まだ山の途中。奇跡を見せられていないだから、苦しいんだと気づいたのです。奇跡を証明したいのに証明できないでいる。自分の苦しさは、ここだったのです。わたしは、カメ妻だけどウサになろうとしてる?だけどね。みなっちのアナザーストーリーにはおまけがあった。-------------------------------------亀さんにうさぎさんのような生き方を求めたら、苦しくなる。うさぎさんに亀さんのような生き方を求めたら、苦しくなる。もうええやんあなたは、あなたで。わたしは、わたしで。----------------------------------ああ、わたしはあなたはもっとできるよ!って、奇跡を証明して伝えたかったけれどもそれは、わたしの生き方で夫に、その生き方を求めたらわたしも夫も苦しくなるんだと気づいたのです。がんばってしまうわたしもそれでええやん。奇跡を証明したいわたしもそれでええやん。ニョロ吉な夫もそれでええやん。とは、まだ思い切れないけど(笑)それでええやんと思えないわたしもええやん。全部まるにしたかったんだ。自分をまるにできないでいることが苦しかったんだ。絵本のラストのおまけは、こちらで公開されてます。合宿の大筆ワークで【感謝】という字を書いた時。心の最初の点を一番先に書いた。それは、自分の中心だと感じた。そして、それを大事にしたくてそれをまるにしたかったんだと思ったんだ。前回記事 大筆ワークで感じたことわたしは、自分をまるにしたいんだね。とことん愛に溢れるみなっちの絵本を奇しくも筆文字マスターランドの合宿のエンディングで手にしたことも奇跡的。ありがとう。そして、すぐさまみなっちに感想のメッセージを送ると、、、なんと!!!もうひとつ、素敵なことが起きた!それは、また明日に続きます。つづく、、、絵本が欲しい人は、みなっちにメッセージしてみてね。次回もお楽しみに〜!つちのこ出没情報はLINE@から!

      41
      テーマ:
  • 17Oct
    • 親子のきずなを深めるワークショップ「ママのメッセージ×こどもの手形」

      自分の心に素直に人生面白がって生きていこう!つちのこです。=============================あなたには軸がある想像を超える可能性が満ちあふれているだからあなたの想いを胞子に乗せてあなたの見たい世界を広げていくんだ===============================うちの次女の足型を取らせてもらったら・・・でかい!でかくない?5才児。いつのまにこんなに大きくなったんだ!生まれた時に足型取ってもらった時は本当にふにゃりとして小さかったな。それが、今やしっかり大地を踏みしめて歩いているのですね。特に下の子はね、、、あっという間!あ。。あ。。。。あっと言ってる間に大きくなってます。というわけで親子の今この瞬間をギュッと。一緒に過ごした時間が作品になります。お子さんの手形や足形落書きにママがこどもの名前とメッセージを添えて完成!!筆ペンを使うので字を書くのが苦手でもちょっとの魔法で味のある字になります。親子のきずなを深めるワークショップです。親子で過ごす今この瞬間を色紙の中にぎゅっ。こどもの今手形や足形、落書き全部愛しいね。お子さんのお名前とお子さんへのメッセージを筆ペンを使って書いてみましょう。一緒に過ごした愛しい時間が作品になります。--------------こどもが大きくなってつまずいた時そっと、力になってくれるはず。思春期になって話をしたがらなくなってもそっと愛を伝えられるはず。--------------*筆ペンを持ったことがなくてもOK!*字が苦手でも、へたくそでもOK!*何を書いていいかわからなくてもOK!*********************だれでも味のあるように書くことができます。なによりこどもの手形がかわいい!**********************こどもと今しかできない表現。ママの想いが感じられる色紙は、、、一緒に過ごした証愛されて過ごした証こどもの未来への贈り物になります。お申し込みはこちらからお願いします。**********************************⚫日 時:2018年 10月 31日(水) 10:30~12:00⚫定 員:8 人⚫参加費:3,000 円⚫場 所:きさいち邸産巣日~むすび(大阪府交野市私市 4 丁目 18-5)京阪交野線河内森駅徒歩 5 分JR 学研都市線河内磐船駅徒歩 10 分※公共交通機関でお越しください。⚫申込み締切:定員になり次第締切お申し込みはこちらからお願いします。つちのこ出没情報はLINE@から!

      19
      テーマ:
  • 14Oct
    • 筆文字マスターランド日記10 綾部合宿⑨うさぎとかめのアナザーストーリー

      自分の心に素直に人生面白がって生きていこう!つちのこです。=============================あなたには軸がある想像を超える可能性が満ちあふれているだからあなたの想いを胞子に乗せてあなたの見たい世界を広げていくんだ===============================2018年4月から半年間筆文字で自分らしい表現を作る筆文字マスターランドに参加。センスを磨く!という場所。筆文字マスターランドの主はくっちゃんこと草刈正年さん前回記事、大筆ワーク綾部合宿の帰り際いただいた一冊の絵本石川県で筆文字教室をしているみなっちからのプレゼント。みなっちは、「こんな自分はダメなんだ…」から「こんな自分もいいやん♪」を見つけるきらめき筆筆文字アートを通じて、呼吸が楽になる生き方を伝えてます。みなっちとは、共通することが多くて、なんだか自分を見てるようで、とっても気になる存在。そのみなっちが書いたうさぎとかめのアナザーストーリーこれは、草刈正年さんの筆文字マスターランドでの課題から広がっていったもの。みなさんお馴染みのうさぎとかめのお話には実は、こんな裏話が!というのをオリジナルで作っちゃうことに。みなっちは、自分で書いたお話をちゃんと本にしたんですね。素晴らしい!!筆文字マスターランドの合宿1日目夜、夕食を前に後ろ髪を引かれながら乗った綾部から京都に向かう電車で、ガタゴト揺られながら読んだのです。朝、この合宿に向かう時電車に揺られながら変わりたいと思ってました。そして、こうやって綾部に向かうことができたのだから頭の中にあるごちゃごちゃしたものは一旦離して、この瞬間、自分を100パーセント味わい楽しむんだって決めてました。綾部での1日は、自分の大事な部分を取り戻していく1日。この場に、仲間に、家族に全てに感謝する1日。そうやって、1日を終えようとした時に、手にしたみなっちの本ひとりになって少し寂しいのと満たされた気持ちとありがたい気持ちが混ざってたわたしそして、、、みなっちの本を読んでこの合宿に来た意味がわかった気がしたのです。みなっちのうさぎとかめのアナザーストーリーにはなぜ、かめが無謀なチャレンジをしたのか。なぜ、うさぎは昼寝をしてしまったのか。知られざる心の内が描かれています。そして、もう1匹の重要な登場人物が!!ね。読みたくなったでしょ?みなっちのブログで公開されてます!わたしは、この3人のうちのある人物に自分を投影して泣けました。それはいったい誰なのか?それはなぜなのか?つづく、、、絵本が欲しい人は、みなっちにメッセージしてみてね。次回もお楽しみに〜!つちのこ出没情報はLINE@から!

      50
      テーマ:
  • 13Oct
    • 筆文字マスターランド日記9 綾部合宿⑧真ん中にあるものを大事にしたかった

      自分の心に素直に人生面白がって生きていこう!つちのこです。=============================あなたには軸がある想像を超える可能性が満ちあふれているだからあなたの想いを胞子に乗せてあなたの見たい世界を広げていくんだ===============================2018年4月から半年間筆文字で自分らしい表現を作る筆文字マスターランドに参加。センスを磨く!という場所。筆文字マスターランドの主はくっちゃんこと草刈正年さん綾部合宿での大筆ワーク前回記事この記事一度アップしたのに消してしまったーーー。んぎゃーせっかく書いたのにぃぃぃと思ったのだけれど。もう一度振り返って書いてみようと思う。そうしたら、さらに、深いところに気付けるかもしれない。大筆ワークの大トリ。それまで8人のパフォーマンスを見ていた。心を動かされる一方でカッコよく書きたいと思っている自分もいた。わたしにとってのカッコよくとは・・・人を感動させられるような表現。心の奥底に響くような見た人に変化を起こすようなその人の中にある見たことがない部分に出会ってしまうような影響力のあるもの。でも、そんなカッコつけを頭で考えているうちは人の心に届かないとも思う。もちろん、鍛錬された身のこなしの美しさも欲しい。だけど、それよりいかに、ブザマなカッコ悪い自分すら見せられるか。そこに挑戦したいんだな。ずっと、人目を気にして生きてきたけど。本当は、カッコ悪いわたしのまんまを見せちゃいたいんだ。ということは、カッコいいとは、、、カッコ悪さも出せること。。。だね。そんなことが頭をぐるぐるでも、書くときは空っぽになりたい。ただ、ここに在るだけになりたい。そして、わたしの番。紙に向かって立つ。音楽が始まる。ゆっくりとしたクラシック。お題は、感謝という字心地よく心地よく心地よくただ心地よく在ることわたしは、こんな人です。と、自分と約束する。わたしが喜び生きることが誰かの力になる。もちろん、今そんなことできてなーい!理想です。自分の意志。師匠は、これを火に例えている。自分で、自分の在り方を決める。そして、おかげさまの気持ち。今、ここにいるのは、この場所のおかげさまここにいる人のおかげさま送り出してくれた家族のおかげさま電車が動いたおかげさま空気があるおかげさますべてのおかげさまこれから書かせていただきます。すべてにありがとう力を貸してくださいわたしを役立たせてくださいと祈るように紙をなでた。そして、感謝という字の心の部分から書き始めた。これは、わたしの意志だった。丸い点をゆっくりとたっぷりの墨を含ませてしたたり落ちる雫優しく丸く幾重にもなぞった。これは、わたしの真ん中だ。自分の中心点。涙が出てきた。わたしの真ん中を大事にしたかったんだね。自分の中心をちゃんと持っていたかったんだね。自分をまるにしたいというのもあった。そのあとは、風のように勢いよく気持ちよく書いていた。今まで、わたしの書き方は勢いに任せ、力強く書く傾向があった。今回書いた最初の一点。それは初めて表面的に現れたわたしだった。優しくて、強い。揺るぎない点が真ん中にある。おっと。全然読めない・・・でも、いいんです。人が書いてるのを見てた時わたしは、書いてる姿を見たいということに気がついた。文字よりも書いている人自身を見ていた。そこに、その人の全てが在るような気がしていて。なので、書いたものは実はどうでもよくて執着はないのです。わたしにとってはこの瞬間。それが大事。それからしばらくして気づいたことは、、、日々、生きていれば色々なことがあって、感情が揺れ動き疲れてしまう。そして、ひねくれた感情によって本来目指すところじゃないところに行こうとしてしまうことがある。それが嫌だったんだわ。どんな状況にあってもわたしは、こう在るという意思を持って心地よい空気は自分で作れるようになりたい。そうだ。心地よさは自分で作る。どんな状況でも。それは、自分の人生を自分で作っていくこと。何かのせいにしたり誰かのせいにしたりそんな時間があったら自分を心地よく中心に持ってくる方がいい。って、なかなかねー(笑)この大筆ワークから少し時間が経つと、また、元どおりのわたしに戻ろうとしちゃう。でも、もう一度、記事を書いてみると、大事なことを思い出す。そうやって寄せては返す波みたいに行ったり来たりしてますが。ま、いっか。空っぽになって心地よくあればいいんだね。大筆ワークを終えて、お風呂入って、お食事みんな、いいなーって後ろ髪をひかれながら帰路につきました。帰り際に一冊の絵本をいただいたのです。今回の合宿には来れなかった石川のみなっちからの贈り物でした。なんと、ここに合宿の集大成が!!つづく・・・つちのこ出没情報はLINE@から!

      2
      テーマ:
  • 12Oct
    • 筆文字マスターランド日記8 綾部合宿⑦感謝のリズム

      自分の心に素直に人生面白がって生きていこう!つちのこです。=============================あなたには軸がある想像を超える可能性が満ちあふれているだからあなたの想いを胞子に乗せてあなたの見たい世界を広げていくんだ===============================2018年4月から半年間筆文字で自分らしい表現を作る筆文字マスターランドに参加。センスを磨く!という場所。筆文字マスターランドの主はくっちゃんこと草刈正年さん綾部合宿前回記事、楽しみにしていた大筆ワーク音楽に乗せて踊るワークの後ようやく筆を持つことに!今回、参加している10人。全員、同じクラシックの曲で「感謝」という字を書きました。同じ状況にいるのにひとりひとり全然違う動きをするのがとっても面白い。感謝のリズム・・・静かに書く人もいれば激しく書く人もいる。ゆっくり書く人もいれば勢いよく書く人もいる。同じものを見聞きして同じものを書くのに、感じてることが違う。そして、感謝に対する想いがそれぞれあるのですね。心の内に抱えている様々なものが、この瞬間に体から放出されるよう。誰のパフォーマンスも自分と向き合い出てきたものだったり、誰かを想い、出てきたもので言葉にならない感動がありました。言葉じゃなくて伝わってくるもの。空気を伝わってくる。その人の心の震えが伝わってくるのだろうか。わたしの番はラスト。みんなのパフォーマンスをずっと見ていたので確実に、みんなに心動かされて、出てきた表現になってました。特に、わたしの前に半年間、月に1度会っていた姫が書いていたのを見て。。。ぐっときました。姫の書いた感謝。心という字をとっても大事に丁寧に書いている姿がね。ぐっときたんです。姫の半年間。姫の背負ってたもの。その背景を知っていたからとても重みのある「感謝」だと感じていました。文字自体よりその姿に感動してました。心。わたしも、心を大事に書きたいと思ったのです。姫に自分を投影して見ていました。姫の中にわたしがいてわたしの中に姫がいる。そして、、、少し、緊張しつつも紙の前に立ちました。次回、今までにない自分と対面!へつづく・・・お楽しみに〜!つちのこ出没情報はLINE@から!

      23
      テーマ:
  • 11Oct
    • 筆文字マスターランド日記7 綾部合宿⑥リズムにゆだねる大筆ワーク

      自分の心に素直に人生面白がって生きていこう!つちのこです。=============================あなたには軸がある想像を超える可能性が満ちあふれているだからあなたの想いを胞子に乗せてあなたの見たい世界を広げていくんだ===============================2018年4月から半年間筆文字で自分らしい表現を作る筆文字マスターランドに参加。センスを磨く!という場所。筆文字マスターランドの主はくっちゃんこと草刈正年さん綾部合宿楽しみにしていた大筆ワークそう簡単には書かせてもらえません(笑)前回記事 大筆ワークの極意まずは、リズムに乗ってダンス!うひゃひゃひゃちょっと恥ずかしい・・・ステージの上より恥ずかしさが出てしまいます。ですがここは安心安全な場ということで。それぞれが自分の世界の中で体を気持ちいいように動かしています。クラシックやポップスやロックに乗って。音楽が変わると気分も変わって体の動きも全然違う。本当はもっと自分を伸びやかにゆるしてあげたい。まだまだ自分に遠慮していると感じました。もっと遠くに手を伸ばしてみたい。もっと、大胆に大きく動いてみたい。もっと、感情を込めて想いを込めて緩やかな呼吸をしてみたい。もっとしなやかに。もっと激しく。もっと。。。と、まだまだ動けそうで心がブレーキをかけているのは日常でもよくあるなと。そんな感覚を持ちながらも少しずつ、自分に許可を出していきました。自分が心地よくある。それが、その人から出てくる空気感。その人の世界観。自分がどんな空気感を持っているのか?よくわからない。だけど、それは作れるものらしい。人を見てる方がわかりやすいね。自分を心地よい状態に整った、満たされた状態にして、身をゆだねる。そこには、隠しきれないその人らしさが出ていると思った。次回、やっと筆を持てるー!つづく・・・お楽しみに〜!つちのこ出没情報はLINE@から!

      18
      テーマ:
  • 10Oct
    • 筆文字マスターランド日記6 綾部合宿⑤大筆ワークの極意

      自分の心に素直に人生面白がって生きていこう!つちのこです。=============================あなたには軸がある想像を超える可能性が満ちあふれているだからあなたの想いを胞子に乗せてあなたの見たい世界を広げていくんだ===============================2018年4月から半年間筆文字で自分らしい表現を作る筆文字マスターランドに参加。センスを磨く!という場所。筆文字マスターランドの主はくっちゃんこと草刈正年さん綾部合宿たった1日の出来事なのにこんなにも、色々なことが自分の内側で起こっている。前回記事今回の合宿で1番楽しみにしていたのが、大筆ワークなんと言っても師匠・草刈正年さんの大筆パフォーマンスがかっこいい!そのかっこよさというのは、カタチというよりは、内側から滲み出すもので。ああああ、言葉で表現できない。体感するしかない空気。例えばこちらのパフォーマンス何がすごいかというと一瞬で空気が変わる!突如として別人になったような。神がかったような。目が離せなくなるのです。一体、何が起きているのか?どうしてそんなことができるのか?その大筆の極意を伝授していただける!それも自然あふれる綾部で!ということで始まりました。が!これ・・・ブログにどう書いていいのかな。。次回、なんとか書いてみよう(笑)リズムにゆだねる大筆ワークへつづく・・・お楽しみに〜!つちのこ出没情報はLINE@から!

      22
      テーマ:
  • 09Oct
    • 筆文字マスターランド日記5 綾部合宿④和紙工房探検!

      自分の心に素直に人生面白がって生きていこう!つちのこです。=============================あなたには軸がある想像を超える可能性が満ちあふれているだからあなたの想いを胞子に乗せてあなたの見たい世界を広げていくんだ===============================2018年4月から半年間筆文字で自分らしい表現を作る筆文字マスターランドに参加。センスを磨く!という場所。筆文字マスターランドの主はくっちゃんこと草刈正年さん綾部合宿1日目。まずは、奇跡のうどんをいただいて・・・前回記事くっちゃんの計らいで和紙工房を見せていただくことに。綾部で作られてるのは黒谷和紙と呼ばれてます。工房の周りにたくさん生えてるこちらが和紙の原料となる楮(こうぞ)へーーー!これが紙になるんだ!どうやって?蒸して剥いで乾かして炊いてゴミ取って砕いて細かくてドロドロにして紙漉き干して完成。工程は・・・こちらの絵がわかりやすい!1枚1枚手作業の職人技美しいです・・・・ひとつひとつ丁寧に進んだ先に想い描いたカタチが現れる。この工程を見せていただくと紙に向かう姿勢が変わる。作ってくれた人の想いや力も入ってそうだもん。すごく力をもらえそうな感じ。紙に書くのはわたしだけれど、わたしひとりじゃないみたい。紙を作った人のおかげさま。それにしてもこの植物が紙になるって最初に発明した人すごいね!想像できる?紙になるって。人間の想像力って果てしないんだ。もしかしたら、こうなるはずではなくできてしまったものかもしれないけれど。そうだとしたらもっと面白い。そして、植物と水と太陽と空気と人のコラボレーションこれらが出会って初めて生まれるカタチそうだ。わたしもそうありたい。わたしと自然と人が出会ってまだ見ぬものに出会いたいんだ。想像を超えた出会いをしたければなんでもやってみたらいいんだね。思い描いたようになったらうれしいし。思い描いたものにならなくても面白い!やっちゃえ!次回、大筆に挑戦!へつづく・・・お楽しみに〜!つちのこ出没情報はLINE@から!

      30
      テーマ:
  • 08Oct
    • 筆文字マスターランド日記4 綾部合宿③奇跡のパクチーうどん

      自分の心に素直に人生面白がって生きていこう!つちのこです。=============================あなたには軸がある想像を超える可能性が満ちあふれているだからあなたの想いを胞子に乗せてあなたの見たい世界を広げていくんだ===============================2018年4月から半年間筆文字で自分らしい表現を作る筆文字マスターランドに参加。センスを磨く!という場所。筆文字マスターランドの主はくっちゃんこと草刈正年さん綾部合宿1日目。前回記事綾部に到着!みんなにも会うことができはじめに向かったのは竹松うどん以前から、くっちゃんの話によく登場していた噂のうどん屋さん。大繁盛!この田舎の集落で、、、どこからこんなにも人が湧いて出て来るのか?それも、なんだか面白そうな人たちが次から次へとやって来る。なんだなんだ?そして、、、衝撃のメニュー!これは、10月限定のパクチーうどん!もりもりのパクチーがコシのあるうどんの上に鎮座。すごいこの発想。想像を超えている。うどんの上にパクチー山盛り乗せちゃった。このアイディアがすごいこれを採用したところがすごいそれもこの田舎のうどん屋で。さらに、、、一緒にいた仲間の半分がパクチーうどんを注文!超人気!あたりは、パクチー臭が漂ってます。。。仲間のよっぴーはパクチーを食べたことないのにこんな山盛りパクチーを注文しちゃって。トムヤムクンは苦手だって言うけど、大丈夫か!パクチーって、大好きか大嫌いかだよね・・・と思ったけれども美味しい!って。よかったね。わたしは、パクチー大好きでパクチー見ると、食べたい!と欲してしまうので。このメニュー見て迷いなく注文した。よっぴーみたいなチャレンジャーもいるんだね。パクチーうどんというその想像を超えたものに出会った時に自分の中にある可能性が開花するのだ!パクチーうどんはチャレンジという経験をさせてもらえるもの。それが美味しかったとしても美味しくなかったとしてもその経験ができたことは、ある意味、自分を超えられたということになる。だから、味はどうであれ満足。ネタになるもんね。新しい自分に出会えるうどん屋さんだから普通のうどん屋さんでは飽き足らない面白いことを求めてる人が集まって来るのかな。そうそう。よっぴーは、筆文字マスターランドリアル実践会でもご一緒で毎月顔を合わせていた仲間。春の綾部で田んぼにダイビングしたそうで。よっぴーは泥臭く生きろって言っていた。そして、自分オリジナルTシャツを作った。そこには、よっぴーの想いがつまったメッセージが。-----------------------------------------------🚀GO OUT🚀〜自分にしかふみだせない一歩を〜チャレンジは自分で決めるもの❗️❗️今まで出来なかったことに一歩ふみだそうとする勇気自体がホントの冒険=真のアドベンチャーだ🔥そう、実はやろうと決めた時に、すでにチャレンジは始まっている🔥だから躊躇するのは進もうとしている証拠。----------------------------------------------よっぴーの行動力目に見えて、形にしていく行動力は、颯爽としていた。そんなよっぴーを横目にもぞもぞと動けないでいたわたしだったけどね。躊躇するのは進もうとしている証拠だったら、わたしはわたしなりに目に見えないチャレンジをしていたんだと思う。ありがとう、よっぴー。この後、よっぴーはワイルドに成ってる梨を見つけ、ワイルドに食らいついていた(笑)それを見て、わたしも一口かぶりついてみた。ひとりじゃできないけど便乗してみた。そうやって、誰かの力を借りてひとつ超えてみる。これでいいやん。ね?次回、和紙職人の工房探検!お楽しみに〜!つちのこ出没情報はLINE@から!

      15
      テーマ:

プロフィール

しいたけ道〜望む世界へ踏み出す筆文字×パフォーマンス!

性別:
女性
お住まいの地域:
京都府
自己紹介:
おめでとうございましいたけ! しいたけ道 つちのこ こと かねこけいこです。 富山県出身。京...

続きを見る >

フォロー

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス