弦声竹鍵●Keizan●尺八慧山会

弦声竹鍵●Keizan●尺八慧山会

ねこ談義禁止しません


テーマ:

ここの所休眠状態だった弦声竹鍵。

HPも更新されず状態でありました。

で、

作成場所がジオシティだったのをすっかり忘れてて、

いつの間にかジオシティはサービス終了!

 →、いや、知ってはいたのだが......

 

生徒さんから「HP見えないよぉ~」と連絡を貰って

ハタと気が付く始末。

取り敢えずバックアップを「尺八慧山会」のHPのフォルダにUpして

Link部分を書き直す。

 

復活!

 

弦声竹鍵もそろそろ復活ライブを考えている今日この頃、

復活してみるかぁと思い

取り敢えずブログ更新。

 

今後、ブログ、真面目にやる...か。。。もしれ、、ないない。


テーマ:
えー、
ロリポップのレンタルサーバを借りちゃいました。
この世界では
老舗
と言っていいかもなサーバやさんです。
借りたのは最廉価Ver=月\100で容量5G。

うーん
激安!

で、サーバを借りたんだから、
そのままファイルをガバ~っと移行すればOK、
と思いきや…

うっかりしてた…

通常、サーバは、
「日本語ファイル名(2バイト文字)は使えない」
のが普通です。
まぁ、この世界ではジョーシキの類の話です。

ところが、あの、
ウチの壊れたヤツは
なにげに日本語名が
あっさりと
使えていたんですよね。
それを良いことに、リネームをしてなかった。
だって、
リネームすると判りにくいんだもん…

甘いなぁ、俺ってば甘いぜよ…

全角文字を
病的に毛嫌いするほどには
染まっていない
KEIZANなのではありました。

ここに来て、
手抜きのツケが廻ってきたな…
って感じ。

mp3 : 371個
pdf : 294個
mscz : 37個
計 : 702個

これらのファイル名を全て手作業で修正。
HTMLソースの中身も合わせれば、
1400カ所以上の修正
を終わりました。

まぁ、これはひたすら手間だけの単純作業。

それにしても、
久しぶりのHTMLは忘却の彼方だ…

えーい、
ついでだから、
パスワードジェネレータも実装して、
ちゃんとしたID-Passwordシステムを載せてしまおう
と思い立ち…
FreeのPerlプログラムをちょっくらカスタマイズして搭載。
(kent-webさん、いつもステキなプログラムをありがとう…)

しかし、サーバ毎の「クセ」と言いますか
設定が微妙に違ってたりしてるのが原因で、
マニュアル通りに設置しても、
一発で動くことは、まず無いワケで。

原因を突き止めて、
Perlの中身もそれに合わせて
ビミョーに書き換えないといけないし、
そもそも、この作業に慣れてないし。

それにしても、Perlは不慣れだ…
なんやかんやでエラク時間を喰ってしまった。
慣れているヒトなら、
こんなに苦労しないんだろーなー。

そんなこんなの裏の苦労がいっぱいありまして、
それでもまぁ、
なんとか再公開にこぎつけました。

が、
苦労の割には、
全然見栄えが変わってない
っていう悲しさが漂います。

そんなワケで、
睡魔との戦い

意識朦朧
とした中、
全部手作業でやってますので、
リンク切れやら間違いリンクなど、
間違いが
絶対にあると思います。

問題発見
の際はご連絡よろしくです。


テーマ:
ファイルサーバーがぶっ飛びました。
慧山会各位が音源をアクセスできる、
あの(年中トラブっていた)自宅サーバです。

飛んだサーバは、
I/Oデータ製HDL-Sシリーズの2TB版

I/O社のDNSを前提に(何も考えずに)HTMLサーバとして使えるので、
安直な設置するには最適!として買った物。
2TBもあるので、通常のBackUpとしても重宝していたのですが…

ぶっ飛びました。

実は、このシロモノ、今年に入ってから、
データが全ぶっ飛びするというトラブルが発生しました。

ダブルバックアップ体制を敷いているKEIZANは、
データ喪失で青くなることはありませんでしたが、
泣きながら新たな2ndバックアップHDDを買うハメになっていました。
まぁ、このときは全Formatすることで事なきを得まして、
なんとか復旧したのですが。

さて、今回の顛末は…

前兆現象
…なんか音が…

ここのところ、HDDアクセス音、それも烈しくアクセスしている音が
時々連続して聞こえていたのは気になっていたのです。
外部からの不正アクセス?と思って
(申し訳ないけど)ちょっとWANを切断してみましたが、
アクセス音は変わらず…
でも、それ以上を追求するアイテムの持ち合わせは無いし。

…HDD機器がおかしくなるときは、
多くの場合「異音」がするんですね。
なので、なーんかヤヴァイ…雰囲気を感じ取ったKEIZANですが、
バックアップは既に取ってあったので、
忙しさにかまけて何もせずに静観。

そしてついに
運命の2013/06/27木曜日

外部からこのサーバにアクセスできてないことを発見
このときは「まーた落ちてら~」と思っただけで、
家に帰ったら再起動すればいいや、ぐらいな感じでした。

ところが帰ってみると…

再起動に異様に時間がかかる。
PCからのコマンドに反応が驚異的に鈍い。
というか、言うことを聞いてくれない。
言うことを聞いてくれないから、
トラブル時のメーカーさんの決まり文句
「出荷時設定にせよ」
にもできない…

マジかよ…

普通ならここで修理に出すことを考えるのだが、
もうちょっとだけジタバタしてみようと、
本体をバラしてHDDを取り出し、
SATA-USB I/F経由でPCに直接接続してみる。

CheckDiskを掛けると、
山の様にエラーを報告される。

修復を試みるもChekDiskが数時間黙りこくったあげく
作業を諦めて途中放棄しちまった。
いままで見たことが無いメッセージだこりゃ…

パーティションを見てみると
妙なパーティション切りになっているし…
ド頭の数MBがUnformat状態で、見慣れない別空間になっている…
やば…この得体の知れない所の正体はなんだ?
このエリアに独自フォーマットでなんか入っていたら手が出ないぞ。

それでもダメもとで思い切ってしっかりとFormatしてみよう、
ということで一晩掛けてNTFS部だけをフルフォーマット

しかし、結果はFormatもできないという無残な…
これも、いままで見たことが無いメッセージだ。

ではクイックフォーマットならどーだ?

…を?...できた…かも…

HDDを元に戻して起動してみる。

あ~
(なんだか知らないけど)
直った治ったぁ.......

初期化を施して
とりあえずWeb関連のデータを書き戻し
イロイロ設定を終わらせて
再起動!
ケータイからWebが見えることを確認

はぁ~.....
あー長い戦いだった…

その15分後です。

カタカタ..
コトコトコトトト…
ゴゴゴゴ……

あ゛やっぱり??



と、言うワケで、
奮闘空しく
負けを認めるざるを得ない
事態となったのでした。

あ゛~もうめんどい。

外部にサーバ借りようっと。



テーマ:

以下の文は、だらだらで、
たぶん読む価値ないと思う。

ただ、

イロイロな思いが溢れて、
書かずにはいられない。

そんなとりとめもない文なのだ。
突っ込みどころは、さらりと流してくだされ…


=====その1=====
かれこれ、もう、
20年以上前のハナシになる…


KEIZANは
燃料棒の加工に携わる装置の
制御部のソフトウエアを
書いたことがある。

燃料棒って、つまり、原子炉のだ。

とは言え、

KEIZANは原子力技術屋ではない。

ありきたりの

ファームウエア屋
に、過ぎないのだが。

この仕事が来たとき、
KIZANは大いに悩んだのを覚えている。

と、言うのも、
KEIZANの、原発に対する考えが
纏まりを持っていなかったからだ。

KEIZANは、
この仕事以前から、
技術的な興味もあって、
原子力についての本を何冊も
読んだりしていた。

もちろん、
「ニュートラルKEIZN」

自称するモノとしては、
推進派、反対派、双方の本を
読みあさっていた。
(その頃のKEIZANは某総理よりも
原発に詳しかったに違いない…)


本を読みあさるにつけ、
ニュートラルで居られない自分に気がつく。

原子力推進派は
支持できなくなったのだ

さりとて、
ぐだぐだバラバラの反対派を、
ひとまとめにして、の

「反対派」
としては、

支持できなかった。
(推進派は利権で固まっているから、
そのままで強固な一枚岩なのだ…)

自分の立場を決めかね、
「消極的反対派」

(悲嘆的原発黙認派)


成り下がって行ったのだった。

要するに、
考えるのが

だんだん面倒くさく

なってきちゃったんだよね。
考えても結論が出ないし。

最も恥ずべき
思考停止状態に堕ちてたということだ。


----


原子炉というものは、
同規模の他の装置に比べ、
格段に安全に設計されている。

これでもかこれでもかと
数々の安全装置がくっついている。

だから、事故が起きても食い止められる。
ヤヴァイことは起きないと。

…ただし、

以下の事象が起きないと仮定すればのハナシ。

●巨大地震
●テロ
●戦争
●運転員のサボタージュ
●航空機の直撃墜落
●隕石の直撃落下
●運転員の無知

要するに、
例外は「想定外」

事故はいつか必ず起きるってことなんだ。
原発関連の技術者は、
皆、そう思っているに違いない。

思えば原発技術者は、
葛藤の中で
日々暮らしていたのだと思う。

ある意味、
脳天気じゃないと
勤まらんのではないか?
(ごめんなさい)


その葛藤に耐えられずに
原発を離れていった技術者も
多いであろうなと想像する。

----

「あの仕事」

来たとき、
スリーマイル事故は既に発生しており、
ウインズケール(セラフィールド)事故は、
その事実が暴露されていた。
そして、チェルノブイリ事故が、
まさに発生しようってところだった。

しかし、あの頃は原子力に替わるエネルギー源は
おいそれとは見つからない気がしたのも確かだ。

だから、
戦争は起きないように祈ろう。

だから、
巨大地震とか航空機事故とかが

起きないように祈ろう。

祈っている内に、
そのうちに、
原子力にたよらなくても良いようになろうよ。

そのうちに、なんとかなるさ…
そんなふうに、祈ってた。

そりゃ、歯がゆかったよ。
でも、祈るしかなかったのだ。

そんな時にこの仕事が来た。
だから、

考えた…考えた。

「気に入らない仕事」

ではある。


しかし、

俺が

何を思おうが

何を言おうが、


この仕事を

俺が引き受けなければ、
他の誰かがやるだろう。

社会の歯車の代わりなんて、
いくらでもある。

ならば、俺がやろう。
俺以外のヤツがやって、
もし、しくじったら悔む。

俺がやって、事故ったら、
まだ諦めがつくだろう。

ただ単に
「反対派」
を装って
仕事を蹴ることは
やりたくなかった。

そう。
何事も
「単純な反対」
は、
非生産的な行動だから。

第一、
この仕事って、面白そうだし…
(やいっ!それが本音かいっ!)

尤も、俺の仕事の出来が悪くても、
事故に繋がる性質の仕事ではない

ってことも確かだった。

当然のことながら、
燃料棒の製品チェックは厳しい。

俺の仕事の善し悪しは
「歩留まり」

には直結するが、
事故には直結しないから。

でも、たとえ事故が起きたとき、
原子力事故に対する
俺自身が諦められる
一つの理由になると考えた。

それらの考えは、

大いに甘かったと、
今、
実感しているところだ。

とは言え、


あの頃に、
がむしゃらな反対派となって
命を削るような活動を行ったとしても、
強大な原子力メジャーの前には

蟷螂の斧

でしかなかったろう。

とてつもなく無力であったことも事実さね。

そして、今も無力なんだ。

アノ仕事は、
結局、
俺の目の前に蒔かれた
小さなエサを喰ったに過ぎん。

原子力メジャーの蒔いた、
屑のような餌の一つまみをね…


(愚痴は続く…)


テーマ:

え~
ども。

約一年ぶりの書き込みです。
実に細々としたブログです。

細々の
お詫びを兼ねて

「怒濤の4連投更新の嵐」

しました。

最近
容量不足(サーバの)と
時間不足(自分の)と
気力不足(MIDIアレンジの)
でもって、

なかなかUpできませんでしたが、

容量不足を
ようつべ

押しつけることによって
障害の一つを解消。

時間不足はともかくとして

MIDIアレンジは
とりあえず
「必殺まんまMIDIタクティクス」
を採用。

障害を
2つクリアしましたので、

ここに

「怒濤の4連投更新の嵐」

が実現する運びとなりました。

そんなワケで、

例によって
尺八高座に
Go



テーマ:

どうも…

直前の書き込みが

お正月…ってのは

いくら何でもヤヴァイってもんです。

ま、いっかァ

それでも一応、
(やっつけかも知れませんが)

canon

録音してみました。

例によって
尺八高座にGo


テーマ:

そんなワケで、

2009年もなんとかクリスマスを迎えるってことで。

なんだかイロイロあってしんどい年だったなぁ今年は…

来るべき年はそれなりの年でありますように…

クリスマスソングを

チラっと

録音してみました。


例によって

弦声竹鍵

から

尺八高座 にGO!


新年予告

「仮想狂気」

を録音済みなのだ。
2010年の冒頭はこれで行くのだ。

Ameba人気のブログ